相模原が異色経歴のFW松木政也をドイツ5部から逆輸入2017.08.04 19:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽SC相模原は4日、ドイツ5部リーグに属するディーフレンからMF松木政也(23)を獲得したことを発表した。背番号は「18」を着用することが決定している。

▽奈良県出身の松木は大阪桐蔭高でプレーしていた2012年に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で優秀選手に輝くと、大阪産業大学を経て、国内リーグを経験せずに渡独した。2014年7月にヴィッセル神戸の元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキが建設費用を投資したことで知られるスタジアムを本拠地に持つ、ドイツ6部のヒラルバーグハイムに入団し、その後、ドイツ5部のディーフレンに移籍していた。

▽松木は相模原の公式サイトを通じてコメントしている。

「SC相模原に加入しました。松木政也です!チームの為に全力を尽くしてプレーするのでよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

相模原MF千明聖典に第2子となる男の子が誕生「新しい家族が増え嬉しい思いでいっぱい」

▽SC相模原は21日、MF千明聖典に第2子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、千明の第2子は18日の3時15分ごろに誕生したとのこと。3236グラムの男の子とのことだ。千明はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、次男が生まれました。母子ともに健康です。頑張ってくれた妻には本当に感謝しています。新しい家族が増え嬉しい思いでいっぱいです。これからはより一層自覚と責任感をもって、家族のために、チーム、サポーターの皆さんのために、頑張ります。皆さんこれからも応援宜しくおねがいします!」 2017.09.21 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

相模原がSVホルンから浦和ユース出身のFW新井瑞希を獲得

▽SC相模原は15日、SVホルンからFW新井瑞希(20)の加入を発表した。背番号は「30」となる。 ▽新井は浦和レッズのユース出身で、トップチームに上がらずにSVホルンへと移籍した。新井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、SC相模原に加入することになりました、新井瑞希です。少しでもチームの力になれるように頑張りますので応援よろしくお願いします」 2017.09.15 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田や相模原でプレーしたMF牧内慶太が現役を引退「4年間プレーできたことは誇り」

▽SC相模原は29日、2016シーズンまで所属していたMF牧内慶太(27)が現役引退することを発表した。 ▽牧内は柏レイソルの下部組織出身で、専修大学を経てブラウブリッツ秋田に入団。2016年からSC相模原でプレー。明治安田生命J3リーグで22試合に出場していた。J3通算67試合出場1ゴール、JFL通算22試合に出場していた。牧内はクラブを通じてコメントしている。 「シーズン途中のこの時期のご報告になってしまいました。現役を引退することを決断しました。自分が思い描いていたサッカー人生には届きませんでしたが、サッカー選手として4年間プレーできたことは誇りに思います」 「柏のアカデミーで出会った最高の仲間に常に刺激をもらい、専修大学でも厳しい環境で共に戦った最高の仲間、ブラウブリッツ秋田とSC相模原でプレーした4年間も尊敬できる最高の仲間、常に熱くしてくれるスポンサーの方々とサポーターの方々に出会いプレーすることができました」 「本当に素晴らしい仲間に出会い支えられ、そして自分の人間力を高めてくれたサッカーは本当に大切な存在ですし、本当に愛してます」 「今後は一般企業に就職が決まりました。サッカーとは全く別の道に進みますが、サッカーに感謝の気持ちと情熱を持って頑張って行きたいと思います」 「最後になりましたが、家族にそして今まで私に関わってくださった方々に心から感謝してます。ありがとうございます!!そして今後とも牧内慶太をよろしくお願いします!」 2017.08.29 19:12 Tue
twitterfacebook
thumb

相模原を退団したMF曽我部慶太がJFLの奈良クラブへ移籍

▽SC相模原は11日、昨季で同クラブを退団していたMF曽我部慶太(29)がJFLに所属する奈良クラブへ移籍したことを発表した。 ▽2012年にツエーゲン金沢から相模原に加入した曽我部は、在籍5シーズンで公式戦112試合に出場し24ゴールを記録していた。 ▽曽我部は奈良クラブの公式サイトを通じてコメントしている。 「奈良クラブに入団する事になりました曽我部慶太です。チームの目標であるJ3昇格に向かって一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.08.11 14:18 Fri
twitterfacebook
thumb

J3相模原の元日本代表GK川口能活が41歳11カ月と1日でJ3リーグ戦最年長出場記録更新!!

▽Jリーグは16日、J3のSC相模原の元日本代表GK川口能活(41)が、J3リーグ戦で最年長出場記録を更新したと発表した。 ▽川口は16日に行われた明治安田生命J3リーグ第17節の鹿児島ユナイテッド戦に先発で出場。これまでJ3リーグ最年長出場記録を保持していた伊東輝悦(秋田/所属は沼津)の41歳11カ月を1日更新した。なお、伊東は今シーズンからアスルクラロ沼津に所属するも、ここまで公式戦に出場していない。 ◆J3最年長出場記録 1.川口能活(相模原) 41歳11カ月1日(2017年7月16日記録) 2.伊東輝悦(秋田) 41歳11カ月(2016年7月31日記録) 3.明神智和(長野) 39歳5カ月15日(2017年7月9日記録) 4.山岸範宏(北九州) 39歳1カ月28日(2017年7月15日記録) 5.江角浩司(富山) 37歳11カ月2日(2016年11月20日記録) ◆各大会の最年長出場記録 【J1リーグ戦】 中山雅史(当時所属:札幌):45歳2カ月01日 【リーグカップ戦】 土屋征夫(当時所属:甲府):42歳10カ月 【J2リーグ戦】 三浦知良(当時所属:横浜FC):50歳1カ月20日 2017.07.16 18:12 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース