久保途中出場のヘントが3回戦で敗退…《EL予備予選》2017.08.04 07:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽3日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグが欧州各地で行われた。

▽日本代表FW久保裕也が在籍するヘントは、敵地でアルタッハ(オーストリア)と対戦し、1-3で敗戦。この結果、2戦合計4-2でアルタッハが予選プレーオフ進出を決めた。久保は80分からプレーした。

▽1週間前にホームで行われた1stレグを1-1と引き分けたヘントは、プレーオフ進出のためにはゴールが必須の状況。立ち上がりから前掛かりとなって攻め込むヘントだったが、11分にアルタッハのカウンターを受けると、抜け出したヌガマレウにゴールネットを揺らされる。

▽先制を許したヘントだったが、前半終了間際にPKを獲得するとダニエル・ミリチェビッチこれを決め、同点に追いつき前半を終えた。

▽前半終盤に追いつき、良い流れで後半を迎えたヘントだったが49分、ステファン・ミトロビッチがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場。その後、数的不利となったヘントは防戦一方となる。

▽すると76分、ボックス手前でロストボールを拾ったヌッツに豪快なミドルシュートを決められると、88分にはドブラスに追加点を許してしまい万事休す。そのまま試合は終了し、2戦合計4-2でアルタッハがプレーオフ進出を決めた。

▽また、ホームで行われた1stレグで4-2と勝利した日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは、オーステンデ(ベルギー)とのアウェイ戦に臨み、ゴールレスドローに終わった。この結果、2戦合計4-2でマルセイユが予選プレーオフ進出を決めた。酒井宏はフル出場している。

▽その他の試合では、ディナモ・ブカレスト(ルーマニア)をホームに迎えたビルバオは、3-0で勝利。2戦合計4-1でビルバオが予選プレーオフ進出を決めた。

▽3日に行われた予選3回戦2ndレグの結果は以下の通り。なお、EL予備予選プレーオフは17日に1stレグ、24日に2ndレグが行われる予定だ。

◆EL予備予選3回戦1stレグ
▽8/3(木)
オシエク(クロアチア) 1-0(AGG:2-0) PSV(オランダ)

シュケンディヤ(マケドニア) 3-0(AGG:4-2) トラカイ(リトアニア)

リュンビュー(デンマーク) 1-3(AGG:2-5) FCクラスノダール(ロシア)

フェネルバフチェ(トルコ) 1-1(AGG:3-2) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)

カバラ(アゼルバイジャン) 1-2(AGG:1-3) パナシナイコス(ギリシャ)

スカンデルベウ(アルバニア) 2-1(AGG:3-3) ボレスラフ(チェコ)
※PK戦の結果4-2でスカンデルベウがプレーオフ進出

オッド(ノルウェー) 0-0(AGG:1-2) ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

ビルバオ(スペイン) 3-0(AGG:4-1) ディナモ・ブカレスト(ルーマニア)

PAOK(ギリシャ) 2-0(AGG:3-1) オリンピク・ドネツク(ウクライナ)

ミッティラン(デンマーク) 2-1(AGG:4-4) アルカ・グディニャ(ポーランド)
※アウェイゴール差でミッティランがプレーオフ進出

フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 1-2(AGG:1-3) エステルスンド(スウェーデン)

ビデオトン(ハンガリー) 1-0(AGG:2-2) ボルドー(フランス)
※アウェイゴール差でビデオトンがプレーオフ進出

パニオニオス(ギリシャ) 0-1(AGG:0-2) マッカビ・テルアビブ(イスラエル)

レフ・ポズナン(ポーランド) 2-2(AGG:2-2) ユトレヒト(オランダ)
※アウェイゴール差でユトレヒトがプレーオフ進出

ミラン(イタリア) 2-0(AGG:3-0) クラヨーヴァ(ルーマニア)

ハイドュク・スプリト(クロアチア) 2-0(AGG:2-0) ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド)

アルタッハ(オーストリア) 3-1(AGG:4-2) ヘント(ベルギー)

オレクサンドリーヤ(ウクライナ) 1-0(AGG:1-0) アストラ(ルーマニア)

ルジョムベロク(スロバキア) 0-1(AGG:0-2) エバートン(イングランド)

アポロン・リマソル(キプロス) 2-0(AGG:3-2) アバディーン(スコットランド)

スパルタ・プラハ(チェコ) 0-1(AGG:0-3) レッドスター(セルビア)

マリティモ(ポルトガル) 2-0(AGG:2-0) ボテフ(ブルガリア)

ゼニト(ロシア) 0-1(AGG:2-1) ブネイ・イェフダ(イスラエル)

オーステンデ(ベルギー) 0-0(AGG:2-4) マルセイユ(フランス)

ドムジャレ(スロベニア) 2-0(AGG:2-1) フライブルク(ドイツ)

ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) 1-1(AGG:1-3) AEKラルナカ(キプロス)

ブラガ(ポルトガル) 2-1(AGG:3-2) AIK(スウェーデン)

▽8/2(水)
シオン(スイス) 1-1(AGG:1-4) スードゥヴァ(リトアニア)

AELリマソル(キプロス) 1-2(AGG:1-2) オーストリア・ウィーン(オーストリア)

コメント

関連ニュース

thumb

DF酒井宏樹先発のマルセイユ、昇格組相手に3-3のドロー《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは15日、リーグ・アン第8節のストラスブール戦に臨み、3-3で引き分けた。酒井は85分までプレーした。 ▽敵地に乗り込んだ3連勝中のマルセイユは、6分にパイエのゴールで幸先良く先制したが、32分に失点。48分にオウンゴールで再びリードしたものの、60分と75分にも失点を重ね、逆転を許してしまう。 ▽それでも、85分に酒井をベンチに下げたマルセイユは、88分にミトログルのゴールで同点。だが、勝ち越しとはならず、昇格組相手に痛いドローという結果に終わっている。 ストラスブール 3-3 マルセイユ 【ストラスブール】 アフル(前32) B・コネ(後15) ライナール(後30) 【マルセイユ】 パイエ(前6) OG(後3) ミトログル(後43) 2017.10.16 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

右SBで出場続けるDF酒井宏樹、ポジション争いについて「ギラギラしたものはない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は5日、翌6日に開催されるキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に向け、会場の豊田スタジアムで前日練習を行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ)がミックスゾーンで取材陣の質問に応対。自身のやるべきことやワールドカップに向けての準備について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──明日の試合に向けてのポイントは?</span> 「難しいですね…(笑)。終わって意味のあるものにしたいですし、特に海外組の選手たちは長いシーズンの途中で帰ってきているので、それこそ本当に意味のあるものにしないといけません。ワールドカップ出場が決まって緩んでいる選手はいないと思いますし、しっかりとトライしていけると思います」 <span style="font-weight:700;">──難しいというのはメンタル面か?</span> 「それもありますし、単純に僕に明日のポイントはと聞かれても…なんなのかな?と。やってみて課題とかも出てくると思いますし、ニュージーランドもこういった相手だという情報はありますけど、実際に試合に入ったらわかりません。入ってみて、自分たちの形を見つけられたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──フィジカルが強い相手になるが、ディエルが大事になるか?</span> 「どうやっても負けることは負けるので、そのあとのボールをしっかりと自分たちのボールにできたらと思います。全体的なリスクマネジメントだったり連携の部分で、最終的にその局面で勝てれば自分たちのボールになるので、そこだけをクローズアップしてデュエルと言われても、160cmの選手が190cmの選手には勝てないので、そこはデュエルの方法があると思います。監督もそういったことは言っています」 <span style="font-weight:700;">──守備陣は割と固定されているが、今の状態をどうみているか?</span> 「連携とかコンビネーションの部分で守れるか守れないかが決まってしまいます。良い選手がいるから守れる訳ではないので、お互いが信じ合って少しずつ守備は上がっていくものです。間違いなく連携は上がってきていると思いますし、細かな部分が声をかけなくてもできるようになればと思います。ワールドカップを見るとまだまだだと思うので、そこはトライしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ワールドカップへの課題は?</span> 「ヨーロッパの強豪は、コンビネーションができた上で基本能力が高いです。そこを上回るには、もうちょっと密にやっていかないといけないですし、まだまだ終わりはないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──連携を上げていきたい中で、新戦力も加わっているが?</span> 「お互い合わせないといけないところですし、そこは少なからず出てくることなので、新しい選手がスムーズに入れるようにやっていかないといけません。みんなでやっていければと思います」 <span style="font-weight:700;">──ポジション争いが本大会まで続くと思うが</span> 「ディフェンダーなのでそんなにギラギラしたものはないですが、しっかりと試合をコントロールできればと思ってやっていますし、自分が試合を決めてやろうとは思っていません。あとは、チームが勝てれば自ずと評価されると思います。数字はあまり出ないので、積み重ねが評価につながると思うので、やれることをやるしかないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ワールドカップに向けた心構えや意識の部分というのは?</span> 「感じ方は人それぞれですし、僕は前回(ブラジル・ワールドカップ)試合には出ていませんが一緒に行っています。あの雰囲気、緊張感をしっかり味わっているので、その緊張感は今でもあります。まだ行っていない選手や、何回も味わっている選手はまた違うと思うので、改めて監督は確認したかったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ブラジルでピッチに立てなかった悔しさを来年晴らしたいと思うが?</span> 「来年そこのピッチに立っているかもわからないので、まずは先のことよりもクラブだったり、明日の試合のことを考えるのが大事です。一個一個頑張っていきたいと思います」 2017.10.05 20:17 Thu
twitterfacebook
thumb

契約延長の酒井宏樹がフル出場!! マルセイユがリーグ戦3連勝を飾る!!《リーグ・アン》

▽2日にリーグ・アン第8節のニースvsマルセイユが行われ、マルセイユが4-2で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場を果たしてチームの勝利に貢献した。 ▽先月29日にマルセイユと2021年までの契約延長を締結した酒井は、この日も右サイドバックで出場。試合は、4分にバロテッリのゴールなどでマルセイユが2点を先行される苦しい入りとなった。 ▽しかし26分にオカンポスのゴールで1点差に詰め寄ると42分にはオウンゴールで同点に。44分には再びオカンポスがネットを揺らして前半で逆転に成功する。さらに48分にはルイス・グスタボにもゴールが生まれて2点差に引き離した。 ▽66分にはルイス・グスタボが相手選手への危険なスライディングで一発退場となる。数的不利となったマルセイユだったが、このリードを守り切って試合は終了。リーグ戦3連勝を飾った。なお、マルセイユはインターナショナルマッチウィーク明けとなる15日にアウェイでストラスブールと対戦する。 2017.10.02 08:53 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、不動の右SB酒井宏樹と2021年まで契約延長

▽マルセイユは29日、日本代表DF酒井宏樹(27)と新たに1年間の契約延長で合意したことを発表した。新たな契約期間は2021年までとなる。 ▽酒井は昨夏、ハノーファーからマルセイユに移籍。加入初年度からリーグ・アン35試合に出場するなど右サイドバックのポジションを確保した。今シーズンも日本代表でもレギュラーポジションを確保し続ける傍らで、ここまでリーグ・アン開幕から第3節を除く6試合に先発している。 ▽日本人右サイドバックとの新契約締結を発表したマルセイユは、「ルディ・ガルシアは彼のキャラクターや気質を高く評価している。彼は素早くチャンスを掴み、攻撃面だけではなく、守備面でもリーグ・アンでプレーするために必要な資質を持っている選手」と評している。 2017.09.29 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

後半の1点を守り切りザルツブルクが今大会初勝利《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節、ザルツブルクvsマルセイユが28日に行われ、1-0でザルツブルクが勝利した。サルツブルクFW南野拓実と、マルセイユDF酒井宏樹は欠場した。 ▽南野のケガによる長期離脱と、酒井の招集外により日本人対決は実現しなかったこの一戦。ザルツブルクは20分、バロン・ベリシャのFKから、ファーサイドでパウロ・ミランダが飛び込んで合わせるがGKプレがセーブ。さらに29分には、GKプレからボールを奪ったダブールがゴールを狙うが、必死に戻ったDFにギリギリのところでクリアされてしまう。 ▽試合が動いたのは73分。ハイダラのパスからライナーがボックス右に侵攻し、中へ折り返す。そこに走り込んだダブールが流し込んでザルツブルクが先制。続く79分にも、ボックス手前左からの直接FKをバロン・ベリシャが狙うが、惜しくクロスバーの上へ。 ▽試合終盤の88分、マルセイユはB・サールがドリブル突破からボックス手前に侵攻。そこからシュートを試みるが、枠に飛ばず。試合はこのまま終了。後半の1点を守り切ったザルツブルクが1-0で勝利し、今大会初勝利を収めている。 2017.09.29 04:01 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース