ボナヴェントゥーラ&クトローネ弾で完勝のミランが予選プレーオフ進出!《EL予備予選》2017.08.04 06:26 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは3日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグでクラヨーヴァ(ルーマニア)と対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計3-0でミランが予選プレーオフ進出を決めた。

▽敵地で行われた1stレグを新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で勝利したミランは、前回対戦からスタメンを3人変更。ボリーニ、モントリーボ、アバーテに代えてスソ、ロカテッリ、アンドレア・コンティを先発で起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からスソ、クトローネ、ニアンと並べた。

▽試合は序盤から攻勢に出るミランが押し気味に試合を進める。すると6分、ボックス左でルーズボールを競り合ったニアンが胸で落とすと、これに反応したクトローネがシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をボックス手前のケシエがダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。しかし、直前のプレーでクトローネがオフサイドの判定を受け、ゴールは取り消された。

▽先制のチャンスを逃したミランだが、9分に再びゴールネットを揺らす。スソの右CKにGKカランセアが飛び出すもパンチングミス。このこぼれ球に反応したボナヴェントゥーラが無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽先制したミランは19分、スルーパスにゴール前まで抜け出したミトリツァに決定機を許すが、このシュートはGKドンナルンマがファインセーブでピンチを凌ぐ。その後も主導権を握ったミランが1点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半に入っても、試合の主導権はミランが握る。すると、52分にR・ロドリゲスの左FKをボックス内の混戦から、最後はクトローネが押し込み、追加点を奪った。

▽後半半ばに入ると、ミランは立て続けにピンチを招くが守護神GKドンナルンマが安定したセービングでシャットアウト。すると81分、ミランに決定機。途中出場のチャノハノールが左サイドを突破しクロス。これをゴール前に走り込んだニアンが頭で合わせたが、シュートはGKカランセアの好守に阻まれた。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。1stレグに続き、連勝を飾ったミランが2戦合計3-0でEL予選プレーオフ進出を決めた。なお、EL予備予選プレーオフは17日に1stレグ、24日に2ndレグが行われる予定だ。

ミラン(イタリア) 2-0(AGG:3-0) クラヨーヴァ(ルーマニア)
【ミラン】
ボナヴェントゥーラ(前9)
クトローネ(後7)

コメント

関連ニュース

thumb

ボヌッチ、年俸13億円でPSGと個人合意か…

▽ミラン退団の可能性があるイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)がパリ・サンジェルマン(PSG)と個人合意に至ったようだ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽昨夏にユベントスからミランに加わり、キャプテンシーとプレーでチームの根幹を担ったボヌッチ。どうやら以前から移籍先候補として有力視されているPSG行きが実現しようとしているようだ。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』よると、ボヌッチの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏はPSGの首脳陣と会談を行い、年棒1000万ユーロ(約13億円)で基本合意したという。現在は、ミラン側がPSGから移籍金4000万ユーロ(約52億円)の獲得オファーを待っている状態のようだ。、 ▽なお、ボヌッチにはPSGのほかにマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示しているとみられる。 2018.07.20 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

モラタ、ミラン首脳陣と夕食…移籍に前向きか

▽チェルシーFWアルバロ・モラタ(25)は、ミランへの移籍を前向きに考えているという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ミランは昨年夏、モラタの獲得を狙っていたが、うまくいかなかった。だが、チェルシーからの移籍が噂される同選手に再び関心を示している。 ▽ミラン首脳陣は先日、ロンドンへ向かった。その際にモラタとディナーをともにしており、選手にイタリア復帰の意思があることを確認したという。モラタの妻もミラノ行きに良い感触を持っており、条件面についても問題はないそうだ。 ▽ただ、移籍金がミランにとっての障壁となるかもしれない。チェルシーは同選手に6000万ユーロ(約78億6000万円)ほどの値札をつけており、ミランにとって安い買い物ではない。クラブ間の交渉は進むだろうか。 2018.07.19 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ代理人がパリへ…選手はまだ決断せず

▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの将来が不透明だ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手の代理人がパリに向かったことを報じている。 ▽昨年夏にミランの一員になったボヌッチは、クラブの将来に不安を感じて1年でミランを去るかもしれない。そんな同選手に強い関心を示しているのがパリ・サンジェルマン(SPG)だ。 ▽代理人のアレッサンドロ・ルッチ氏はすでにPSGの首脳陣と会った模様。金銭面についても見通しは明るいようだ。ただ、ボヌッチ自身は最終決定の返答に時間を要求しているという。 ▽ボヌッチはまず、ミランに下されたヨーロッパリーグ出場権のはく奪という処分についてスポーツ仲裁裁判所がどのような判断を下すのかを待っているようだ。 2018.07.18 23:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、お先真っ暗のミラン退団か

▽ミランに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)が移籍を考慮しているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽昨夏にユベントスからミランに加わり、キャプテンシーとプレーでチームの根幹を担ったボヌッチ。しかし、クラブはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に違反でヨーロッパリーグ出場権を剥奪され、オーナー変更の可能性も高まっている。 ▽伝えられるところによれば、ボヌッチは真剣かつ野心的なプロジェクトが提示されない限り、移籍を視野に。現在、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーのプレミアリーグ勢のほか、パリ・サンジェルマンも関心を示しているとみられる。 ▽なお、ボヌッチ自身は移籍となれば、プレミアリーグ行きに興味を示している様子。ユベントス退団当時、息子が身体的な問題を患っていたことからイングランド行きを断念し、イタリアに留まった過去があるという。 2018.07.18 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルルスコーニ氏、C・ロナウドのユベントス移籍に「ミラニスタとしては恐ろしい」

元イタリア首相で、元ミランの名物会長でもあるシルビオ・ベルルスコーニ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス加入についてコメントした。<br><br>世界最高の選手とも称されるC・ロナウドのユベントス電撃加入。ベルルスコーニ氏はイタリア『イル・ジョルナーレ』とのインタビューで、ミラニスタ(ミランファン)としては複雑、イタリア・フットボールにとっては喜ばしいニュースであると形容している。<br><br>「ミラニスタとしては、それはそれは恐ろしいものだよ。しかしセリエAにC・ロナウドのような絶対的王者がやって来るのは良いニュースだ。ユベントスだけでなく、イタリア・フットボール全体にとってもね。ユベントスの幹部とファンを祝福させてもらうよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.15 22:31 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース