鳥栖DFフランコ・スブットーニがアトレティコ・トゥクマン復帰…今季はリーグ戦3試合出場2017.08.03 19:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サガン鳥栖は3日、アルゼンチン人DFフランコ・スブットーニ(28)がアルゼンチンのアトレティコ・トゥクマンに復帰することが決定したことを発表した。

▽アルゼンチン出身のフランコ・スブットーニは、今シーズンにアトレティコ・トゥクマンから加入。しかし、今シーズンの出場数は明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで5試合にとどまっていた。

▽鳥栖の退団が決定したフランコ・スブットーニは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「最高のチームメイトたちと、スペクタクルなファン・サポーターの皆様に支えられた中で日々過ごせたことを心から感謝いたします。サガン鳥栖の今後の躍進と、皆様の幸せな人生を願っています。ありがとう」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ通信簿】積極補強で昨季以上の成績も躍進ならずの中位フィニッシュ《サガン鳥栖》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第11弾は積極補強に動くも波に乗り切れなかったサガン鳥栖を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209tosu_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●GK権田修一、FW小野裕二を筆頭に積極補強 ●コロンビア代表FWビクトル・イバルボがレンタルで加入 ●イバルボがシーズン中に退団するもその後完全移籍で復帰 ●MF鎌田大地がシーズン途中にフランクフルトへ移籍 ●第13節の札幌戦で『値段のないスタジアム』チケット販売を実施<hr>▽ストーブリーグではこれまで鳥栖を支えてきたGK林彰洋やMF早坂良太らが退団。一方でFWビクトル・イバルボ、FW趙東建、GK権田修一、FW小野裕二、MF小川佳純、DF小林祐三ら実力者を補強し、期待が懸かるマッシモ・フィッカデンティ体制2年目の船出となった。 ▽しかし、開幕戦の柏レイソル戦では1-3で敗戦すると、続く川崎フロンターレ戦でも1-1のドローに終わるなど、序盤から暗雲が立ち込める。第4節のセレッソ大阪戦で初勝利を挙げるが、その後も連敗こそないものの連勝できず。それでもシーズンが進むにつれて調子を上げていくと、第13節の北海道コンサドーレ札幌戦から第17節のヴァンフォーレ甲府戦まで2勝3分けと5試合を無敗で乗り切った。 ▽復調傾向にある中、夏に攻撃のタクトを振るっていたMF鎌田大地がフランクフルトへと移籍。ビクトル・イバルボも契約の問題で一時的にチームを離れるなど、チームの核を失う。また、エースFW豊田陽平も調子が上がらず、小野や水野ら新加入の攻撃陣も結果を残せずに苦しい時期を過ごした。 ▽それでも、夏の移籍市場でビクトル・イバルボが完全移籍で復帰。さらに鎌田の穴埋めとして河野広貴を獲得。また、最終ラインにも韓国代表DFチョン・スンヒョンを迎え入れ、立て直しを図る。 ▽しかし、後半戦も波に乗り切ることができず、連勝は第19節のサンフレッチェ広島戦(1-0〇)、第20節の清水エスパルス戦(2-1〇)のみ。出入りの激しい星取表となった結果、勝ち点を効果的に積み上げることができずにシーズンを終えた。昨シーズンよりは3つ順位を上げたが、もう少し上を目指せた感は否めない。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209tosu_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF原川力(24) 明治安田生命J1リーグ33試合出場(先発31試合)/7得点<hr>▽後半戦で攻撃陣を牽引したFWビクトル・イバルボは結果以上の貢献度はあったと考えられるが、シーズンを通してのMVPはMF原川力にあげたい。今シーズンレンタル移籍で加入した原川は、攻守にわたってチームに貢献。得点は7とチーム最多であり、数字も残すことに成功した。 ▽特筆すべきはキック精度。今シーズンは直接FKを3本沈めた他、クロスやパスの精度も高く、前線でパワーをもたらす豊田やビクトル・イバルボ、趙東建を上手く使っていた印象だ。また、FW田川享介のスピードも生かすパスを連発。サイドを使った攻撃にも彩りを添えた。 ▽川崎フロンターレからの完全移籍も決定した来シーズンは、更なる核となることが期待される。司令塔として鳥栖を牽引し、ACL出場権獲得、優勝争いへのキーマンになる可能性も秘めている。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「C」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209tosu_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ストーブリーグでの大型補強は、今シーズンの躍進に期待できる内容だった。実際に川崎Fからレンタル移籍で加入した原川は中盤で代えの利かない選手として33試合に出場し、チームトップの7得点をマーク。ビクトル・イバルボも途中は登録を外れる期間がありながらも25試合5得点を奪った。さらに守護神・林が抜けた穴はGK権田修一がしっかりと埋めた。 ▽活躍が期待された小川は夏の移籍市場で、FW富山貴光とともに新潟へ期限付き移籍。小林は19試合に出場にとどまり、FW趙東建、FW小野裕二もそれぞれ17試合5得点、18試合2得点と結果を残せなかった。DFフランコ・スブットーニは身体の強さこそ見せたが、途中退団となり、総合的には“外れ”が多かった。 ▽また、夏の移籍で獲得した河野も後半戦で7試合の出場に終わり、力を発揮できたとは言えない。チョン・スンヒョンはディフェンスラインの一角に収まったが、全体としてはプラスに働いた補強とは言い難い。 ▽それでも、ユースから昇格した田川には、将来性を感じさせられた。持ち前のスピードを生かし、24試合に出場して4得点。リーグ戦では1試合の出場に終わったが、同じユースからの昇格組であるMF石川啓人もこの先の飛躍が期待される。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「C」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209tosu_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽フィッカデンティ体制2年目として昨シーズンよりも上位でシーズンを終えたことは評価したい。しかし、大型補強を敢行したにも関わらず、成績は安定せず。好不調の波が激しく、目標に掲げていた「継続性のある戦い」はできなかった印象が強い。中でもホームでは11勝1分け5敗とある程度の結果を残しながらも、アウェイでは2勝7分け8敗と内弁慶ぶりを露呈した。 ▽連敗に関しては第24節のG大阪戦(1-3)と第25節の仙台戦(1-4)、第33節の磐田戦(0-2)と第34節の札幌戦(2-3)の2度のみと大型連敗は喫していない。しかし連勝についても第19節の広島戦(1-0)、第20節の清水戦(2-1)の1度だけと、波に乗り切れなかった。 ▽ゴール数に関しては昨シーズンが36ゴールだったのに対して今シーズンは41ゴールと増加。しかしエース・豊田は不調に陥り5ゴールに留まる。原川がチーム内得点王であることを考えると、前線のさらなる奮起があればACL出場権争いに食い込めていた可能性は高い。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209tosu_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽守備に関しては昨シーズンの37失点から44失点に増加。特にセンターバックはDFキム・ミンヒョクの相方が定まらず、DFチョン・スンヒョン、DF青木剛、DF谷口博之の中で固定できる選手が出てこなかった。特にセットプレーからの失点が目立っただけに、新シーズンの課題の1つとなるだろう。継続した戦いをするのであれば、ある程度メンバーの固定が必要。そういう意味では今シーズンは前線、トップ下、センターバックとチームの軸の部分でメンバーの入れ替わりが激しかったシーズンだったと言える。 ▽それでも、2シーズンを戦いチームのベースは出来上がったといえる。MF高橋義希、MF福田晃斗のハードワーク、DF吉田豊、DF小林祐三、DF藤田優人のサイドバックの攻撃参加、FKやCKからの得点力。更なる上積みができれば、来シーズンはさらに飛躍も可能だろう。 2017.12.09 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がバイエルンやシャルケなど欧州クラブの下部組織を渡り歩いた東京五輪世代MF伊藤遼哉を獲得

▽サガン鳥栖は9日、フォルトゥナ・デュッセルドルフU-19からMF伊藤遼哉(19)を獲得することを発表した。 ▽伊藤は東京都出身で、スイスのFCチューリッヒU-13からグラスホッパーU-14、U-15、バイエルンU-15、U-16、シャルケU-17、U-19、デュッセルドルフU-19と欧州クラブの下部組織を渡り歩いた異色の経歴の持ち主。2014年にはU-14日本代表、2015年にはU-17日本代表にも選出されていた。伊藤はクラブを通じてコメントしている。 「この度、サガン鳥栖に加入することになりました伊藤遼哉です。サガン鳥栖という多くの人に愛されるチームの一員になれたことを大変嬉しく思います」 「ゴールに絡むプレーという自身の特徴を最大限にいかして、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。ファン・サポーターの皆さんと共に初タイトルを取るため必死に戦います!応援よろしくお願い致します」 2017.12.09 16:22 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖“残留”! 今季活躍のMF原川力が川崎Fから完全移籍 「タイトルに導けるように」

▽サガン鳥栖は9日、川崎フロンターレに所属するMF原川力(24)の完全移籍加入を発表した。 ▽リオ・デ・ジャネイロ オリンピックを戦ったU-23日本代表メンバーである原川は、京都サンガF.C.、愛媛FCを経て、2016年に川崎F入り。今シーズンから出場機会を求めて期限付き移籍で鳥栖に加わり、明治安田生命J1リーグ33試合に出場して7ゴールと活躍した。 ▽原川は、来シーズンもプレーすることが決定した鳥栖の公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、サガン鳥栖に完全移籍することになりました。来年もこのチームでプレーできることを嬉しく思います!サガン鳥栖をタイトルに導けるように努力し続けたいと思います。来年もよろしくお願いします!!」 2017.12.09 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、DF坂井達弥との契約期間満了を発表

▽サガン鳥栖は6日、DF坂井達弥(27)と契約満了に伴い2018シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽アビスパ福岡の下部組織出身の坂井は、鹿児島県の鹿屋体育大学を卒業後鳥栖へ加入。松本山雅FCやV・ファーレン長崎への期限付き移籍した後、今シーズンは大分トリニータにレンタルしていた。今季の明治安田生命J2リーグでは4試合出場に留まった。 ▽鳥栖退団が発表された酒井はクラブ公式サイトでそれぞれ以下のようにコメントしている。 「今シーズン限りでサガン鳥栖との契約が満了になりました。サガン鳥栖は僕をプロサッカー選手にしてくれたチームです。プロの厳しさ、そしてチームで一丸となって闘い勝てたときの達成感、色々なことを学ばせて貰いました」 「これからはそういう環境を作り出せるような選手になっていけるように努力していこうと思います。サガン鳥栖の選手、スタッフ、フロント、スポンサーの皆様、サポーターの皆様、支えていただきありがとうございました」 2017.12.06 18:18 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖GK権田修一、優勝へ意欲「アジアの中では一番にならなくてはいけない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は4日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて味の素フィールド西が丘でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK権田修一(サガン鳥栖)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。久々の代表選出に「楽しみたい」とコメントしつつも、「アジアの中では一番にならなくてはいけません」と闘志を燃やした。 <span style="font-weight:700;">◆GK権田修一</span>(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">──代表に選出されて</span> 「上手い人とサッカーをするのは楽しいので、単純に楽しみたいなと思います。ただ、代表に来るということは日本のために勝たなくてはいけないですし、アジアの中では一番にならなくてはいけません」 「前回大会で自分は辞退していて、あまり観れてはないですけど、結果が出ませんでした。前々回のブラジル・ワールドカップの前の大会では良いプレーした選手が何人か一緒にワールドカップに行ったりもしていて、みんなモチベーションが高いです。今回のような大会でしっかりと個人としてもチームとしても日本のために全員がプレーして、大会に出るからには勝てれば良いなと思います」 「僕は久々に代表へ来て年齢が上の方になったので(笑) 年下の選手の方が多いですけど、みんなやはり上手いので楽しいですね」 <span style="font-weight:700;">──代表に呼ばれていない間、SVホルンへ移籍したりいろいろなことがあったが</span> 「代表は自分が行きたいと立候補して来れる場所ではないので、その時に与えられた場所で自分の与えられたことをやること以外ないです。裏技とかもないですし、去年だったらSVホルン、今年だったらサガン鳥栖で1年間チームのためにやることをやってきました」 「今年のサガン鳥栖の成績がすごく良かったとは思わないですけど、こうやって呼んでもらえたので、代表に来たから代表仕様のプレーをするわけではなく、サガン鳥栖でやってきたことをいつも通りやれたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──前回のブラジル・ワールドカップを経験しているが</span> 「経験したと言っても僕は出ていないです。最近のブラジル代表戦でも出場した選手がブラジルはすごいと言いますけど、僕は海外でオーストリアの2部でプレーしただけなので、世界のトップ・オブ・トップを知っているわけではありません。国際舞台もオリンピックしか出ていません」 「世界がどれくらいすごいのかというのは正直自分は体験できていないですし、ブラジル経験者と言ってもその場にいただけです。まず、試合に出ることを目指してやっていきたいです。僕としてはこの場に帰ってこれたことは、家族やここに来るまで携わってくれた人のおかげだと思います」 2017.12.04 23:01 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース