ニースがアヤックスとの激闘制す! プレーオフ進出チームが決定!《CL予備予選》2017.08.03 06:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦2ndレグの15試合が1日と2日に行われた。

▽リーグ上位ルートでの対戦となったアヤックス(オランダ)vsニース(フランス)は、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数で上回ったニースのプレーオフ進出が決まった。

▽ホームで行われた1stレグを1-1のドローで終えたニースは、開始早々に貴重なアウェイゴールを奪う。3分、最終ライン裏へ完璧に抜け出したメルがボックス左で放ったシュートは相手GKに阻まれるが、このこぼれ球をファーサイドでフリーのスケが無人のゴールへ流し込んだ。幸先良く先制したニースは、その後も相手のハイラインを突いて2点目に迫るが、あと一歩で決め切れない。すると、徐々に試合はアヤックスペースに傾くと、26分にはジイェフとのパス交換でゴール前に飛び出したファン・デ・ビークが1stレグに続くゴールを決め、試合は2戦合計2-2の完全なイーブンとなった。

▽1-1のイーブンで折り返した後半はホームのアヤックスが立ち上がりから攻勢に出る。48分にはCKのクリアボールをファン・デ・ビークが見事なダイレクトボレーで合わせるが、これはGKカルディナーレのビッグセーブに遭う。それでも、58分にセットプレーの二次攻撃からジイェフのクロスをボックス左のフィルヘーフェルが頭で折り返すと、これを攻め残っていたデビンソン・サンチェスがスライディングシュートで流し込んだ。

▽痛恨の勝ち越しを許したニースは最終ラインのマラン・サールを下げてアタッカーのマルセルを投入。すると、この交代策が貴重なゴールをもたらす。79分、プレアのスルーパスに抜け出したセリがボックス右で意表を突いたヒールパスで折り返すと、これをニアに走り込んだマルセルが流し込んだ。アウェイゴール2点目で再び2戦合計スコアで優位に立ったニースは、フンテラールらを投入したホームチームの反撃を凌ぎ切って、見事にプレーオフ進出を決めた。

▽また、CL本大会常連のセルティック(スコットランド)は、ローゼンボリ(ノルウェー)とのアウェイゲームを1-0で勝利し、2戦合計1-0でプレーオフ進出を決めた。ホームでの1stレグをゴールレスドローで終えたセルティックは、この試合でも相手の堅守に手を焼く。それでも、69分にボックス右でシンクレアからパスを受けたフォーレストが角度のないところから見事な右足のシュートを突き刺し、貴重なアウェイゴールを奪取。その後、相手の反撃を無失点で抑えて苦しみながらも勝ち抜きを決めた。

▽そのほかの試合では、CSKAモスクワ(ロシア)やオリンピアコス(ギリシャ)、コペンハーゲン(デンマーク)といった本大会常連が順当に勝ち抜いた一方、ディナモ・キエフ(ウクライナ)やBATEボリソフ(ベラルーシ)が敗退となる波乱も起こった。なお、本大会出場を懸けたプレーオフの組み合わせ抽選会は4日にスイスのニヨンで行われる予定だ。CL予備予選3回戦2ndレグ試合結果は以下の通り。

◆CL予備予選3回戦2ndレグ
▽8/1(火)
シェリフ(モルドバ) 1-2(AGG:1-2) カラバフ(アゼルバイジャン)

▽8/2(水)
CSKAモスクワ(ロシア) 1-0(AGG:3-0) AEKアテネ(ギリシャ)

アポエル(キプロス) 4-0(AGG:4-1) ヴィトルル(ルーマニア)

BATEボリソフ(ベラルーシ) 2-1(AGG:2-2) スラビア・プラハ(チェコ)

イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ) 2-0(AGG:5-3) クラブ・ブルージュ(ベルギー)

コペンハーゲン(デンマーク) 4-1(AGG:4-2) バルダール(マケドニア)

ヤング・ボーイズ(スイス) 2-0(AGG:3-3) ディナモ・キエフ(ウクライナ)

ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 1-4(AGG:3-6) ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

ルドゴレツ(ブルガリア) 3-1(AGG:3-3) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)

ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) 0-1(AGG:0-2) マリボル(スロベニア)

アヤックス(オランダ) 2-2(AGG:3-3) ニース(フランス)

オリンピアコス(ギリシャ) 2-2(AGG:5-3) パルチザン(セルビア)

リエカ(クロアチア) 0-0(AGG:1-1) ザルツブルク(オーストリア)

ローゼンボリ(ノルウェー) 0-1(AGG:0-1) セルティック(スコットランド)

レギア・ワルシャワ(ポーランド) 1-0(AGG:2-3) アスタナ(カザフスタン)

コメント

関連ニュース

thumb

成長を見せるバロテッリ「順調なときが問題。褒められるよりミスを分析したい」

ニースのFWマリオ・バロテッリが1日、ニースのオフィシャルマガジンのインタビューに応じた。<br><br>バロテッリは昨シーズン、ルシアン・ファブレ監督が率いるニースに加入すると、リーグ・アン23試合に出場し15得点をマークするなど輝きを取り戻した。今夏にはニースとの契約を更新、ロシア・ワールドカップに向けて、南仏のびのびとした環境でプレーを続けることを選択した。<br><br>「ここに残ることを決めたのは単純に居心地が良いからだ。チームメートともサポーターとも監督とも上手くやっている。初めてここへやって来たとき、こんな風に感じることになるとは考えもしなかった。嬉しい驚きだった」<br><br>■ニースで成長を実感するバロテッリまたバロテッリは自身の扱い方について問われると、褒め過ぎないようにすることが適切だと答えている。<br><br>「もしオレがバロテッリの監督だったら? あまり褒めないようにすると思う。逆に多少うんざりさせるくらいの方がいい。オレのことだから分かるけど、すべてが上手くいっている時が問題なんだ。誰かに少し文句を言われている時の方が、カーっとなってもっと努力しようとする。良かったことよりも、ミスについて話をすることが自分には必要だと思う。自分のミスから学べるからね」<br><br>今シーズンはケガの影響でスタートが出遅れたが、徐々にコンディションが上がってきている。リーグ戦では出場5試合ですでに5得点を挙げている。<br><br>「成長を続けている。ここ2年くらい継続性がないことが多かったが、継続的に活躍できるようになりたいので今、努力している。しっかりトレーニングができていないと継続的に活躍できない」<br><br>またバロテッリはプレミアリーグおよびセリエAにおいてダービーを何度も経験している。<br><br>「マンチェスターダービー、ミラノダービー、リヴァプールダービーでプレーした。オレにとって最高だったのはミラノダービーだ。だけどオレはダービーにはあまりこだわらない。それよりも単純にプレーしたい気持ちが大きい。サポーターにとって試合は同じようには映らないだろうが、ピッチではダービーも他の試合と同じ1試合なんだと思わなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.02 16:08 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ、冬のコウチーニョ獲得への動きはなし?

▽バルセロナは、今冬の移籍市場でのリバプールMFフィリペ・コウチーニョ(26)獲得に前向きではないもようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でコウチーニョ獲得に向けて巨額オファーを提示したものの、リバプールがすべて拒絶。コウチーニョ自身がバルセロナ移籍を希望しているとみられていたこともあり、移籍市場を賑わせていた。 ▽バルセロナは冬の移籍市場でもコウチーニョを引き続き狙うことが考えられていた。しかし、『ミラー』によればバルセロナは冬の移籍市場ではニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の獲得に力を入れるもようで、そのことによりコウチーニョへの関心は薄れる見込みだ。 ▽ただ、バルセロナは来夏に再びコウチーニョ獲得に動くかどうか考慮中だとのことで、リバプールは引き続き慰留への戦いが待っているかもしれない。 2017.09.15 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナDFマルロン、ニースへ2年レンタル移籍

▽バルセロナは29日、U-23ブラジル代表DFマルロン(21)がニースへレンタル移籍することを発表した。期間は2018-19シーズン終了後までの2年間となっている。 ▽フルミネンセから2016年夏にレンタルでバルセロナに加入したセンターバックのマルロンは昨季、公式戦3試合に出場。今年6月に完全移籍となり、バルセロナと3年契約を結んでいた。 2017.08.30 06:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、CL強行出場を告白「ケガが治っていなかったがチームを助けたかった」

ニースのFWマリオ・バロテッリが27日、インスタグラムを更新し、今後の挽回を約束した。<br><br>バロテッリは今夏、筋肉系のトラブルを抱え、スタートが出遅れた。しかし、22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ、ニース対ナポリ戦の2ndレグには先発し、新加入のMFヴェスレイ・スナイデルとの相乗効果が期待された。だがバロテッリは精彩を欠き、チームは0-2で敗戦。バロテッリが欠場した26日のリーグ・アン第4節アミアン戦でもニースは0-3と完敗し、批判が高まっている。このためバロテッリはインスタグラムを更新し、ファンへ挽回を予告した。またナポリ戦の際、ケガから回復しておらず、強行出場だったことも告白している。<br><br>「ニースが不振から抜け出せるよう、自分の力を出し切りたい。オレがプレーしたこの間の試合(ナポリ戦)はまだケガが完治していなかった。復帰までの時間をスピードアップして、コンディションは50%にも達していない状態だった。復帰を急いだのは、チームの助けになりたかったからだけど、皆が知っているようにオレにはそれができなかった」<br><br>「4日間、風邪をひいてしまい今は病み上がりの状態。だからアミアン戦を欠場したんだ。物事が上手く進まない時にオレを攻撃するのはいつも簡単だろう。オレは悲しくなるけど、同時に誇りにも感じる。皆がオレのことをまだ信じてくれている証拠だからだ。ヤジった人たちは間違っていたと証明することがオレにできるすべてだ。子供は転ぶけど、大人は立ち上がる。オレたちは大人なのだから、怒らずに前を向こう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.28 19:19 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏3度目のバルサvsPSGが勃発!? バルサ関心のセリをPSGが急襲か

▽バルセロナが関心を示しているニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)に関して、パリ・サンジェルマン(PSG)が横槍を入れているようだ。選手の代理人であるフランクリン・マラ氏がカタルーニャのラジオ局『RAC1』で明かした。 ▽中盤の補強を目指すバルセロナは、セリと4年契約で合意。ニースとは移籍金4000万ユーロ(約52億円)で合意したと報じられていた。しかし、現在のとこと正式な契約は結ばれていない。 ▽そんな中、またしてもバルセロナの前にPSGが立ちはだかるとのこと。マラ氏によると、PSGがセリの獲得に動き、バルセロナへの移籍を阻もうとしているようだ。 「バルセロナとニースは交渉していたし、合意に達することができた」 「火曜日、彼らはフランスにおり、技術面について話していた。しかし、彼らは既にセリの能力については知っていた」 「PSGは3日前にやってきたんだ。今、PSGは選手を獲得するため、クラブに圧力をかけている。それはクレイジーだよ。彼らはバルサを邪魔したいだけなんだ」 ▽今夏の移籍市場において、バルセロナとPSGの間にはいくつかの衝突が起きている。まずは、バルセロナが獲得を目指していたイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに関しては、PSGが放出を拒否。一方で、PSGは市場高額となる2億2200万ユーロ(約291億円)の契約解除金を支払い、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得していた。 ▽セリの件によって、今夏3度目の両クラブ間での争いが起こることになるが、PSGが3連勝を果たすことはあるのだろうか。一部では、バルセロナが撤退するとの報道もあるが結末は…。 2017.08.24 11:11 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース