ムヒタリャン&マタ弾でユナイテッドがサンプドリアに勝利《プレシーズンマッチ》2017.08.03 05:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは2日、プレシーズンマッチでサンプドリアとアイルランドのダブリンで戦い、2-1で勝利した。

▽インターナショナル・チャンピオンズカップを戦い終え、3日前にバレレンガとのプレシーズンマッチを3-0と快勝したユナイテッドは、新戦力のマティッチが初先発となった。

▽スモーリングを中央に据える3バックを採用したユナイテッドが立ち上がりから主導権を握る中、9分にピンチ。ボックス内での間接FKを与えてしまうが、これを凌いだロングカウンターから先制ゴールを奪った。人数をかけて敵陣に攻め入ると、ボックス左のダルミアンのクロスを最後はムヒタリャンがヘディングで押し込んだ。

▽その後も攻勢に出るユナイテッドは22分にバレンシアの右クロスをムヒタリャンがダイビングヘッドで合わせて枠を捉えるも、GKプッジョーニの好守に阻まれる。続く24分には右サイドから中へ切れ込んでボックス内に侵入したルカクがシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。

▽ハーフタイムにかけてもサンプドリアに付け入る隙を見せなかったユナイテッドは、36分にバレンシアの右クロスにムヒタリャンがヘッドで合わせたが枠の左に外れ、前半は1点のリードで終了した。

▽後半からムヒタリャンら4選手を交代したユナイテッドが引き続き主導権を握る展開としたが、63分に失点する。左クロスがルーズとなったボールをプラエトにミドルシュートで叩き込まれた。

▽その後、77分にGKデ・ヘアら4選手を交代したユナイテッドは81分に勝ち越す。マルシャルが左サイドをドリブルで仕掛けてラストパスを送ると、最後はボックス中央のマタが正確にゴール左へ流し込んだ。

▽勝利したユナイテッドは8日にレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップを戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

ルカク、「雑魚専」と呼ばれる

▽マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクの異名が話題となっている。 ▽今夏にエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに加入したルカクは、開幕からのリーグ7試合のうち6試合でゴールを挙げるなど、ゴールを量産。そこから失速したものの、最近はリーグ戦2試合連続でチームの勝利に貢献している。 ▽しかし、以前から強豪相手の試合でゴールをなかなか決められないとされていたルカクは、今シーズンもビッグマッチでネットを揺らせていない。ユナイテッドは昨季トップ6のチェルシー、スパーズ、マンチェスター・シティ、リバプール、アーセナルと既に前半戦で戦っているが、ルカクはいずれの試合でも得点できていない。 ▽『Opta』などによると、ルカクは2016-17シーズンのスタートからのトップ6外の相手に対して、17日のWBA戦のゴールが39試合中31得点目となった。これは称賛されるべき素晴らしい数字だが、逆にビッグマッチで得点できないことがクローズアップされる要因ともなり、最近のSNS上では「雑魚専」との異名がつけられている。 ▽ただ、昨シーズンに15分けしたユナイテッドは、今季ここまでわずか2分けと、ルカクの存在により格下相手に対する「引き分け試合」を「勝ち試合」にしているとも見て取れる。トップ6相手の試合は、来年1月31日のスパーズ戦までない状態だが、異名を返上する今後の活躍にも期待したいところだ。 2017.12.18 11:51 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「後半は野心を失っていた」ウェストブロム戦辛勝のチームに不満

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、勝利したWBA戦での後半のパフォーマンスに不満が残ったようだ。<br><br>17日に行われたプレミアリーグ第18節で、マンチェスター・ユナイテッドはWBAと対戦。前半にロメル・ルカクとジェシー・リンガードが得点を挙げ、2-1で競り勝った。これで直近7試合で6勝目を挙げたマンチェスター・ユナイテッドは、2位の座をキープしている。<br><br>しかし、2点のリードを奪ったマンチェスター・ユナイテッドは後半にトーンダウン。逆にWBAに得点を許し、1点差まで迫られる辛勝となった。試合後、モウリーニョ監督はチームの後半のできに不満を呈している。<br><br>試合後、モウリーニョ監督は『スカイ・スポーツ』で「少しばかりエネルギーを失っていたと思う。後半は前半のような激しさで試合を進められなかった。野心を失ったのが原因だろう。しかし、彼らは空中戦ではパワフルで、ハイボールに強い選手もいて、得点を許してしまった」と後半は思うようにプレーできなかったと言及。<br><br>続けて「ウェストブロムのセットプレーは脅威だと選手たちもわかっていた。トニー(ピュリス前監督)はそのエキスパートで、彼らのセットプレーは我々にとって大きな問題になる可能性があった。アラン(パーデュー)は後半に何人かを入れ替え、チームのクオリティを上げてきた。我々も試合を決めにかかったが、失点してしまった。しかし、その後は試合は落ち着いた。総合的に考えても勝利に価したと思う」と試合を評価した。<br><br>また、65分に負傷したアントニオ・バレンシアについて「これがイングランドにおける12月のフットボールだ。選手たちはマシンではないから時々そのようなことが起きる。たぶん彼は次の試合には出られないだろう。しかし、この試合には(ダレン)ブリントと(マッテオ)ダルミアンをベンチにいれなかったが、彼らか他の選手を代わりに起用することになる」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.18 11:23 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、元ユナイテッドのウインガー獲得か

▽チェルシーが、クリスタル・パレスに所属する元イングランド代表FWウィルフリード・ザハ(25)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽若くして将来を嘱望されていたザハは、2013年にC・パレスからユナイテッドに移籍。しかし、ユナイテッドではほとんど出場機会を得ることができず、2015年にC・パレスに復帰した。すると、C・パレスで才能を開花させ始め、今シーズンはリーグ戦12試合で4得点を記録している。 ▽そのザハをアントニオ・コンテ監督率いるチェルシーが注視しているようだ。チェルシーは、来年1月の移籍市場でザハ獲得に動くかを考慮している模様だ。 2017.12.18 11:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、今冬にリーグ・アン屈指の若手ウイング獲得に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、今冬の移籍市場でボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(20)の獲得に動くようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。 ▽現在、ユナイテッドは左ウイングにイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、フランス代表FWアントニー・マルシャルの若手有望2選手を抱えているものの、右ウイングのポジションに関してはイングランド代表MFジェシー・リンガードやスペイン代表MFフアン・マタと攻撃的MFタイプの選手の起用を余儀なくされている。 ▽『タイムズ』の伝えるところによれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は右ウイングにもラッシュフォードやマルシャル同様に個人技で局面を打開できる人材を求めているという。そして、今冬の移籍市場で獲得可能な人材として、リーグ・アン屈指の右ウイングであるマウコムをリストアップしているようだ。 ▽2016年1月にブラジルのコリンチャンスからボルドーに加入したマウコムは、卓越した左足のテクニックとスピードを武器とする右ウイング。ボルドーでは、ここまで公式戦77試合に出場し、18ゴール13アシストを記録。今シーズンはリーグ戦17試合に出場し、7ゴール4アシストの活躍を披露している。 ▽U-20ブラジル代表、U-23ブラジル代表でもプレー経験がある逸材には、今夏ドルトムントやヴォルフスブルクなど、国外の多くのクラブが関心を示していたが、今年9月にボルドーと2021年までの新契約にサインしていた。 ▽なお、マウコム獲得に向けては2600万ポンド(約39億円)ほどの移籍金が必要になる模様だ。 2017.12.18 05:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに痛手、バレンシアがハムストリング負傷

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアが、17日に行われたWBA戦でハムストリングを負傷した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽前節、ルカクの5試合ぶりのゴールを守り切ってボーンマスに1-0の勝利を収めた2位のユナイテッドは17日、敵地で行われたプレミアリーグ第18節で19位に低迷するWBAと対戦し、2-1で勝利した。 ▽しかし、同試合では後半半ばの66分にハムストリングを痛めたバレンシアがプレー続行不可能となり、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホとの負傷交代を強いられた。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、同試合後に行われた会見の場でバレンシアの状態について説明している。 「彼のケガは、私が12月の負傷と呼ぶもの。疲労の蓄積によるものだ。筋肉を傷めた。ハムストリングだ。大きな筋肉を痛めたのか、中程度の筋肉なのか、小さな筋肉なのかはわからない」 ▽また、バレンシアの離脱期間に関する質問に対しては、「待つしかない。彼は経験豊富なプレーヤーであり、放っておいてさらに厳しい状態にはしないだろう。疲労がケガの原因だ。プレミアリーグで、カップ戦、欧州のカップ戦に出場している全てのプレーヤーに、ケガをするリスクがあるということ」と語り、明言を避けている。 ▽バレンシアは今シーズン、右サイドバックとウイングバックを主戦場にここまでの公式戦20試合に出場し、2ゴールを記録。また、離脱が続く元イングランド代表MFマイケル・キャリックに代わってゲームキャプテンを務めており、現時点で正確な離脱期間はわからないものの、同選手の離脱は大きな痛手となりそうだ。 2017.12.18 04:30 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース