ネイマールがPSG加入なら、カバーニはミランに!?2017.08.01 20:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが、パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(30)獲得を検討しているという。イタリア『QUOTIDIANO』が報じた。

▽バルセロナのブラジル代表FWネイマールのPSG移籍騒動が移籍マーケットを賑わしている現在。『QUOTIDIANO』によれば、この移籍が実現に至れば、新たにストライカーを探すミランがカバーニ獲得に動き出すという。

▽同メディアは、ネイマールのPSG加入はドレッシングルームのヒエラルキーに変化をもたらし、それを良しとしないカバーニが移籍を望む可能性があると踏んでいるようだ。そしてそこに目を付けたミランが、4月に契約を2020年まで更新したばかりの同選手の動向をチェックしているという。

▽2013年夏にナポリからPSGに移籍したカバーニは、これまでに公式戦199試合に出場し130得点をマーク。在籍4年間でリーグ・アン優勝3回を含む、15もの主要トロフィーを獲得している。果たしてカバーニは2度目のイタリア挑戦となるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

積極補強のミラン、総額24億円ビジャレアルMF獲得決定か…バッカは放出へ

ミランは、ビジャレアルMFサムエル・カスティジェホの獲得が決定したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。<br><br>今夏、オーナー交代などピッチ外での騒動で落ち着かない状況が続いたミラン。しかし、新SDにレオナルド氏が就任するなどクラブの体制が定まると、積極的に補強を進めている。<br><br>すでにFWゴンサロ・イグアインの獲得を決め、さらにチェルシーMFティエムエ・バカヨコの加入も間近まで迫っている。一方で、FWアンドレ・シウヴァやFWニコラ・カリニッチを放出するなど、スカッドの刷新を図っている。<br><br>そんなロッソネリだが、チーム強化はまだまだ終わらないようだ。イタリアで最も有名なジャーナリストの1人であるディ・マルツィオ氏によると、ビジャレアルからカスティジェホの獲得を決めたという。<br><br>同氏によると、300~400万ユーロ(約4~5億円)を支払い1年間のレンタルで獲得し、1400~1500万ユーロ(約18~19億円)の買い取りオプションが付帯するようだ。14日にもメディカルチェックと契約が完了すると伝えている。<br><br>なお、この取引に含まれるわけではないが、コロンビア代表FWカルロス・バッカのビジャレアル行きも同時期に決まるようだ。<br><br>新シーズンこそチャンピオンズリーグ出場権獲得をねらうミラン。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、チームを上位進出に導けるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.08.14 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランMFロカテッリ、買い取り義務付きレンタルでサッスオーロへ移籍

▽サッスオーロは13日、ミランのU-21イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(20)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽『フットボール・イタリア』によればレンタル料は200万ユーロ(約2億5000万円)で、シーズン終了後に1000万ユーロ(約12億6000万円)+ボーナス200万ユーロの移籍金がかかるとのことだ。 ▽ミランの下部組織出身であるセントラルMFのロカテッリは、2016年4月にトップチームデビュー。同10月にはユベントス戦で戦列なミドルシュートを叩き込んでいた。そのロカテッリはこれまでミランで公式戦63試合に出場して2ゴール1アシストを記録。昨季はセリエAで21試合に出場していたが、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの加入もあって先発は5試合に留まっていた。 2018.08.13 23:53 Mon
twitterfacebook
thumb

元ミラン監督、ガットゥーゾを羨む「クラブは私を守ってくれなかった。彼はラッキー」

元ミラン指揮官のクリスティアン・ブロッキ氏は、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、古巣のミランについて語った。<br><br>ブロッキ氏はミランの下部組織出身で、トップチームでは合計6年間、プレーした経験を持つ。引退後は、下部組織のアリエーヴィやプリマヴェーラを指揮。2015-16シーズンには、解任されたシニシャ・ミハイロヴィッチに代わってトップチームの監督に就任すると、日本代表MF本田圭佑も指導した。だが昨シーズン、同じくプリマヴェーラから昇格した現指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾと比較し、自身はクラブに守られず、運に恵まれていなかったと語る。<br><br>「考えても無駄だ。監督は技術や知識だけの問題ではない。運も必要になる。適切なタイミングで適切な場所にいる必要がある。若い者に限らず、監督は守られるべきだと思う。私のいたときは違った。リーノは運に恵まれた。彼は私にとって弟のような存在であり、嬉しく思う。ミランや代表での経歴を考えれば、彼には相応しい待遇だと思う。ただ私の場合は違ったけど&hellip;」<br><br>またミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏が今夏、幹部として古巣に復帰したことを喜んだ。<br><br>「熱気があって良い。世界レベルの重要な選手や将来性の豊かな選手が加入した。それにパオロ・マルディーニのような不可欠な存在が戻ってきた。非常に大切で重要な人物であり、熱気も増した。彼が戻って来て、喜んでいる。レオナルドと同じく、偉大なプロフェッショナルであり、忠誠なチームメートだった。彼がまたミランのために働いてくれるは嬉しい」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、名門ミラン復活へ自信「ユーベに追いつくのに時間は多くかからない」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、王者ユベントスとの実力差を埋めていけるはずだと自信を見せた。<br><br>ミランは11日、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーとの親善試合に臨み、1-3で敗れた。ガットゥーゾは試合終了後、課題を指摘した。<br><br>「昨年、最大の欠点は美しいサッカーをしながらも結果を持ち帰れないことだった。今日は素晴らしい試合をしていたのに残念だ。この点については改善する必要がある。46分や91分に失点しないよう取り組んでいかなければならない。交代でクオリティが落ちたと言うのは簡単だが、実際はそうではない。ミランでプレーする者なら準備ができていなければならない。いつでもだ」<br><br>またミランの闘将は、セリエA7連覇中の王者ユベントスとの力の差を認めているが、それほど遠くない将来、追いつくことは可能だと考える。<br><br>「パフォーマンスは良かったし、チームは精神的にも状態が良く、良いプレーができている。全体的に私は非常に満足している。戦力は上がっているが、ユベントスとの差は非常に大きい。だが若いチームだし、正しい道を進んでいると思う。この調子で進んでいけば、差を埋めるのにそれほど多くの時間はかからないだろう」<br><br>最後に、今夏、ユベントスから加入したFWゴンサロ・イグアインに対し、苦言を呈している。<br><br>「普段の練習から信頼されるようにならなければならない。チームメートを追い払うのではなく、鼓舞するように努めるべきだ。やって来てからこんな調子だ。だが彼だけの力では、どこにも行けない」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 14:56 Mon
twitterfacebook
thumb

バカヨコ確保のミラン、次なる標的はカスティジェホ? すでに23億円+バッカでオファーか

▽ミランがビジャレアルに所属するスペイン人FWサムエル・カスティジェホ(23)の獲得に動いているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽チェルシーからフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得することがほぼ確実となっているミランだが、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は先日、ミランの次のターゲットはカスティジェホだと断言していた。 ▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ミランはビジャレアルに対して1800万ユーロ(約23億円)+コロンビア代表FWカルロス・バッカの譲渡でオファーを提示した模様。しかし、ビジャレアル側はカスティジェホの放出には2500万ユーロ(約32億円)を要求しているため、両者の間で大きな隔たりがあるようだ。 ▽なお、ミランはセリエAの夏の移籍期限となる16日までビジャレアルとの交渉を続けるという。 ▽マラガの下部組織出身のカスティジェホは、2014年にトップチームデビュー。2015年の夏から加入したビジャレアルでは、両ウィングを主戦場にこれまで公式戦127試合に出場し11ゴール15アシストを記録している。 2018.08.13 02:50 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース