久保裕也、後半途中出場も不発…チームは開幕戦黒星《ジュピラー・プロ・リーグ》2017.07.31 08:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは30日、ジュピラー・プロ・リーグ開幕節のシント・トロイデン戦に臨み、2-3で敗れた。久保は71分から出場したが、不発に終わっている。

▽敵地で開幕戦を迎えたヘントは39分にMFフランコ・アンドリヤシェビッチのゴールで先制したが、1点リードで迎えた後半の63分、72分に連続失点。75分にMFサムエル・ジゴットの得点で追いついたが、88分に勝ち越しゴールを許して競り負けた。

▽ヘントは今後、8月3日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグでアルハッタとアウェイで対戦。6日に行われるホーム開幕戦でロイヤル・アントワープFCを迎え撃つ。

コメント

関連ニュース

thumb

久保裕也、久々スタメン落ち ヘント逆転勝ちで優勝PO進出確定《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは24日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でベベレンのホームに乗り込み、2-1で勝利した。久保は第6節のゲント戦以来となるスタメン落ち。58分からプレーした。 ▽2試合ぶりの勝利を狙うヘントだが、18分に先制点を献上。それでも、1点を追う後半、82分にCKからブロンのゴールで追いつくと、後半アディショナルタイム2分にヤレムチュクの一発で試合を土壇場でひっくり返した。 ▽結局、ヘントは敵地で劇的な逆転勝利。7戦負けなしで勝ち点を47とし、レギュラーシーズン6位以内を確定させ、2節を残して優勝プレーオフ進出を決めた。 ベベレン 1-2 ヘント 【ベベレン】 テリン(前18) 【ヘント】 ブロン(後37分) ヤレムチュク(後45分+2) 2018.02.25 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

下位相手にドローのヘントは上位追走ならず…久保は88分までプレー《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは18日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第27節でメヘレンと対戦し、2-2で引き分けた。久保は88分までプレーした。 ▽4位のヘント(勝ち点43)が、残留争いに巻き込まれている15位メヘレン(勝ち点22)をホームに迎えた一戦。試合は開始早々にスコアが動く。2分、自陣からのスローインのこぼれ球を拾ったリッツがドリブルで右サイドを突破。ボックス右まで侵攻し折り返しを供給すると、これをゴール前に走り込んだタンモンが流し込み、メヘレンが先制する。 ▽反撃に出たいヘントだが、再び試合を動かしたのはメヘレン。19分、バンデのスルーパスをボックス左までオーバーラップしたコボーがシュート。これはGKカリニッチが弾くも、こぼれ球をリッツが押し込んだ。 ▽迎えた後半、ヘントはマシャドを下げてチャクベタゼを投入。すると57分、カルーの右クロスをヤンガがヘディングで叩き込み、ヘントが1点を返す。 ▽勢いづくヘントは72分、久保のパスをボックス左で受けたジゴットのクロスをヤレムチュクがジャンピングボレーで流し込み、試合を振り出しに戻した。さらに74分にも、アンドリヤシェヴィッチのサイドチェンジを受けたチャクベタゼが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽ヘントは88分に久保を下げてシラを投入。その後も果敢にメヘレンゴールに迫ったヘントだが、追加点は生まれず。試合は2-2の引き分けで終了した。 2018.02.19 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

「ピッチで結果を残したかった」8試合ぶり得点の久保裕也が抱えていたゴールへの渇望

ヘントのFW久保裕也が批判に対して結果で応え、手応えを感じていることを明かした。ベルギー『voetbalnieuws』が報じている。<br><br>ヘントは10日、リーグ戦第26節でシント・トロイデンと対戦。久保はこの試合で1ゴール1アシストを記録し、3-0の快勝に大きく貢献した。7試合ゴールのなかった久保には「利己的で怠惰」と批判の声も上げられていたが、結果で応えている。<br><br>久保は前節のオイペン戦では低調なプレーであったことを認めつつ、「ピッチで結果を残したかった。外的なモチベーションはなかったですね。監督はコンパクトにしようとしていましたけど、僕はゴールが欲しかったので」と結果を求めていたことを明かす。<br><br>中盤でプレーし、前線とのリンクを求められている久保は「まだまだ改善の余地があるし、トップレベルではない」と上を見つめる。それでも、「ゴールとアシストは自信を得られますね。毎試合点を取りたいです」と力強く語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.13 08:20 Tue
twitterfacebook
thumb

久保裕也が8戦ぶりとなる今季7点目に1アシスト! ヘントが冨安欠場のシント=トロイデンに快勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは10日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第26節でDF冨安健洋所属のシント=トロイデンVVをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽4位のヘントと9位のシント=トロイデンが激突した一戦。久保は84分までプレーし今季7点目を記録、冨安はケガのためベンチ外となった。 ▽試合は11分と早い時間帯に動く。右サイドで味方からのフィードを頭でボックス内の味方に落とすと、これをFWヤンガが相手DFと交錯しながらも中央に流す。このこぼれ球に反応した久保はゴール左隅に豪快に蹴り込んで自身8戦ぶりとなる今季3点目を記録した。 ▽久保の久々のゴールでリードを手にしたヘントは、前半立ち上がりにクロスバーを2度叩く相手の攻勢に晒されるも1点リードで試合を折り返す。すると後半立ち上がりの50分に相手に退場者が出ると、56分にはカウンターから久保のラストパスを受けたヤルムチュクがボックス右からコントロールシュートをゴール右隅に突き刺し、勝利を大きく近づける追加点が生まれる。 ▽その後も数的優位を活かして優位に試合を運ぶヘントは65分にもヤンガに3点目が生まれた。その後、84分には1ゴール1アシストの活躍を見せた久保がお役御免となり、ホームで3-0の完勝。ヘントは2試合ぶりの勝利を飾ると共にリーグ5戦負けなしと好調を維持している。 ヘント 3-0 シント・トロイデン 【ヘント】 久保裕也(前11) ヤルムチュク(後11) ヤンガ(後20) 2018.02.11 06:52 Sun
twitterfacebook
thumb

久保裕也が見せた衝撃のドリブル突破ゴールはベストゴール賞3位「英語のスピーチ考えてましたが…」

▽ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのアワード賞のベストゴールにノミネートされ、3位に終わった。 ▽ノミネートされたゴールは、2017年11月24日に行われたREムスクロン戦でみせたドリブル突破からのゴール。40分にドリブルで中央突破を試みた久保は、そのままボックス内まで持ち込み相手DF3人をかわして決めていた。 ▽久保を含めて10のゴールがノミネートされたベストゴール賞。ファン投票によりベストゴール賞を受賞したのは、アントワープのイボ・ロドリゲスが決めたゴール。右サイドからのクロスを、ファーサイドに飛び込んだイヴォ・ロドリゲスが右足アウトサイドのボレーで決めたものだった。なお、2位にはクラブ・ブルージュのルート・フォルメールが11月19日のベベレン戦で決めたゴール。ボックス左からの浮き球のパスを、ボックス中央でジャンピングボレーで沈めたものだった。 ▽アワードに出席した久保は、自身のブログで報告。「初めての経験で面白かったです!賞をもらえるかもと期待して英語のスピーチ考えてましたが結果は届かずちょっと残念でした笑」とし、「応援して下さった皆様ありがとうございました」とベストゴールに投票してくれたファンへの感謝を綴った。 2018.02.08 13:11 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース