ライプツィヒ指揮官、MFナビ・ケイタの残留を確信「退団する可能性はゼロだ」2017.07.30 14:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を確信しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられているN・ケイタ。しかし、ライプツィヒはN・ケイタに対するリバプールからの3度のオファーを拒否しており、『スカイ・スポーツ』は先週、リバプールがN・ケイタの獲得を断念したことを報じた。また、リバプール以外の他クラブからも6700万ポンド(約97億3600万円)以上のオファーを受け取ったようだが、これに対しても断りを入れていたようだ。

▽そうした中、ライプツィヒの指揮官であるハッセンヒュッテル監督は、「退団する可能性はゼロだ」とN・ケイタの残留を強調。また、彼を含めた昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張した。

「ナビ(・ケイタ)が今シーズン、ライプツィヒでプレーすることは100パーセント明白なことだ。我々が移籍期間の初めに言ったように、(今シーズンも)同じチームでスタートする。そして、昨シーズンからいた選手は誰も移籍しない」

「ナビが我々にとってどれだけ重要な選手かというのはチーム全員が理解している。彼がライプツィヒの一員としてCLに出場することは確実だ」

「昨年のような素晴らしいシーズンを送り、他のクラブから選手たちに関心が寄せられるのはごく普通のことだ。ただ、私は初めてのCLのために共にチームに残ることが大切だと選手全員に話している」

「我々は非常に若いチーム。そして、彼らにとって、チームとして初のCLを戦うことがとても重要だと思っている。ナビは昨年よりも集中していて、今シーズンを楽しみにしているだろう」

「彼は今シーズンが我々にとって素晴らしい年になることを知っている。初めてのCL。それはナビにとって大きいことだ」

「彼の契約の詳細については話さない。皆さんは他の人に尋ねるべきだね」

「ナビの来夏の去就がリバプール一つであるとは思っていない。ただ、来年の夏までは我々はドアを閉めておくよ」

▽2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは昨シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒ、トップ出場歴なしの16歳を最大34億円で確保へ…ベンフィカの逸材が加入間近

RBライプツィヒは今週中にもベンフィカ下部組織所属からポルトガルの逸材FWウマロ・エムバロの獲得を発表することが濃厚となっている。ドイツ誌『キッカー』によれば、16歳の若手に支払われると見られる移籍金は欧州サッカー界における史上最高額となるという。<br><br>これまでベンフィカ下部組織での試合にしか出場していないエムバロを幾度も視察したライプツィヒは、各攻撃的ポジションでプレー可能の同選手を確保したとのこと。マンチェスター・ユナイテッドなど数々のビッグクラブにも狙われていたエムバロについて代理人のカティオ・バルデ氏は「我々の見解では、ライプツィヒが彼の将来にとってベストな環境。エムバロはそちらでは短時間で最高のレベルに導かれるだろう」と出場機会を見込める新天地を選択したことを明かしている。<br><br>そして、その獲得に向けてライプツィヒが投じる移籍金はこの年齢の選手に支払われたことがない史上最高額となる模様。報道によれば、ベンフィカに1500万ユーロ+ボーナス500万~1000万ユーロ(約20億円+7億~14億円)の巨額が渡ることになるそうだ。これが事実であれば、2006年1月にセオ・ウォルコットがアーセナルに加わった際、サウサンプトンに支払われた移籍金500万ユーロ+ボーナス700万ユーロの記録を大きく塗り替えることになる。<br><br>基本的には24歳以下の選手しか獲得しない主義であることを公言してきたラルフ・ラングニックがスポーツディレクターを務めるライプツィヒ。2016年夏には当時20歳のMFナビ・ケイタを獲得するためにクラブレコードの移籍金2400万ユーロを費やしたが、この記録をケイタより約4歳年下のエムバロで更新する運びとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 23:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが格下フライブルクに逆転負けで2位から転落《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは20日、ブンデスリーガ第19節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。 ▽前節シャルケとの上位対決を3-1で制して2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点31)は、今冬でのリバプールへの移籍が噂されるN・ケイタがベンチ外となった。 ▽14位フライブルク(勝ち点20)に対し、ヴェルナーとオギュスタンの2トップで臨んだライプツィヒは、慎重な入りを見せる。徐々に押し込むライプツィヒは、19分に決定機。カンプルのスルーパスをボックス中央で反応したオギュスタンがスライディングシュート。しかし、GKシュウォローにセーブされた。 ▽その後、ゴールキックの際にシュウォローが負傷してギキェヴィチとの交代を強いられたフライブルクに対し、ライプツィヒが引き続き押し込む中、33分にピンチ。だが、ホーラーのボレーシュートはGKグラーチが好守で凌いだ。 ▽ハーフタイムにかけてもフライブルクがゴールに迫り、ライプツィヒはギアが上がりきらずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にライプツィヒがゴールに近づく。左クロスをヴェルナーがボレーで合わせ、GKを強襲した。 ▽ここから攻勢に出たライプツィヒは65分に試合を動かす。味方のパスを受けて右サイドから中へ切れ込んだヴェルナーがペナルティアーク中央から左足でシュート。コントロールされたシュートがゴール左に決まった。 ▽しかし72分、CKからハベラーに同点ゴールを許すと、76分には逆転を許す。再び左CKからコッホのヘディングシュートでネットを揺らされた。 ▽終盤、ライプツィヒが一方的に押し込む展開としたものの、ゴールを奪うには至らず1-2のまま敗戦。レバークーゼンにかわされ、2位転落となった。 2018.01.21 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ライプツィヒから18歳のドイツ人FW獲得

▽アヤックスは16日、RBライプツィヒからドイツ人FWニコラス・キューン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽2015年にハノーファーの下部組織からライプツィヒに加入したキューンは、セカンドトップや左右のウイングを主戦場とするレフティー。これまでU-17ドイツ代表で主力を担うなど、将来を嘱望される若手の1人だが、ライプツィヒのトップチームでの出場機会はなく、オランダ屈指の名門アヤックスへの加入を決断した。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、移籍金は200万ユーロ(約2億7000万円)ほどになるようだ。 2018.01.17 04:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、クライファートJr.獲得に動く! すでに代理人と接触

▽RBライプツィヒがアヤックスに所属するU-21オランダ代表FWユースティン・クライファート(18)の獲得に動いているようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 ▽かつてアヤックスやバルセロナで活躍した元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏を父に持つクライファートは、2017年にアヤックスでトップチームデビューを飾った逸材左ウイングだ。 ▽長身の万能型ストライカーだった父とは異なり、171cmと小柄なクライファートだが、優れたアジリティと足下のスキルを武器とした打開力に定評がある。また、昨年11月に行われたローダJC戦ではハットトリックを達成するなど、プロ2年目となった今季はリーグ戦14試合で5ゴールを記録するなど、父親譲りの決定力も開花させ始めている。 ▽そのクライファートに関しては、昨シーズンのヨーロッパリーグ決勝で対戦したマンチェスター・ユナイテッドが獲得に関心を示しているといわれている。しかし、『Gianluca Di Marzio』の伝えるところでは、現在最も強い関心を示しているのはライプツィヒだという。 ▽20代前半までの若手プレーヤーのみを獲得する補強方針を持つライプツィヒは、スウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーら主力の流出に備えてクライファートの獲得を目指しており、すでに同選手の代理人とも接触を図っているようだ。 2018.01.17 00:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ナビ・ケイタ、今冬のリバプール加入はなし ライプツィヒ公式声明

▽ライプツィヒは14日、来シーズンのリバプール加入が内定しているギニア代表MFナビ・ケイタ(22)に関して、今冬の移籍を公式に否定した。 ▽今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに放出したリバプール。これを受けて、昨夏に来シーズン加入で合意したナビ・ケイタの“前倒し加入”に動いているとの見方が加熱していた。 ▽だが、ライプツィヒは渦中のナビ・ケイタについて、「2018年6月30日までライプツィヒの選手である」との声明を発表。スポーツ・ディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏も次のように言及している。 「我々が予定よりも早く彼をリバプールに手放すことはない。彼らが今冬の獲得に興味を示しているとしてもだ。誰もがわかっているように、我々は選手を売るクラブではない。莫大な移籍金が追加で支払われない限りはあり得ない」 2018.01.15 09:25 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース