ライプツィヒ指揮官、MFナビ・ケイタの残留を確信「退団する可能性はゼロだ」2017.07.30 14:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を確信しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられているN・ケイタ。しかし、ライプツィヒはN・ケイタに対するリバプールからの3度のオファーを拒否しており、『スカイ・スポーツ』は先週、リバプールがN・ケイタの獲得を断念したことを報じた。また、リバプール以外の他クラブからも6700万ポンド(約97億3600万円)以上のオファーを受け取ったようだが、これに対しても断りを入れていたようだ。

▽そうした中、ライプツィヒの指揮官であるハッセンヒュッテル監督は、「退団する可能性はゼロだ」とN・ケイタの残留を強調。また、彼を含めた昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張した。

「ナビ(・ケイタ)が今シーズン、ライプツィヒでプレーすることは100パーセント明白なことだ。我々が移籍期間の初めに言ったように、(今シーズンも)同じチームでスタートする。そして、昨シーズンからいた選手は誰も移籍しない」

「ナビが我々にとってどれだけ重要な選手かというのはチーム全員が理解している。彼がライプツィヒの一員としてCLに出場することは確実だ」

「昨年のような素晴らしいシーズンを送り、他のクラブから選手たちに関心が寄せられるのはごく普通のことだ。ただ、私は初めてのCLのために共にチームに残ることが大切だと選手全員に話している」

「我々は非常に若いチーム。そして、彼らにとって、チームとして初のCLを戦うことがとても重要だと思っている。ナビは昨年よりも集中していて、今シーズンを楽しみにしているだろう」

「彼は今シーズンが我々にとって素晴らしい年になることを知っている。初めてのCL。それはナビにとって大きいことだ」

「彼の契約の詳細については話さない。皆さんは他の人に尋ねるべきだね」

「ナビの来夏の去就がリバプール一つであるとは思っていない。ただ、来年の夏までは我々はドアを閉めておくよ」

▽2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは昨シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。

コメント

関連ニュース

thumb

2年連続欧州カップ戦出場に導いたライプツィヒのハッセンヒュッテル監督が退任

▽ライプツィヒは16日、ラルフ・ハッセンヒュッテル監督(50)が今季限りで退任することを発表した。 ▽来年まで契約を残していたハッセンヒュッテル監督だが、新契約交渉の席でクラブ首脳陣との対立もあって退団となった格好だ。ライプツィヒは同監督との契約解消についてクラブの公式サイトで次のように発表している。 「彼は現在の契約を延長する意思がなく、来季の指揮を執る気がないと言ってきた。よって彼のもとで非常に成功した2シーズンを送ってきたわけだが、双方合意のもと袖を分かつこととなった」 ▽2014-15シーズンにインゴルシュタットをクラブ史上初の1部昇格に導き、翌シーズンには1部残留を果たしたハッセンヒュッテル監督は、その手腕が認められ、2016年5月にライプツィヒの監督に就任。資金力に恵まれた昇格初年度のクラブを2位に導き、チャンピオンズリーグ出場権を獲得していた。そして今季も6位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグ出場権を獲得するなど、クラブの期待に応えていた。 2018.05.17 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール内定N・ケイタの移籍金が78億円に確定!

▽リバプール移籍が内定している、RBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(23)の移籍金が確定した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽リバプールは昨夏、ライプツィヒからギニア代表MFナビ・ケイタ(23)を2018-19シーズンから獲得することで合意。その移籍金は4800万ポンド(現在のレートで約71億円)+ボーナスと報じられていた。 ▽しかし、ケイタの移籍金に関しては、ライプツィヒのリーグ戦での戦績によって変動する契約となっていたと、『ミラー』は伝えている。 ▽12日、プンデスリーガの全日程が終了し、ライプツィヒはヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位でフィニッシュ。この結果、ケイタの移籍金は5275万ポンド(約78億1000万円)に確定したという。 ▽もしチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以上で終えていた場合は、移籍金が5900万ポンド(約87億4000万円)に変動していたとのこと。625万ポンド(約9億3000万円)もの差額となるため、リバプール関係者はブンデスリーガ終了後にそっと胸を撫で下ろしたかもしれない。 ▽なお、記事によるとナビ・ケイタは7月1日から正式にリバプールの選手となる。 2018.05.13 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤がPK奪取&アシストのマインツが快勝で残留に大きく前進《ブンデスリーガ》

▽マインツは29日、ブンデスリーガ第32節でライプツィヒをホームに迎え、3-0で快勝した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節アウグスブルクに敗れて自動残留に前進できなかった15位マインツ(勝ち点30)は、前日に降格圏の17位ハンブルガーSVが勝利したことで暫定2ポイント差に詰め寄られた。そのマインツは前節途中出場で負傷から復帰した武藤が[4-3-3]の最前線で、7試合ぶりに先発となった。 ▽6位ライプツィヒ(勝ち点47)に対し、立ち上がりから押し込まれたマインツは10分、バクのミスパスからルックマンにボックス右に進入され、Y・ポウルセンにシュートに持ち込まれたが、枠を捉えきれず助かった。 ▽さらに11分、ルックマンのスルーパスに抜け出したヴェルナーにボックス左に進入され、GKもかわされてシュートされたが、ゴールライン前に戻ったハックの好クリアで凌いだ。 ▽劣勢が続いたマインツだったが28分、武藤がPKをもぎ取る。ボックス中央でパスを受けた武藤が反転して前を向いたところで、ウパメカーノに倒された。そして、キッカーのデ・ブラシスはゴール正面にグラウンダーのシュートを決めてマインツが先制した。 ▽ハーフタイムにかけてはマインツが盛り返し、38分には右CKからハックのヘディングシュートでゴールに迫るなど、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、マインツが試合をコントロールする流れが続くと、60分にはガバミンがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽攻撃にリズムが出ないライプツィヒは64分にY・ポウルセンとルックマンに代えてオギュスタンとブルマを投入。 ▽しかし、引き続きマインツがゴールに迫ると78分、途中出場のホルトマンが強烈なミドルシュートを浴びせた。しかし、GKグラーチのビッグセーブに阻まれ、追加点を奪うには至らない。 ▽それでも85分、勝負を決定付ける。ハックが持ち上がってスルーパス。ボックス左ゴールライン際からホルトマンが折り返したクロスを武藤がヒールでうまく落とすと、ボックス中央のマキシムがシュートをゴールへ蹴り込んだ。 ▽さらに90分、トップチーム初出場の20歳バクがディフェンスライン裏を取ってシュートを決め、マインツが3-0として勝利。残留に向け、大きな勝ち点3を手にしている。 2018.04.30 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがライプツィヒの低迷願う?

▽リバプールはRBライプツィヒの低迷を願っているのかもしれない。イギリス『タイムズ』が報じている。 ▽リバプールは昨夏、ライプツィヒからギニア代表MFナビ・ケイタ(23)を2018-19シーズンから獲得することで合意した。その移籍金は4800万ポンド(約72億5000万円)+ボーナスと報じられていた。 ▽しかし、『タイムズ』は23日の紙面でケイタの移籍金に関して今季のライプツィヒのリーグ戦での戦績によって変動する契約であることを伝えている。 ▽同紙が伝えるところによれば、今季のリーグ戦でライプツィヒが7位以下に終わった場合、前述した4800万ポンドを支払うことになるという。だが、同クラブがヨーロッパリーグ(EL)の出場権を得た場合に5275万ポンド(約79億7000万円)、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得た場合に5900万ポンド(約89億1000万円)と、成績が上がれば上がるほど移籍金が高額になるようだ。 ▽なお、ライプツィヒはブンデスリーガ第31節終了時点でEL出場圏内ギリギリの6位に位置している。ただ、7位フランクフルトとの勝ち点はわずかに1ポイントだ。その一方で、CL出場圏内の4位レバークーゼントの勝ち点差は4ポイントとなっており、残り3試合で引っくり返せる可能性もある。 ▽リバプールとしては移籍金節約のためにライプツィヒの低迷を願っているのかもしれない。 2018.04.23 15:49 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場ルックマン弾もドローのライプツィヒ、4位ドルトムントとは4ポイント差《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第30節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節レバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに敗れてCL圏内の4位から6位に後退したライプツィヒ(勝ち点46)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦を2-5で敗れ、ベスト4進出はならなかった。リーグ戦でのCL出場に懸ける中、マルセイユ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーやY・ポウルセン、フォルスベリといった主力が先発に戻った。 ▽12位ブレーメン(勝ち点36)に対し、開始6分にユヌゾビッチの直接FKでゴールを脅かされたライプツィヒは互角の攻防を強いられると、28分に失点する。クルーゼのミドルシュートがバーに当たったルーズボールをモイサンデルに蹴り込まれた。 ▽攻撃の形を作れない低調なライプツィヒは、41分にもピンチ。ラシカのミドルシュートがGKグラーチを強襲。ルーズボールをユヌゾビッチにボレーで狙われたが、ここもグラーチが防ぎ、1点のビハインドで後半を終えた。 ▽後半からカイザーに代えてルックマンを投入したライプツィヒは、50分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのイルザンカーのグラウンダークロスをルックマンが受けると、トラップでDF2人をかわしてゴールエリア右からシュートし、ネットを揺らした。 ▽同点弾で攻勢を強めたかに思われたライプツィヒだったが、54分のヴェルナーのヘディングシュートで逆転弾に近づいて以降は、なかなかゴールに迫れない。 ▽終盤にかけてはこう着状態に陥った中、85分にヴェルナーがディフェンスライン裏を取ってGKと一対一となったが、シュートを決めきれない。そのまま1-1でタイムアップし、ライプツィヒは4位ドルトムントとの勝ち点差を4に縮めるに留まった。 2018.04.16 03:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース