ライプツィヒ指揮官、MFナビ・ケイタの残留を確信「退団する可能性はゼロだ」2017.07.30 14:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を確信しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられているN・ケイタ。しかし、ライプツィヒはN・ケイタに対するリバプールからの3度のオファーを拒否しており、『スカイ・スポーツ』は先週、リバプールがN・ケイタの獲得を断念したことを報じた。また、リバプール以外の他クラブからも6700万ポンド(約97億3600万円)以上のオファーを受け取ったようだが、これに対しても断りを入れていたようだ。

▽そうした中、ライプツィヒの指揮官であるハッセンヒュッテル監督は、「退団する可能性はゼロだ」とN・ケイタの残留を強調。また、彼を含めた昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張した。

「ナビ(・ケイタ)が今シーズン、ライプツィヒでプレーすることは100パーセント明白なことだ。我々が移籍期間の初めに言ったように、(今シーズンも)同じチームでスタートする。そして、昨シーズンからいた選手は誰も移籍しない」

「ナビが我々にとってどれだけ重要な選手かというのはチーム全員が理解している。彼がライプツィヒの一員としてCLに出場することは確実だ」

「昨年のような素晴らしいシーズンを送り、他のクラブから選手たちに関心が寄せられるのはごく普通のことだ。ただ、私は初めてのCLのために共にチームに残ることが大切だと選手全員に話している」

「我々は非常に若いチーム。そして、彼らにとって、チームとして初のCLを戦うことがとても重要だと思っている。ナビは昨年よりも集中していて、今シーズンを楽しみにしているだろう」

「彼は今シーズンが我々にとって素晴らしい年になることを知っている。初めてのCL。それはナビにとって大きいことだ」

「彼の契約の詳細については話さない。皆さんは他の人に尋ねるべきだね」

「ナビの来夏の去就がリバプール一つであるとは思っていない。ただ、来年の夏までは我々はドアを閉めておくよ」

▽2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは昨シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。

コメント

関連ニュース

thumb

相手選手の顔面を蹴ったライプツィヒMFナビ・ケイタに3試合の出場停止処分

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は18日、RBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタに対し、3試合の出場停止処分を下したことを発表した。 ▽N・ケイタは、16日に行われたブンデスリーガ第4節のボルシアMG戦に先発出場。しかし82分、浮き球をヘディングで処理しようとしたMFクリストフ・クラマーの顔面を、横からスパイクの裏で蹴ってしまい、退場処分が下されていた。 ▽今回の処分に関し、ライプツィヒも受け入れるとのこと。これにより、N・ケイタはアウグスブルク戦、フランクフルト戦、ケルン戦の3試合を欠場することとなる。 2017.09.18 20:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンと2021年まで契約延長

▽RBライプツィヒは14日、デンマーク代表FWユスフ・ポウルセン(23)との契約延長を発表した。新契約は2021年までとなる。 ▽Y・ポウルセンは、デンマークのリンビーBKの下部組織で育ち、2013年7月にRBライプツィヒへと移籍。昨シーズンはブンデスリーガで29試合に出場し5ゴール4アシストを記録。チームの躍進に貢献していた。 ▽今シーズンはブンデスリーガで2試合、チャンピオンズリーグデビューも果たしている。 2017.09.14 20:21 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーが関心を寄せるライプツィヒの新星、将来的なビッグクラブ移籍を希望か

ライプツィヒのFWティモ・ヴェルナーは、ブンデスリーガからの移籍を急いではいないが、ビッグクラブへの将来的な移籍は検討しているようだ。<br><br>ヴェルナーは昨シーズン、2部に降格したシュツットガルトから、1部に昇格したライプツィヒに完全移籍で加入。リーグでは得点ランク4位となる21ゴールをマークし、クラブの2位フィニッシュに貢献した。その活躍もあって、ヴェルナーに対してはレアル・マドリーが関心を寄せていると、ドイツ紙『ビルト』が報じていた。<br><br>ヴェルナーは将来的に「ビッグクラブでプレーしたい」と希望を明かしつつも、「ライプツィヒでとてもうまくやってきた。今は非常に快適だと思うし、しばらくここでプレーしたいと思っているよ」と現状に満足していると話す。<br><br>「僕はライプツィヒが大好きだ。おそらくこのクラブもビッグクラブになるだろう。そう確信しているよ」とクラブへの忠誠を誓っている。<br><br>この21歳のドイツ代表ストライカーは2020年でライプツィヒとの契約が満了となるが、「もちろん僕は新しい契約の申し出を見ているよ」と、さらなる契約更新も視野に入れているようだ。その上で、現在延長に関する話し合いが進んでいない点については「もし延長しなかったからといって、移籍するわけではない」と、延長していないことが移籍につながるものではないと否定している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.14 18:21 Thu
twitterfacebook
thumb

初出場ライプツィヒはモナコとドロー! ポルトの堅守攻略のベシクタシュが敵地で快勝!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第1節、RBライプツィヒvsモナコが13日に行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昨季ベスト4のモナコ(フランス)、ライプツィヒ(ドイツ)、ベシクタシュ(トルコ)、ポルト(ポルトガル)という実力者揃いの顔ぶれとなったグループG。 ▽世界的な飲料メーカー『レッドブル』社の巨額な資金を武器に、わずか数年でCL出場という目標を達成した昨季ブンデスリーガ2位のライプツィヒは、国内リーグではシャルケとの開幕戦こそ敗れたものの、以降は内容も伴った形で2連勝を飾った。記念すべきCL初戦に向けては、フォルスベリが復帰も直近のハンブルガーSV戦で負傷したナビ・ケイタが招集外となった。 ▽一方、グループG本命のモナコは、国内リーグで開幕4連勝を達成も、直近のニース戦では0-4というまさかの大敗。CL初戦に向けて大きな不安を残した中、バウンスバックを図るジャルディム監督率いるチームは、先発3人を変更。GKベナーリオが移籍後初出場を飾り、ロニー・ロペスと負傷のレマルに代わって、アルマミー・トゥーレ、ティーレマンスが起用された。 ▽立ち上がりからハイインテンシティの展開が続く中、互いに中盤でボールを失う場面やラストパスが合わないなど、なかなかフィニッシュに持ち込めない。 ▽24分にはホームのライプツィヒが左CKから決定機も、ポウルセンのフリックしたボールをファーのヴェルナーが押し込み切れない。それでも、32分にはポウルセンのラストパスに抜け出したフォルスベリがそのままボックス左に持ち込んで中央に走り込んだヴェルナーをおとりに、空いたニアサイドに強烈な右足シュートを突き刺し、CL初ゴールを奪った。 ▽しかし、1点ビハインドにも慌てないモナコはわずか1分後に右サイド深くでトゥーレが入れたクロスをファーのディアカビが頭で折り返す。これをティーレマンスがヘディングシュート。GKグラクシに一度は防がれるも、こぼれ球を冷静に蹴り込んだ。 ▽1-1のイーブンで折り返した後半もライプツィヒがカウンターから決定機を作っていくが、52分にボックス右へ抜け出したヴェルナーのシュートは枠の左に外れる。 ▽後半も拮抗した展開が続く中、流れを変えたい両ベンチは積極的な選手交代を敢行。すると、引き分けで良しとするモナコに対して、勝ち点3を目指すライプツィヒが途中出場のオギュスタンを起点にゴールへ迫る。82分にはボックス内に抜け出したオギュスタンに絶好機も、ここはGKベナーリオの圧巻のセーブに阻まれた。結局、試合は1-1のままタイムアップを迎え、痛み分けのドローとなった。 ▽また、同日行われたグループGのもう1試合、ポルトvsベシクタシュは、アウェイのベシクタシュが3-1で勝利した。 ▽今夏FFPの問題で多くの主力を手放したポルトだが、セルジオ・コンセイソン新監督の下でソリッドなトランジションフットボールを展開するチームは、開幕から無失点での5連勝とロケットスタートを飾った。対してトルコリーグ2連覇中のベシクタシュも、開幕から3勝1分けの無敗スタートと好調を維持。今回の初戦に向けてはレアル・マドリーで同僚だったポルトGKカシージャスとベシクタシュDFペペの競演が果たされた。 ▽立ち上がりから攻勢に出るベシクタシュは13分、右サイド深くでクアレスマが入れたクロスをタリスカがダイビングヘッドで合わせ、リーグ戦5試合連続クリーンシートのポルトの堅守を早々に破る。 ▽その後、21分にDFトシッチのオウンゴールで追いつかれるが、数分後の28分にはボックス手前左のトスンが豪快な右足のミドルシュートを突き刺し、GKカシージャスの守るゴールをこじ開けた。 ▽1点リードで試合を折り返したベシクタシュはメデル、ネグレドと今夏獲得した新戦力をピッチに送り出すと、86分にはボックス内でネグレドとパス交換した中央のバベルが冷静なフィニッシュでゴールに流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。そして、敵地で堅守ポルトを攻略したベシクタシュが、白星発進を飾った。 2017.09.14 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

ナビ・ケイタが内転筋負傷…CL初戦のモナコ戦控えるライプツィヒに痛手

▽RBライプツィヒは8日、同日行われたブンデスリーガ第3節のハンブルガーSV(HSV)戦でギニア代表MFナビ・ケイタが内転筋を負傷したことを発表した。 ▽ライプツィヒは8日に行われたHSV戦を2-0で快勝し、リーグ戦2連勝を飾った。だが、同試合に先発出場し、67分に強烈なミドルシュートで先制点を奪ったケイタは、フル出場を果たしたものの、試合後に内転筋の負傷が発覚した。 ▽ライプツィヒはケイタの状態に関して今後の検査次第と伝えているが、13日に予定されるチャンピオンズリーグのグループG初戦のモナコ戦を欠場することが濃厚なようだ。 2017.09.09 17:07 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース