練習試合にフル出場のセインツ吉田がセットプレーからヘディング弾!! 無失点勝利に貢献!!《プレシーズンマッチ》2017.07.30 13:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは29日、サンテチェンヌとの練習試合を行い3-0で勝利した。吉田はフル出場を果たし、試合終了間際にチームの3点目を奪っている。

▽吉田が先発出場となった一戦は前半こそゴールレスで終えるも、64分にガッビアディーニ、66分にウォード・プラウズが連続でネットを揺らす。すると迎えた86分、CKの流れから吉田が頭で合わせたボールがネットを揺らし、直後に試合は終了。サウサンプトンが3-0と快勝した。

▽なお、吉田はチームで唯一のフル出場を果たし、ゴールと共に無失点勝利に貢献。今季から指揮を執るマウリシオ・ペジェグリーノ監督に好アピールとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

失意のコロンビア戦から4年…吉田麻也「だからこそイングランドでプレーしてきた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。日本代表は4年前のワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦で苦渋を舐めたコロンビア代表と今大会の初戦でぶつかる。苦い思い出の残る相手について問われると、「日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用した場合の対応について</span> 「守備に関して、3枚なのか、4枚なのかで全然違う。今、何を変えなきゃいけないかを問われると、ありすぎて…。誰がぷれーするかにもよる。3バックなのか、5バックなのかでも変わってくる。やってみないとわからない」 <span style="font-weight:700;">──W杯での守備の仕方について</span> 「コロンビアに限らず、どのチームに対してもスペースを与えず、コンパクトな守備で粘り強く守ることが大事。W杯だからじゃなくて、日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた。いつもどおりやるだけ」 <span style="font-weight:700;">──W杯の初戦はコロンビア代表が相手。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)が要注意選手になるが</span> 「状況が違う。3試合目だったし、僕らは勝ちにいかないといけなかった。当時は後半になって、数的同数で守備して、スペースも与えて、自由にやらせてしまった。今回は1試合目。条件が違う。互いに固さもあるだろうし、難しさもあると思う。より拮抗した試合になる。もちろん、ハメスに対して、スペースに与えない、自由を与えないことが大事になってくる」 2018.05.22 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

結束へ…DF吉田麻也、ガーナ戦は「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣による質疑に応対。ガーナ戦が「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になる」と今後チームがまとまっていく上で重要な一戦になると主張した。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──ガーナ戦の位置づけについて</span> 「メンバー発表前最後の試合ですけど、まだまだチームを作り上げていかなくてはいけない段階です。とにかくアピールはもちろん、良い雰囲気でオーストリアでの合宿に入っていけるようにまずは勝たなくてはいけません」 「勝てばチームというのはまとまりやすくなりますし、同じ方向に進みやすくなります。最初につまづくと苦しくなるので、いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になってくると思います」 <span style="font-weight:700;">──メンバー的にもよく知っているメンバーだと思うが</span> 「そこはそんなに心配していないです。やり方が変われば、多少ルールも変わります。守備のところから始まると思いますけど、今自分自身はコンディションをもう一度作り上げることに集中しています」 <span style="font-weight:700;">──パスの出し手としても心配はないか</span> 「心配してないですね。感覚的な部分ですり合わせはそんなに難しくないと思います」 2018.05.21 23:49 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがジェズスの劇的AT弾で勝ち点100到達! 吉田フル出場のセインツは敗戦もスワンズ降格で残留決定《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが13日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽ミッドウィークに行われた18位スウォンジー(勝ち点33)との直接対決を制した17位サウサンプトン(勝ち点36)は、得失点差が9点あることもあり残留をほぼ確定。引き分け以上で自力での残留が決定する今回の一戦では出場停止明けの吉田が復帰するなど、現状のベストメンバーが起用された。 ▽一方、前節のブライトン戦を3-1で快勝して1シーズンでの最多勝ち点、最多勝利、最多得点記録を更新したシティ。今回の最終節ではその3つの記録と共にアウェイ最多勝利更新を目指した。なお、グアルディオラ監督は引き続きエデルソンやウォーカー、シルバなど一部主力を温存した。 ▽残留確定に向けてまずは大量失点を避けたいサウサンプトンだったが、極端に引くことはなく要所でチャンスを作りながら先制点に近づく。7分にはスティーブンスのシュートで最初の決定機を作ると、8分にはCKからホードがクロスバー直撃のシュートも見せる。 ▽一方、勝ち点100の大台を目指すシティはいつも通りボールを保持して相手を押し込む。しかし、純粋なセンターフォワード不在でやや前線での収まりを欠き、数的優位を保って粘り強く守る相手守備を崩し切れない。前半半ばを過ぎると、スターリングやギュンドアンらに幾度かフィニッシュのチャンスが訪れるも、ことごとく相手のブロックに遭い、前半のうちに決定機らしい決定機を作り出すことはできなかった。 ▽後半もシティが試合をコントロールしていくが、集中したセインツ守備陣に手を焼く。流れを変えたいグアルディオラ監督は59分にデルフを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。システムを[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更する。 ▽この交代をキッカケに攻勢を強めるシティは60分過ぎにボックス内でザネのシュートのこぼれ球を拾ったスターリングが右足を振り抜くが、これは右ポストを叩く。さらにこの流れで得たCKをストーンズが頭で合わすが、これはわずかに枠の上を越えた。 ▽一方、64分にロング、ワード=プラウズを同時投入したサウサンプトンは前がかる相手に対して、シンプルに最終ラインの裏を狙う攻撃で幾度か決定機を作り出す。78分にはボックス左でGKブラーボをつり出したタディッチが無人のゴールへシュートを放つが、これはフェルナンジーニョの決死のゴールカバーに阻まれ、先制点とはならず。 ▽試合終盤にかけてディアス、フォーデンと2人の若手を投入しゴールを目指すシティは、最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、自陣からデ・ブライネが絶妙なロングフィードを送ると、これに抜け出したジェズスがそのままボックス中央に抜け出して右足のシュート。必死に戻ったDF吉田の寸前で放たれたボールがそのままゴールネットを揺らした。そしてこの直後、試合はタイムアップ。 ▽ジェズスの劇的ゴールで最終節での勝利を飾ったシティは前述の3つの記録を更新すると共に、前人未到の勝ち点100到達と共にアウェイ最多勝利記録(16勝)を樹立する圧巻のフィナーレを迎えた。一方、敗れたサウサンプトンだったが、17位でのプレミアリーグ残留が決定した。 ▽また、同日行われたスウォンジーvsストーク・シティは、アウェイのストークが2-1で逆転勝利した。この結果、18位スウォンジーは2010-11シーズン以来のチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。 2018.05.14 01:34 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田麻也欠場の17位・サウサンプトン、残留をほぼ確実に! 18位・スウォンジーとの直接対決を制す《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウンサンプトンは8日、プレミアリーグ第31節延期分でスウォンジーとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。吉田は前節の退場により、出場停止となっている。 ▽プレミアリーグも残り2試合。17位・サウサンプトン(勝ち点33)と、降格圏内に位置する18位・スウォンジーの一戦。サウサンプトンは負ければ降格圏内に落ちてしまい、スウォンジーは勝てば残留圏内へ浮上する重要な試合は硬い試合展開となる。 ▽そんな中、サウサンプトンは68分、ベトナレクに変えてガッビアディーニを投入。すると迎えた72分、左CKが混戦になり、ボックス内からオースティンがシュートを放つ。一度はGKファビアンスキに弾かれたが、ゴール前で待ち構えていた途中出場のガッビアディーニがプッシュ。サウサンプトンが貴重な先制点を奪った。 ▽先制に成功したサウサンプトンは、この1点を最後まで守りきり、1-0で勝利した。この結果、サウサンプトンは勝ち点を36に伸ばして16位に浮上。18位のスウォンジーに3ポイント差をつけ、残り1節で得失点差を「9」上回っているため、残留をほぼ確実とした。 ▽また、今回の結果で19位に位置していたWBA(勝ち点31)の降格が決定している。 2018.05.09 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「ジョン・モスだから…」サウサンプトン指揮官が吉田麻也を退場させた主審に怒り

サウサンプトンのマーク・ヒューズ監督は、エバートン戦における主審の判定について、いくつか納得のいかない点があるようだ。<br><br>5日に行われたプレミアリーグ第37節でサウサンプトンは、敵地でエバートンと対戦。サウサンプトンは後半に先制点を奪うも、終盤に吉田麻也が2回目の警告を受けて退場。数的不利になると後半アディショナルタイムに失点を喫して1-1のドローで終えた。<br><br>敵地での勝ち点を手にし、サウサンプトンは降格圏を脱出したものの、ヒューズ監督はこの結果に怒り心頭。試合後の『BTスポーツ』のインタビューで、主審を務めたジョン・モス氏をはじめ、オフィシャルを辛らつに批判した。<br><br>「オフィシャルに対して怒りを覚えている。いくつもの信じられないような判定を下された。そして終盤には彼の判定のせいで10人になってしまった。我々に大きな影響を与えた彼らのパフォーマンスにはがっかりだ」<br><br>また、吉田の退場について「2つ目の反則の場面では、ややタイミングを誤ったタックルで(警告の)可能性は確かにあった。だがジョン・モスであることを考えればレッドカードに相当したのだろう」と言及。<br><br>今節、残留争いのライバルであるスウォンジーが敗れたことで、降格圏を脱出したサウサンプトンだが、8日にスウォンジーとの直接対決を迎える。この試合に向けヒューズ監督は「スウォンジーとの非常に重要な試合が待っている。この試合でどちらかが残留し、どちらかが落ちることがほぼ決定するだろう」とコメントを残している。<br><br>提供:goal.com 2018.05.06 12:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース