浦和がペトロヴィッチ監督の解任を発表…後任はトップチームコーチの堀孝史氏が昇格2017.07.30 11:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)との契約を解除したことを発表した。また、杉浦大輔コーチとの契約も解除。一方で、後任はトップチームでコーチを務めていた堀孝史(49)が昇格することも併せて発表している。▽2012年に浦和の指揮官に就任したペトロヴィッチ監督は、昨シーズンのJ1リーグで年間勝ち点1位を獲得。さらにルヴァンカップを制して、浦和での初タイトルを獲得していた。

▽今季は悲願のリーグ優勝が期待されていたが、現在は暫定8位に位置。さらに29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌戦では0-2の敗戦を喫するなど、チームは浮上のきっかけをつかめていなかった。

▽解任が発表されたペトロヴィッチ監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事をできたことはとても栄誉なことでした」

「この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事をしてくることができたと思っています。本当にクラブ全体から、多大なるサポートを貰ってきました。チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してくることができました」

「しかしながらここ2~3ヵ月は良い結果を出すことができておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かっていってほしいと思います」

「また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行カップ、YBCルヴァンカップ、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。ですので、今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください」

「ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えてほしいです」

「素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました」

▽浦和の淵田敬三代表はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「本日、ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました」

「ペトロヴィッチ監督は、残留争いをした2011シーズン後に監督に就任し、低迷していたチームを攻撃的で魅力あるチームに変えてくれました。リーグでの継続した優勝争い、9年ぶりのタイトル獲得となったYBCルヴァンカップ優勝、AFCチャンピオンズリーグ4回の出場、そしてクラブ経営の安定化にも貢献してくれました。この5年半の功績には、大きな尊敬と感謝を抱いています。杉浦コーチも、ペトロヴィッチ監督をよく支え、チームに尽くしてくれました。あらためて、2人には感謝申し上げます。
しかし、今シーズン、チームは4月30日以降のリーグ12試合で3勝1分け8敗と苦しい状況が続き、ここ数試合の内容や結果を見てもはっきりとした改善の兆しが見られませんでした。リーグ優勝という、目指していたものと乖離した状況を改善するためには、苦渋の決断となりましたが、契約を解除することとなりました」

「ただ、この5年半、歩んだ方向性は、決して間違っていないと考えています。ですから、トップチームを指導してきた堀孝史コーチに監督に就任していただくことで、いままで取り組んできた攻撃的なサッカーを継続しつつ、ふたたびチームに活力を取り戻し、リーグでの上位進出、ACL、ルヴァンカップなどのタイトルを狙って戦って行ければと考えております」

「ファン・サポーターのみなさまには、ご心配をおかけし、大変申しわけありませんが、新体制のもと、クラブは全力を尽くしてチームを支えて参りますので、引き続き、共に闘ってくださいますよう、お願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

岩波同点弾に武藤2発! 浦和、鹿島に逆転勝利で5位浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節の浦和レッズvs鹿島アントラーズが、20日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-1で浦和が勝利した。 ▽ここまで11勝9分け9敗で7位に位置する浦和(勝ち点42)と、13勝7分け9敗で3位につける鹿島(勝ち点46)が激突した。前節のベガルタ仙台戦を1-1で引き分けて連勝が3でストップしたものの、4戦無敗中の浦和は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。U-19日本代表に招集されている橋岡に代えて森脇を起用した。 ▽一方、前節の川崎フロンターレ戦をゴールレスドローで終え、代表ウィーク中に行われたYBCルヴァンカップ準決勝で横浜F・マリノス(第1戦:1-2●、第2戦:2-2△)に敗れた鹿島は、川崎F戦から先発メンバーを5人変更。犬飼、三竿健斗、鈴木らに代えて昌子、小笠原、土居らを起用した。昌子は13試合ぶりリーグ戦先発となった。 ▽AFCチャンピオンズリーグ出場を目指す両者の直接対決。試合はホームの浦和ペースで試合が進む。2分、ボックス左手前の宇賀神のクロスをファーサイドの興梠が胸トラップからポストプレー。最後はボックス手前中央やや右の森脇が走り込み、左足でシュートを放つが、ゴール上へと外れた。 ▽良い立ち上がりを見せる浦和は10分、柏木のパスをボックス右で受けた長澤が武藤とのパス交換で切れ込み、左足シュート。これはGKクォン・スンテに弾かれる。さらに13分、今度は武藤が長澤とのワンツーでボックス右に侵攻して右足でシュートを放つが、わずかにゴール上へと外れてしまい、先制点とはならない。 ▽立ち上がりこそ浦和に押し込まれた鹿島だが、前半半ばに差し掛かると押し返し始める。しかし、浦和の集中したディフェンスの前にゴールを脅かすことはできない。 ▽それでも鹿島は38分、浦和の一瞬の隙を見逃さず先制点を奪う。ボックス手前のセルジーニョがボックス左外へパス。これを山本がクロスを送ると、ポッカリと空いたファーサイドのスペースに走り込んだ西が浮き球をダイレクトで右足を合わせる。低弾道のシュートがゴール左へと突き刺さり、アウェイの鹿島が先制に成功する。 ▽後半に入ると、1点を追いかける浦和は反撃に転じる。52分、ボックス左手前でパスを受けた興梠が巧みなターンからクロスを供給。中央にポジションをとっていた武藤のヘディングはミートしなかったが、ファーサイドに流れたボールを宇賀神がボレーシュート。しかし、シュートはGKクォン・スンテの正面に飛んでしまい、絶好のチャンスをフイにしていしまう。 ▽それでも浦和は直後の左CK、キッカーの柏木が左足でニアサイドにボールを送ると、走り込んだ岩波がヘディングシュート。これがゴールへ吸い込まれて、スコアが1-1と振り出しに戻る。 ▽セットプレーから同点に追いついた浦和はさらに60分、宇賀神のパスをボックス手前で受けた武藤が寄せてきた相手DFをかわして反転。ボックス手前やや左から左足を思い切りよく振り抜いてゴール右隅へと突き刺し、逆転ゴールを奪った。 ▽試合をひっくり返された鹿島は62分、小笠原に代えて鈴木を投入。攻撃の活性化を図る。すると75分、永木の右CKを途中出場の鈴木がヘディングシュート。しかし、これが右ポストに直撃してしまい、同点ゴールとはならない。 ▽その後も攻勢を続ける鹿島。86分には敵陣中央左でFKを獲得し、キッカーの永木のクロスを西が合わせたが、枠を捉えきれず。すると、逆に浦和が後半アディショナルタイム、アンドリュー・ナバウトからパスを受けた武藤がドリブルで持ち上がり、ボックス内に侵攻。最後は右足を振り抜いてゴールネットを揺らし、追加点を奪って試合終了。 ▽鹿島に3-1で勝利した浦和が5戦無敗で5位に浮上した。一方の鹿島は、5試合ぶりの黒星で暫定4位に転落している。 2018.10.20 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】アジアを懸けた激戦! 指揮官&エースは古巣対決《浦和vs鹿島》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第30節が開催。浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">ACL出場権を懸けた戦い!<br />浦和vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div><span style="font-weight:700;">◆ACL出場権を懸けて</span> ▽29節を終え、11勝9分け9敗の勝ち点42で6位につける浦和と、13勝7分け9敗の勝ち点46で3位に付ける鹿島の一戦。両者の勝ち点差はわずかに「4」であり、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を懸けたバトルとなる。 ▽今シーズンは序盤から不振に喘いだ浦和と鹿島。例年に無く混戦状態となるJ1で、着実に勝ち点を重ねた結果、上位を争う位置で終盤戦を迎えた。来シーズンの行方を占う一戦、どちらも勝ち点3が欲しいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆3位入りを目指して</span>~浦和レッズ~ ▽ホームの浦和は、直近の5試合で3勝1分け1敗。現在は4戦無敗と結果を残している。オズワルド・オリヴェイラ監督就任後は、相次いで選手が負傷離脱するというエクスキューズに見舞われたものの、着実に白星を積み重ね上位争いに顔を出してきた。 ▽今節の鹿島を含め、北海道コンサドーレ札幌(5位)、FC東京(4位)と上位との対決も残しており、自力でより上位に行ける可能性を残している。 ▽前回対戦は5月にアウェイで0-1と敗戦。さらに、右ウイングバックでレギュラーを掴んだDF橋岡大樹がAFC U-19選手権に出場中のため不在。チーム力を活かして難敵・鹿島を迎え撃つ。 <span style="font-weight:700;">◆タイトル獲得への一歩に</span>~鹿島アントラーズ~ ▽前節は首位の川崎フロンターレ相手にゴールレスドロー。勝機もあっただけに、勝ち切れなかったことが悔やまれる。リーグ戦は浦和と同じく4戦無敗中。しかし、インターナショナルマッチウィークに行われたYBCルヴァンカップでは、横浜F・マリノス相手に2戦合計で敗戦。4冠の可能性を残していたが、2つに絞られることとなった。 ▽それでもチームとしては悪い流れではない。リーグ戦は4試合で1失点。さらに、ルヴァンカップでワールドカップ以降負傷離脱していたDF昌子源が約2カ月半ぶりに復帰。今節は先発出場が見込まれ、より安定感が増した守備を見せるはずだ。 ▽昨シーズンのACL王者である浦和を下し、来シーズンのACL出場権を手中に収めにかかるとともに、今シーズンのアジア制覇への足掛かりにしたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">白熱の上位対決!<br />浦和vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-1-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:岩波拓也、マウリシオ、槙野智章 MF:青木拓矢 MF:森脇良太、長澤和輝、柏木陽介、宇賀神友弥 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ<hr>▽基本的にはいつも通りのレギュラーメンバーが先発と予想。U-19日本代表の活動に招集されているDF橋岡大樹の代わりには、第22節以来となるDF森脇良太が先発すると見られる。前節はオーストラリア代表MFアンドリュー・ナバウトも復帰。ベンチの駒も揃った。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:西大伍、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗 MF:遠藤康、小笠原満男、永木亮太、安西幸輝 FW:土居聖真、セルジーニョ 監督:大岩剛 出場停止:三竿健斗<hr>▽前述の通り、昌子が先発に復帰すると予想。相棒は今夏加入したDFチョン・スンヒョンとなるだろう。また、日本代表MF三竿健斗が出場停止となるため、ボランチにはMF小笠原満男が入ると予想する。その他、FW安部裕葵がU-19日本代表に選ばれたため、DF安西幸輝が1列前で起用されると見る。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽浦和の注目選手は、チーム内得点王であるFW興梠慎三だ。オリヴェイラ監督とともに、古巣対決となる興梠。自身のゴールでしっかりと勝ち点3をもたらせたいと意気込むことは間違いない。昨季20発の興梠のゴールが、浦和を高みへと導く。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鹿島の注目選手は、久々のリーグ戦出場となるDF昌子源だ。ワールドカップでの活躍も束の間、負傷離脱によりチームに貢献できず。復帰戦となったルヴァンカップの横浜FM戦でも、チームは敗れ、タイトルを1つ逃した。DFチョン・スンヒョンとは初コンビとなり、かつての指揮官&エースを封じ込められるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆アジアを目指すスペクタクルな戦い</span> ▽トップとの勝ち点差を考えれば、まず両チームが目指すべきなのは来シーズンのACL出場権だ。FC東京、北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、セレッソ大阪、清水エスパルスと勝ち点差6の中に両チームを含めて7チームがひしめいている。 ▽そんな中での直接対決。しっかりと勝ち点3を獲得した方が、来シーズンのACL出場に一歩近づくことになる。 ▽毎シーズン白熱の戦いが繰り広げられる浦和vs鹿島の好カード。キックオフは20日(土)の16時だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">白熱のACL出場権争い!<br />浦和vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.20 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和、負傷離脱のファブリシオが再来日…リハビリへ

▽浦和レッズは19日、ブラジル人FWファブリシオの再来日を発表した。 ▽今夏に浦和入りしたファブリシオは、ここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場してチーム2位の6得点を記録。だが、9月1日に行われたJ1リーグ第25節のセレッソ大阪戦で左ヒザを痛め、14日にブラジルで手術を受け、全治7カ月の離脱が見込まれている。 ▽19日からリハビリを開始するファブリシオは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「手術を終えて、浦和に戻ってきました。僕のことを待ってくれているみなさんの気持ちに対して、1日でも早くピッチで返したい気持ちです。まずはリハビリで頑張っていきますので、もう少しだけ僕のことを待っていてください。よろしくお願いします」 ▽浦和は現在、J1リーグ11勝9分け9敗の6位。20日に行われる次節、3位の鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2018.10.19 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

板倉弾の仙台と橋岡プロ初弾の浦和…勝ち点同数対決は痛み分け《J1》

▽7日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第29節のベガルタ仙台(勝ち点41/8位)vs浦和レッズ(同41/6位)は、1-1のドローに終わった。 ▽2連敗中の仙台は、5失点の敗戦を喫した前節の横浜F・マリノス戦から奥埜と富田に代えて、梁勇基と椎橋を起用。今シーズン2度目の連勝でACL争いに殴り込みの浦和は、先の柏レイソルと同じ11名をスタメンに並べた。 ▽試合は、ホーム5連勝を目指す仙台が立ち上がりからボールの主導権を握りにかかる。だが、より効率的にゴールに迫ったのは浦和。セットプレーや柏木のパスからシュートの形を作っていき、一進一退の攻防に持ち込む。 ▽その中で、24分に均衡が破れる。左サイドの長澤がルックアップから最終ラインの背後にクロス。猛進の橋岡が頭で合わせると、これが前がかった相手GKの頭上を越えてゴールマウスに吸い込まれ、浦和が先制に成功する。 ▽橋岡にプロ初得点を許した仙台。その後も劣勢が続くが、40分に敵陣左サイドで得たFKのチャンスを生かす。野津田のクロスにニアサイドの板倉がヘット。これがゴールに決まり、攻めあぐね続けてきた仙台が追いつく。 ▽リードを失った浦和は迎えた後半、立ち上がりから仙台の勢いにある攻めに我慢の時間が続く中、60分にアクシデント。野津田のシュートブロックに入った青木がプレーに戻れず、阿部勇樹との負傷交代を強いられる。 ▽後半の半ばもじりじりした展開の中、仙台は梁、阿部拓馬に代えて、奥埜、ハモン・ロペスを立て続けに投入。一方、受けの回る浦和も興梠を下げてアンドリュー・ナバウトをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。 ▽続く84分、それぞれ最後の交代枠で永戸、柴戸を投入した両クラブだが、最後まで勝ち越しゴールは生まれず、痛み分けで終了。両者の一戦は、ともにACL出場権獲得に向けて手痛い結果に終わった。 2018.10.07 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

代表のチーム作りに貢献を誓うDF槙野智章は浦和での活躍を口に「まずはACL出場権獲得へ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽浦和レッズのDF槙野智章は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。「日本代表の強化に貢献する」と語るとともに、浦和での活躍にも意気込んだ。 「日本代表に選出いただき、大変うれしく思います。いまは立ち上げてチームのベースを作っていく段階だと思いますが、代表チームをさらに前に進めていけるよう貢献していきたいと考えています」 「ただ、まずはACL出場権の獲得へ向けて大切なリーグ戦が控えています。アウェイの仙台戦で勝ち点3を挙げられるよう、しっかりと準備を進めます。引き続き、応援をよろしくお願いします」 2018.10.04 15:02 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース