浦和がペトロヴィッチ監督の解任を発表…後任はトップチームコーチの堀孝史氏が昇格2017.07.30 11:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)との契約を解除したことを発表した。また、杉浦大輔コーチとの契約も解除。一方で、後任はトップチームでコーチを務めていた堀孝史(49)が昇格することも併せて発表している。

▽2012年に浦和の指揮官に就任したペトロヴィッチ監督は、昨シーズンのJ1リーグで年間勝ち点1位を獲得。さらにルヴァンカップを制して、浦和での初タイトルを獲得していた。

▽今季は悲願のリーグ優勝が期待されていたが、現在は暫定8位に位置。さらに29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌戦では0-2の敗戦を喫するなど、チームは浮上のきっかけをつかめていなかった。

▽解任が発表されたペトロヴィッチ監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事をできたことはとても栄誉なことでした」

「この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事をしてくることができたと思っています。本当にクラブ全体から、多大なるサポートを貰ってきました。チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してくることができました」

「しかしながらここ2~3ヵ月は良い結果を出すことができておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かっていってほしいと思います」

「また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行カップ、YBCルヴァンカップ、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。ですので、今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください」

「ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えてほしいです」

「素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました」

▽浦和の淵田敬三代表はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「本日、ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました」

「ペトロヴィッチ監督は、残留争いをした2011シーズン後に監督に就任し、低迷していたチームを攻撃的で魅力あるチームに変えてくれました。リーグでの継続した優勝争い、9年ぶりのタイトル獲得となったYBCルヴァンカップ優勝、AFCチャンピオンズリーグ4回の出場、そしてクラブ経営の安定化にも貢献してくれました。この5年半の功績には、大きな尊敬と感謝を抱いています。杉浦コーチも、ペトロヴィッチ監督をよく支え、チームに尽くしてくれました。あらためて、2人には感謝申し上げます。
しかし、今シーズン、チームは4月30日以降のリーグ12試合で3勝1分け8敗と苦しい状況が続き、ここ数試合の内容や結果を見てもはっきりとした改善の兆しが見られませんでした。リーグ優勝という、目指していたものと乖離した状況を改善するためには、苦渋の決断となりましたが、契約を解除することとなりました」

「ただ、この5年半、歩んだ方向性は、決して間違っていないと考えています。ですから、トップチームを指導してきた堀孝史コーチに監督に就任していただくことで、いままで取り組んできた攻撃的なサッカーを継続しつつ、ふたたびチームに活力を取り戻し、リーグでの上位進出、ACL、ルヴァンカップなどのタイトルを狙って戦って行ければと考えております」

「ファン・サポーターのみなさまには、ご心配をおかけし、大変申しわけありませんが、新体制のもと、クラブは全力を尽くしてチームを支えて参りますので、引き続き、共に闘ってくださいますよう、お願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪vs浦和はドロー決着! 高木恩返し弾も興梠の5戦ぶりゴールで痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のセレッソ大阪vs浦和レッズが22日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽中断明けの初戦で好対照の結果に終わった4位C大阪と11位浦和による実力者対決。前節、清水エスパルスに0-3の大敗を喫したC大阪はその試合から5選手を変更。清武やオスマルらに代わってソウザ、高木らを起用した。 ▽一方、前節の名古屋グランパスでは柏木のプレースキックからW杯帰りの槙野、遠藤の3ゴールで快勝した浦和だが、その遠藤が今節を前にベルギーのシント=トロイデンVVへの電撃移籍が発表され、これがラストゲームに。それでも、新加入のファブリシオがスタメンデビューを飾るなど期待感のある布陣となった。 ▽試合はホームのC大阪が積極的な入りを見せる。開始1分、ボックス右に抜け出した山口のクロスを杉本が頭で合わせるもこれは枠の上に外れる。さらにソウザ、杉本とミドルシュートでGK西川を脅かす。すると8分、左CKの場面でキッカーのソウザがインスウィングの鋭いボールを入れると、GK西川のパンチングが目の前の味方に当たってこぼれると、これを古巣初対戦の高木がすかさず蹴り込んだ。 ▽高木の恩返し弾でリードを手にしたC大阪は16分にもフィードを受けた山村がDF遠藤をパワーで振り切る見事な仕掛けから枠の右を掠める際どいシュートを放つなど、良いリズムで試合を進める。 ▽一方、。20分を過ぎてようやく落ち着きを取り戻した浦和は新加入のファブリシオの鋭い仕掛けから22分に興梠にシュートチャンスも、ここはGKキム・ジンヒョンのビッグセーブに遭う。さらに30分過ぎには絶好調の柏木のプレースキックや宇賀神の意表を突いたコントロールシュート、マウリシオのパワフルなミドルシュートで反撃を試みるが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできず。 ▽迎えた後半、1点リードのC大阪がまたしても良い入りを見せる。右サイドで高木、福満、松田と細かく繋いでクロスが出ると、これをゴール左でドフリーの杉本が右足で合わすが、これはGK西川のビッグセーブに遭う。 ▽後半に入ってなかなかリズムを掴めない浦和はファブリシオの個人技や比較的フリーになりやすい両ウイングバックの攻撃参加を生かして反撃に出る。66分にはハーフウェイライン付近での柏木からの絶妙なスルーパスに抜け出した橋岡がそのままボックス右まで持ち込んでシュートを放つが、これを枠の右に外してしまう。 ▽何とか追いつきたい浦和は67分に宇賀神を下げて荻原、70分に柏木を下げて阿部を投入。すると、名手の柏木不在となったセットプレーから同点ゴールが生まれる。78分、右CKの場面でキッカーの武藤がアウトスウィングのボールをファーに入れると、ファブリシオが頭で落としたボールをゴール左の興梠が鋭い左足の反転ボレーでニアに突き刺した。 ▽この同点ゴールをキッカケに試合の流れは浦和に傾いていく。86分にはマルティノスの右CKをマウリシオが頭で合わすが、これはわずかに枠の上に外れる。一方、水沼、山下の投入で反撃を見せるC大阪は最後の最後に絶好機を迎える。94分、左CKの場面で丸橋のクロスをマテイ・ヨニッチが頭で合わすと、これがクロスバーを叩く。さらに中央でこぼれ球に反応した杉本の左足シュートがゴール前の密集を抜けてゴール左に向かうが、これをGK西川が圧巻の反応ではじき出した。 ▽そして、試合はこのまま1-1でタイムアップ。高木の恩返し弾にエース興梠の5試合ぶりゴールと互いにセットプレーから1ゴールずつを奪い合った一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.07.22 21:04 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航、シント=トロイデンVVへの完全移籍で基本合意 22日C大阪戦が浦和でのラストマッチ

▽浦和レッズは21日、日本代表DF遠藤航(25)がベルギー1部リーグ・シント=トロイデンVVへ完全移籍することで基本合意に達したことを発表した。正式契約はメディカルチェック終了後となる。 ▽湘南ベルマーレでプロキャリアをスタートさせた遠藤は、2016年に浦和レッズへ完全移籍。加入当初から主力として活躍し、2016年には明治安田生命J1リーグ・1stステージ優勝、YBCルヴァンカップ優勝、2017年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。今シーズンもここまでJ1リーグで15試合2得点を記録。YBCルヴァンカップには4試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽遠藤は常に各年代別日本代表にも選出され、2016年にはリオデジャネイロ五輪にも出場。2015年にデビューを飾ったA代表では12試合のキャップ数を誇り、出場機会はなかったものの、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーにも選出されていた。 ▽シント=トロイデンVVへの完全移籍で基本合意に達した遠藤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆シント=トロイデンVV 「シント=トロイデンVVのサポーターの皆さん、こんにちは。浦和レッズから加入しました遠藤航です。もうすぐリーグが開幕となるので早くチームに合流し、プレーオフ1の進出に向けて精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆浦和レッズ 「ベルギー1部のシントトロイデンVVに移籍することに決めました。ファン・サポーターのみなさんには突然の報告になってしまい申し訳ありません。個人的にさまざまな思いがある中で決断させていただきました」 「浦和レッズには2年半お世話になり4人の監督のもと、多くの選手と共にプレーし、成長させていただきました。みなさんとは悔しい思いも多くしましたが、このチームでルヴァンカップ、ACL優勝を経験し、浦和レッズに関わるすべてのみなさまと喜びを分かち合えたあの歓喜の瞬間は忘れません」 「次のアウェイでのセレッソ大阪戦が最後の試合となりますが、勝ってベルギーに行けるようにがんばりますので、熱い声援をお願いいたします」 ▽なお、シント=トロイデンVVには現在DF冨安健洋が在籍。インゴルシュタット所属のMF関根貴大も期限付き移籍で加入することが決定している。 2018.07.21 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

柏木の左足からW杯帰りの遠藤&槙野が圧巻の3発! セットプレー3発の浦和が名古屋撃破で4戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の浦和レッズvs名古屋グランパスが18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和が3-1で勝利した。 ▽3戦未勝利で中断期間に入った14位浦和と、13戦未勝利で最下位に低迷する名古屋による、浮上のキッカケを探る中断明けの重要な初戦。二度の監督交代を経た浦和は今回の中断期間を通じてオリヴェイラ体制移行後、初めてまとまった練習時間を確保し、戦術の落とし込みを徹底。次節からファブリシオら新戦力の登録が可能となる中、今回の一戦に向けてはW杯帰りの槙野と遠藤を早速起用し、[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 ▽一方、開幕連勝スタートもそこから13戦未勝利と泥沼の状態に陥った名古屋は今夏に丸山や中谷、エドゥアルド・ネットを獲得しJ1ワーストとなる30失点を喫した守備の立て直しに動いたが、今回の試合では現有戦力での戦いに。件の最終ラインは宮原、新井、櫛引、和泉となり、2トップはジョーとガブリエル・シャビエルが起用された。 ▽試合は開始直後から互いに決定機を作り合うオープンな展開に。開始1分、宇賀神のヘディングの落としに抜け出した興梠がボックス内で反転シュートを試みるが、これを枠に飛ばせない。直後の7分にはボックス手前で得たFKの場面でガブリエル・シャビエルのシュートのこぼれ球を宮原がゴール前に流すと、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したジョーがスライディングシュートもここはGK西川の好守に阻まれる。 ▽その後は名古屋のハイラインの裏を狙うマルティノスを起点に浦和が決定機を作れば、名古屋も22分に児玉のお膳立てからガブリエル・シャビエルがクロスバーを掠める強烈なミドルシュートでゴールに迫る。 ▽前半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、浦和がセットプレーでゴールをこじ開ける。40分、左CKの場面でキッカーの柏木がアウトスウィングのボールを入れると、これをゴール前でフリーになった遠藤が豪快に頭で合わせ、W杯帰りの日本代表が今季初ゴールを決める。しかし、名古屋もすぐさま反撃に出ると、前半ラストプレーでジョーからボックス手前でパスを受けたガブリエル・シャビエルが左足を振り抜くと、ブロックに入ったDFマウリシオに当たって大きくコースが変わったボールがゴール左隅に突き刺さり、試合は1-1のスコアで折り返すことになった。 ▽迎えた後半もやや統制が取れていない名古屋の守備陣を相手に浦和が前半同様にチャンスを作っていくが、最後の砦であるGKランゲラックの牙城を破れない。流れを変えたい浦和ベンチは59分にマルティノスを下げて荻原、68分には宇賀神を下げて阿部をピッチに送り出す。すると70分、左CKの場面でキッカーの柏木がアウトスウィングのボールを入れると、これを今度はファーサイドの槙野が頭で合わせ、再び日本代表のゴールで勝ち越しに成功した。 ▽さらに畳みかける浦和は78分にも再び柏木の左足がゴールを演出する。左CKの場面でアウトスウィングのボールをニアに入れると、これを遠藤が頭でゴール右に流し込み、この試合2点目を記録した。 ▽同じ形のセットプレー3発で2点のビハインドを負った名古屋は3失点目直前に入れた内田に加え、80分に児玉と玉田に代えて佐藤と八反田を同時投入。ここからリスクを冒して前に出ていく。しかし、試合終盤に興梠を下げて森脇を投入するなど、完全に逃げ切り態勢に入った堅守浦和を脅かすような攻撃を見せられぬまま試合はタイムアップ。直近の天皇杯の松本山雅戦と同様に柏木のプレースキックが光った浦和はW杯で悔しさを味わった遠藤、槙野の攻守に渡る活躍で3-1の完勝。リーグ4戦ぶりの勝利で中断明け初戦を飾った。一方、セットプレーの守備に大きな課題を残した名古屋は厳しい3連敗で未勝利記録を14試合に更新した。 2018.07.18 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】攻撃と守備、課題を克服し“負のスパイラル”から抜け出すのは《浦和vs名古屋》

▽熱戦が続いたロシア・ワールドカップも閉幕。約2カ月にわたる中断期間が明け、明治安田生命J1リーグが再開する。第16節では、14位の浦和レッズと最下位の名古屋グランパスが対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆低迷中の両者</span> ▽ホームの浦和は中断期間前の3試合で2分け1敗。勝利がないまま中断期間に入った。監督交代や選手の負傷離脱など、様々なエクスキューズがあったものの、14位は期待外れと言える。さらに、天皇杯の松本山雅FC戦は、DFマウリシオの2得点で2-1と辛勝。完全に悪い流れを断ち切れたとはいえない。 ▽対する名古屋は最下位で中断期間へ。第2節のジュビロ磐田戦の白星を最後に、リーグ戦は13戦未勝利。直近2試合はともに3失点で連敗と泥沼状態だった。新加入のFWジョーが気を吐き6得点、MFガブリエル・シャビエルが4得点、DFホーシャが3得点と外国人選手の活躍が目立ち、日本人選手はFW玉田圭司の1得点のみ。どの様に風間八宏監督が立て直したのかに注目が集まる。 <span style="font-weight:700;">◆中断明けで攻撃陣が奮起するか</span>~浦和レッズ~ ▽14位と低迷している浦和だが、好材料は失点の少なさ。15試合で13失点はリーグ3番目に少ない。しかし、攻撃陣が大ブレーキ。12得点とリーグ最少となっている。 ▽中断期間中にかつて鹿島アントラーズでプレーしたFWファブリシオを獲得したが、起用できるのは次節以降。今節は既存メンバーがしっかりと結果を出さなくてはいけない。しかし、前述の通り天皇杯の松本戦でも結果が出ず、再開するリーグ戦で結果を残し、浮上のキッカケを掴みたい。 <span style="font-weight:700;">◆崩壊の守備をどう立てなおしたか</span>~名古屋グランパス~ ▽対する名古屋は得点数が14とリーグ3番目に少ないが、最大の課題は守備陣。30失点はダントツでリーグワーストとなっている。 ▽後半戦に向け、DF中谷進之介(柏レイソル)、DF丸山祐市(FC東京)、DFエドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ)と各クラブの主力選手を完全移籍で獲得。次節以降は守備能力の高い補強選手の起用が見込まれるが、今節は現有戦力で戦うことになる。中断期間で修正した部分をどこまで出せるのかが注目だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180718_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:橋岡大樹、柏木陽介、青木拓矢、宇賀神友弥 MF:マルティノス、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ ▽システムは[3-4-2-1]を採用。日本代表としてロシア・ワールドカップに参加したDF遠藤航、DF槙野智章も天皇杯に続いて出場するだろう。1トップにはFW興梠慎三、シャドーにFWマルティノス、FW武藤雄樹が入ると見る。前線は結果を残すことが重要であり、FWファブリシオが今後メンバーイリすることを考えても、奮起が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆名古屋グランパス</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180718_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、新井一耀、櫛引一紀、秋山陽介 MF:玉田圭司、長谷川アーリアジャスール、小林裕紀、和泉竜司 FW:ガブリエル・シャビエル、ジョー 監督:風間八宏 ▽名古屋は[4-4-2]と予想。前半戦でも主力を務めた選手たちがピッチに並ぶだろう。守備陣にはDF菅原由勢ではなく、復帰後にポジションを掴んだDF新井一耀が入ると予想。また、MF青木亮太が入っていた右サイドには、ベテランFW玉田圭司が入ると予想する。しっかりと守り、得点をあげられるか。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180718_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽浦和の注目選手はFW興梠慎三だ。ワールドカップを経験し、悔しさも味わった遠藤や槙野の守備陣にも注目が集まるが、チームが勝利するために必要なゴールを生み出す興梠の活躍に注目したい。今シーズンは6得点でチーム最多。1人で攻撃をけん引しているだけに、興梠の活躍が不可欠だ。 <span style="font-weight:700;">◆FWジョー</span>(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180718_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する名古屋の注目はジョーを挙げる。今季加入ながら6得点とチームの攻撃を牽引。MFガブリエル・シャビエルとの連携も高く、2人で10得点とチームの中心だ。守備陣の不安定さがどこまで解消しているかも課題だが、風間監督特有の攻撃スタイルを貫き、打ち勝つ姿の方が勝機が見えるだろう。そのためには、エースのゴールが不可欠。ジョーが輝けるかが3月以来の勝利のカギを握る。 <span style="font-weight:700;">◆浮上のキッカケを掴むのは</span> ▽両クラブにとって今必要なのは勝利以外の何物でもない。浦和は直近7試合でわずか1勝。勝ち切れない試合が多く、課題は攻撃陣と明確だ。一方の名古屋は前述の通り第2節以降勝利なし。守備陣の崩壊が課題だ。 ▽補強で手を打った両者だが、今節はそのカードを切ることはできず、約2カ月間の中断期間での修正力が問われる試合となる。また、この先の浮上を考えても、補強だけではないチームとしての修正が期待される。 ▽互いに期待外れに終わった前半戦、後半戦に向けたキッカケを掴むのはどちらか。試合は18日(水)の19時30分にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">浦和vs名古屋をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.18 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

世界に通用!日本代表DF槙野智章がイタリア『GQ』のW杯髪型特集5人に選出

▽ファッション誌『GQ イタリア』が、ロシア・ワールドカップを特集。ベストヘアカットを選ぶ中、日本代表DF槙野智章が選出された。 ▽『GQ』が選出したのは、槙野のほか、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークやスイス代表MFヴァロン・ベーラミ、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー、アイスランド代表MFルリク・ギスラソンを選出。W杯出場選手の5名に槙野が入ることとなった。 ▽槙野の髪型は、「MAD MEN(マッドメン)」と紹介され、同名の1960年代のニューヨークの広告業界を描いたアメリカのテレビドラマシリーズになぞらえたもの。「明確なビンテージのヘアスタイルで、高校の卒業アルバムのようだ」と紹介されている。 ▽さらに、「我々はこの見た目を好ましく思っている。なぜなら、このエレガントな東洋のディフェンダーの多くの同僚が選ぶヘアスタイルの平均から離れているからだ」と評価されている。 ▽その他、ロフタス=チークは「整った顔に短い髪、手入れされたひげは好青年」、ベーラミは「90年代に愛され流行ったもの」、ジルーは「男らしさ溢れる髪型」、ギスラソンは「ベッカムを想起されるものだった」と評価されている。 ▽試合出場はポーランド代表戦の1試合に留まった槙野だが、ヘディングしても崩れないこだわりの髪型は世界にインパクトを与えたようだ。 2018.07.17 21:48 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース