浦和がペトロヴィッチ監督の解任を発表…後任はトップチームコーチの堀孝史氏が昇格2017.07.30 11:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)との契約を解除したことを発表した。また、杉浦大輔コーチとの契約も解除。一方で、後任はトップチームでコーチを務めていた堀孝史(49)が昇格することも併せて発表している。

▽2012年に浦和の指揮官に就任したペトロヴィッチ監督は、昨シーズンのJ1リーグで年間勝ち点1位を獲得。さらにルヴァンカップを制して、浦和での初タイトルを獲得していた。

▽今季は悲願のリーグ優勝が期待されていたが、現在は暫定8位に位置。さらに29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌戦では0-2の敗戦を喫するなど、チームは浮上のきっかけをつかめていなかった。

▽解任が発表されたペトロヴィッチ監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事をできたことはとても栄誉なことでした」

「この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事をしてくることができたと思っています。本当にクラブ全体から、多大なるサポートを貰ってきました。チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してくることができました」

「しかしながらここ2~3ヵ月は良い結果を出すことができておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かっていってほしいと思います」

「また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行カップ、YBCルヴァンカップ、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。ですので、今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください」

「ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えてほしいです」

「素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました」

▽浦和の淵田敬三代表はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「本日、ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました」

「ペトロヴィッチ監督は、残留争いをした2011シーズン後に監督に就任し、低迷していたチームを攻撃的で魅力あるチームに変えてくれました。リーグでの継続した優勝争い、9年ぶりのタイトル獲得となったYBCルヴァンカップ優勝、AFCチャンピオンズリーグ4回の出場、そしてクラブ経営の安定化にも貢献してくれました。この5年半の功績には、大きな尊敬と感謝を抱いています。杉浦コーチも、ペトロヴィッチ監督をよく支え、チームに尽くしてくれました。あらためて、2人には感謝申し上げます。
しかし、今シーズン、チームは4月30日以降のリーグ12試合で3勝1分け8敗と苦しい状況が続き、ここ数試合の内容や結果を見てもはっきりとした改善の兆しが見られませんでした。リーグ優勝という、目指していたものと乖離した状況を改善するためには、苦渋の決断となりましたが、契約を解除することとなりました」

「ただ、この5年半、歩んだ方向性は、決して間違っていないと考えています。ですから、トップチームを指導してきた堀孝史コーチに監督に就任していただくことで、いままで取り組んできた攻撃的なサッカーを継続しつつ、ふたたびチームに活力を取り戻し、リーグでの上位進出、ACL、ルヴァンカップなどのタイトルを狙って戦って行ければと考えております」

「ファン・サポーターのみなさまには、ご心配をおかけし、大変申しわけありませんが、新体制のもと、クラブは全力を尽くしてチームを支えて参りますので、引き続き、共に闘ってくださいますよう、お願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

強気姿勢で怪物FWフッキを封殺、浦和DF槙野智章「楽しく、ワクワクしながらプレー」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、浦和のDF槙野智章がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。決勝行きを果たしたチームの戦いぶりや、局面で激しい肉弾戦を演じた上海上港のFWフッキとのマッチアップについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──決勝進出という結果について</span> 「こういう結果が出たというのは正直、選手の中でもイメージしていなかったと思う。一番怖かったのは、ホイッスルが鳴ってから“腰の抜けた引き気味の守備的なサッカー”をすること。試合前からそれだけをロッカールームで話し合っていた。本当に良い入りができて、先制点を獲れたことで、自分たちらしい良い試合運びを見せることができた」 <span style="font-weight:700;">──試合前のゲームプランについて</span> 「もちろん、点を獲りに行く姿勢はあったけど、心の中に“0-0でもオッケー”、“引き分けでもオッケー”という気持ちも少なからずあった。1-0になってから数回のピンチがあったけど、僕を含めて跳ね返すだけのチャンスもあった。決め切れば、もっと簡単に試合を進めることができた。最後に押し込まれたけど、みんなで我慢強く守り切れて良かった」 <span style="font-weight:700;">──ブラジル代表FWフッキとの一対一で負けていなかった。手応えは</span> 「グループリーグでもやっていたけど、彼と対峙したとき、数十cm寄せられるかどうか、そのアプローチでヘッドダウンするタイミングを研究していた。これまで何度か食いつき過ぎて入れ替わられたり、実際にゴールも獲られたりもした。そういった経験がこの試合に向けて良い参考になった。今日に関しては、彼を自由にさせないことを心がけていたし、前半終盤にイエローカードを受けたことも僕にとって良かった」 「周りから“ファウルに気をつけろ”、“行くな”、“遅らせろ”って言われたけど、ここで一歩引いてしまうと、僕の中に彼を止められない怖さがあった。逆に、イエローカードをもらったからこそボールを奪いに行く守備を意識した。よく言われているデュエルの部分を自分の中で90分間、楽しく、ワクワクしながらプレーすることができた」 2017.10.19 02:40 Thu
twitterfacebook
thumb

先制弾を決めた浦和FWラファエル・シルバ、ゴール後は「何が起きたかわからずひたすら走った」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、決勝点となるゴールを決めたFWラファエル・シルバがミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ゴールの感想や決勝についての意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FWラファエル・シルバ</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──ゴールを振り返って</span> 「まずはマークを外すこと。そのマークを剥がして彼の前に走ることがやりたかったことです。ボールが遠藤を越えた時に可能性を感じたので、自分の頭でミートした時に何が起きたかわからない状況でひたすら走りました」 <span style="font-weight:700;">──アシストした柏木選手のボールはどうだったか</span> 「彼は常に素晴らしいCKを蹴ってくれます。当てる方も当てやすかったです」 <span style="font-weight:700;">──これで決勝進出が決定したが感想は</span> 「嬉しいです。嬉しいですけど、まだ2試合残っています。自分たちが地に足をつけて、しっかりフォーカスしていきたいと思います」 2017.10.19 02:17 Thu
twitterfacebook
thumb

“浦和のダイナモ”MF長澤和輝「相手の嫌がるプレーを意識」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、浦和のMF長澤和輝がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。インサイドハーフの一角として存在感を放った浦和のダイナモは、「相手の嫌がるプレー」を心がけたことを明かし、役割完遂に安堵の様子を浮かべた。 <span style="font-weight:700;">◆MF長澤和輝</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──チームの戦いぶりについて</span> 「一度やった相手だし、他のメンバーからしたら3回も対戦した相手。ある程度、相手の特徴を掴んでいたので、そこに対してうまく対応することができた」 <span style="font-weight:700;">──ボールの持ち込み役として効いていたが</span> 「そこは僕の持ち味。そこをどんどん出していけば相手が嫌がると思ってプレーした」 <span style="font-weight:700;">──中盤トライアングルが好連携を見せていたが</span> 「相手のディフェンスラインに対して守備に行くところからボランチの横に戻るところまで、あと切り替わったところの攻撃なんかも、運動量を求められるポジションだったけど、何とかやり遂げられて良かった」 <span style="font-weight:700;">──なかなか出場機会がなかった中で驚異的な運動量を見せたが</span> 「常に良い準備をしているから、あれだけ走れた。これからまた機会が巡ってくるかわからないので、良い準備して、出たときに最善を尽くしたい」 <span style="font-weight:700;">──前半の良い時間にゴールを奪えたが</span> 「前半のあの時間帯にゴールを獲れたことで、相手は攻めるしかなくなったので、自分たちが試合を優位に進めることができた」 <span style="font-weight:700;">──相手の焦りが見えたが</span> 「時間が経つにつれて、相手に焦りというか、ゴールに急ぐシーンが見られたので、そこで逆にカウンターを狙ったり、相手の嫌がるプレーを心がけた」 <span style="font-weight:700;">──どのあたりで1-0の逃げ切りを考えたか</span> 「75分や80分あたり。残り10分、15分だったら、1点を守りに行くという話はしていた。でも、最初は追加点を狙って、もう1点をとって仕留めて行くという共通理解の下でプレーした」 2017.10.19 01:59 Thu
twitterfacebook
thumb

「みんなで戦えた」浦和MF青木拓矢が語る完封劇の要因《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、浦和のMF青木拓矢がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。FWフッキやMFオスカルら強力な攻撃陣を擁する上海上港を封殺できた要因として、「みんなで戦えた」ことを挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆MF青木拓矢</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──チームの戦いぶりについて</span> 「今日に関して言えば、みんなで戦えた。みんなが1人に対して、複数人で行けていたので、その点で僕らが優位に立つことができた。コンパクトに戦えたところも良かった要因」 <span style="font-weight:700;">──中盤トライアングルの中で共有した戦いについて</span> 「守備時は僕が寄ったら、反対側を絞るとか、みんなで声をかけてプレーすることができた。それが結果に表れた」 <span style="font-weight:700;">──良い形で先制点を奪うことができたが</span> 「ちょっと早かったけど(笑) 他にもチャンスもあったので決め切ることができれば、もっと楽に試合を進めることができた。もっと突き詰めていかないといけない」 <span style="font-weight:700;">──ピンチ時も全員で守備に回れていたが</span> 「アウェイのときほどではなかったので、みんなで冷静に対応できていた。シンプルに球際のところで戦うことができた」 2017.10.19 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

MOMを受賞した浦和MF阿部勇樹、10年ぶり決勝進出も「まだ何も成し遂げていない」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた浦和のMF阿部勇樹が記者会見に出席。試合を振り返るとともに、守備面での気をつけたポイントを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF阿部勇樹</span>(浦和レッズ) 「こんばんは。お疲れ様です。アウェイで1-1のドローで帰って来て、ホームで勝てば次のステージに行ける。ドローでも0-0ならOKという状況でしたけど、僕らがやるべきことは、まずは失点しないことを意識して戦いました」 「その中で、恐れずにプレーしていこうということをみんなで話していました。簡単な試合ではなかったですが、ゼロで抑えて勝てたのは良かったです」 <span style="font-weight:700;">──チームの守備で一番気をつけたことは</span> 「相手の前線に個が強力な選手がいるので、一対一で守らなければいけない状況は来ると思いますが、チームの戦い方としてチャレンジ&カバーや前線のプレスバックもそうですし、チームとして守備のところで戦えたと思います。押されている時間帯も後半あったと思いますが、ゼロで凌げたと思います」 <span style="font-weight:700;">──10年ぶりに決勝に進出した気持ちとアル・ヒラルについてのイメージは</span> 「10年ぶりということで、決勝に進めたことは嬉しいことだと思います。ただ、進んだだけで、まだ何も成し遂げていないという気持ちです」 「対戦相手はサウジアラビアのチームということは分かっています。準決勝は初戦で4-0と勝って、2戦目はドローに終わったことしか分かっていません」 「なぜなら今日の試合が重要だったので、今日の相手のことしか頭になかったです」 2017.10.19 01:45 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース