浦和がペトロヴィッチ監督の解任を発表…後任はトップチームコーチの堀孝史氏が昇格2017.07.30 11:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)との契約を解除したことを発表した。また、杉浦大輔コーチとの契約も解除。一方で、後任はトップチームでコーチを務めていた堀孝史(49)が昇格することも併せて発表している。

▽2012年に浦和の指揮官に就任したペトロヴィッチ監督は、昨シーズンのJ1リーグで年間勝ち点1位を獲得。さらにルヴァンカップを制して、浦和での初タイトルを獲得していた。

▽今季は悲願のリーグ優勝が期待されていたが、現在は暫定8位に位置。さらに29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌戦では0-2の敗戦を喫するなど、チームは浮上のきっかけをつかめていなかった。

▽解任が発表されたペトロヴィッチ監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事をできたことはとても栄誉なことでした」

「この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事をしてくることができたと思っています。本当にクラブ全体から、多大なるサポートを貰ってきました。チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してくることができました」

「しかしながらここ2~3ヵ月は良い結果を出すことができておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かっていってほしいと思います」

「また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行カップ、YBCルヴァンカップ、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。ですので、今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください」

「ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えてほしいです」

「素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました」

▽浦和の淵田敬三代表はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「本日、ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました」

「ペトロヴィッチ監督は、残留争いをした2011シーズン後に監督に就任し、低迷していたチームを攻撃的で魅力あるチームに変えてくれました。リーグでの継続した優勝争い、9年ぶりのタイトル獲得となったYBCルヴァンカップ優勝、AFCチャンピオンズリーグ4回の出場、そしてクラブ経営の安定化にも貢献してくれました。この5年半の功績には、大きな尊敬と感謝を抱いています。杉浦コーチも、ペトロヴィッチ監督をよく支え、チームに尽くしてくれました。あらためて、2人には感謝申し上げます。
しかし、今シーズン、チームは4月30日以降のリーグ12試合で3勝1分け8敗と苦しい状況が続き、ここ数試合の内容や結果を見てもはっきりとした改善の兆しが見られませんでした。リーグ優勝という、目指していたものと乖離した状況を改善するためには、苦渋の決断となりましたが、契約を解除することとなりました」

「ただ、この5年半、歩んだ方向性は、決して間違っていないと考えています。ですから、トップチームを指導してきた堀孝史コーチに監督に就任していただくことで、いままで取り組んできた攻撃的なサッカーを継続しつつ、ふたたびチームに活力を取り戻し、リーグでの上位進出、ACL、ルヴァンカップなどのタイトルを狙って戦って行ければと考えております」

「ファン・サポーターのみなさまには、ご心配をおかけし、大変申しわけありませんが、新体制のもと、クラブは全力を尽くしてチームを支えて参りますので、引き続き、共に闘ってくださいますよう、お願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

マウリシオの2発と柏木弾で浦和が5位決定戦を制す《CWC2017》

▽浦和レッズは12日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・5位決定戦でウィダード・カサブランカと対戦し、3-2で勝利した。 ▽3日前に行われた準々決勝で開催国王者のアル・ジャジーラに0-1と敗れて5位決定戦に回った浦和は、アル・ジャジーラ戦のスタメンから3選手を変更。矢島、宇賀神、遠藤に代えて長澤、マウリシオ、森脇を起用した。 ▽パチューカ戦では10人となった末に延長戦で敗れたアフリカ王者W・カサブランカに対し、浦和が立ち上がりから押し込みにかかるも、自陣に引く相手に対してシュートに持ち込むことはできない。 ▽それでも18分、ゴール正面約25mの位置でボールを持ったマウリシオが右足を一閃。絶妙にコントロールされたシュートがゴール右上に決まった。 ▽先制後の20分、ボックス右に侵入したエル・ハダドにシュートを打たれるが、ここはGK西川がセーブ。しかし、直後の22分に同点とされる。右サイド低い位置からのエル・ハダドのFKがゴール前の誰にも触らず、直接ゴール左に吸い込まれた。 ▽しかし26分、浦和がすかさず勝ち越しに成功する。中央でのパス交換からボックス左のラファエル・シルバが中にふわりとクロスを入れると、ファーサイドの柏木がスライディングシュートで押し込んだ。 ▽その後もボールを保持しながら試合を進めた浦和は、38分に柏木の右CKからニアの阿部がヘディングシュートを浴びせるも、GKベナシュールのセーブに阻まれた。 ▽すると39分に大ピンチ。エル・ハダドの左クロスからエル・カルティにゴール至近距離からヘディングシュートを浴びせられる。しかし、GK西川がビッグセーブで阻み、浦和の1点リードで終了した。 ▽後半もボールを動かす浦和が主導権を握る中、58分にラファエル・シルバに代えて梅崎を投入。すると60分、FKの流れから3点目を奪い切る。柏木のサインプレーでボックス右のスペースを突いた興梠が中へ折り返し、ルーズとなったボールをマウリシオがダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 ▽その後、前がかるW・カサブランカに押し込まれた浦和だったが、耐えて2点のリードを保っていく。その浦和は76分に右足太ももを痛めた梅崎がプレー続行不可能となり、ズラタンを投入する。 ▽アクシデントのあった浦和は82分にピンチ。スルーパスでボックス右のスペースを突いたエル・ハダドがシュート。しかし、GK西川が好守で凌いだ。さらに90分のサイディのミドルシュートもGK西川が防いだ浦和だったが、追加タイムにPKで失点。それでも3-2で逃げ切り、5位で大会を終えた。 2017.12.13 00:54 Wed
twitterfacebook
thumb

アジア王者浦和、低調試合で開催国アル・ジャジーラに敗戦… レアル・マドリーと対戦ならず《CWC2017》

▽浦和レッズは9日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2017準々決勝でアル・ジャジーラと対戦し、0-1で敗れた。 ▽10年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグを制覇したアジア王者の浦和が、3日前にオセアニア王者のオークランド・シティに1-0と勝利した開催国代表のアル・ジャジーラと対戦した準々決勝。 ▽長澤ではなく矢島を中盤インサイドで起用した浦和は、これまで通り[4-1-4-1]を採用。GKに西川、4バックに右から遠藤、阿部、槙野、宇賀神、中盤アンカーに青木、インサイドに柏木と矢島、右サイドに武藤、左にラファエウ・シルバを配置し、最前線に興梠を据えた。 ▽その浦和が自陣に引くアル・ジャジーラに対して立ち上がりからポゼッションしていく。しかし、シュートに持ち込むには至らない。こう着状態が続く中、28分に浦和は最初の決定機。武藤がボックス右深くから折り返したクロスを興梠がボレー。しかし、シュートを枠の上に外してしまった。 ▽決定機を生かせなかった浦和は35分にピンチ。CKの流れからファイズにヘディングシュートを許したが、GK西川がセーブした。ハーフタイムにかけても押し込んだ浦和だったが、好機を生み出すには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、前がかった浦和だったが、52分に失点する。スルーパスでディフェンスライン裏に抜け出したアル・ハシュミにGK西川との一対一を制された。 ▽攻めあぐねる浦和は61分、左CKから槙野がヘディングシュートを浴びせるも、DFにブロックされて枠を外れる。流れの悪い浦和は67分に武藤に代えて高木をそのまま右サイドに投入。さらに76分、矢島に代えてズラタンを投入していった。 ▽直後、柏木のボレーシュートがGKの正面を突いた浦和は、終盤の89分にようやく決定機。ロングボールに抜け出した興梠がボックス左から折り返し、ラファエル・シルバがシュート。しかし、左ポストに嫌われ、このまま0-1で敗れた。 ▽勝利したアル・ジャジーラは13日、レアル・マドリーと対戦する。 2017.12.10 03:31 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】リーグ戦の低迷でペトロヴィッチ体制に終止符も10年ぶりのACL優勝《浦和レッズ》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第12弾は10年ぶりにACLを制した浦和レッズを総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209urawa_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●6年目でペトロヴィッチ監督解任 ●MF関根貴大がインゴルシュタットへ完全移籍 ●MF長澤和輝が初の日本代表入り ●堀監督就任でACL優勝 ●FW興梠慎三が自身初の20ゴール達成で初のベストイレブン入り<hr>▽全タイトル獲得を目標に掲げたシーズンだったが、クラブ最長となる6年目の指揮を任されたミハイロ・ペトロヴィッチ監督が、リーグ優勝が厳しくなった第20節終了後に解任の憂き目に遭った。その要因は、失点の多さに他ならなかった。攻撃に比重を置くあまり、昨シーズン28失点の堅守が崩壊し、リーグワースト3の54失点を数えた。 ▽また、メンバーの固定による勤続疲労も顕著だった。ペトロヴィッチ監督の愛弟子たちは軒並み30歳を超え、シーズン序盤を過ぎるとパフォーマンスが落ちていった。そんな 中で新戦力として機能したのはFWラファエル・シルバのみで、戦力の上積みがなかったことも響いた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209urawa_7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽ペトロヴィッチ監督の解任でチームは崩壊の一途を辿るかとも思われたが、後任の堀孝史監督が守備をテコ入れ。リーグタイトルが難しい状況だったこともあり、ACLに照準を絞ったことが奏功した。 ▽逆転優勝の望みがほぼないJリーグと国内カップ戦で一部主力を温存しつつ、ACLで最大限のパワーを発揮できるような選手起用を継続。システムもペトロヴィッチ監督の代名詞でもあった[3-4-2-1]から[4-1-4-1]に変更。これがハマり、見事に10年ぶりにACLを制覇。リーグ戦ラスト3試合の上位陣との対戦では、全て0-1で敗れたものの、後半戦の巻き返しで7位フィニッシュ。新シーズンへの方向性も見せた。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209urawa_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FW興梠慎三(31) 明治安田生命J1リーグ33試合出場(先発33試合)/20得点<hr>▽昨シーズン記録した14ゴールのキャリアハイをさらに上回る大台の20ゴール乗せを達成した。得点王こそ逃したが、エースストライカーとしての役割を十分に果たした。 ▽シーズン序盤はラファエル・シルバとの好連係で得点を量産し、2度のハットトリックを達成。堀監督就任後はチームが守備に比重を置いたことからゴールが減ったが、それでも持ち前のポストプレーでチームに貢献していた。 ▽出場機会はなかったが日本代表にも招集され、自身初のベストイレブンにも選出。まだまだスコアラーとしての伸びしろを感じさせるシーズンとなった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「C」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209urawa_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽各ポジションにバックアッパーを補強した印象の今シーズンは、ペトロヴィッチ監督の下でラファエル・シルバがすんなりチームにフィットした。そして、堀監督就任後に途中加入のDFマウリシオ、そしてペトロヴィッチ体制下ではチャンスがなかったMF長澤和輝がレギュラーに定着した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209urawa_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽生え抜きでファジアーノ岡山から復帰のMF矢島慎也は堀監督の下でチャンスが与えられたものの、活かせず。FWオナイウ阿道、MF菊池大介、DF田村友、GK榎本哲也らは国内カップ戦でチャンスが与えられたが、実力不足だった感が否めない。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「C」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171209urawa_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽11年ぶりの優勝を目指したJリーグでは7位と凡庸な成績に終わったが、ACLで10年ぶりの優勝を果たしたことからこの評価とした。ACLでは済州ユナイテッド戦と川崎フロンターレ戦で劇的な逆転劇を見せ、準決勝の上海上港戦、決勝のアル・ヒラル戦と劣勢ながらも粘り強い戦いを見せて優勝をもぎ取った。 ▽とはいえ、過去2年は70を超えていたリーグ戦での勝ち点が49にまで激減したことと、YBCルヴァンカップ、天皇杯といずれも(出場した)初戦敗退に終わったことはいただけない。 ▽ACL王者でありながら、来シーズンは出場できず、国内3大会に絞られる。リーグ戦は2006年、天皇杯は2006年から優勝できていない。ルヴァンカップも昨シーズン13年ぶりに制しただけに、アジア王者としての力を国内で発揮できるか。自ずと目標は国内3冠になるだろう。 2017.12.09 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和MF宇賀神友弥が主催する「第1回 UGAJIN CUP」が9日に地元の戸田市で開催…同日深夜にはクラブW杯に浦和が登場

▽浦和レッズの日本代表MF宇賀神友弥が主催する「第1回 UGAJIN CUP」が9日に宇賀神の地元である埼玉県戸田市で開催される。 ▽宇賀神は、地元である戸田市出身の唯一のJリーガーであり、今回地元の少年団を集めた大会を主催。現在は浦和の一員としてUAEで開催されているクラブ・ワールドカップに出場するため日本には居ないが、記念すべき第1回大会が9日に開催される。 ▽今回の「UGAJIN CUP」は、「将来1人でも多くのプロサッカー選手が、戸田市から出てきてほしいという思い、そして子供たち『夢を持ち続ける事』、『闘う事の大切さ』を伝えたく開催にいたった」とのこと。自身の背中を追いかける選手の誕生を望んでの実施となるようだ。 ▽また、「UGAJIN CUPは普段では中々対戦することのない少年団、女子チーム、クラブチームと、全てのカテゴリーの中から戸田市N0.1を決める大会です。ぜひ将来のサッカーライフに活かして貰えたら思います」とし、地元である戸田市におけるサッカーの活性化にも一役買うことになる大会だ。 ▽宇賀神は自身のサッカー人生を振り返り、「私自身、決して幼少の頃より順風満帆なサッカー人生ではありませんでした。何度も壁にぶつかり、挫折し、心が折れそうになりました。でも『サッカーが大好きだから』、『夢を諦めなかったから』そして、『闘う事をやめなかった』から、こうして今も最高の舞台でプレーさせてもらえていると思っています」と想いを明かしており、「そしてこれからも『闘う事』をやめません。みんな共に闘おう」と呼びかけている。 ▽大会は戸田市惣右衛門サッカー場で9日の8時40分にスタート。予選リーグ、順位決定戦の結果をもとに優勝・三位決定戦を行なう一日大会。優勝チームには優勝カップが与えられ、MVPやMIPも表彰される。 ▽なお、同日夜には宇賀神が所属する浦和がクラブ・ワールドカップの準々決勝で開催国王者のアル・ジャジーラと対戦する。勝利すれば、欧州王者のレアル・マドリーとの対戦が待っている。宇賀神は自身のブログでも「第1回 UGAJIN CUP」について綴っている。 「明日12月9日戸田市惣右衛門グラウンドにて第1回UGAJIN CUPが開催されます」 「この大会は私の地元である戸田市の少年サッカーの発展、技術向上そして1人でも多くのプロサッカー選手が出てきてほしいという思いから大会を開催することになりました!」 「クラブワールドカップ出場のため残念ながら本人不在という緊急事態ですが明日の試合で自分が活躍することが子供達にとって1番の刺激になるのではないかと思います!」 「この大会をきっかけに子供達が夢を叶えるためのきっかけを何かつかんでほしいなと思います」 「12月9日!! 共に闘おう!!」 ◆「第1回 UGAJIN CUP」出場チーム F.C.NIIZO 戸田南FCスポーツ少年団 FCクラッキ FC東 ’85サッカースポーツ少年団 レスト戸田FC 美女木FCスポーツ少年団 喜沢・FC東 ‘85サッカースポーツ少年団合同チーム 美谷本FCスポーツ少年団 戸田FCスポーツ少年団 戸田二サッカースポーツ少年団 戸田市少女選抜 戸田一サッカースポーツ少年団 2017.12.08 23:02 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和、MF山田直輝の4年ぶり復帰発表! 「成長した山田直輝を」

▽浦和レッズは7日、元日本代表MF山田直輝(27)が期限付き移籍先の湘南ベルマーレから復帰すると発表した。 ▽埼玉県さいたま市出身の山田は、2008年に浦和ユースから2種登録選手としてJ1デビュー。翌年にトップチーム昇格を果たしたファンタジスタは、同年に日本代表にも選出されたが、度重なる故障に苦しみ、2015年から湘南に期限付き移籍した。プロ10年目の今シーズンは、明治安田生命J2リーグで39試合に出場して5ゴールをマーク。湘南攻撃陣の主軸を担い、J2優勝で1年でのJ1復帰に貢献した。 ▽4年ぶりに慣れ親しんだ浦和に復帰することになった山田は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆浦和レッズ 「このたび湘南ベルマーレから復帰することになりました。4年ぶりに浦和レッズでサッカーができることが本当にうれしく、またワクワクしています。この3年間で一度、浦和への復帰を諦めそうになったこともありました。ですが、僕にまたこのチャンスを与えてくれた浦和レッズ、湘南ベルマーレのみなさんには本当に感謝しています。昔の山田直輝ではなく、成長した山田直輝を埼スタで見せることが恩返しだと思っています。浦和レッズに帰って来たことがどういうことなのか、僕なりに整理はできています。勝つために帰って来ました。リーグ制覇を目指してまた共に戦ってください。よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、浦和レッドダイヤモンズに復帰することになりました。まずは3年間、本当にありがとうございました。湘南ベルマーレの一員として戦わさせていただいたことに深く感謝しています。この3年間は僕にとってかけがえのない時間でした。そんな時間を過ごした仲間、サポーターとの別れは、僕が決断したことではありますが本当に辛いです。それでも、湘南で成長した新しい自分でもう一度浦和でチャレンジしたい、湘南スタイルで輝きたい。わがままなのは分かっています。でも行きたいんです、行ってきます。最後になりますが、嬉しい時も、楽しい時も、苦しい時も、辛い時も共に過ごせた皆さんとの時間は僕の宝物です。こんな僕を応援してくださり、本当にありがとうございました」 2017.12.07 11:50 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース