ソランケやサラーなど新戦力躍動のリバプールが快勝! ヘルタMF原口は後半途中から出場《フレンドリーマッチ》2017.07.30 02:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日にフレンドリーマッチのヘルタ・ベルリンvsリバプールがベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、リバプールが3-0で快勝した。なお、ヘルタのMF原口元気は、66分から途中出場を果たした。

▽プレシーズンマッチで格下相手に順調に結果を残しているヘルタは、イビセビッチやカルーといった主力に加え、レッキーやレキクといった新戦力を先発で起用。なお、原口はベンチスタートとなった。

▽一方、香港で行われたプレミアリーグ・アジアトロフィーで見事に優勝を飾ったリバプールは、ヘンダーソンやサラー、フィルミノらをベンチに置いたものの、コウチーニョやマネ、ララナ、ワイナルドゥムと主力を起用した。

▽積極的な入りを見せたヘルタは10分、ボックス手前中央でルーズボールに反応したダリダが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKミニョレの正面を突く。

▽立ち上がりのピンチを凌いだリバプールは15分、試合直前にハムストリングを痛めたオリジに代わって急きょ先発に入ったソランケがゴールをもたらす。ボックス手前右角でララナが上げた浮き球クロスを冷静に頭で合わせた。この先制点で勢いづくリバプールは、23分にもゴール前に飛び出したマネに決定機も、ダイレクトシュートは枠を外れる。

▽前半半ばから終盤にかけてはヘルタが押し込む展開が続くが、ドゥダのシュートやプラッテンハルトの直接FKは不発に終わる。すると38分、ボックス中央のマネがマイナスに落としたボールをワイナルドゥムが右足でシュート。これが相手DFにディフレクトしたボールがゴール左下隅に決まり、リバプールが追加点を奪取。前半を2点リードで終えた。

▽迎えた後半、ヘンダーソンとスタリッジ、フィルミノ、サラー、ロバートソンの5人をピッチに送り出したリバプールは、サラーのスピードを生かした攻めからゴールに迫る。62分、自陣中央のコウチーニョがディフェンスラインの背後に絶妙な浮き球のフィードを送ると、これに抜け出したサラーが飛び出したGKの頭上を抜く左足のループシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。

▽一方、ホームで一矢報いたいヘルタは66分、原口ら8選手を一気にピッチへ送り込む。なお、左ウイングに入った原口は76分、強引な仕掛けでFKを奪取。これをシュトッカーが直接狙うが、枠の右上隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれた。

▽その後も主導権を譲らず、無失点で試合をクローズしたリバプールが3-0で完勝。ソランケやサラーなど、新戦力の躍動で好調をキープしている。

ヘルタ・ベルリン 0-3 リバプール
【リバプール】
ソランケ(前15)
ワイナルドゥム(前38)
サラー(後17)

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ゼコ退団なら後釜獲得へ…有力候補はスタリッジ?

▽ローマは、退団が噂されるボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)の後釜探しに動いているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ▽チームのエースとして活躍するゼコには現在、ストライカーの獲得を目指すチェルシーから獲得への関心が寄せられている。また、先日にはゼコがチェルシーと個人合意に至ったことがイタリアメディアによって報じられた。 ▽得点源の流失の危機に見舞われているローマだが、すでに後釜を獲得する準備を進めている模様。『デイリー・スター』によると、その有力候補はリバプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)のようだ。 ▽スタリッジは、悪癖の故障離脱が相次ぎ、ユルゲン・クロップ監督の信頼を喪失。今シーズンのプレミアリーグでも出場時間がわずか431分に留まっている。これに対してスタリッジも今夏にロシア・ワールドカップを控えるイングランド代表への滑り込みを見据え、出場機会を求めて移籍を希望しているとの見方が強まっているが、同メディアはインテルへの移籍が濃厚と見ているようだ。 ▽ローマのスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、ゼコが退団する場合、新たな選手を獲得することを明言している。 「我々のプレーヤーに代わるのに適している選手を確保するために毎日働く。私の仕事は常にクラブを強化することだ」 「ゼコが退団するのであれば、別の選手を獲得する」 2018.01.23 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールがリーグ15戦ぶりの敗戦…前節首位シティ撃破も最下位スウォンジー相手に金星献上…《プレミアリーグ》

▽リバプールは22日、敵地リバティ・スタジアムで行われたプレミアリーグ第24節でスウォンジーと対戦し、0-1で敗戦した。 ▽前節、首位のマンチェスター・シティとの壮絶な打ち合いを制し、首位チームに今季初黒星を与えると共にリーグ戦4連勝を飾った4位のリバプール(勝ち点47)。5連勝を目指す今節は前回対戦で5-0の大勝を収めた最下位のスウォンジー(勝ち点17)とのアウェイゲームに臨んだ。シティ戦からはロブレンに代わって、移籍後リーグ戦初出場のファン・ダイクが起用された以外、同じメンバーが揃った。 ▽最下位相手に早々のゴールを狙うリバプールはボールを保持して相手を押し込む。しかし、自陣に堅固な守備ブロックを敷く相手に対して、アタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュまで持ち込めない。 ▽その後も中央の密集でノッキングを起こすリバプールは23分にセットプレーからファン・ダイクのヘディングシュートでゴールに迫るが、これは枠を外れる。さらに30分には相手陣内中央まで持ち上がったファン・ダイクの浮き球フィードに反応したサラーが後方からのボールを巧みなボレーで合わすが、これもシュートは枠に飛ばない。 ▽すると、前半終了間際の40分には課題のセットプレーからまさかの先制点を献上する。右CKの流れからDFファン・ダイクのヘディングのクリアがゴール前のフェデリコ・フェルナンデスの身体に当たり、モーソンの足元にこぼれる。ここでモーソンに右足のシュートを左隅に流し込まれた。すぐさま反撃に出たリバプールは前半ラストプレーでカウンターに抜け出した左サイドのサラーからのクロスをゴール前にフリーで飛び込んだマネがボレーで合わすが、これは枠の右に外れた。 ▽最下位相手にビハインドを背負って後半を迎えたリバプールは立ち上がりから猛攻に打って出る。幾つかの決定機を経た60分にはボックス手前中央でマネが倒されて得たFKをサラーが直接狙うが、ここはGKファビアンスキのワンハンドセーブに防がれる。 ▽後半に入って決定機の数こそ増えたものの、最後の場面で相手DFのシュートブロックや抜群の安定感を誇るGKファビアンスキに手を焼くリバプールはチェンバレン、ワイナルドゥムに代えてララナ、イングスの投入で局面の打開を図る。 ▽しかし、その後もゴールをこじ開けられないまま試合終盤へと突入したリバプールは、ファン・ダイクを前線に上げるパワープレーで同点、逆転を目指す。4分が与えられた後半アディショナルタイムにはボックス右に抜け出したサラーにシュートチャンスも枠を外れる。さらにラストプレーではボックス左でファン・ダイクが浮き球で入れたクロスをフリーのフィルミノが頭で合わすが、これは左ポストを叩く。このこぼれ球に反応したララナもゴール至近距離からのシュートを枠に飛ばせず、万事休す。 ▽前節、首位シティを破りながらも最下位スウォンジーにまさかの金星献上のリバプールは、リーグ戦15試合ぶりとなる敗戦を喫することになった。 2018.01.23 07:20 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、ヘンダーソンとA・モレーノの復帰迫る

▽リバプールに所属するイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンとスペイン人DFアルベルト・モレーノの復帰が近づいているようだ。 ▽リバプールの主将を務めるヘンダーソンは、昨年末からハムストリングのケガにより離脱中。一方のA・モレーノは、12月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節のスパルタク・モスクワ戦で足首を痛めて途中交代して以降、離脱している。 ▽リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ヘンダーソンが27日に行われるFAカップ4回戦のWBA戦で復帰できる可能性があると言及。A・モレーノに関しては、22日に行われるプレミアリーグ第24節、アウェイでのスウォンジー戦で起用できる可能性があるようだ。リバプール公式サイトがドイツ人指揮官のコメントを伝えている。 「ヘンドはクリーンにするセッションを今日(19日に)行うだろう。彼は昨日朝の練習に部分的に参加した。明日からOKになるに違いない。復帰は近づいているが、スウォンジー戦については時間が十分ではない。だが、その後でヘンドは戻る。それは良いニュースだ」 「アルベルトはもう少し練習している。どうなるか見てみなければならない。なぜなら、アルベルトだからだ。彼は常に練習しているし、それをまだ少し感じている。1つや2つの動きについて見ることができる。我々が彼を焦らせることはない。しかし、彼はスウォンジー戦の後に確かに戻る。スウォンジー戦でさえあるかもしれない。私は確信していない」 ▽さらに、長期離脱中のナサニエル・クラインについてもクロップは発言している。 「クライニーは上手くやっている。だが、彼が完璧に普通の状態に戻るには、まだ少し道のりがある。彼は上手くやっている」 2018.01.21 11:39 Sun
twitterfacebook
thumb

エムレ・ジャン獲得報道も…マロッタCEO「選手の望みを最大限に尊重する」

▽ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、獲得が噂されているリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(23)についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今シーズン限りでリバプールとの契約が満了を迎えるジャンだが、クラブとの交渉は進展が見られず。今冬以降に退団することが濃厚だと言われてきた。そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』は以前、かねてより興味を示してきたユベントスが今夏の移籍で原則合意に達したと報じてきた。 ▽しかしその後、ジャンは「まだどのクラブとも契約していない」と噂を否定。さらに「今はリバプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ」とリバプールへの愛着を口にしていた。 ▽今回、イタリア『スカイ・スポーツ』はマロッタCEOのコメントを掲載。それによると、移籍に関する合意はされていないと明かし、現在は獲得に向けて動いている状況のようだ。 「エムレ・ジャンについては、契約満了が迫っている選手であり、我々は彼と交渉が行える状況にある。そういった正しい道のりをたどってアプローチをしている」 「リバプールとの契約延長の噂もあるが、それはわからない。ただ、我々としては彼を獲得できるように最大限の努力を行っている。そして一番大事なことは、選手の望みを最大限に尊重することだ」 2018.01.18 09:18 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、インテルにスタリッジを売り込む? 争点は移籍形態か

▽リバプールが、出場機会を失っているイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)をインテルに売り込んでいるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。 ▽度重なるケガから復帰したスタリッジだが、ここまでのリーグ戦で9試合で2ゴールを奪うも先発出場は5試合に留まっており、ユルゲン・クロップ監督の構想から外れていると噂されている。そのため選手自身は今夏のロシア・ワールドカップに向けて出場機会を得られるチームへの移籍を考えているようだ。 ▽また、リバプールも2019年6月までの契約となっている同選手を、遅くても今夏までに放出したいと考えている模様。そこでクラブは、インテルに移籍の話を持ち掛けたようだ。 ▽今回の報道によると、リバプール側は完全移籍でスタリッジを売却したい模様。しかしインテル側は今冬の移籍市場でベンフィカから元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。さらにバルセロナのブラジル代表MFラフィーニャ・アルカンタラ(24)の獲得にも動いているとされている。 ▽そのためインテルはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の影響でスタリッジを完全移籍で獲得することは不可能な模様。また前線の補強は最優先事項ではないとの見方から、レンタル移籍の条件をリバプールが飲めば考慮することになるそうだ。 2018.01.18 09:00 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース