磐田が大量5ゴールで川崎F粉砕! 好調同士対決を制してリーグ戦6連勝《J1》2017.07.29 21:03 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第19節、川崎フロンターレvsジュビロ磐田が29日、等々力陸上競技場で行われ、5-2で磐田が勝利した。

▽ここまで10勝5分け3敗で3位につける川崎F(勝ち点35)が、9勝4分け5敗で7位につける磐田をホームに迎えた。公式戦7戦無敗の好調で中断期間を迎えた川崎Fは、8日に行われた前節のサガン鳥栖戦から先発メンバーを2人変更。三好と家長に代えて、登里と中村憲を起用した。

▽一方、公式戦7連勝中と勢いに乗っている磐田は、前節のヴァンフォーレ甲府戦と同様のメンバーを起用した。

▽好調同士の試合は立ち上がり、高い位置からのプレスで川崎Fにボールを持たせない磐田が先制する。8分、ボックス手前やや右で中村俊からのパスを受けた川又が左足ヒールで流すと、ボックス右に走り込んだ川辺が右足を振り抜いてゴールに突き刺した。

▽出鼻をくじかれた川崎Fだったが、すぐさま反撃。12分、中村憲の左CKをボックス中央でエドゥアルドが頭で合わせる。一度は、GKカミンスキーに防がれるも、エドゥアルド・ネットがこぼれ球を押し込んだ。

▽早い時間帯に1点ずつを取り合った両者は、球際の激しい展開となる。そうした中、セットプレーから磐田が勝ち越しに成功する。24分、中村俊の左CKを櫻内が競り勝ち、ゴール右隅へと流し込んだ。

▽勝ち越しを許した川崎Fは30分、中村憲からの右CKをエウシーニョがヘディングシュート。ゴール前右にこぼれたボールに谷口が倒れながら右足を合わせるが、右ポストに嫌われる。さらに39分、大島のパスを敵陣中央左で受けた車屋がアーリークロス。これをファーサイドの小林が頭で合わせるも、右ポストを逸れた。

▽粘り強く攻める川崎Fは44分、敵陣中央でセカンドボールを拾った小林が最終ラインの裏へスルーパス。これに抜け出した阿部がボックス右からシュートを放ったが、GKカミンスキーに阻まれた。

▽2-1で磐田がリードして迎えた後半、1点を追う川崎Fが攻勢を強める。しかし、前がかりになったところを磐田がカウンターから追加点を奪う。55分、ハーフウェイライン付近で縦パスを受けた川又がキープから最終ラインの裏へスルーパス。これを受けた川辺がドリブルでそのままボックス右へと侵攻し、右足を振り抜いて、GKチョン・ソンリョンの股を射抜いた。

▽リードを広げた磐田はさらに59分、敵陣でパスを奪った川又がボックス手前からシュート。これは相手DFに阻まれるも、このプレーでGKチョン・ソンリョンが態勢を崩す。これを見逃さなかったアダイウトンがボックス左手前に転がったボールを冷静に流し込んだ。

▽61分にも川又に追加点を奪われ、5-1と大量リードを許してしまった川崎Fは猛攻を仕掛けるも、なかなかゴールを奪うことができない。それでも川崎Fは82分、エウシーニョのクロスのこぼれ球に反応した途中出場の森本が一点を返したが、反撃はここまで。大量5ゴールで川崎Fを粉砕した磐田がリーグ戦6連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

湘南MF齊藤のJ初ゴールがJ1通算21000ゴール目を記録!同試合でイニエスタがJリーグデビュー

▽22日に明治安田生命J1リーグ第17節のヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレが行われ、0-3で湘南が勝利した。この試合で湘南のMF齊藤未月がチーム2点目となるゴールを記録。これがJ1通算21000ゴール目となった。 ▽齊藤は1点リードで迎えた後半開始早々の48分、カウンターからチャンスを作ると、ボックス手前でボールを持った山崎がラストパスを右足でシュート。これがGKキム・スンギュの脇下を抜き、J1初ゴールを記録した。 ▽また、この試合では今夏に神戸へ加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、59分からFW渡邉千真との交代でピッチに送られ、Jリーグデビューを飾った。 <div style="font-size:13px;"><span style="font-weight:700;">◆J1メモリアルゴール達成者</span> 1ゴール:<span style="font-weight:700;">マイヤー</span>(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日 500ゴール:<span style="font-weight:700;">水沼貴史</span>(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日 1000ゴール:<span style="font-weight:700;">メディナベージョ</span>(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日 1500ゴール:<span style="font-weight:700;">城彰二</span>(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/1995年4月5日 2000ゴール:<span style="font-weight:700;">エジソン</span>(ベルマーレ平塚) vsヴェルディ川崎/1995年8月12日 2500ゴール:<span style="font-weight:700;">江尻篤彦</span>(ジェフユナイテッド市原) vsベルマーレ平塚/1995年11月15日 3000ゴール:<span style="font-weight:700;">三浦泰年</span>(ヴェルディ川崎) vsセレッソ大阪/1996年8月28日 3500ゴール:<span style="font-weight:700;">高木琢也</span>(サンフレッチェ広島) vs京都パープルサンガ/1997年5月3日 4000ゴール:<span style="font-weight:700;">横山貴之</span>(セレッソ大阪) vsガンバ大阪/1997年8月23日 4500ゴール:<span style="font-weight:700;">レディアコフ</span>(横浜フリューゲルス) vsジェフユナイテッド市原/1998年4月25日 5000ゴール:<span style="font-weight:700;">バジーリオ</span>(柏レイソル) vsコンサドーレ札幌/1998年9月23日 5500ゴール:<span style="font-weight:700;">佐藤一樹</span>(横浜F・マリノス) vs鹿島アントラーズ/1999年4月24日 6000ゴール:<span style="font-weight:700;">鈴木秀人</span>(ジュビロ磐田) vsサンフレッチェ広島/1999年11月7日 6500ゴール:<span style="font-weight:700;">長谷川祥之</span>(鹿島アントラーズ) vs川崎フロンターレ/2000年7月1日 7000ゴール:<span style="font-weight:700;">久保竜彦</span>(サンフレッチェ広島) vsセレッソ大阪/2001年5月12日 7500ゴール:<span style="font-weight:700;">久保山由清</span>(清水エスパルス) vsジェフユナイテッド市原/2001年11月3日 8000ゴール:<span style="font-weight:700;">崔龍洙</span>(ジェフユナイテッド市原) vs名古屋グランパス/2002年9月14日 8500ゴール:<span style="font-weight:700;">ヴァスティッチ</span>(名古屋グランパス) vsベガルタ仙台/2003年5月18日 9000ゴール:<span style="font-weight:700;">斎藤大輔</span>(ジェフユナイテッド市原) vsヴィッセル神戸/2004年3月13日 9500ゴール:<span style="font-weight:700;">安貞桓</span>(横浜F・マリノス) vsヴィッセル神戸/2004年9月23日 10000ゴール:<span style="font-weight:700;">前田雅文</span>(ガンバ大阪) vs名古屋グランパス/2005年5月8日 10500ゴール:<span style="font-weight:700;">今野泰幸</span>(FC東京) vs鹿島アントラーズ/2005年11月12日 11000ゴール:<span style="font-weight:700;">アンドレ</span>(京都パープルサンガ) vs清水エスパルス/2006年7月23日 11500ゴール:<span style="font-weight:700;">田中佑昌</span>(アビスパ福岡) vs川崎フロンターレ/2006年11月18日 12000ゴール:<span style="font-weight:700;">ウェズレイ</span>(サンフレッチェ広島) vsヴィッセル神戸/2007年6月23日 12500ゴール:<span style="font-weight:700;">マルキーニョス</span>(鹿島アントラーズ) vs東京ヴェルディ/2008年3月16日 13000ゴール:<span style="font-weight:700;">巻誠一郎</span>(ジェフユナイテッド千葉) vs東京ヴェルディ/2008年9月14日 13500ゴール:<span style="font-weight:700;">鄭大世</span>(川崎フロンターレ) vs浦和レッズ/2009年5月10日 14000ゴール:<span style="font-weight:700;">中山博貴</span>(京都パープルサンガ) vs浦和レッズ/2009年11月28日 14500ゴール:<span style="font-weight:700;">赤嶺真吾</span>(ベガルタ仙台) vs大宮アルディージャ/2010年8月22日 15000ゴール:<span style="font-weight:700;">辻尾真二</span>(清水エスパルス) vs大宮アルディージャ/2011年5月22日 15500ゴール:<span style="font-weight:700;">ラフィーニャ</span>(ガンバ大阪) vs横浜F・マリノス/2011年9月18日 16000ゴール:<span style="font-weight:700;">藤田直之</span>(サガン鳥栖) vsガンバ大阪/2012年5月25日 16500ゴール:<span style="font-weight:700;">永井謙佑</span>(名古屋グランパス) vsジュビロ磐田/2012年11月17日 17000ゴール:<span style="font-weight:700;">鈴木大輔</span>(柏レイソル) vs清水エスパルス/2013年7月17日 17500ゴール:<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(大宮アルディージャ) vs川崎フロンターレ/2014年3月15日 18000ゴール:<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ) vsアルビレックス新潟/2014年9月23日 18500ゴール:<span style="font-weight:700;">塩谷司</span>(サンフレッチェ広島) vsアルビレックス新潟/2015年5月23日 19000ゴール:<span style="font-weight:700;">高山薫</span>(湘南ベルマーレ) vsアルビレックス新潟/2015年11月7日 19500ゴール:<span style="font-weight:700;">遠藤康</span>(鹿島アントラーズ) vsヴァンフォーレ甲府/2016年7月17日 20000ゴール:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">金子翔太</span>(清水エスパルス) vs川崎フロンターレ/2017年4月21日</div> 20500ゴール:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エウシーニョ</span>(川崎フロンターレ) vsセレッソ大阪/2017年9月30日</div> 21000ゴール:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">齊藤未月</span>(湘南ベルマーレ) vsヴィッセル神戸/2018年7月22日</div> 2018.07.22 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台が大敗ショック振り払う劇的勝利! トーレスデビュー戦で存在感も鳥栖は5戦ぶり黒星…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が22日にベストアメニティスタジアムで行われ、アウェイの仙台が1-0で勝利した。 ▽共に中断明けの初戦で白星を逃した17位鳥栖と8位仙台による、前半戦最後の一戦。前節、湘南ベルマーレと1-1で引き分けた3戦連続ドロー中の鳥栖は今節から登録された世界注目の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、元エースの豊田が揃ってベンチに入った。 ▽一方、前節横浜F・マリノス相手に屈辱的な2-8の大敗を喫した仙台はバウンスバックが求められるこの試合に向けて新加入の矢島が先発、ハーフナー・マイクがベンチに入った。 ▽試合は立ち上がりから中盤で潰し合う場面が目立ち、ややクローズな展開に。29分にはショートカウンターから鳥栖に決定機もボックス左で田川が放ったシュートはGK権田にセーブされる。その後も鳥栖がやや優勢に試合を運んだものの、守備面で集中力を発揮する仙台の守備を崩し切るまでには至らない。 ▽ゴールレスで試合を折り返した中、流れを変えたい鳥栖は50分に田川を下げて注目のトーレスをピッチに送り出す。そのトーレスは前線で流動的に動きながらパスを引き出すと、ヘディングの落としから決定機に絡むなど投入直後から存在感を見せる。 ▽すると64分には原川の右CKからトーレスが初の枠内シュートとなるヘディングシュートを見せる。これで勢いに乗る鳥栖は69分に名手、原川が直接FKでゴールに迫るも、ここはGK関にわずかに触られてバーを叩く。71分には小野の縦パスに抜け出したトーレスがボックス左に持ち込んで右足を振り抜くが、これもGK関に阻まれた。さらに76分にはボックス手前のトーレスのワンタッチループパスに抜け出した吉田がGKの脇を抜くシュートを放つが、これは相手DFの決死のゴールカバーに遭い、先制点とはならず。 ▽一方、守勢が続く仙台は粘り強く守りながらカウンターを狙う形が続く。すると、途中出場の2選手が最後の最後に大仕事を果たす。88分、右サイドのスペースに飛び出したジャーメイン良が絶妙なグラウンダーのクロスを入れると、これをファーにフリーで走り込んだ西村がワンタッチで流し込み、劇的な形で先制点を奪った。 ▽その後、トーレスらを起点に決死の反撃を見せた鳥栖を封じ切った仙台が敵地で1-0の勝利。前節の大敗を見事に払拭するウノゼロでの勝利となった。一方、途中出場のトーレスがさすがの存在感を放った鳥栖だが、5戦ぶりの黒星で前半戦を降格圏の17位で終えることになった。 2018.07.22 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェイPK失敗の札幌、カミンスキーの牙城崩せず…磐田と共に4試合未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節の北海道コンサドーレ札幌vsジュビロ磐田が22日に札幌厚別公園競技場で行われ、0-0に終わった。 ▽ここまで7勝5分け3敗で5位につける札幌(勝ち点26)と、6勝4分け6敗で7位につける磐田(勝ち点22)の一戦。前節の川崎フロンターレ戦を1-2で敗れて3試合白星がない札幌は、その試合から先発メンバーを2人変更。荒野と都倉に代えて出場停止明けの宮澤、川崎戦では契約上の理由により欠場した三好が復帰した。 ▽一方、前節の鹿島アントラーズ戦を3-3で引き分けて、札幌と同じく3試合未勝利の磐田は、その一戦と同様の先発メンバーを起用した。なお、今夏川崎Fから加入したFW大久保嘉人はベンチスタートとなった。 ▽4試合ぶり白星を目指す両者の一戦。試合は互いに相手の裏を狙いあう立ち上がりの中、札幌は4分に福森の一本のパスからジェイが抜け出したがシュートまで持ち込むことができない。 ▽その後は両者シュートまで持ち込めない展開が続いたが、18分にチャナティップの縦パスを受けた三好がボックス手前から不意を突く強烈なミドルシュート。しかし、これはGKカミンスキーの守備範囲に飛んでしまう。 ▽前半終盤に差し掛かると、ここまで攻勢を続ける札幌が絶好のチャンスを得る。32分、三好からのパスを受けた駒井がボックス右外からクロス。これがブロックを試みた田口の手に当たってPKを獲得する。キッカーを務めたジェイが右足を振り抜いてゴール左隅を狙う。しかし、これを読んでいたGKカミンスキーに阻まれ、先制点のチャンスを逃してしまう。 ▽決めきることができなかった札幌は42分に福森の左CKにPKを外したジェイが飛び込むもこれも決まらず。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入っても札幌が攻勢に出る中、ここまで思うように攻めることができなかった磐田に先制のチャンスが訪れる。57分、ボックス手前で縦パスを受けた川又が前線へヒールで流す。これに反応した宮崎がボックス内でGKと一対一を迎えたが、GKク・ソンユンの好守にはばまれてしまう。 ▽このまま流れを引き寄せたい磐田は64分、宮崎に代えて山田、松浦に代えて今夏加入の大久保を投入。一方の札幌は69分、深井とジェイに代えて荒野と都倉を投入する。 ▽この交代をきっかけに攻勢に出たのは札幌。81分、駒井のボックス右からのクロスを都倉がシュート。これは相手DFに防がれたが、再び駒井のクロスをチャナティップが中央に流し、三好が右足を振り抜いたが、GKカミンスキーの牙城を崩すことができない。 ▽その後も札幌が積極的に敵陣へと迫り、ゴールを狙ったが最後まで両者にゴールは生まれずゴールレスで試合終了。札幌はジェイのPK失敗とGKカミンスキーの好守に悩まされてこれで4試合白星なし。一方の磐田も少ないチャンスをモノにできず、4試合未勝利となっている。 2018.07.22 21:08 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪vs浦和はドロー決着! 高木恩返し弾も興梠の5戦ぶりゴールで痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のセレッソ大阪vs浦和レッズが22日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽中断明けの初戦で好対照の結果に終わった4位C大阪と11位浦和による実力者対決。前節、清水エスパルスに0-3の大敗を喫したC大阪はその試合から5選手を変更。清武やオスマルらに代わってソウザ、高木らを起用した。 ▽一方、前節の名古屋グランパスでは柏木のプレースキックからW杯帰りの槙野、遠藤の3ゴールで快勝した浦和だが、その遠藤が今節を前にベルギーのシント=トロイデンVVへの電撃移籍が発表され、これがラストゲームに。それでも、新加入のファブリシオがスタメンデビューを飾るなど期待感のある布陣となった。 ▽試合はホームのC大阪が積極的な入りを見せる。開始1分、ボックス右に抜け出した山口のクロスを杉本が頭で合わせるもこれは枠の上に外れる。さらにソウザ、杉本とミドルシュートでGK西川を脅かす。すると8分、左CKの場面でキッカーのソウザがインスウィングの鋭いボールを入れると、GK西川のパンチングが目の前の味方に当たってこぼれると、これを古巣初対戦の高木がすかさず蹴り込んだ。 ▽高木の恩返し弾でリードを手にしたC大阪は16分にもフィードを受けた山村がDF遠藤をパワーで振り切る見事な仕掛けから枠の右を掠める際どいシュートを放つなど、良いリズムで試合を進める。 ▽一方、。20分を過ぎてようやく落ち着きを取り戻した浦和は新加入のファブリシオの鋭い仕掛けから22分に興梠にシュートチャンスも、ここはGKキム・ジンヒョンのビッグセーブに遭う。さらに30分過ぎには絶好調の柏木のプレースキックや宇賀神の意表を突いたコントロールシュート、マウリシオのパワフルなミドルシュートで反撃を試みるが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできず。 ▽迎えた後半、1点リードのC大阪がまたしても良い入りを見せる。右サイドで高木、福満、松田と細かく繋いでクロスが出ると、これをゴール左でドフリーの杉本が右足で合わすが、これはGK西川のビッグセーブに遭う。 ▽後半に入ってなかなかリズムを掴めない浦和はファブリシオの個人技や比較的フリーになりやすい両ウイングバックの攻撃参加を生かして反撃に出る。66分にはハーフウェイライン付近での柏木からの絶妙なスルーパスに抜け出した橋岡がそのままボックス右まで持ち込んでシュートを放つが、これを枠の右に外してしまう。 ▽何とか追いつきたい浦和は67分に宇賀神を下げて荻原、70分に柏木を下げて阿部を投入。すると、名手の柏木不在となったセットプレーから同点ゴールが生まれる。78分、右CKの場面でキッカーの武藤がアウトスウィングのボールをファーに入れると、ファブリシオが頭で落としたボールをゴール左の興梠が鋭い左足の反転ボレーでニアに突き刺した。 ▽この同点ゴールをキッカケに試合の流れは浦和に傾いていく。86分にはマルティノスの右CKをマウリシオが頭で合わすが、これはわずかに枠の上に外れる。一方、水沼、山下の投入で反撃を見せるC大阪は最後の最後に絶好機を迎える。94分、左CKの場面で丸橋のクロスをマテイ・ヨニッチが頭で合わすと、これがクロスバーを叩く。さらに中央でこぼれ球に反応した杉本の左足シュートがゴール前の密集を抜けてゴール左に向かうが、これをGK西川が圧巻の反応ではじき出した。 ▽そして、試合はこのまま1-1でタイムアップ。高木の恩返し弾にエース興梠の5試合ぶりゴールと互いにセットプレーから1ゴールずつを奪い合った一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.07.22 21:04 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京5発大勝で9戦負けなし! 横浜FM終盤巻き返すも及ばず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のFC東京vs横浜F・マリノスが、22日に味の素スタジアムで行われ、5-2でFC東京が勝利した。 ▽リーグ8試合負けなしの2位FC東京が、連勝中の10位横浜FMをホームに迎えた一戦。 ▽FC東京は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦からスタメンを2名変更。大森、富樫に代えて、田邉、ディエゴ・オリヴェイラを起用した。 ▽横浜FMは、8-2で快勝した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを変更せず。全く同じメンバーで試合に臨んだ。 ▽試合の立ち上がりは、ボールを持つ横浜FMに対してFC東京がカウンターを狙うという構図が続く。すると、ターゲットとなっているディエゴ・オリヴェイラが、ボックス手前左でFKを獲得する。 ▽8分、キッカーを務めるのは太田。左足で直接狙うと、精度の高いシュートがDF中澤の頭を超えて鋭く曲がり、ゴール左上を捉える。GK飯倉の反応も及ばず、明日23日に31歳の誕生日を迎える男の一振りで貴重な先制点を奪い切った。 ▽さらに26分にも、FC東京が決定機を作り出す。ディエゴ・オリヴェイラのキープから田邉にボールが渡り、田邉がボックス手前中央やや遠い位置からグラウンダーのシュートを放つ。すると、最前線に入っていたディエゴ・オリヴェイラの脚に当たってコースが変わり、ボールはゴール左に吸い込まれた。 ▽そして前半終了間際の45分にも、田邉が最終ラインの裏に抜け出す。飛び出したGK飯倉をかわして角度のないところからシュートを放つと、ボールは無人のゴールに転がり込んだ。 ▽FC東京が3-0のリードで迎えた後半、横浜FMは攻撃のテコ入れを図る。52分、喜田に代えて、ウーゴ・ヴィエイラを投入。点取り屋を起用して攻勢を強めていく。しかし、主導権を奪い切ることはできず。54分にディエゴ・オリヴェイラのシュートが右ポストを叩くなど、FC東京のぺースが続く。 ▽すると60分、FC東京が勢いそのままにチャンスを迎える。高萩からのパスを受けた東が、ボックス右からダイレクトシュートを狙う。これがまたしてもネットを揺らし、チームの4点目となった。64分にも、FC東京の左CKから混戦が生まれ、最後は岡崎が押し込んで自身のJ1初ゴールとする。 ▽それでもその後、ボックス左に侵攻した天野が米本に倒され、横浜FMがPKを獲得。 キッカーのウーゴ・ヴィエイラが落ち着いて沈め、一矢報いる得点とした。それでも圧倒的なアドバンテージを得ているFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラに代えて永井を投入。よりカウンター色を強め、勝ち切る戦いにシフトしていく。 ▽試合終了間際の89分、横浜FMマリノスがさらに意地を見せる。ボックス内でウーゴ・ヴィエイラがキープし、こぼれたボールに山田が反応。足先に当ててネットを揺らした。 ▽結局、試合は5-2のスコアで終了。この結果、FC東京は9試合負けなしに。横浜FMは前節の快勝の勢いを削がれるような、手痛い敗北を喫した。 2018.07.22 21:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース