かつての英雄・クレスポ氏がパルマの副社長に就任2017.07.29 09:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンをセリエBで戦うパルマは28日、副社長にかつて同クラブで活躍した元アルゼンチン代表FWのエルナン・クレスポ氏(42)が就任することを発表した。

▽クレスポ氏は、母国アルゼンチンのリーベル・プレートでキャリアをスタート。1996年8月にパルマへと移籍した。

▽加入当初こそイタリアのサッカーに馴染めなかったものの、1998-99シーズンには同胞のMFフアン・セバスティアン・ヴェロンやGKジャンルイジ・ブッフォン、DFリリアン・テュラム、DFファビオ・カンナバーロらと共に、パルマのコッパ・イタリア、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)の優勝に貢献。2000年7月に当時のセリエA最高額となる1100億リラ(約66億円)の移籍金でラツィオへと移籍した。

▽その後はインテル、チェルシー、ミラン、ジェノアなどでプレー。2010年1月に10年ぶりにパルマへ復帰。2012年2月に現役を引退するまでプレーした。

▽引退後の2014年7月にはパルマのプリマヴェーラ監督に就任するも、2015年6月のクラブ破産を受けて契約解消。その後は、モデナの監督も務めていたが、現在はフリーだった。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ会長、ネイマール残留を望むも「決めるのは選手」

▽バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)の去就について、同クラブ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏がアメリカ『ニューヨークタイムズ』のインタビューに応じた。スペイン『マルカ』が内容を伝えた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が騒がれているネイマール。以前、バルトメウ会長は『AP通信』に対して「彼はマーケットに出ていない」とコメントしたが、ネイマール慰留への自信は揺らぎつつあるのかもしれない。 「ネイマールは最高の選手の1人だから、失いたくない。彼には私たちとの仕事を続けて欲しい。契約も4年残っている」 「それでも、移籍するかどうかの決断を下すのは選手本人だ。(会長として)語るべきことは残されていない」 「勝利を願うなら、最高の選手陣を擁していなければならない。だから、彼が必要なんだ」 2017.07.28 13:42 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエB昇格パルマがインシーニェ弟のロベルトをレンタルで獲得

▽パルマは24日、ナポリのイタリア人FWロベルト・インシーニェ(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの実弟であるロベルトは兄同様ウイングやセカンドストライカーを本職とするアタッカー。ただ、ナポリでは出場機会に恵まれず、これまでペルージャやレッジーナ、アヴェッリーノへレンタルに出されていた。そして、2016-17シーズン後半戦はセリエBのラティーナにレンタル移籍し、19試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 ▽また、パルマは併せてナポリからセントラルMFを本職とするイタリア人FWヤコポ・ジェツィ(25)を完全移籍で獲得したことも発表している。ジェツィは昨季ペルージャにレンタル移籍し、クラブをセリエA昇格プレーオフに導いていた。 2017.07.24 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

破産でセリエD降格も味わった主将・ルカレッリがパルマと1年の契約延長

▽来シーズンからセリエBに所属するパルマは28日、DFアレッサンドロ・ルカレッリ(39)との契約延長を発表した。新契約は1年間となり、2018年6月30日までとなる。 ▽A・ルカレッリは、ピアツェンツァの下部組織出身で、パレルモやフィオレンティーナ、リヴォルノ、レッジーナ、ジェノアでプレー。2008年7月にパルマへ完全移籍すると、キャプテンとしてチームを牽引。チームが破産し2015年にセリエDに降格した際もチームへの残留を決め、2年連続の昇格に貢献し、チームをセリエBに引き上げていた。 ▽ルカレッリは昨シーズンのレガ・プロ(イタリア3部)で35試合に出場し1ゴールを記録。パルマで通算300試合に出場しており、1948年から62年までプレーしたイボ・ココニが記録しているクラブ最多出場の308試合にあと「8」と迫っている。 2017.06.28 21:02 Wed
twitterfacebook
thumb

栄光のパルマに名を刻んだ中田英寿「他クラブから羨まれた名選手、偉大な10番」

元日本代表の中田英寿氏が所属したことのあるパルマがセリエB昇格を決めた。イタリアメディア『スカイ・スポーツ』は18日、「過去から未来へ&hellip;偉大なクラブへと復活を遂げるパルマ」と題して特集を組み、パルマの歴史を振り返った。<br><br>2016-17シーズンはレーガ・プロ(イタリア3部)に所属したパルマはかつて、コッパ・イタリアを3度制覇し、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を2度制覇した強豪クラブだった。だが近年は財政難に苦しみ、2015年の破産によるペナルティでセリエDへの降格処分を受けていた。17日のセリエBへの昇格プレーオフではアレクサンドリアと対戦し、2-0で勝利を収めた。降格処分からわずか2シーズンでセリエBまで帰ってくることに成功した。<br><br>特集ではパルマの栄光の日々を振り返り、「他クラブから羨まれたカンピオーネたち」の1人として、中田の名前が挙げられている。中田については「パルマ史上、偉大な10番の1人」と紹介されており、2001年にローマでイタリア王者として戴冠した直後、パルマに加入し2004年まで所属していたと伝えている。また中田は2001-02シーズン、コッパ・イタリア決勝のユベントス戦において得点をマークしており、コッパ・イタリア制覇において決定的な貢献をした選手であると称えている。<br><br>なお中田の他には、1996年から1988年にかけて指揮を執った現バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督や、17歳でセリエAデビューを飾ったGKジャンルイジ・ブッフォン、バロンドール受賞経験のある元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロら過去にパルマで活躍した名選手の名前が挙げられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.19 19:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラクル・パルマ、2年連続昇格でセリエBに復帰!

▽パルマは17日、レガ・プロ昇格プレーオフ決勝でアレッサンドリアに2-0で勝利し、来シーズンのセリエB昇格を果たした。 ▽2015年にクラブの財政破綻でセリエDに強制降格となったパルマは、昨シーズンのセリエDで28勝10分けという圧倒的な強さをみせ、セリエC昇格を決めた。 ▽迎えた今季はレガ・プロ(セリエC)のグループBで2位に入り、昇格プレーオフ進出を果たすと、同プレーオフでピアチェンツァ、ルッケーゼ、ポルデノーネ、アレッサンドリアを連破し、2年連続での昇格を決めた。 ▽セリエD降格後もチームに残留し、2年連続の歓喜を味わったキャプテンのイタリア人DFアレッサンドロ・ルカレッリは、試合後の会見で喜びを露わにした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 「今日、たとえどんな結果になっても、その場の感情に流されないようにしたいと思っていた。セリエDでプレーすることに関して、自分の頭でなく心に問いかけ、正しい決断をしたと思う。ここ2年間の僕たちの旅は素晴らしいものであり、パルマは少なくとも以前にいた場所に近い位置まで戻ってきた」 「僕たちはセリエBに戻ってきた。今回の復帰に関しては信じるよりも、願っているという感覚だった。個人的にこのクラブをセリエBに戻すことが任務だと思っていたし、2年前の破産に関してチームを代表して話していたのは僕だった。それを考えれば、今ここにいることは奇跡だよ」 「これまでのクラブの歩みは本当に素晴らしいと思うし、まだその旅は終わっていない。ただ、全てのチームメートを誇りに思っている」 2017.06.18 15:35 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース