かつての英雄・クレスポ氏がパルマの副社長に就任2017.07.29 09:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンをセリエBで戦うパルマは28日、副社長にかつて同クラブで活躍した元アルゼンチン代表FWのエルナン・クレスポ氏(42)が就任することを発表した。

▽クレスポ氏は、母国アルゼンチンのリーベル・プレートでキャリアをスタート。1996年8月にパルマへと移籍した。

▽加入当初こそイタリアのサッカーに馴染めなかったものの、1998-99シーズンには同胞のMFフアン・セバスティアン・ベロンやGKジャンルイジ・ブッフォン、DFリリアン・テュラム、DFファビオ・カンナバーロらと共に、パルマのコッパ・イタリア、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)の優勝に貢献。2000年7月に当時のセリエA最高額となる1100億リラ(約66億円)の移籍金でラツィオへと移籍した。

▽その後はインテル、チェルシー、ミラン、ジェノアなどでプレー。2010年1月に10年ぶりにパルマへ復帰。2012年2月に現役を引退するまでプレーした。

▽引退後の2014年7月にはパルマのプリマヴェーラ監督に就任するも、2015年6月のクラブ破産を受けて契約解消。その後は、モデナの監督も務めていたが、現在はフリーだった。

コメント

関連ニュース

thumb

“皇帝”と呼ばれたアドリアーノがフットボール界に戻ってくる? 本人が計画を明かす

▽かつてインテルやパルマなどで活躍した元ブラジル代表FWアドリアーノ(35)が、フットボール界に戻ってくる計画を明かした。ブラジル『TVグローボ』で語った。 ▽強烈な左足のキックと爆発的な得点力で一時代を築いたアドリアーノ。イタリアとブラジルのクラブで活躍し、ブラジル代表としても活躍。50試合で29ゴールを記録していた。 ▽現在は無所属であり、2016年7月にはブラジルでも最も危険とされるファベーラでの生活も報じられたアドリアーノ。しかし、紆余曲折あったが、フットボール界に戻る計画を明かした。 「僕は新たなプロジェクトに向け、自分自身の準備を始める。僕は1月にトレーニングを再開する。クラブが無くともね」 「キャリアをストップさせてからずっと、自分の体をキープすることに成功した。これは望んでいたことだし、持続しなければいけないと分かっている」 「僕は自分自身のためにしたいし、自分の限界を見せたいと思っている。そして、プレーできるかどうかも伝えられるだろう」 「まだキャリアを完全に終えたとは思っていない。何かが起こり、サッカーから僕は遠ざけられた。僕はキャリアが半分で止まったと言いたいね」 ▽アドリアーノは、母国の名門フラメンゴでキャリアをスタートさせると、2001年のワールドユース(U-20ワールドカップ)での活躍により2001年夏にインテルへと移籍。冬にフィオレンティーナへとレンタル移籍すると、2002年夏には当時中田英寿も所属していたパルマへと移籍した。 ▽中田、アドリアン・ムトゥとのトリオで攻撃をけん引しゴールを量産。ブラジル代表でもポジションを確立すると、2004年1月にインテルに復帰した。その後はサンパウロやフラメンゴ、ローマ、コリンチャンスなどクラブを転々。メディカルチェックの不合格や、監督らとの不仲、ピッチ外での問題行動などもあり無所属状態が続いていた。 ▽2016年1月にNPSL(アメリカ4部)のマイアミ・ユナイテッドFCと契約。しかし、5月に退団し無所属となっていた。 ▽強烈な左足のキックは未だ健在なのか?身体はどれほどのキレを取り戻しているのか。“皇帝”とも言われたアドリアーノの去就に注目だ。 2017.10.12 12:28 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナにアクシデント…イニエスタが負傷で離脱へ

▽バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、負傷したようだ。クラブ公式サイトが報じている。 ▽バルセロナは1日、リーガエスパニョーラ第7節でラス・パルマスをホームに迎えた。同日にカタルーニャ自治州の独立投票が行われるため、セキュリティ面の問題を理由に、バルセロナ側から延期を求める声があったものの、リーグ機構側がこれを拒否。そのため、今回の一戦は急きょ無観客試合で行われることになった。 ▽試合は、前半こそゴールレスで終えるも、後半はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2ゴール1アシストにより3-0で勝利している。この試合で後半開始からピッチに立ったイニエスタだったが、84分に負傷。ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスとの交代でベンチへと下がった。 ▽クラブの発表によれば、試合後に検査を行ったところ左足のハムストリングを痛めているようで、およそ10日間程度の離脱となるようだ。なお、バルセロナの次戦は14日に行われるリーガエスパニョーラ第8節のアトレティコ・マドリー戦となっており、現時点ではその試合に支障はないようだ。 2017.10.02 09:11 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ会長、ネイマール残留を望むも「決めるのは選手」

▽バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)の去就について、同クラブ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏がアメリカ『ニューヨークタイムズ』のインタビューに応じた。スペイン『マルカ』が内容を伝えた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が騒がれているネイマール。以前、バルトメウ会長は『AP通信』に対して「彼はマーケットに出ていない」とコメントしたが、ネイマール慰留への自信は揺らぎつつあるのかもしれない。 「ネイマールは最高の選手の1人だから、失いたくない。彼には私たちとの仕事を続けて欲しい。契約も4年残っている」 「それでも、移籍するかどうかの決断を下すのは選手本人だ。(会長として)語るべきことは残されていない」 「勝利を願うなら、最高の選手陣を擁していなければならない。だから、彼が必要なんだ」 2017.07.28 13:42 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエB昇格パルマがインシーニェ弟のロベルトをレンタルで獲得

▽パルマは24日、ナポリのイタリア人FWロベルト・インシーニェ(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの実弟であるロベルトは兄同様ウイングやセカンドストライカーを本職とするアタッカー。ただ、ナポリでは出場機会に恵まれず、これまでペルージャやレッジーナ、アヴェッリーノへレンタルに出されていた。そして、2016-17シーズン後半戦はセリエBのラティーナにレンタル移籍し、19試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 ▽また、パルマは併せてナポリからセントラルMFを本職とするイタリア人FWヤコポ・ジェツィ(25)を完全移籍で獲得したことも発表している。ジェツィは昨季ペルージャにレンタル移籍し、クラブをセリエA昇格プレーオフに導いていた。 2017.07.24 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

破産でセリエD降格も味わった主将・ルカレッリがパルマと1年の契約延長

▽来シーズンからセリエBに所属するパルマは28日、DFアレッサンドロ・ルカレッリ(39)との契約延長を発表した。新契約は1年間となり、2018年6月30日までとなる。 ▽A・ルカレッリは、ピアツェンツァの下部組織出身で、パレルモやフィオレンティーナ、リヴォルノ、レッジーナ、ジェノアでプレー。2008年7月にパルマへ完全移籍すると、キャプテンとしてチームを牽引。チームが破産し2015年にセリエDに降格した際もチームへの残留を決め、2年連続の昇格に貢献し、チームをセリエBに引き上げていた。 ▽ルカレッリは昨シーズンのレガ・プロ(イタリア3部)で35試合に出場し1ゴールを記録。パルマで通算300試合に出場しており、1948年から62年までプレーしたイボ・ココニが記録しているクラブ最多出場の308試合にあと「8」と迫っている。 2017.06.28 21:02 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース