ユベントス移籍報道のマノラス残留をモンチSDが明言2017.07.29 05:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)は28日、ユベントスへの移籍報道があったローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)が残留することを明言した。

▽メキシコ代表DFヘラルド・モレノの入団会見に同席したモンチSDはマノラスの去就について次のように言及している。

「マノラスは残留するよ。それも今後長い期間だ。もし、彼が移籍する気だったら契約更新には応じないだろう。だが、そうではない。彼はローマに満足している」

▽マノラスは今夏、ゼニトへの移籍が決まりかけながらもサラリーの面で合意に達せず破断に終わっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

トッティ、アリソンのリバプール移籍に「あんな額は初めて。NOとは言えない」

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏は、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーのリバプール移籍について避けられなかったと認めている。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、ローマの主力選手としてセリエA3位、チャンピオンズリーグベスト4に貢献。今夏はブラジル代表の正守護神としてロシア・ワールドカップにも参戦した。しかし先日、GK史上最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の移籍金でリバプールへと加入。ローマを去ることになった。<br><br>トッティは「我々は将来のために若いチームを作っているところだ」と話してこのように続ける。<br><br>「トップを争うため、可能な限り強くなりたい。移籍市場は変わった。GKに7500万ユーロなんて初めてのことだし、我々は『NO』とは言えない。世界最高のGKを失ったことは残念だが、強いチームを作ろうとしているよ」<br><br>なお、アリソンはロシア・ワールドカップに参加していたため、リバプールが行っているアメリカでのICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)のメンバーには含まれていない。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」

チームの守護神であったアリソンをリヴァプールへ放出したことにサポーターから不満の声が上がっていたローマだが、モンチSD(スポーツ・ディレクター)は決断の正当性を主張した。『BBC』が報じている。<br><br>ローマはアリソンをGKとしては史上最高額の移籍金6600万ポンド(約97億円)でリヴァプールに売却。サポーターからは守護神を放出したクラブに批判の声が寄せられていた。<br><br>しかしモンチSDは、今回の決断が熟考した上でのものであると主張している。<br><br>「相当額のオファーが届いたときはしっかりと考える必要がある。我々は良い点と悪い点を秤にかけ、リヴァプールへの返答を決めた」<br><br>「アリソンの売却は野望の欠如を意味するものではない。私にとっては野望というのはすべてのことを考慮した上で正しいことをすることだ」<br><br>そしてサポーターの心情に理解を示しつつも、すでにトップレベルの選手の補強に成功していることに目を向けてほしいと語った。<br><br>「サポーターの考えも理解できるが、彼らには我々がチーム強化の最中であることを理解してもらいたい。我々が(ジャスティン)クライファートや(ハビエル)パストーレを獲得できると思っていなかった人たちもいるはずだ。もしかしたら今日は何人かのサポーターにとっては辛い日になったかもしれないが、我々はすでにトッププレーヤーを獲得している」<br><br>「私は1年だけではなく、何年もの期間を見据えたチーム強化をするためにここにやってきた。そして今回の決断もその考えに沿っていると100%確信している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 23:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマのパロッタ会長、主審侮辱発言で3カ月間CL試合の関与禁止

▽UEAF(欧州サッカー連盟)は20日、ローマのジェームズ・パロッタ会長に対し、3カ月間チャンピオンズリーグ(CL)の試合に関与することを禁ずる処分を下した。 ▽パロッタ会長は5月2日に行われたリバプールとのCL準決勝2ndレグの試合後、主審の判定に納得が行かず、「VARが必要なことが明らかになった。とんだお笑い草だ」などと公式の場で発言し、処分が科されることが発表されていた。 ▽今回の裁定により、9月にスタートするCLでパロッタ会長は12月までの3カ月間、試合中にベンチに入るのはもちろん、試合前や試合中にドレッシングルームに入ることを禁じられる。また、選手やスタッフと間接的にコンタクトを取ることも禁じられる。 2018.07.20 23:57 Fri
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがローマのブラジル人MFジェルソンをレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは20日、ローマのブラジル人MFジェルソン(21)をレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は2018-19シーズンの1年となっている。 ▽フルミネンセから2016年夏に1600万ユーロでローマへ移籍したレフティーのプレーメーカー兼ウインガーのジェルソンは、ローマでは在籍2年間で公式戦42試合に出場して2ゴール1アシストを記録。2017-18シーズンはセリエAで24試合に出場して2ゴールを記録していた。 ▽ブラジル代表としてはこれまでU-20まで選出されてきた経歴を持っている。 2018.07.20 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

19歳クライファートJrがローマで意気込み「父の足跡をたどる。イタリアで成長を」

元オランダ代表パトリック・クライファート氏を実父に持つFWユースティン・クライファートがローマで記者会見に応じ、意気込みを語った。ローマが19日、公式ウェブサイトで伝えている。<br><br>父をたどり、セリエA挑戦に意欲ジャスティンはまだ19歳ながら2017-18シーズンにアヤックスで活躍し、オランダ代表としてもすでにデビューを飾るなど将来が期待される。今夏、父と同様にアヤックスからセリエA挑戦を決め、意気込みを語った。<br><br>「僕の持ち味はスピードと1対1。それに常にゴールを狙っている。見ての通り、僕は若いので、すべてにおいて改善しなければならないと思う。特に守備面を磨きたい。自分の実力を見せることができればと思う。僕はまだ若いし、学べることはたくさんある。開幕が待ちきれない。このチームなら偉業を見せることができるはずだ」<br><br>「父とは話をしたけど、彼はイタリアでプレーしたことがあり、このリーグをよく知っている。だが話はセリエAについてだけではない。成長し、最高レベルへ到達するために、何が必要なのかも教えてくれた。父は経験しているわけだから、彼のアドバイスを聞き、足跡をたどりたい」<br><br>続いてジャスティンは、ローマ移籍を決めた理由を明かした。<br><br>「僕のキャリアにとって重要な場所だと思った。サッカーだけではなく、僕個人にとってもね。アヤックスからローマのようなイタリアのビッグクラブへの移籍は、僕にとって大きな前進だ。クラブと同じように僕も成長できることを願っている。ずっとここに残るのか、チームを変えるのかどうかは分からない。現時点においては、当然誰も分からないことだよ」<br><br>またフランチェスコ・トッティ氏が所属したクラブへ来た意味を問われると、自身の意見を述べた。<br><br>「トッティは偉大な模範であり、クラブのレジェンドだ。だから当然、彼のことは意識するし、彼のようなレベルに到達したいと思うものだ。僕だけでなく、ローマへ来た選手なら誰もが彼を目標とするだろう。だが皆からのリスペクトは、ピッチで勝ち取らなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 20:40 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース