ネイマールが怒りを爆発! PSG移籍の前触れか? 2017.07.28 20:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)がクラブでのトレーニングを放棄したようだ。スペイン『アス』が報じた。

▽ネイマールは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が騒がれており、チームメイトや監督、会長など複数の関係者からの残留を望む声が、各紙を通じて伝えられてきた。移籍の鍵を握るであろうバルセロナの一挙手一投足に注目が集まる中、加熱する報道の当事者であるネイマールがフラストレーションを爆発させたようだ。

▽28日、バルセロナはチーム練習を行った。そこで、新加入のポルトガル代表DFネウソン・セメドからチャージを受けたネイマールが激昂。スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツに取り抑えられると、トレーニングビブスを地面に放り投げ、転がっていたボールを蹴り飛ばしながら、練習を飛び出したという。

▽『アス』は、ネイマールとPSGの合意報道がまもなく正式発表となることをバルセロナが覚悟している、とも報じている。

コメント

関連ニュース

thumb

欧州カップ戦100ゴール達成のメッシが試合中に口にしたものは…?

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが試合中に何かを食べる!? スペイン『アス』は、18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節のオリンピアコス戦で、メッシが試合中に服用した錠剤について真相を明かした。 ▽メッシは、オリンピアコス戦に先発出場。61分にチームの2点目を奪い、欧州カップ戦での100ゴールを達成していた。なお、バルセロナは3-1で勝利している。 ▽試合開始から10分ごろ、メッシはピッチの中央で自身のソックスから何かを取り出し摂取。しかし、その後噛む行動が見られなかったため、ガムではないことが分かっていた。 ▽『アス』によると、メッシが口に含んだものはブドウ糖の錠剤だったとのこと。『カタルーニャ・ラジオ』のジャーナリストであるリカルド・トルケマダ氏によると、「体を動かして最初の15分は、筋肉がより受容力があるため」としている。 2017.10.19 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン政府がカタルーニャ州の自治権を停止へ…バルサなどへの影響も

▽スペイン政府は19日、独立に向け投票を行っていたカタルーニャ州に関して、21日から自治権を停止すると発表した。イギリス『BBC』など複数のメディアが一斉に報じた。 ▽政府によると、自治権停止を可能にする憲法第155条を発動させるための閣議をスタートさせるとのこと。カタルーニャ州政府が独立宣言をしたのかどうかを明確にすることを求めていたが、回答期限までに返答がなかったための措置とのことだ。 ▽カタルーニャ州のカルレス・プッチダモン州首相は、スペイン政府が「抑圧を続ける」ならば、10月1日の独立に関する住民投票の結果に基づき、独立宣言の採決を行うことを発表していた。なお、自治権の停止は、人々の不安を呼び起こすと危惧されている。 ▽スペイン政府はこの件に対し、「カタルーニャ州政府の合法性を取り戻すため、憲法155条に記載されている手続きを行う」と声明を発表している。 ▽憲法155条とは、危機が起こった際に、スペイン政府が直接統治ができると定められたもの。スペインでの独裁政権を築いたフランシスコ・フランコ将軍の死から3年後の1978年に、民主制への以降のために施行されている。 ▽カタルーニャ州の代表的なクラブといえば、リーガエスパニョーラをリードするクラブの1つであるバルセロナ、その他エスパニョール、ジローナが1部に所属している。スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は、「独立した場合のリーグ参加は認めない」としていただけに、自治権停止に対してカタルーニャ州政府の対応が気になるところだ。 2017.10.19 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサSD、ケイン&エリクセンをチェック

▽バルセロナがトッテナムのキープレーヤー2名の動向を注視していることが判明した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽その2名とは、イングランド代表FWハリー・ケイン(24)と、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(25)。2名はそれぞれトッテナムでスコアラー、プレーメーカーとして不動の地位を確立するなど、近年のチームを象徴するプレーヤーだ。 ▽バルセロナでスポーツディレクター(SD)を務めるロベルト・フェルナンデス氏は、17日にサンチャゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節のレアル・マドリーvsトッテナムを現地観戦。ケインとエリクセンを視察したという。 ▽だが、フェルナンデス氏が最も注目していたのは、トッテナムの創造者であるエリクセン。来冬の獲得挑戦が囁かれるリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに代わる選手として、デンマーク人プレーメーカーを追跡しているとのことだ。 2017.10.19 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

神の手ゴール狙ったピケ退場のバルサ、メッシの1G1Aなどでオリンピアコスに快勝! メッシは欧州カップ戦通算100G達成《CL》

▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でオリンピアコスをホームに迎え、3-1で快勝した。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を1-0と辛勝して2連勝スタートとしたバルセロナは、直近の1-1と引き分けたアトレティコ・マドリー戦のスタメンから4選手を変更。ラキティッチやジョルディ・アルバらに代えてパウリーニョやセルジ・ロベルトらを起用した。 ▽2連敗スタートとなったオリンピアコスに対し、デウロフェウを右ウイングに配す[4-3-3]で臨んだバルセロナは、開始5分に決定機。右CKをユムティティがヘッドで逸らし、ファーサイドのスアレスがボレー。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽その後も敵陣でプレーし続けたバルセロナは、18分に先制する。ブスケッツの浮き球パスをボックス右のデウロフェウがダイレクトで折り返し、クリアにかかったDFのオウンゴールを誘発した。 ▽さらに24分、イニエスタの浮き球フィードに反応したボックス中央のパウリーニョがヘディングシュート。しかし、バーを直撃してしまう。さらに33分、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスがGKと一対一となるも、止められてしまった。 ▽突き放せないバルセロナは、42分にアクシデント。デウロフェウのクロスに詰めたピケが思わず手でゴールに入れてしまう。すると、主審はこのプレーを見逃さずにピケにイエローカードを提示。2枚目のイエローカードを受けたピケは退場に追い込まれてしまった。 ▽後半からデウロフェウに代えてマスチェラーノをバックラインに投入したバルセロナは[4-3-2]で対応。10人でも悠然とポゼッションを高めるバルセロナは61分、ペナルティアーク左で得たFKをメッシがゴール左に決めて突き放した。 ▽メッシの欧州カップ戦通算100ゴール(CLで97G、UEFAスーパーカップで3G)でリードを広げたバルセロナは、続く64分にメッシのお膳立てから決定的な3点目を奪いきる。ボックス右深くで仕掛けたメッシがゴールライン際から折り返すと、ボックス左のディーニュが受けてゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽終盤にかけても余裕のバルセロナは終了間際に1点を返されるも、3-1で快勝。3連勝で首位をキープしている。 2017.10.19 05:56 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、バルベルデ政権下で失点数を減らす...3冠達成時の記録を超えられるか

今夏指揮官に就任したエルネスト・バルベルデ監督はバルセロナに多くの変化をもたらした。そのひとつが、守備力の向上だ。<br><br>18日のチャンピオンズリーグ・グループD第3節、本拠地カンプ・ノウにオリンピアコスを迎えるバルセロナ。この試合でクリーンシートを達成すると、今季の公式戦11試合における失点数は3失点になる。<br><br>これはチャンピオンズカップがチャンピオンズリーグへと変更になった1992年以降、最高の数字となる。2014-15シーズン、ルイス・エンリケ前監督の下で3冠を達成したバルセロナは序盤戦11試合で4失点を喫した。その記録を破る目前に迫っている。<br><br>GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、この状況に「バルベルデはほかの監督とは異なるアプローチをしている。彼をサポートしなければいけない」と指揮官を称賛している。さらに、ドイツ人守護神は次のように続けた。<br><br>「バルベルデは新しいアイデアを持っている。選手たちにそのコンセプトをしっかりと吸収させようと考えているんだ。(昨シーズン以上に)バルセロナに多くの選択肢を与えてくれていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 08:19 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース