鹿屋体育大学のユニバーシアード日本代表MF松田天馬が湘南に来季加入内定!今季は特別指定選手として登録 2017.07.28 14:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南ベルマーレは28日、鹿屋体育大学のMF松田天馬(22)の来季加入内定を発表した。また、26日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことも発表し、今シーズンからプレーすることが可能となる。

▽熊本県出身の松田は、東福岡高校から鹿屋体育大学へ進学。その後は、全日本大学選抜にも選ばれ続け、8月に台北で行われる第29回ユニバーシアード競技大会に臨む、ユニバーシアード日本代表にも選出されている。

▽また、湘南は松田のプレーの特徴を「豊富な運動量でボールに多く関わり、正確なパス、ドリブルで攻撃にリズムを与える」選手だと紹介している。同選手はクラブを通じて以下のようにコメントしている。

「2018シーズンより湘南ベルマーレに加入することとなりました松田天馬です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手という職業を、このような素晴らしいチームでスタートできることを大変嬉しく思っています。このチームの勝利に貢献できるよう、全力で戦っていきます。これまで自分のサッカー人生に携わっていただいた指導者の方々や仲間、そしてここまで育ててくれた両親には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも感謝の気持ちを忘れず精進してまいりますので、応援宜しくお願いします」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

高橋諒がJ1初ゴールも湘南vs鳥栖は痛み分けのドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が18日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昇格組ながら一桁順位も狙える12位で中断期間に入った湘南と、自動降格圏内の17位と苦しんだ中で中断期間に入った鳥栖による中断明けの重要な初戦。イ・ジョンヒョプ、アレン・ステバノヴィッチと外国籍のアタッカーを欠く湘南は菊地と梅崎を前線で起用したほか、齊藤や金子と若手をピッチに送り出した。 ▽一方、今夏元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得を発表するなど、積極補強で巻き返しを図る鳥栖だが、今節まではトーレスら新戦力を起用することができないため、ケガのイバルボの不在も伴い池田と小野を2トップで起用した。 ▽立ち上がりからハードワークと攻守の切り替えを強調する両チームの特徴が出る試合展開に。序盤にペースを握った鳥栖は福田、原川のシュートでフィニッシュまで持ち込むが、相手に脅威を与えるまでには至らず。 ▽一方、時間の経過と共にサイドを起点にカウンターを仕掛ける湘南は前線での収まりを欠くものの、31分に菊地がシュートを放つなど徐々に反撃に打って出る。その後は互いにロングボールが目立つクローズな展開の中、鳥栖が波状攻撃からゴールネットを揺らす場面も作るが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりにいきなり動く。48分、右サイドを攻め上がった坂のクロスに対して、味方がニアに走り込んでDFを引っ張ると、後方から飛び込んだ高橋諒が巧みな右足のヒールシュートで合わせ、J1初ゴールを記録した。 ▽先制を許した鳥栖だが、失点直後にはロングスルーパスに抜け出した福田がゴール右でGKと一対一になるが、ここは相手GK秋元のビッグセーブに阻まれる。その後、高橋義を下げて田川、小林に代えて安在をピッチに送り出すと、田川の縦への仕掛けと安在の精度の高いクロスから決定機を作り出していく。 ▽すると81分、押し込んだ鳥栖がボックス手前左でパスを受けた吉田がグラウンダーで鋭いクロスを入れると、ニアで相手DFに当たってコースが変わったボールがゴールネットに吸い込まれ、土壇場で同点ゴールが生まれた。 ▽残り10分あまりで1-1の振り出しに戻った試合はここからさらにヒートアップを見せたが、互いに集中した相手の守備をこじ開ける力は残っておらず、このままタイムアップ。互いにハードワークという持ち味を出し切った一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.07.18 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸っ子の小川慶治朗、湘南に期限付き移籍

▽湘南ベルマーレは8日、ヴィッセル神戸に所属するFW小川慶治朗(25)の期限付き移籍加入を発表した。期間は今シーズン終了まで。背番号は「50」に決定している。なお、同期間中、神戸との全公式戦に出場することができない。 ▽神戸下部組織出身の小川は、日本代表FW宇佐美貴史らと同じプラチナ世代のアタッカーで、2010年にトップチーム昇格。有望株として期待を集めたが、今シーズンは明治安田生命J1リーグ5試合の出場にとどまるなど出番を減らした。 ▽シーズン途中で湘南に活躍の場を求めることになった小川は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「初めまして、この度ヴィッセル神戸より移籍して来ました小川慶治朗です。僕の売りである走力が、湘南ベルマーレの連動した動きにフィットしたときに、チームの躍進につながると確信しています! 早くチームに馴染んでゴールに向かって走り続けますので、応援よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「ヴィッセル神戸ジュニアユース、ユースで育ちプロになり、クニさん(北本選手)の背中を見て育ってきたので、神戸一筋で活躍することは夢の一つでした。プロの世界で成功するため、とても悩みましたが、今回移籍することを決めました。J1のライバルとしてより良い成績をおさめるために頑張ります」 ▽湘南は現在、J1リーグ5勝3分け7敗の12位。11日に行われる次戦、天皇杯3回戦でV・ファーレン長崎と対戦する。 2018.07.08 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島の長身FW山崎凌吾、完全移籍で湘南へ 「1日でも早く湘南スタイルに」

▽湘南ベルマーレは2日、徳島ヴォルティスに所属するFW山崎凌吾(25)の完全移籍加入を発表した。背番号は「38」に決定している。 ▽岡山県出身の山崎は、福岡大学在学中の2013年に特別指定選手としてサガン鳥栖に入団。2015年に鳥栖入りが正式決定すると、翌2016年から徳島に期限付き移籍した。その翌年、徳島に完全移籍加入。同年に身長187cmの大型FWとして明治安田生命J2リーグ40試合5得点を挙げ、今シーズンもここまで18試合3得点を記録した。 ▽シーズン途中で湘南移籍を決断した山崎は両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました山﨑凌吾です。湘南ベルマーレの一員になれたことを本当に嬉しく思います。1日でも早く湘南スタイルに適応し、チームの勝利のために犠牲心を持って精進していきます。これからどうぞよろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「このたび、湘南ベルマーレに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っていますし、本当に悩みました。色々なことを考えた中でこのチャンスに挑戦したいという思いが強く、J1でチャレンジすることを決めました」 「また、再びJ1の舞台でプレー出来るチャンスを頂けたのは徳島ヴォルティスというチームでプレーしていなかったら出来なかったと思っています。それほど、徳島ヴォルティスでは成長させていただきました」 「そして何より、チームがどのような状況でも変わらず応援してくださったファン・サポーターのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。「山﨑チャント」が本当に大好きでした」 「徳島ヴォルティスクラブ関係者、ファン・サポーターの皆さま、監督、スタッフ、選手、徳島ヴォルティスに関わる全ての皆さまに、J1で活躍する姿を見せることが僕にとって出来る恩返しだと思います。2年半という短い期間でしたが、本当にありがとうございました」 2018.07.02 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、中央大学FW大橋祐紀の来季加入内定を発表! 今季は特別指定選手としてプレー

▽湘南ベルマーレは20日、中央大学に所属するFW大橋祐紀(21)の来シーズン加入内定を発表。また、15日付で日本サッカー協会(JFA)から2018年JFA・Jリーグ特別指定選手としての承認を受けたことを発表した。今シーズンの背番号は「37」。 ▽大橋は八千代高校から中央大学に進学。2018年には全日本大学選抜にも選出された。クラブ公式サイトでは同選手の特徴を「スピードを生かした動き出しや積極的なシュートで常に得点機会に関わり、また前線での献身的なプレーも厭わない」と説明している。 ▽来シーズンの加入が内定し、今シーズンは特別指定選手としてプレーすることになった大橋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季から湘南ベルマーレに加入することとなりました大橋祐紀です。これからとても素晴らしいクラブでプレーできることを心より嬉しく思います。また今季も特別指定選手としてプレーする機会をいただけたので、プロの一員としての意識を強く持ち、いち早くチームの勝利に貢献していきたいです。これまで自分に関わり、そして支えてくださった方々へ感謝の気持ちを忘れず、ひたむきに努力し、成長していきたいと思います」 2018.06.20 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、ルヴァン杯鳥栖戦でA契約選手を4名しか起用せず規約違反

▽Jリーグは12日、Jリーグ規約第42条「最強のチームによる試合参加」違反における湘南ベルマーレの処分を発表した。 ▽4月18日にYBCルヴァンカップ第4節のサガン鳥栖vs湘南ベルマーレがベストアメニティスタジアムで開催された。この際に湘南はスタメンにプロA契約選手が4名しか含まれておらずJリーグ規約第42条に定められている「最強のチームによる試合参加」の補足基準を満たしていなかったことが発覚。これによりけん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金600万円を科すことを伝えた。制裁の理由については以下の通り。 「過去にも他クラブにて同様の違反があった際、再三にわたり各クラブに対し注意喚起しているにも関わらず、クラブ職員による先発メンバーの基準該当の有無の確認措置を採らず、今回のような事態となったことは非常に遺憾であり、湘南ベルマーレの責任は看過できない」 「一方で、Jリーグはルヴァンカップを若手選手の出場機会創出と捉え、2017シーズンより、21歳以下選手を1名以上先発出場させるレギュレーションを新設し、2018シーズンも継続している。その状況下、 湘南ベルマーレは、積極的に若手選手を育成すべく、本試合において21歳以下の選手3名を先発(3名を控え選手)としてベンチ入りさせたことで結果的に第42条補足基準を満たすことができなかったが、若手選手を積極起用しようとした同クラブの方針は酌量すべき事情と考える」 「上記より、過去の違反事例に倣えば1,000万円を相当とするところ、過去の事例以後に上記に記載の方針が打ち出され、湘南ベルマーレがその方針を遵守しようとする余り、本件違反にいたった事情を考慮して600万円の制裁金を科すのが相当と考える」 ▽また今回の件について湘南の代表取締役社長を務める水谷尚人氏は、以下のようにコメントしている。 「この度は、ヤマザキビスケット株式会社様はじめ、サポーターの皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。Jリーグの若い選手をもっと育てていくという意向に深く、強く共感している中、一方で守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました。今後同じ間違いを起こさぬようにクラブ一同、襟を正して日々の仕事に取り組みます。今後ともご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします」 ▽なお、株式会社湘南ベルマーレにおける処分については、以下の通り。 ◆代表取締役会長 眞壁潔 下記、代表取締役社長水谷尚人と同額を一般社団法人Ring Smileに寄付 ◆代表取締役社長 水谷尚人 減給(月給5% 1カ月) 2018.06.13 13:38 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース