ミランが新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでクラヨーヴァ(ルーマニア)とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むミランは、22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルン戦と同じスタメンを起用。GKにドンナルンマ、最終ラインは右からアバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲスが並んだ。中盤はケシエ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラの3人が務め、3トップにはニアン、クトローネ、ボリーニが起用された。

▽久々の公式戦のためか重たい立ち上がりとなったミランは20分、右サイドからカットインしたニアンがボックス手前からミドルシュート。相手DFの股を抜いたシュートが枠を捉えるも、GKカランチェアが正面でキャッチ。

▽ファーストシュートに20分を要したミランは、直後にクラヨーヴァの反撃を受ける。23分、バルツァのスルーパスに反応したミトリツァが、ペナルティアーク内まで持ち込みシュート。しかし、これはGKドンナルンマのファインセーブでピンチを凌いだ。

▽ハーフタイムにかけてはミランが地力の差を見せ、ボールを支配する。すると44分、ボックス右付近でボリーニがバンクに倒されFKを獲得。このFKをリカルド・ロドリゲスが直接ゴール左隅に突き刺し、ミランが待望の先制点を奪った。

▽迎えた後半、最初のチャンスはリードするミランに生まれる。50分、ボックス左深くまで持ち上がったニアンがシュートを放つが、これはGKカランチェアの好セーブに防がれた。

▽後半もポゼッションで相手を上回るミランは、73分にアバーテを下げてアンドレア・コンティを投入。さらに81分には、クトローネ下げてアントンネッリをピッチに送り出した。しかし、その後はゴール手前での連係ミスやパスミスで決定機を作り出せない。

▽疲れの見え始めた試合終盤には、クラヨーヴァに危険な場面を作られたが集中した守りでこれを弾き返し、1-0のまま試合終了。

▽新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で逃げ切ったミランが、敵地で先勝を飾った。なお、2ndレグは8月3日にミランの本拠地サン・シーロで行われる。

クラヨーヴァ 0-1 ミラン
【ミラン】
リカルド・ロドリゲス(前44)

コメント

関連ニュース

thumb

元ミランSD、昨夏の取引を後悔「ドンナルンマ兄弟をセットで獲るべきでなかった」

7月までミランのSD(スポーツディレクター)を務めていたマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、イタリアメディア『7ゴールド』のインタビューに応じ、ミランの移籍市場について語った。<br><br>ミラベッリ氏は昨年4月、リー・ヨンホン氏率いる中国グループの下でミランのSDに就任。在任中の昨夏には、DFレオナルド・ボヌッチの電撃移籍を実現させるなど大型補強を敢行し、注目を集めた。元ミランSDはまず、わずか1年3カ月で幕を閉じた前体制を振り返った。<br><br>「リー氏の退陣は奇妙だったし、ミランが買収されてから、これほど短期間で譲渡されたのも同様に奇妙だった。コミュニケーションが取れず、私もオーナーのことはほとんど知らなかった。だが送金は最後の1回を除いて常に届いていた」<br><br>■ボヌッチのユーヴェ復帰に愕然続いてミラベッリ氏は、2017年の移籍市場について言及。当時、ミラン移籍の可能性が報じられていた下部組織出身のFWピエール・エメリク・オーバメヤンや、自身がユヴェントスから引き抜いたものの1シーズンで古巣へ戻ったボヌッチについて語った。<br><br>「オーバメヤンのことは悔やんでいる。彼なら我々の力になってくれたはずだ。ボヌッチについて正直に言うと、彼はミランでキャリアを終えるだろうと思っていた。我々はそのために移籍を実現させたんだ。私が去ってから、何が起こったのかは分からない。我々の下では、彼は王者として相応しい振る舞いをしていた。練習には常に最初に来て、帰るのも最後だったよ」<br><br>■ライオラ&ドンナルンマ兄弟との取引は&hellip;またミラベッリ氏は昨夏、GKジャンルイジ・ドンナルンマの契約延長と合わせて、兄であるGKアントニオ・ドンナルンマを獲得したことを後悔している。<br><br>「ジージョには破格の年俸を設定することになったが、ご存知のように一筋縄にはいかない代理人(ミーノ・ライオラ氏)が相手だったので、我々の敗北とも言えないだろう。手数料は省いてもらえたしね。ただ過去に戻れるとしたら、ドンナルンマ兄弟を2人とも獲得することはしないだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦急きょ出場回避のヴェシーノ、今週末ミラノ・ダービー出場可能か

▽インテルに所属するウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノにミラノ・ダービー出場の可能性が浮上した。 ▽今シーズンもここまで公式戦9試合(1得点2アシスト)に出場するなど、インテルで主力として活躍を続けるヴェシーノ。今月の代表ウィークにアジア遠征に臨むウルグアイ代表にも選ばれ、12日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(1-2でウルグアイ代表が敗戦)にスタメン出場した。 ▽そのヴェシーノは、16日に埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦(3-4でウルグアイ代表が敗戦)に向けた先発メンバー入りを果たしたものの、直前のウォームアップ中に右ハムストリングを負傷。急きょ先発メンバーから外れている。 ▽だが、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ヴェシーノの負傷程度は深刻なものではなく、先発から外れたのも大事をとってのことだった様子。ミラノに戻り次第、検査を受ける予定だが、21日に行われるセリエA第9節のミラン戦に出場できる見込みだという。 2018.10.17 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミラン獲得合意のパケタを強奪か

▽レアル・マドリーが、フラメンゴに所属するブラジル代表ルーカス・パケタ(21)の獲得を諦めていないようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽多くのビッククラブから関心が寄せられていたパケタ。しかし、11日にミランのスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、「フラメンゴとの基本的な合意に達している」と発言し、ミラン行きが確定的となった。また、公式発表はないものの、既報によると移籍金3500万ユーロ(約45億円)での合意となったようだ。 ▽しかし、関心を示していたマドリーはパケタ獲得を諦めず。ブラジルの同胞であるマルセロやヴィニシウス・ジュニオールが、説得を試みるという。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを本職とするゲームメーカーだ。2016年には、トップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣き、リーグ戦17試合の出場に留まっていたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと躍動中だ。また、9月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合で、ブラジル代表デビューも飾った。 2018.10.17 14:06 Wed
twitterfacebook
thumb

幹部転身目指すカカー氏、ミランのフロント入りを希望「いつかSDとして働きたい」

元ブラジル代表のカカ氏が15日、ミラン公式チャンネル『Milan TV』のインタビューに応じ、自身の将来などについて語った。<br><br>カカ氏は現役時代、2003年から2009年にかけてミランに在籍し、チャンピオンズリーグ制覇など、&ldquo;ロッソネーリ&rdquo;黄金期を支えた。昨年12月にはMLSのオーランド・シティで現役引退を発表したカカ氏。現在は幹部への転身を目指しており、ミランのテクニカルスポーツ部門ゼネラルディレクターを務めるブラジル代表の先輩レオナルド氏から誘いを受けている。<br><br>「レオやパオロ(マルディーニ)と話しをした。友人たちがいるので、最近はミランにより近づけた気がする。だが子供が10歳と7歳なので、今はそばにいてやりたいと思う。スポーツ経営の講座を受講しているので、いつかミランで働くことができることを願っている。役職の希望はSD(スポーツディレクター)だが、現段階では連絡をとっているだけで、具体的な役職も挙がっていない」<br><br>続いてカカ氏は自身の現役時代を振り返りつつ、21日に行われるミラノダービーについて語った。<br><br>「ダービーの雰囲気は唯一無二だよ。同じ街に拠点を置く2クラブが対峙し、特別な試合になる。私はまさにインテル戦においてミランでの初ゴールを決めることができたので、本当にラッキーだった。私にとって得意技とは言えないヘディングだったのだがね。ダービーは常に多くのものを与えてくれる。誰もが心待ちにしている試合だ。(ゴンサロ)イグアインと(マウロ)イカルディの対決だけではなく、ミラン対インテルの戦いだ。両エースが試合を決める可能性はあるが、ダービーはどちらも負けられない2チームの戦いになる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.16 18:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、昨季ブレイクのイタリア代表FWクトローネと2023年まで契約延長!

▽ミランはイタリア代表FWパトリック・クトローネ(20)との契約を2023年6月30日まで延長した。公式サイトでの発表は行われていないものの、クラブの財務諸表によって明らかになった。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身のクトローネは、2017年1月にトップチーム昇格。昇格当初は出場機会に恵まれなかったが、昨シーズンはセリエAで28試合に出場し10ゴールをマーク。 ▽今夏の移籍市場では、ドルトムントが関心を示していたが、クトローネ本人の希望によりミランに残留。今シーズンは、ここまでセリエAで5試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽また、各年代のイタリア代表に選出されてきたクトローネは、今年8月にA代表デビュー。10月開催の国際親善試合とUEFAネーションズリーグに臨むイタリア代表にも選出されていたが、足首のケガのため招集を辞退していた。 2018.10.16 13:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース