ミランが新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでクラヨーヴァ(ルーマニア)とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むミランは、22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルン戦と同じスタメンを起用。GKにドンナルンマ、最終ラインは右からアバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲスが並んだ。中盤はケシエ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラの3人が務め、3トップにはニアン、クトローネ、ボリーニが起用された。

▽久々の公式戦のためか重たい立ち上がりとなったミランは20分、右サイドからカットインしたニアンがボックス手前からミドルシュート。相手DFの股を抜いたシュートが枠を捉えるも、GKカランチェアが正面でキャッチ。

▽ファーストシュートに20分を要したミランは、直後にクラヨーヴァの反撃を受ける。23分、バルツァのスルーパスに反応したミトリツァが、ペナルティアーク内まで持ち込みシュート。しかし、これはGKドンナルンマのファインセーブでピンチを凌いだ。

▽ハーフタイムにかけてはミランが地力の差を見せ、ボールを支配する。すると44分、ボックス右付近でボリーニがバンクに倒されFKを獲得。このFKをリカルド・ロドリゲスが直接ゴール左隅に突き刺し、ミランが待望の先制点を奪った。

▽迎えた後半、最初のチャンスはリードするミランに生まれる。50分、ボックス左深くまで持ち上がったニアンがシュートを放つが、これはGKカランチェアの好セーブに防がれた。

▽後半もポゼッションで相手を上回るミランは、73分にアバーテを下げてアンドレア・コンティを投入。さらに81分には、クトローネ下げてアントンネッリをピッチに送り出した。しかし、その後はゴール手前での連係ミスやパスミスで決定機を作り出せない。

▽疲れの見え始めた試合終盤には、クラヨーヴァに危険な場面を作られたが集中した守りでこれを弾き返し、1-0のまま試合終了。

▽新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で逃げ切ったミランが、敵地で先勝を飾った。なお、2ndレグは8月3日にミランの本拠地サン・シーロで行われる。

クラヨーヴァ 0-1 ミラン
【ミラン】
リカルド・ロドリゲス(前44)

コメント

関連ニュース

thumb

マイアミ指揮官を退任のエレガントDFネスタ、行き先は… 「新たな挑戦の準備ができている」

▽元イタリア代表DFのアレッサンドロ・ネスタ監督(41)が、北米サッカーリーグ(NASL)所属のマイアミFC指揮官を退任することになった。自身のインスタグラムで別れの言葉を述べている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽20代前半でラツィオのキャプテンとして活躍し、クラブの財政難によって2002年夏にミランに移籍したネスタ監督は、2003-04シーズンと2010-11シーズンのセリエA制覇や、2002-03シーズンと2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ優勝など数々のタイトル獲得に貢献。2012年5月にモントリオール・インパクトに移籍し、2013年11月に現役引退を発表した。そして、2016シーズンからはマイアミFCで監督キャリアをスタートさせていた。 ▽現役時代、華麗なインターセプトやカバーリング、足元の技術を兼ね備えてDFながらも“エレガント”と評されていたネスタ監督は、インスタグラムで以下のように記している。 「私のマイアミFCでの旅は終わりを迎えた。アメージングで挑戦の2年間だった」 「みんなに感謝したい。選手たちのことも忘れない。一緒に過ごした時間で多くのことを学ばせてもらった。次のシーズンでも幸運を祈る。私自身は新たなチャレンジの準備ができている」 ▽なお、ネスタの「新しい挑戦」はイタリアでの仕事となりそうとのことだ。ワールドカップ予選敗退により変化の時を迎えているイタリア代表との関連も示唆されているが…? 2017.11.18 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】首位キープか、モンテッラ体制継続か《ナポリvsミラン》

▽セリエA第13節、ナポリvsミランが日本時間18日の28:45にサン・パオロでキックオフされる。首位を走るナポリと、首の皮一枚でモンテッラ監督の続投が続いているミランによる一戦だ。 ▽前節キエーボ戦を直前のマンチェスター・シティ戦の敗戦と、グラムの負傷離脱が響いて痛恨のゴールレスドローで終えた首位ナポリ(勝ち点32)。そのナポリは火曜日に生き残りを懸けたCLのシャフタール戦を控える中、ミランとのビッグマッチで首位キープのための勝利を取り戻しにかかる。 ▽対する7位ミラン(勝ち点19)は前節サッスオーロ戦をスソのファインゴールなどもあって2-0と快勝し、公式戦3試合ぶりの勝利を飾った。何とかモンテッラ監督の首がつながった中、首位に立つナポリ相手に説得力のある戦いを見せられるか。ここで敗れるようだと解任報道が再燃しかねない。 ◆ナポリ◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ナポリ予想スタメン GK:レイナ DF:ヒサイ、アルビオル、クリバリ、マリオ・ルイ MF:アラン、ジョルジーニョ、ハムシク FW:カジェホン、メルテンス、インシーニェ 負傷者:DFグラム、FWミリク 出場停止者:なし ▽負傷者は長期離脱となっているグラムとミリクの両選手。グラムの代役にはマリオ・ルイが起用されるものと思われる。 ◆ミラン◆ 【3-4-2-1】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ミラン予想スタメン GK:ドンナルンマ DF:ムサッキオ、ボヌッチ、ロマニョーリ MF:ボリーニ、ケシエ、ビリア、リカルド・ロドリゲス MF:スソ、ボナヴェントゥーラ FW:カリニッチ 負傷者:DFコンティ、DFカラブリア、MFチャルハノール 出場停止者:なし ▽負傷者はカラブリアとチャルハノール、長期離脱しているコンティの3選手。一方でビリアとボナヴェントゥーラが戦列に復帰している。システムは[3-4-2-1]を継続するものと思われる。 ★注目選手 ◆ナポリ:FWロレンツォ・インシーニェ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽イタリア屈指のタレントながら、ヴェントゥーラ監督との戦術に合わず、スウェーデンとのプレーオフ2戦で1stレグのわずか15分の出場時間しか与えらず、ワールドカップ行きを逃がしたインシーニェに注目したい。プレー時間すら与えてもらえずに悔しい思いをした鬱憤を、ミラン相手にぶつけられるか。 ◆ミラン:DFレオナルド・ボヌッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、ミランの注目選手にはボヌッチを挙げたい。こちらもイタリア代表の一員としてスウェーデンとのプレーオフを戦ったが、2戦ともにフル出場した末に悔しい結果に終わった。2ndレグでは鼻骨骨折をカバーするフェイスガードをしての強行出場となったものの、結果には結びつかなかった。ミランでも思うようなパフォーマンスができずに苦しい状況が続くが、リーグ最強の攻撃陣を封じ込め、モンテッラ監督の首をつなげたい。 2017.11.18 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ戦控えるミラン、チャルハノールOUTでボナヴェントゥーラIN

▽18日にセリエAで首位に立つナポリとの試合を控えるミランだが、トルコ代表MFハカン・チャルハノールが欠場するようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じている。 ▽同メディアによればチャルハノールはフィジカルに多少の問題を抱え、欠場が決まったとのことだ。今季、レバークーゼンから加入し、10番を背負うチャルハノールは、セリエAで8試合に先発。ここ3試合は[3-4-2-1]の2シャドーの位置で存在感を示し始め、1ゴール1アシストを記録していた。 ▽一方でヒザの負傷により3週間戦列を離れていたイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラが復帰し、ナポリ戦に間に合うとのことだ。ボナヴェントゥーラは今季ここまでセリエAで7試合に出場して1アシストを記録している。 2017.11.18 02:17 Sat
twitterfacebook
thumb

過去を振り返るカカ「マドリーでは全てが極端に」「C・ロナウドとメッシの次のバロンドールは…」

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカが、古巣であるミランやレアル・マドリーでの思い出、バロンドールへの思い入れを語った。スペイン『アス』が伝えた。 ▽カカは、2007年に当時所属していたミランでバロンドール、欧州最優秀選手賞といった個人賞をダブル受賞。名実ともに世界最高の選手に輝いた。 「チームスポーツでその個人賞(バロンドール)を獲得するのは素晴らしいことだ。誰もが可能であれば言いたいことは“自分は最高だ”という言葉。僕は良いレベルで調子を維持しようとしたし、チームとして成し遂げたことに対する賞であると分かった。ミラノで獲得してきたものに対して、そのときチームメイトにはいつも感謝しているよ」 ▽また、近年ではカカが受賞した2008年から現在まで、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、バロンドール(一部FIFAバロンドール)の栄誉を二分。カカは、両者の次に誰が同賞を受賞することになるか予想した。 「フットボールは科学のように明らかにはならない。だから、今後何が起こるか述べることは難しい。でも、クリスティアーノ(・ロナウド)と(リオネル・)メッシの次にバロンドールを勝ち取るのはネイマールだろうね」 ▽カカは、2009年夏から2013年夏までの4年の間、マドリーに在籍。しかし、世界最高の選手として入団しながらも度重なる負傷などに悩まされ、ついには完全なレギュラーとして定着することが叶わないまま、退団を選択することとなった。 「レアル・マドリーでは、全てが極端になるんだ。良ければより良い方に、悪ければより悪い方にね。だから、プレスやファンが様々な(考えを持った)生き方をしていて、それに適応しなければならない。レアル・マドリーにいる、ということはプレーヤーにとって驚くべき体験だ。僕はそこで成熟することができたよ。主に人間としてね」 2017.11.14 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランSD、日本vsブラジルを視察…お目当ての選手は?

ミランのマッシミリアーノ・ミラベッリSD(スポーツディレクター)が10日に行われた日本代表vsブラジル代表を視察していたと、イタリア紙『ラ・スタンパ』が伝えている。<br><br>ミランは今夏、2億ユーロ(約267億円)を超える資金を投じて大型補強を行ったものの、セリエA第12節を終えて6勝5敗1分と低迷。順位表においても、チャンピオンズリーグおよびヨーロッパリーグ出場圏外となる7位と大きく出遅れている。<br><br>今夏に獲得した元ユベントスのDFレオナルド・ボヌッチやポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、トルコ代表MFハカン・チャルハノールらが適応に苦しむ中、ミラベッリSDは既に冬の移籍市場を見据えて始動している。同SDはヨーロッパ視察を行い、9日から10日にかけて2日間で3試合に足を運んだ。U-21欧州選手権ベルギー対キプロス戦のほか、日本対ブラジル戦(1-3)、ベルギー代表vsメキシコ代表(3-3)を視察した。「はっきりした目的はなかった」と報じられているものの、ミランはアンデルレヒトに所属するベルギー代表の22歳MFレアンデル・デンドンケルをリストアップしている模様だ。<br><br>一方、『コリエレ・デロ・スポルト』は、日本対ブラジル戦においてモナコのDFジェメルソンおよびフェネルバフチェのMFジュリアーノをチェックしたと伝えている。どうやら6月にミランを退団したMF本田圭佑の後継者探しではなかったようだが、果たしてミランSDの目に留まった日本人選手はいたのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.11.13 15:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース