ミランが新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでクラヨーヴァ(ルーマニア)とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むミランは、22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルン戦と同じスタメンを起用。GKにドンナルンマ、最終ラインは右からアバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲスが並んだ。中盤はケシエ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラの3人が務め、3トップにはニアン、クトローネ、ボリーニが起用された。

▽久々の公式戦のためか重たい立ち上がりとなったミランは20分、右サイドからカットインしたニアンがボックス手前からミドルシュート。相手DFの股を抜いたシュートが枠を捉えるも、GKカランチェアが正面でキャッチ。

▽ファーストシュートに20分を要したミランは、直後にクラヨーヴァの反撃を受ける。23分、バルツァのスルーパスに反応したミトリツァが、ペナルティアーク内まで持ち込みシュート。しかし、これはGKドンナルンマのファインセーブでピンチを凌いだ。

▽ハーフタイムにかけてはミランが地力の差を見せ、ボールを支配する。すると44分、ボックス右付近でボリーニがバンクに倒されFKを獲得。このFKをリカルド・ロドリゲスが直接ゴール左隅に突き刺し、ミランが待望の先制点を奪った。

▽迎えた後半、最初のチャンスはリードするミランに生まれる。50分、ボックス左深くまで持ち上がったニアンがシュートを放つが、これはGKカランチェアの好セーブに防がれた。

▽後半もポゼッションで相手を上回るミランは、73分にアバーテを下げてアンドレア・コンティを投入。さらに81分には、クトローネ下げてアントンネッリをピッチに送り出した。しかし、その後はゴール手前での連係ミスやパスミスで決定機を作り出せない。

▽疲れの見え始めた試合終盤には、クラヨーヴァに危険な場面を作られたが集中した守りでこれを弾き返し、1-0のまま試合終了。

▽新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で逃げ切ったミランが、敵地で先勝を飾った。なお、2ndレグは8月3日にミランの本拠地サン・シーロで行われる。

クラヨーヴァ 0-1 ミラン
【ミラン】
リカルド・ロドリゲス(前44)

コメント

関連ニュース

thumb

冷遇受けたモントリーボ、事実上の戦力外か

▽ミランに所属するイタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(33)の移籍が決定的な様相だ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ミランは21日、プレシーズンのアメリカ遠征メンバーを発表。しかし、その名簿の中にモントリーボの名前はなかった。どうやらジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は直接本人に伝えず、チームマネージャーを通して伝達したという。 ▽伝えられるところによれば、ガットゥーゾ監督やクラブ首脳陣は、契約をあと1年残しているモントリーボの今夏退団に容認姿勢であり、そういった背景がやや冷ややかな行動に繋がったとみられる。 ▽モントリーボは2012年夏、フォオレンティーナからミランに加入。2013年から主将を引き受けるなど人望の厚い選手として知られるが、故障癖も散見され、欠場を強いられる試合も少なくなかった。 2018.07.23 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰間近のレオナルド氏、最初の仕事はイグアインの獲得か!?

▽ミランが、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(30)の獲得に興味を示しているようだ。『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽『エリオット・マネジメント』が経営権を獲得したミランは、首脳陣にも新しい風を送りこむために、かつて鹿島アントラーズでもプレーしていた元ブラジル代表のレオナルド氏をテクニカルディレクターとして招へいする予定となっている。 ▽そんな中『スカイスポーツ・イタリア』によれば、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOからテクニカルディレクター就任のお祝いを電話で受けたレオナルド氏は、その際にイグアインについていくつか質問をしたようだ。 ▽現時点でミランは正式なオファーは提出していないが、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチやポルトガル代表FWアンドレ・シウバなどの人員整理が終わり次第、正式オファーに乗り出す可能性もある。 2018.07.23 05:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&代理人がミラン移籍報道を徹底否定

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)の代理人が、ミラン移籍の噂を断固否定した。スペイン『アス』が報じている。 ▽イタリア『スカイ』が先日に伝えたところでは、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行ったという。具体的な契約内容まで約束され、ミラン側が1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意するまでに至ったとされていた。 ▽上記の内容は、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏からの情報を基にしたものだ。高い信憑性を誇ることで知られる同氏だが、今回ばかりは当てを外したかもしれない。ベンゼマの代理人であるカリム・ジャジリ氏が、自身のツイッターアカウント(@KDjaziri)を通じて以下のように否定した。 「ディ・マルツィオはピエロだ。自分の名声を高めるための戯言だし、本当に笑わせてくれる」 ▽また、ベンゼマ本人も自身のインスタグラム(karimbenzema)を更新し、激しく否定している。 「ディ・マルツィオ、君は新しい仕事を探す必要があるみたいだ。#嘘つき」 ▽なお、現在では両投稿ともに削除済みだ。『アス』は、これらのベンゼマに関する噂はマドリーのフレン・ロペテギ監督が最終的な決断を下すまで続くだろう、伝えている。 2018.07.22 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、まさかの"オペレーション・レイナ"?!

▽チェルシーが、ミランのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)の獲得に興味を持っているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽チェルシーは現在、ベルギー代表GKティボー・クルトワに代わる守護神を模索中だ。同選手はレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高く、代役探しは急務となっている。これまでにはレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや元チェルシーでアーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフ、さらにはマンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハートの名前が噂されてきた。 ▽今回は新たな選択肢としてレイナが浮上。同選手は昨シーズン終了後にナポリとの契約が切れ、今夏フリーでミランに加入したばかり。しかし、『TRANSFERmarketWEB』はチェルシーのマウリツィオ・サッリ新監督が、ナポリ時代の愛弟子であるレイナの獲得を求める可能性があると指摘。移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)程を見込んでいる。 2018.07.21 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

レオナルド氏、ミラン復帰が間近に

▽ミランが元同クラブの選手であるレオナルド氏をフロントに招く可能性が高まっている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽先日、経営権が『エリオット・マネジメント』に移ったミランは、首脳陣にも新しい風を送りこむ予定だ。そこで以前から名前が挙がっているのが、鹿島アントラーズでもプレーしていた元ブラジル代表のレオナルド氏である。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、レオナルド氏のミラン復帰は「間近」。テクニカル部門全体の責任者として招かれると、記事は伝えている。 ▽現役時代にミランで活躍したレオナルド氏は、現役引退後に同クラブで幹部職や監督を務めた。だが、その後、同じミラノを拠点とするライバルクラブのインテルを指揮したことで、一部ミランファンはレオナルド氏の復帰を快く思っていないと言われている。 2018.07.21 22:15 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース