初出場のシュライカー大阪はタイの強豪・チョンブリに敗れベスト8で敗退《AFCフットサルクラブ選手権》2017.07.27 20:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽27日、AFCフットサルクラブ選手権の準々決勝が行われ、チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ)vsシュライカー大阪(日本)は4-2でチョンブリが勝利。大会初出場のシュライカー大阪はベスト8で敗退となった。

▽2016-17シーズンのFリーグを制し、名古屋オーシャンズ以外で初めて同大会に出場したシュライカー大阪。グループステージを2位通過すると、ベスト4進出をかけた戦いはタイの強豪・チョンブリと対戦することとなった。

▽試合は8分、FPシャパが左サイドからドリブルでカットインしミドルシュート。これがFP佐藤亮に当たってコースが変わり、チョンブリが先制。さらに10分には裏を取ったFPサップホーアットがニアサイドを突いて、チョンブリが追加点。さらに、11分にはGK柿原聡一朗が飛び出すと、最後は冷静にFPジラワットが決めて、チョンブリが早々に3点のリードを奪う。

▽前半を無得点で終えたシュライカー大阪だったが、パワープレーで反撃を開始。33分にはパワープレーからFPアルトゥールのパスを受けたFP芝野創太が決めて1点を返す

▽さらに34分には、FPアルトゥールの縦パスを受けたFP佐藤亮が反転シュート。これが決まり1点差に。その後もパワープレーを続けるシュライカー大阪だったが、37分にパワープレーのミスを突かれシャパに追加点を許してしまい万事休す。そのまま試合は終了し、4-2でチョンブリがベスト4進出。大会初出場のシュライカー大阪は敗退となった。

コメント

関連ニュース

thumb

フットサルメディアによる「フットサル大賞2016-2017」が開催! 大賞は大阪のアルトゥールが受賞!

▽日本フットサル最高峰のリーグ「Fリーグ」の開幕から10年が過ぎた今、メディアが選考する、“日本フットサルのバロンドール”が創設された。国内の6つのフットサルメディアが中心となって議論を交わし、国外で活動する日本人を含めて、国内フットサルプレーヤーおよび指導者などを表彰するアワード、「フットサル大賞」を実施。2016-2017シーズンを振り返りながら、最優秀選手賞やベスト5など、あらゆる受賞者が決定した。 ▽Fリーグを頂点にする日本フットサルは、2007年のFリーグ創設から10年が経過した今、まだ“メジャースポーツ”になったとは言えないものの、「するスポーツ」、「観るスポーツ」として、より多くの人の興味や関心を誘い、決して少なくない発展を遂げてきた。 ▽そうした中、特に「観るスポーツ」の観点から、日頃よりフットサルの取材を続けるメディアが、選手、監督のプレーや采配、そしてクラブの活動などを評価し、表彰するアワード、「フットサル大賞」を創設した。そして、審査を担当した国内の6つのフットサルメディアが、2016-2017シーズンを振り返りながら議論を交わし、最優秀選手賞やベスト5など、あらゆる賞の受賞者が決定した。 ▽シーズンを通して、もっとも優れた人物に送られる「マン・オブ・ザ・シーズン」は、満場一致でシュライカー大阪のアルトゥールが受賞。リーグ初制覇、全日本選手権優勝の2冠を達成したクラブにおいて、攻守のキーマンとして長時間ピッチでプレーし、申し分ない結果とインパクトを残した。Fリーグの年間MVPは小曽戸允哉に譲っていたものの、誰の目にも明らかな貢献度が、受賞の決定打となった。 ▽そのほか、単純な結果や成績だけにとらわれず、「なぜ、その賞にふさわしいのか」が徹底的に議論された結果、今回のアワードによって、「ベスト5」、「ブレイク賞」、「ベスト監督賞」、さらに特別賞として、メディアならではの視点が加わった「未来賞」、「広報活動賞」、「がっかり賞」といった賞が決定した。 ▽なお、「フットサル大賞2016-2017」選考審査の詳しい内容は、今後、各メディアでも発信されていく。今回決定した各賞は以下の通り。 ◆<span style="font-weight:700;">フットサル大賞2016-2017</span> 【選考対象期間】 2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金) 【選考対象者】 国外で活動する日本人を含む、国内選手および指導者、スタッフなど 【選考審査参加媒体】 菊地芳樹(ストライカーDX) ※審査委員長 太田武志(フットサルナビ) 河合拓(futsalX) 川嶋正隆(超ワールドサッカー) 軍記ひろし(futsalgraphic) 本田好伸(futsalEDGE) 【表彰】※所属クラブは2016-2017シーズン ◆<span style="font-weight:700;">マン・オブ・ザ・シーズン</span> アルトゥール(シュライカー大阪) ◆<span style="font-weight:700;">ベスト5</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170511_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>アルトゥール(シュライカー大阪) チアゴ(シュライカー大阪) 中井健介(ペスカドーラ町田) 星龍太(名古屋オーシャンズ) 西谷良介(フウガドールすみだ) ◆<span style="font-weight:700;">ベスト監督賞</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170511_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>木暮賢一郎(シュライカー大阪) ◆<span style="font-weight:700;">ブレイク賞</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170511_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>加藤未渚実(シュライカー大阪) ◆<span style="font-weight:700;">特別賞(広報活動賞)</span> 小曽戸允哉(シュライカー大阪) ◆<span style="font-weight:700;">特別賞(未来賞)</span> Fリーグ育成組織の選手 ◆<span style="font-weight:700;">特別賞(がっかり賞)</span> フットサル日本代表 2017.05.11 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2冠達成で引退する大阪のFP奥田亘「最後にピッチに立てたことで何も言うことはない」《第22回全日本フットサル選手権》

▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。 ▽シーズン2冠を達成し、今シーズン限りでの引退するFP奥田亘は試合後、囲み取材に応対。今シーズンと自身の引退後についてコメントしている。 ◆FP奥田亘(シュライカー大阪) ――全て終わって今、どんな気持ちか 「やりきったなという嬉しさとこれで終わってしまう寂しさと一言では言えないような感じですけど、何よりもこのメンバーで優勝できたという嬉しい気持ちが一番強いです」 ――試合後、笑顔で対応していたが 「意識的に泣かないようにしていました(笑) 試合の途中や試合が終わった瞬間とかは泣いてしまうかなと思ったんですけど、試合の前にもスタッフがモチベーションを上げるためのムービーを作ってくれて、ラストの試合というのもそうですし、シュライカーでスタートした時の思い出が出てきて、そういうのがあるとこみ上げるものがありました。控室で感極まってしまったんですけど、その時に小曽戸が『まだ早い。勝って泣いて終わりにしよう』というふうに声をかけられたので、そういう風に思っていたんですけど、一人一人の顔を見ていると抑えきれなくなって最終的に泣いてしまいました」 ――今シーズンは出場機会も少なかった中でこの大会では出場機会があったが 「今大会の準決勝だったり、準々決勝では監督の頭の中にチームが3試合戦い抜くための負荷をかけすぎないことだとか、主力選手を休ませるというのがあって、なかなか出てなかったメンバーがピッチに立つということもあったと思います。そこらへんは、みんな役割がわかった中でやっていたので、ローテーションの中に入っていけないというのは今の自分の実力だと思っています」 「ただ、シーズン終盤にかけて自分のコンディションが上がってきたり、今日自分がピッチに立った中でのコンディションだったり、状態が良かったことを評価してくれて後半は声をかけてくれたと思うので、自分がピッチに出てそれがチームのプラスになるのであれば十分です。それに会場に来れなくても応援してくれている人がいるということはわかっているので、そういった人たちにプレーした姿を見てもらいたかったので、最後にピッチに立てたことで何も言うことはないです」 ――今後について 「シュライカー大阪の下部組織に携わることと個人的にサッカーのチームを立ち上げたりとかしていて、育成年代からフットサルとサッカー両方をできるようにしたいと思っています。どうしても、サッカーだったらサッカーだけ、ちょっとスクールでフットサルとか、フットサルやる人はいますけど、人口は少ないですし、フットサルだけってなってもその子たちが中学生や高校生になったときにトップチームへという一本化がまだまだされていないので、そういったところも含めて進めていけたらいいなと思っています」 「一番は自分たちがやってきたサッカーであったり、フットサルとか関係なく、本当に両方に活かせるものだということを多くの人に知ってもらいたいです。まだ立ち上げて1年ですけど、多くのサッカーの指導者だったり、そういう関係者になった人と直接話をして、興味を持ってもらったりだとか、試合に来てもらったりというのはできているので、そういった活動が、これからどんどん広まっていってほしいなと思います。その中で、サッカー選手を選ぶのか、フットサル選手を選ぶのかというのを自分の意思で選べるような環境を作っていけたらいいなと思っています」 2017.03.20 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2冠達成の大阪主将FP佐藤亮「素晴らしいシーズンを送ったチームが一番相応しい形でシーズンを締めくくれた」《第22回全日本フットサル選手権》

▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。 ▽シーズン2冠を達成した大阪のキャプテンを務めるFP佐藤亮は試合後、囲み取材に応対。2冠達成の今シーズン、そして2冠目となった今回のすみだ戦を振り返った。 ◆FP佐藤亮(シュライカー大阪) ――2冠を達成したことについて 「率直に嬉しいという気持ちが一番ですけど、今大会に関してはリーグを優勝して終わった後、メンタル的な立て直しというか、目標を達成した中でシーズンを最高の形で締めくくろうというメンタルの切り替えが必要になったと思うので、そこの切り替えがうまくできたのではないかなと思います」 「今シーズンで引退する選手の発表があった中で、個人的にもずっとチームを引っ張ってきた村上選手や奥田選手というところは、個人的な感情もありました。リーグ優勝したメンバーでできる最後の大会とわかっていた中だったので、そういう選手の分までというか、そういう素晴らしいシーズンを送ったチームが一番ふさわしい形でシーズンを締めくくれたのは非常に嬉しく思います」 ――村上選手や奥田選手への想いは 「個人的な感情ですけど、試合前から特に村上選手や奥田選手は僕がシュライカー大阪に入団する前からチームを引っ張ってきた選手でしたし、公私ともに一緒に過ごした時間が長かった分、終わった後というのは嬉しい気持ちとこれで終わりなんだなという想いがあふれてきましたけど、一番ふさわしい形でそういう選手たちを送れたというのは嬉しく思います」 ――立ち上がりに2失点した時について 「勢いもありましたし、すみだは会場の後押しもあった中で、少しバタついたというか普段なら無いようなミスが起きたり、そういうことが続いたのでとにかくチームを落ち着かせようと。ここで連続して失点してしまうと、スコア的に追いつくのが苦しくなってくるので、とにかく1回落ち着かせて、自分たちの入りができるようにというところで意識して声をかけました」 ――普段起きないミスとはなにか 「今日の1失点目でいえば、単純なマークミスというか走る選手に対して、ついていけてなかったり、集中力の部分だと思いますけど、2失点目に関してもキーパーもリスクがある中で、その選択をして、普段だったら裏に蹴って、もう一回ディフェンスをしてということが多かったので、プレッシャーだったり、会場の後押しがあったのは間違いないので、そこで自分たちが見失わないように声をかけたりしました」 ――2失点したものの押していたと思うが 「(大阪の1点目)アルトゥールがあそこで決めたのが大きかったと思います。あそこで0-3、0-4ってなってもおかしくないような中で、メンタル的に立て直したということもあると思いますけど、スコアが0-3にならずに1-2にできて、そこからは自分たちの普段やっているフットサルがしっかり出せたと思います」 ――リーグ戦でのすみだとの2戦目(9-2で大阪が勝利)とスコアだけ見ればあまり変わらない気がするが 「こっちがリードを奪ってからは、主導権を握って進められたので、そこに関しては余裕を持ってというよりは、普段の自分たちのフットサルができたんじゃないかなと思います。2失点までに関しては警戒していた部分でやられた失点だったので、会場の雰囲気も含めて、流れもすみだの流れだったと思うので、1点を返せたのが大きいです。体感としてはリードされた時、チームに危機感があったのは事実です」 2017.03.20 22:58 Mon
twitterfacebook
thumb

大会最優秀選手に輝いた大阪のFPアルトゥール「さらに発展していくということが重要」《第22回全日本フットサル選手権》

▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。 ▽4得点を挙げ、大会最優秀選手にも輝いたFPアルトゥールは試合後、記者会見に出席。2冠達成に満足せず、発展していくことが重要だと述べている。また、今シーズン手を焼いたピヴォについてもコメントしている。 ◆アルトゥール選手(シュライカー大阪) ――試合を振り返って 「僕はシュライカー大阪を助けるために、歴史を変えるために、リーグタイトルをとるためにという想いでブラジルからやってきました。なので、嬉しく思います。ただ、助けるためだけではなくて、フットサルというものがもっともっと発展して、プロチームが増えて、強いチームが増えていくというのも自分の役割だと思っています。今日も多くの方が来て、フットサルというスポーツを観て、さらに発展していくということが重要だと思います」 ――2冠を達成したことについて 「2つのタイトルを獲れたということはパーフェクトなシーズンになったと思います。それには厳しいトレーニングを積んできたからこそだと思います。今日のゲームに関しても立ち上がりは0-2になって厳しい状況ではありましたが、一年を通して自分たちがやってきたことを継続してできたからこそだと思います。2つタイトルを獲ることができましたが、歴史を変えることや発展のために来たので、来年はまた最初にオーシャンカップがあり、AFCの大会もあるので、オフシーズンのスタートからしっかりとやっていきたいです」 ――今シーズン、手を焼いたピヴォは 「皆さんが知っている通り、日本で一番のチームは名古屋オーシャンズがありますが、名古屋がファイナルにいないということは、すみだと町田といったチームのレベルが高いということです。素晴らしいチームです」 「個人で言えば森岡薫選手、シンビーニャ選手というのはすごく難しいですし、清水和也選手は若いですし、素晴らしいポテンシャルを持っているなと思います。あとは、昨年までチームメイトだった稲田瑞穂選手と相井忍選手は好きな選手です。セルジーニョ選手も素晴らしいです」 2017.03.20 20:41 Mon
twitterfacebook
thumb

シーズン2冠を達成した大阪の木暮賢一郎監督「自分の選手、スタッフを誇りに思う」《第22回全日本フットサル選手権》

▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。 ▽2012年大会以来となる優勝で、初優勝を飾ったリーグ戦とのシーズン2冠を達成した大阪の木暮賢一郎監督は試合後、記者会見に出席。チームの選手、スタッフに感謝を伝え、フットサルのさらなる発展に意気込んだ。 ◆木暮賢一郎監督(シュライカー大阪) ――試合を振り返って 「全員で一つになってもう一度、リーグを勝ったというところで満足するのではなくて、リーグチャンピオンとしてタイトルを目指そうということでここまできました。今日も苦しいゲームでしたけど、目標を達成できて、自分の選手、スタッフというのを誇りに思います」 ――2点先取されてからのタイムアウトではどのように修正を図ったか 「相手のストロングポイントである勢いやアウェイな雰囲気というのを跳ね除けようと話をしていましたが、自分たちのエラーもあり、状況的にはフウガの勢いを出させてしまうような状態になってしまったのは想定外でもあります。苦しんだことは事実なので、直感的にタイムアウトを取りました」 「選手たちには『まだ37分ある』ということや『これだけのお客さんが来ていて決勝でこのあと0-3、0-4という恥ずかしい試合はできない。苦しいけどリセットして新しいゲームをしよう』という話をしました」 「あとはアルトゥールとチアゴのラインを切ってくるというのはリーグ終盤から他のチーム含めて対策しているなというのはありましたし、トレーニングの中から新しいパターンを作ってきました。一番心配したのはこういう雰囲気にのまれることでした」 ――2冠を達成したことについて 「タイトルを2つ獲るということは、なかなかできることではないので、選手たちが自分の厳しい要求であったり、個人やグループとしても1シーズンの長い戦いの中で良い時もあれば、悪い時もあったと思います。いろいろな感情がある中で、チームが勝つために、結果を出すためにというところを全員が実践してくれたからこその結果だと思います。スタッフの方も多くの時間を割いて選手のために仕事をしてくれてますので、本当に選手とスタッフ、サポーターの方もそうですが、まずは近いところの選手とスタッフの皆さんにありがとう、おめでとう、お疲れ様と言いたいです」 ――歴史を変えるという目標を達成したが、次の目標は 「目標というのは常にクリアすれば次の目標を設定するというのは選手であっても監督であっても、常にうまくなりたい、チームを良くしたいという欲求がないとレベルは上がらないですし、そういうモチベーションを与えていかないと、チームというのはマンネリ化したりしてしまいます。3年かけて大きな大きな目標を達成できましたけど、何のために歴史を変えたいと思ってやってきたこというと、アルトゥール選手が言ったように、そこで終わりではなく、素晴らしいことを成し遂げた先にまた新しいフットサルの発展であったり、シュライカー大阪の環境面の向上であったり、自分たちだけでなく他のチームが力を入れてもっともっと強いチームが出てくるとかというフットサル界全体を、メディアのみなさんを含めて良い影響があると信じてやっていきたいなと思います」 「自分たちも含めて、この先どう変わっていくか期待をしていますし、その先にはAFCというチャンスがありますから、アジアから見ても日本と言えば名古屋というイメージしかないと思いますが、大阪というチームが出れば、他のチーム、他の選手もいるのかということをアジアに見せるチャンスでもあるので、今までは名古屋の選手しか味わえなかったアジアの空気感を味会うことができる。結果はどうなるかわからないですけど、その場に行くことでさらなるモチベーションが高まったり、プレーが向上したり、意識が変わるという選手がたくさんいると思うので、まずは来季というのは、AFC優勝するために行きますけど、そういう空気を吸いに行くことで、変わるチャンスがある。そして、継続して良いフットサルして勝ち続けて、フットサル界に良い影響を与えていけるチームを作っていきたいです」 2017.03.20 20:40 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース