【J1クラブ中間評価】物議醸した指揮官交代も、連覇へ気運が高まる《鹿島アントラーズ》2017.07.27 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。最終回は鹿島アントラーズ編をお届けする。

◆物議醸した監督解任で好転
勝ち点36 / 12勝5敗
(C)CWS Brains,LTD.
▽J1リーグと天皇杯の国内2冠を達成した昨シーズンの成功継続を狙う鹿島アントラーズは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を並行しながら、リーグ戦は12勝5敗の結果を残し、首位で折り返した。開幕前には、MFレオ・シルバ(アルビレックス新潟)、FWペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)らJリーグで実績のある外国人選手や、FW金森健志(アビスパ福岡)、DF三竿雄斗(湘南ベルマーレ)とJ2降格クラブからも獲得。さらに、開幕直前に韓国代表GKクォン・スンテ(全北現代モータース/韓国)を獲得するなど、計9名の新戦力を迎えた。

▽開幕節こそFC東京に敗れたものの、そこからリーグ戦4連勝を記録。しかし、5月の半ばから2連敗となると、ACLでは広州恒大を前にベスト16で大会を後にした。これを受け、クラブは石井正忠監督の解任を決断。第14節からは、コーチから昇格した鹿島OBの大岩剛監督が指揮を執り、そこから5連勝で勝ち点を積み上げ、首位ターンを実現した。

◆ポジション別採点
(C)CWS Brains,LTD.
【GK&DF】90/100点満点
▽GKは、今シーズン全北現代から加入した韓国代表GKクォン・スンテがJリーグ初挑戦ながらも上々のパフォーマンスを披露し、守護神として君臨。さらに、セカンドGKにも曽ヶ端準が控えており、盤石の態勢を維持している。センターバックに関しては、開幕当初からDFファン・ソッコが抜けて選手層が不安視されたが、伸び代十分のDF植田直通とDF昌子源のコンビがしっかり稼働し、問題とはならなかった。左サイドバックのDF山本脩斗、右サイドバックのDF西大伍とDF伊東幸敏を含め、大崩れのない最終ラインが形成できている。

【MF】70/100点満点
▽テネリフェに移籍したMF柴崎岳に代わる形で加入したMFレオ・シルバだったが、5月に左ヒザ半月板損傷により手術を強いられて離脱となったことが大きな誤算。さらに、攻撃のバリエーションとアクセントを付けることができるMF遠藤康が1カ月ほど離脱したのも痛かった。それでも、ベテランMF小笠原満男がいまだ健在で、MF中村充孝やMF永木亮太、MF 三竿健斗ら力のある選手も控えている選手層が鹿島の強み。負傷者が復帰して調子を上げてくるとみられる後半戦は、監督にとって中盤の人選が嬉しい悩みになりそうだ。

【FW】60/100点満点
▽軸となるべきFW金崎夢生の好調が続かず、FWペドロ・ジュニオールも大岩政権後こそ調子を上げてきたものの、序盤戦は低調なパフォーマンス。石井監督が起用し続けたFW鈴木優磨も、インパクトを残すことができず、チームとして頼りどころを欠いた。チャンスメークで貢献できるFW土居聖真も肝心のゴール数は1つと物足りない。新加入のFW金森健志とFW安部裕葵はリーグ戦でなかなかチャンスを得ることができていないが、6月21日の天皇杯でスタメン出場すると、金森が1ゴール、安部が2ゴールと結果を残した。後半戦、もう少し出場機会を与えられれば面白い存在になれるかもしれない。あとはやはり、ここにきて動きの質を上げているペドロ・ジュニオールの好調が続くかどうかに懸かっている。

◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー
DF昌司源(24歳/No.3)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/1ゴール
▽ここまで全試合に出場している日本代表DF昌司源が前半戦のチーム内MVPだ。前への対人対応と粘り強い守備に磨きがかかっており、相棒である植田をしっかりとリードして最終ラインを統率。日本代表としても定位置確保を狙えるところまで評価を高めた。クロス処理やクリアの精度を高めれば、より完成度の高いセンターバックとなれそうだ。

◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー
FW鈴木優磨(21歳/No.9)
明治安田生命J1リーグ:12試合(先発6回)2ゴール
▽インパクトを残した昨シーズンからさらなる飛躍が期待された鈴木だが、前半戦はサポーターの期待に応えることができなかった。途中出場も多かったが、リーグ戦12試合で2ゴールは物足りない。また、ゴール数だけでなく、攻守の切り替えの面や動きの質、量も含めて好調時の出来にはなかった。まだ21歳のためパフォーマンスにムラがあるのは仕方ないものの、メンタル面を含めてさらなる成長に向けて奮起してもらいたいところだ。

◆ホームで強さを見せることができるか
▽前半戦は、アウェイ8試合で全勝を収める偉業を達成。24ポイントを稼いだ一方で、ホームでの勝ち点は半分の12ポイントにとどまった。常勝軍団だけにサポーターを前にしてのプレッシャーもあるだろうが、この点は優勝を目指す後半戦に向けて改善したいところだ。負傷者も戻ってきており、選手の質だけでなく層も十分な状況。後半戦は、ACL敗退を受けてリーグにより集中できる環境となる点もプラス材料で、無論、狙うはJ1リーグ連覇となる。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】実績ある“オールドルーキー”の補強でJ1定着のシーズンに《湘南ベルマーレ》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第9弾は湘南ベルマーレを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆5度目のJ1挑戦、定着へ</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:残留】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンはクラブ史上2度目のJ2優勝を果たし、1年でのJ1復帰を果たした。就任7年目となる曺貴裁監督の下で3度目のJ1昇格を果たした湘南としては、J1定着への布石にしたい新シーズンとなる。毎シーズン、主力を引き抜かれて戦力ダウンを強いられる湘南だが、今シーズンは主力だったFWジネイ、MF山田直輝がクラブを離れたものの、MFミキッチ、MF梅崎司、DF大野和成とJ1で実績十分の選手を獲得。さらに韓国代表FWイ・ジョンヒョプ、元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチを獲得し、チーム力をむしろ上げた印象だ。曺監督の戦術も十分に浸透しており、残留は現実的な目標となる。 <span style="font-weight:700;">◆経験値が高い“オールドルーキー”を補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今シーズンは期限付き移籍の期間延長を含め18名がチームに加わった。J2優勝の立役者であるジネイと山田がクラブを離れたのは痛いが、サンフレッチェ広島でJリーグ優勝を3度経験したミキッチや浦和レッズでリーグカップやACL優勝を経験したタイトル獲得経験者の梅崎らが加入したことは、若い選手が多い湘南にとってプラスに働きそうだ。 ▽新外国人選手であり、Jリーグ初挑戦となる長身の韓国代表FWイ・ジョンヒョプと、インテルにも在籍経験のある元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチがチームにどれだけ早くフィットできるかがポイントとなりそうなところ。J1で戦う湘南の課題は得点力であり、この2人を含めた前線のメンバーがどれだけ得点に絡むかが、残留という目の前の目標達成には必要だ。<hr>【IN】 GK真田幸太(18)←湘南ベルマーレユース/昇格 GK富居大樹(28)←モンテディオ山形/完全 DF坂圭祐(22)←順天堂大学/新加入 DF高橋諒(24)←名古屋グランパス/期限付き→完全 DF大野和成(28)←アルビレックス新潟/完全 MF新井光(18)←長野高校/新加入 MF松田天馬(20)←鹿屋体育大学/新加入 MF小林祐介(23)←柏レイソル/期限付き MF梅崎司(30)←浦和レッズ/完全 MFミハエル・ミキッチ(38)←サンフレッチェ広島/完全 FW和田響稀(18)←湘南ベルマーレユース/昇格 FW山口和樹(22)←国士舘大学/新加入 FW鈴木国友(22)←桐蔭横浜大学/新加入 FWイ・ジョンヒョプ(26)←釜山アイパーク(韓国)/期限付き FWアレン・ステバノヴィッチ(27)←パルチザン・ベオグラード(セルビア)/完全 【OUT】 GK伊藤剛(23)→福島ユナイテッドFC/完全 GK梶川裕嗣(26)→徳島ヴォルティス/完全 GKタンドウ ベラピ(30)→ウェリントン・フェニックス(ニュージーランド)/契約満了 DFパク・テファン(20)→天安市庁(韓国)/期限付き DF広瀬健太(25)→アルビレックス新潟/完全 DF坪井慶介(38)→レノファ山口FC/完全 MF神谷優太(20)→愛媛FC/期限付き MF安東輝(22)→松本山雅FC/完全 MF田村翔太(23)→福島ユナイテッドFC/完全 MF下田北斗(26)→川崎フロンターレ/完全 MF山田直輝(27)→浦和レッズ/期限付き満了 MF武田英二郎(29)→横浜FC/完全 MF奈良輪雄太(30)→東京ヴェルディ/期限付き FWドラガン・ムルジャ(34)→NKオリンピア・リュブリャナ(スロベニア)/完全 FWジネイ(34)→ヴァンフォーレ甲府/完全 FW藤田祥史(34)→ブラウブリッツ秋田/完全<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF梅崎司(30) 2017シーズン(J1) 10試合出場<hr>▽右サイドで違いを生み出せるミキッチと共に注目したいのが梅崎だ。シャドーとウイングの両ポジションをこなせる梅崎は、曺監督にとって重宝する存在となるはずだ。[3-4-2-1]の特殊なシステムは、浦和時代にミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下で熟知しており、戦術的な違いはあれど大きな戸惑いはないはずだ。幾度も大ケガに打ち勝ってきた不屈の闘志で、湘南を高みに導きたい。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK::秋元陽太 DF:岡本拓也、アンドレ・バイア、大野和成 MF:ミキッチ、小林祐介、秋野央樹、高山薫 MF:菊地俊介、梅崎司 FW:イ・ジョンヒョプ<hr>▽システムは曺監督が重用している[3-4-2-1]で固定されている。ジネイの代わりにイ・ジョンヒョプが、山田の代わりに梅崎かステバノヴィッチがそれぞれ主力として活躍することが期待される。 ▽さらに柏レイソルから期限付きで加入したMF小林祐介が、MF秋野央樹とボランチでレイソルコンビを形成すると予想。3バックは、昨シーズンの主力である岡本拓也、アンドレ・バイア、そして5年ぶりに復帰した大野が務めるものと思われる。 2018.02.19 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ポステコグルーの戦術をどこまで体現できるか、トリコロールが5年ぶりのACL出場権を狙う《横浜F・マリノス》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第8弾は横浜F・マリノスを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆昨季の堅守にどこまでポステコグルー色を組み込めるか</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは終盤に取りこぼしが目立ち、最終的に5位に終わった横浜FM。試行錯誤の末に見えた形は、確かな土壌となって新シーズンに光を照らした。しかし、その土壌を作り上げたエリク・モンバエルツ前監督が退任し、オーストラリア代表を史上初のアジアカップ制覇に導いた実績を持つアンジェ・ポステコグルー監督が就任した。 ▽戦力にも変化が起きている。攻撃の中心を担っていたMF齋藤学を放出した一方で、経験豊富なFW大津祐樹や、韓国代表FWユン・イルロクらを獲得した。「攻撃的なサッカーを目指す」と宣言したオーストラリア人指揮官が望む補強を着々と進めた。 ▽昨シーズン、前半戦でリーグ最少失点を誇った主力メンバーは軒並み契約延長。モンバエルツ前監督が培った土壌に、ポステコグルー色を出した攻撃の種を植え、上手く成長させることができれば、ACL出場権、はたまたタイトルという花を咲かせる可能性も見えてくる。 <span style="font-weight:700;">◆攻撃陣は充実の補強も守備に不安残る</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今回のストーブリーグでは、攻撃的サッカーを指向するポステコグルー監督の下、アタッカーの獲得に重きを置いた補強となった。大津やユン・イルロクといった実力者を新たに迎えたほか、アビスパ福岡からFW仲川輝人、レノファ山口からFW和田昌士をレンタルバック。獲得した9選手のうち、5人がFWという陣容となった。 ▽一方で、浦和レッズに完全移籍したMFマルティノスや柏レイソルに完全移籍したDFパク・ジョンスの後釜となり得る即戦力の獲得は達成できていない。「まだ外国人枠が1つ空いている。できれば、そこは埋めたい」とポステコグルー監督が語るように、残り1カ月半の移籍期間で、どこまで補強できるかが2018シーズンを戦う上でカギとなってくるに違いない。<hr>【IN】 DF西山大雅(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF生駒仁(18)←鹿児島城西高校/新加入 MF堀研太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 MF山田康太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格 FW町野修斗(18)←履正社高校/新加入 FWユン・イルロク(25)←FCソウル(韓国)/完全 FW大津祐樹(27)←柏レイソル/完全 FW仲川輝人(25)←アビスパ福岡/期限付き復帰 FW和田昌士(20)←レノファ山口FC/期限付き復帰 【OUT】 GK田口潤人(21)→アルビレックス新潟/完全 DFパク・ジョンス(23)→柏レイソル/完全 MF中島賢星(21)→FC岐阜/契約満了 MFマルティノス(26)→浦和レッズ/完全 FW齋藤学(27)→川崎フロンターレ/完全 FW富樫敬真(24)→FC東京/期限付き<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FWユン・イルロク(25) 2017シーズン(韓国1部) 30試合出場4得点<hr>▽新加入の韓国代表FWユン・イルロクは、齋藤に似たタイプのウインガーだ。左サイドからカットインし、得意の右足で攻撃の起点になれる点、味方とのコンビネーションでチャンスに繋げられる点は、ポステコグルー監督の言う「違いが生み出せる選手」として大いに期待できる。 ▽昨シーズンはFCソウルでリーグ戦30試合に出場し4得点11アシストを記録。チームが挙げた得点のおよそ4割に絡んでいるというデータもあり、新シーズンは韓国代表FWが攻撃のカギを握るかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_marinos_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:ダビド・バブンスキー、喜田拓也、天野純 FW:イッペイ・シノヅカ、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク<hr>▽ポステコグルー監督が望む攻撃的サッカーから予想するに、キャンプで起用された[4-3-3]を基盤に考えていいだろう。バックラインは昨シーズンから固定。横浜FMで16年目を迎えるキャプテン・中澤佑二を筆頭にミロシュ・デゲネクや松原健、山中亮輔が、昨シーズン前半のような強固なディフェンスを築く。 ▽予想が難しいのは前線だが、ワントップは昨季10ゴールのウーゴ・ヴィエイラと予想。FW伊藤翔や大津も候補だが、伊藤は決定力で劣り、大津はプレシーズンでケガを負ってしまった。齋藤が抜けた左ウイングにはユン・イルロク、右ウイングにはキャンプで調子が良かったイッペイ・シノヅカが入る。監督の掲げるポゼッションサッカーにおいて、インサイドハーフは1つのカギとなるが、昨シーズン、トップ下へのポジションチェンジで真価を発揮した天野純とダビド・バブンスキーが最有力だ。 ▽17日に行われたFC東京とのプレシーズンマッチを見ても、ハイラインを敷き、両サイドを使った攻撃を仕掛け、ポゼッションでは上回っていた。オーストラリア代表がワールドカップ予選で見せていた形、また5レーンを形成してサイドに厚みを持たせ、インサイドハーフが高い位置で攻撃に関わることが完成形と予想される。昨シーズンからの戦術的な切り替えにどれだけ早く対応できるかに注目が集まる。 2018.02.19 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】4冠を狙う王者が常勝軍団の仲間入りへ《川崎フロンターレ》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第7弾は川崎フロンターレを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆常勝軍団になれるか勝負のシーズン</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:優勝争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_kawasaki_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは最終節で首位に立っていた鹿島アントラーズを逆転し、悲願の初タイトルを獲得。リーグ王者として臨む新シーズンの目標は、リーグ連覇を含む国内3冠+AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の4冠となる。 ▽昨シーズンの主力を維持し、鬼木達監督2年目となるシーズン。シーズン中盤に見せた不安定さをなくすため、各ポジションに即戦力級の選手を補強。また、DF舞行龍ジェームズやDF武岡優斗らケガでシーズンを棒に振った選手も復帰が見込まれ、戦力としても整えられている。 ▽あとは、勝負強さを身に着けることができるかどうか。王者として初めて挑むシーズンながら、鬼木監督や小林悠が揃って口にする「チャレンジャー」精神が大事となる。川崎F包囲網を潜り抜けることができるかが、連覇、4冠へのカギとなるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆守備に不安を残す補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_kawasaki_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽4冠を目指す川崎Fは、ストーブリーグを賑わせた。2017シーズンにFC東京へと完全移籍した元日本代表FW大久保嘉人が1年で復帰。また、同じ神奈川県のライバルである横浜F・マリノスのエースである日本代表MF齋藤学、鹿島アントラーズのFW赤崎秀平を獲得。昨季リーグ最多得点を記録した攻撃陣のさらなる強化に成功した。 ▽一方、攻撃陣とは対照的に守備陣では、大型補強は敢行せず。前述の武岡や舞行龍ジェームズの復帰を補強と換算。中盤は、大学時代にも獲得に乗り出していた湘南ベルマーレのMF下田北斗、左サイドを主戦場とするモンテディオ山形のMF鈴木雄斗、さらに、MF守田英正(流通経済大学)、MF脇坂泰斗(阪南大学)とルーキーも名獲得した。<hr>【IN】 MF齋藤学(27)←横浜F・マリノス/完全 MF鈴木雄斗(24)←モンテディオ山形/完全 MF下田北斗(26)←湘南ベルマーレ/完全 MF守田英正(22)←流通経済大学/新加入 MF脇坂泰斗(22)←阪南大学/新加入 FW大久保嘉人(35)←FC東京/完全 FW赤崎秀平(26)←鹿島アントラーズ/完全 【OUT】 DF井川祐輔(35)→イースタンSC(香港)/完全 MF板倉滉(21)→ベガルタ仙台/期限付き MF三好康児(20)→北海道コンサドーレ札幌/期限付き MF可児壮隆(26)→ガイナーレ鳥取/完全 MF狩野健太(31)→未定 FWハイネル(27)→ポンチ・プレッタ(ブラジル)/期限付き満了 FW森本貴幸(29)→アビスパ福岡/完全 FW大塚翔平(27)→未定<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_kawasaki_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF大島僚太(25) 2017シーズン(J1) 25試合出場1得点<hr>▽今シーズンのキープレーヤーは未来担うゲームメーカーの大島僚太だ。昨シーズンは細かなケガに悩まされながらも、リーグ戦25試合に出場し優勝に貢献すると、2年連続のJリーグ優秀選手賞を獲得。攻撃のスイッチを入れる縦パスだけでなく、鬼木監督就任後は守備面でも攻から守への切り替えの早さを徹底し、チームに欠かせない選手へ成長した。 ▽また、今年1月には昨年9月に結婚していたことを事後報告で発表。公私ともに充実する川崎Fの背番号10が、クラブをリーグ連覇に導くだろう。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_kawasaki_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠<hr>▽主力メンバーが全員残留していることを考えると、昨年同様の[4-2-3-1]が基本フォーメーションとなるだろう。そして、現状ではスターティングイレブンに立つメンバーも昨シーズンと変わらないだろう。古巣復帰となったFW大久保嘉人は、主に2列目のポジションを任されることとなり、1トップには昨季得点王でリーグMVPにも輝いたFW小林悠が起用されることになる。 ▽また、新戦力で確実にレギュラーに割って入ってきそうなのがMF齋藤学だ。しかし、昨年9月に負ったケガの影響で現在は長期離脱中。早くても春以降の復帰となる見込みで、その後のレギュラーポジション争いが待っている。独特な川崎Fのスタイルに慣れるのも、多少なりとも時間かかるだろうが、齋藤の本格的な復帰となる夏以降、川崎Fの2列目争いは激戦必至となる事は確かだ。 ▽その他の新戦力では、流通経済大から加入した守田英正が出場機会を増やすだろう。セレッソ大阪とのFUJI XEROX SUPERCUP、AFCチャンピオンズリーグと公式戦2戦連続で途中出場している。守備固めとしての起用となるが、シーズン終盤にはレギュラー争いをするかもしれない。 2018.02.19 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】長谷川体制始動、心機一転を図る新シーズン《FC東京》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来を先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第6弾はFC東京を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆“3冠監督”の下でのリスタート</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017シーズンはリーグ屈指の大型補強を行い優勝候補に名乗りを上げたが、最後までポテンシャルを発揮することなく、終わってみれば13位。仕切り直しを図る新シーズンに向けては、ガンバ大阪時代に2014シーズンの3冠を含む6度のタイトル獲得にチームを導いた長谷川健太監督を招へいし、新体制発表会でも優勝を掲げていた。とはいえ、昨シーズン終盤の状態を考えれば攻守ともに課題は多い。特にリーグ13位の37得点に留まった得点数について、長谷川監督は「50得点以上を目指す」、「そういった数字をクリアしなければタイトルには手が届かない」と口にしており、優勝を目指すには劇的な改善が求められる。FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカと、昨シーズンそれぞれ8得点でチーム内得点王となった2選手が退団していることもあり、攻撃の構築には時間がかかるだろう。まずは長谷川監督が基軸とする守備組織を熟成させた上で、一歩ずつ着実に前進していくことが必要だ。 <span style="font-weight:700;">◆長谷川体制構築に向けた補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:C】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽即戦力としての補強はMF大森晃太郎、FW富樫敬真、FWディエゴ・オリヴェイラに留まった。しかし、長谷川監督が「ポテンシャルの高い選手が多い」と口にしていた通り戦力的に十分と考えたために、昨シーズンのような派手な補強は控えたのだろう。逆に監督のスタイルに合致した、求める選手のみをピンポイントで補強したとも表現できる。とはいえ、FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカといったスコアラーや、MF石川直宏、DF徳永悠平の両ベテランが抜けた精神的な穴は大きい。特にDF徳永悠平の放出に際して、右サイドバックのバックアッパーを獲得しなかったことは、不安要素となりそうだ。<hr>【IN】 MF大森晃太郎(25)←ヴィッセル神戸/完全 MF品田愛斗(18)←FC東京U-18/昇格 FW富樫敬真(24)←横浜F・マリノス/期限付き FWディエゴ・オリヴェイラ(27)←柏レイソル/期限付き FW原大智(18)←FC東京U-18/昇格 FW矢島輝一(22)←中央大学/新加入 【OUT】 DF徳永悠平(34)→V・ファーレン長崎/完全 MFユ・インス(23)→アビスパ福岡/期限付き MF野澤英之(23)→愛媛FC/期限付き MF佐々木渉(21)→カマタマーレ讃岐/完全 MF石川直宏(36)→引退 FW大久保嘉人(35)→川崎フロンターレ/完全 FWピーター・ウタカ(34)→サンフレッチェ広島/期限付き満了<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF大森晃太郎(25) 2017シーズン(J1) 26試合出場4得点<hr>▽キープレーヤーは、ガンバ大阪時代に長谷川監督の指導の下でタイトル獲得に貢献したMF大森晃太郎だ。中盤でのダイナミックな動き、攻撃に推進力を持たせられる点が魅力な選手であり、監督も「ああいうタイプの選手はいなかった」と述べている通り、FC東京に変化を持たせることができる。恩師が直々に補強を持ち掛けたことも伝えられており、飛躍を遂げるためにはこの選手の活躍が鍵となることは間違いない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズン用いていた[3-1-4-2]ではなく、[4-4-2]もしくは[4-4-1-1]を基軸とする可能性が高い。最前線には、自ら仕掛けてチャンスを作ることができるFWディエゴ・オリヴェイラがファーストチョイスとなり、相方にFW前田遼一、FW富樫敬真、FW永井謙佑の候補が挙がる。相性を考えれば、衛星のような動きができ経験にも秀でているFW前田遼一が有力だ。 ▽中盤に関しては、サイドハーフの一枚はMF大森晃太郎に。逆サイドにはMF東慶悟とFW永井謙佑が競合するが、プレシーズン中の試合ではより推進力のあるFW永井謙佑を右に置き、MF東慶悟はボランチで起用されていた。中盤中央の2枚には、ゲームをコントロールするためにもMF高萩洋次郎は欠かせない。ボール奪取から積極的に最前線に顔を出すMF橋本拳人がその相方となり、MF東慶悟は状況に応じた起用となるだろう。 ▽バックラインに関しては、両サイドバックのDF太田宏介、DF室屋成は固い。センターバックには負傷から回復したDF森重真人、その相方にはDF丸山祐市ではなく新キャプテンに任命されたDFチャン・ヒョンスが収まる可能性は高い。 2018.02.18 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】熟した太陽王、充実補強でタイトルに挑戦《柏レイソル》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第5弾は柏レイソルを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆昨年以上の期待感</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_reysol_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽指揮官の積極起用に応えた若手の独り立ちにより、躍進の2017シーズンを過ごした柏。下平隆宏体制3年目の今シーズンは、より強者としての立ち位置を確立するために、発足時からチームの成長と共に手にしてきた自信を確信に挑む1年となる。その今年は、3年ぶりの出場となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)と国内リーグ戦の二兎を追う難しいシーズンになるが、今オフに11名の新戦力を獲得。しかも、ビッグネームというより、求める人材に求めるタイプの選手を補強する充実の内容だ。躍進を遂げた昨年からの継続と共に、新戦力が順調に現有戦力と融合となれば、昨シーズン以上の好成績に期待が高まる。 <span style="font-weight:700;">◆充実のオフシーズン</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:S】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_reysol_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨年のJ1リーグで9得点を挙げたMF武富孝介の退団こそ痛かったが、上述のとおり、充実のオフシーズンを過ごした。DF亀川諒史や、DFパク・ジョンス、MF江坂任、MF小泉慶、MF澤昌克、FW山崎亮平、FW瀬川祐輔ら実力者を獲得し、攻撃力アップを狙う前線を含めた各ポジションの戦力アップはもちろん、ボランチやセンターバック陣に厚みをもたらす補強にも成功。ACLと並行しても、国内リーグ戦の上位を十分に狙えるだけの陣容を整えた。<hr>【IN】 GK猿田遥己(18)←柏レイソルユース/昇格 DF宮本駿晃(18)←柏レイソルユース/昇格 DF中川創(18)←柏レイソルユース/昇格 DF亀川諒史(24)←アビスパ福岡/完全 DFパク・ジョンス(23)←横浜F・マリノス/完全 MF田中陸(18)←柏レイソルユース/昇格 MF小泉慶(22)←アルビレックス新潟/完全 MF澤昌克(35)←デポルティボ・ムニシパル(ペルー)/完全 MF江坂任(25)←大宮アルディージャ/完全 FW瀬川祐輔(24)←大宮アルディージャ/完全 FW山崎亮平(28)←アルビレックス新潟/完全 【OUT】 DF橋口拓哉(23)→FC町田ゼルビア/期限付き DF輪湖直樹(28)→アビスパ福岡/完全 DF湯澤聖人(24)→ヴァンフォーレ甲府/完全 DF増嶋竜也(32)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き MF小林祐介(23)→湘南ベルマーレ/期限付き MF武富孝介(27)→浦和レッズ/完全 MF秋野央樹(23)→湘南ベルマーレ/期限付き延長 MF安西海斗(19)→モンテディオ山形/期限付き延長 FW大島康樹(21)→未定 FWディエゴ・オリヴェイラ(27)→FC東京/期限付き FW大津祐樹(27)→横浜F・マリノス/完全<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_reysol_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆FW伊東純也(24) 2017シーズン(J1) 34試合出場6得点<hr>▽注目選手は、昨シーズン以上にやってくれそうな感を漂わせるMF伊東純也だ。今年で柏在籍3年目のサイドアタッカーは、ここまで消化したACLプレーオフのムアントン戦で1得点2アシスト、続くジェフユナイテッド千葉とのちばぎんカップで1得点3アシストと大暴れ。プレー面においても、昨年までのドリブラー色をそのままに、今年からより内側でフィニッシュワーカーとしての仕事ぶりを際立たせ、生まれ変わった姿を見せつけている。その躍動ぶりに下平監督も「レイソルの看板選手になってくれれば」と期待十分。ケガなくシーズンを送ることができれば、良くも悪くもFWクリスティアーノに頼りがちな近年の攻撃陣に新風を吹き込む存在になるに違いない。今夏にロシア・ワールドカップを控える日本代表入りの道筋も見えてきそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_reysol_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、中谷進之介、中山雄太、亀川諒史 MF:大谷秀和、キム・ボギョン、伊東純也、江坂任、ハモン・ロペス FW:クリスティアーノ<hr>▽ACLプレーオフの兼ね合いもあり、既にどのチームよりも早くキャンプインした後、公式戦を消化。シーズンが進むに連れて、選手間の序列が上下することもあるだろうが、先の全北現代戦の顔ぶれ、フォーメーションが基本軸になってきそうだ。現時点で、新加入組においてスタメン当確とされるのが江坂。そのほかの面々は、主力というよりもバックアッパーの底上げ、あるいはオプションとしての位置付けが強い。注目は、やはり新たなホットラインになりそうなクリスティアーノ、江坂、伊東、MFハモン・ロペスの攻撃陣。彼らが多士済々の個性を生かして機能してくるようであれば、指揮官が掲げる「総得点60ゴール」、そして、その先のタイトルも現実味を帯びそうだ。 2018.02.18 15:05 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース