川崎Fが流通経済大学MF守田英正の来季加入内定を発表「皆さんと喜びを分かち合えるように」2017.07.27 14:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽川崎フロンターレは27日、流通経済大学のMF守田英正(22)の来季加入内定を発表した。

▽守田は大阪府出身で、金光大阪高校から流通経済大学へと進学していた。177cm、74kg。8月に台北で行われる第29回ユニバーシアード競技大会に臨む、ユニバーシアード日本代表にも選出されている。守田はクラブを通じてコメントしている。

「この度川崎フロンターレに加入することになりました守田英正です。小さいころからの夢であったプロサッカー選手になれることを大変嬉しく思います。今まで自分を支えてくださった方々に感謝いたします。一日でも早くフロンターレの力になり、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えるように日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

東アジア制覇を誓う川崎FのDF車屋紳太郎、負傷離脱のMF大島僚太に「良い報告がしたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対し、次戦の相手である韓国代表が「間違いなく一番強い相手」だと主張。それでも負傷離脱したチームメイトMF大島僚太(川崎フロンターレ)に「良い報告がしたい」と2大会ぶり2度目の東アジア制覇を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆DF車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──初戦よりも意思疎通はとれてきたか</span> 「監督がやろうとしていることを選手たちもやろうとしていたので良かったです。ただ、ボールを失うシーンがかなり多かったです。初戦よりもボールを持てても崩せない感じはあったので、中国戦の良いところを場面、場面でうまく出せればもっともっと良くなるのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──負傷離脱したMF大島僚太(川崎フロンターレ)とは何か話したか</span> 「『頑張ってほしい』という感じでした。僚太ももっと出たかったと思いますし、そういう選手の分も次の試合に勝って良い報告がしたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国の印象は</span> 「これまでは強いというイメージがありましたけど、ボール回しも巧いなと思いました。良い選手が多いですし、Jリーグで活躍している選手も多いので良いメンバーだなと思います」 <span style="font-weight:700;">──その中で守備の選手としてやらなくてはいけないことは</span> 「これまでの2試合よりも厳しい試合になると思いますし、間違いなく一番強い相手だと思うので、守備は我慢強くやらなくてはいけないと思います。タイミングがあれば攻撃参加もできればと思います」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップへの生き残りを懸けたアピールの場でもあると思うが</span> 「アピールの場でもありますけど、そこまで自分を追い込む必要はないと思います。本当にいつも通り自分の良さを出せればと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気は良さそうだが</span> 「チームのみんなは勝利のことを優先してやっていると思います。点が入ればベンチのメンバーも物凄く喜んでくれていて、チームが一つになっている感じがします。この雰囲気を次の試合にも持ち込みたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──サイドハーフにはサイドバックを上がらせるプレーが巧い選手が多いと思うが</span> 「どちらかと言えば周りの選手とうまく連携しながら崩していく選手たちだと思うので、トレーニングをやっていても居心地というかやりやすいです。それも試合で出せたらと思います」 2017.12.14 22:17 Thu
twitterfacebook
thumb

乾、柴崎について「チームからの信頼感じたので期待したい」と家長選手。クラシコは「サッカーの一試合を超えている感じ」。

リーガ88年の歴史上、初となる日本人対決は僅か10分のすれ違いで実現せず…。リーガ・エスパニョーラ第15節、柴崎岳が所属するヘタフェと、乾貴士を擁するエイバルが対戦。乾は先発出場を飾るも63分に交代、ベンチスタートとなった柴崎は乾交代から10分後の後半73分に出場と、史上初のリーガ1部日本人対決は叶わず。試合はスコアレスドローに終わったが、中継ゲストを務めた家長昭博選手は「チームメートからの信頼は感じたので今後に期待したい」と語った。 試合前、リーガ側もこの対戦を日本向けPRのチャンスと捉え、両日本人選手をマンガ風に表現した動画を作成してSNSなどで拡散。キックオフ時間を日本時間夜21時に設定したり、スタンドで掲げるビッグフラッグや選手入場ゲートにも「こんにちは日本!」と入れるなど、この対戦を盛り上げた。始球式には、乾と柴崎の両選手に加え、フィギュアスケートのハビエル・フェルナンデス選手も登場。試合は、リーグ戦3連勝と好調エイバルが乾を左サイドMFで先発起用、対するヘタフェは負傷明けでギリギリ間に合った柴崎をベンチに置いてスタートする。 試合は、両チームとも中盤でつぶし合う堅い展開となり、乾も数回のボールタッチで非凡な才能を感じさせたが決定的な働きはできず、後半63分に交代。その10分後の後半73分には、柴崎が交代出場。79分にはヒールで流してパスを繋ぐなど技術の高さを見せたが、大勢は変えられず。結局試合はエイバルMFジョルダンのPK失敗などもあり、0-0のスコアレスドローで引き分け。勝点1を分け合う形となった。 WOWOW中継のゲスト解説に入った、過去にマジョルカでのプレー経験を持つ家長選手は「二人のプレータイムがもっと長ければよかったが、チームメートとの信頼関係を見て感じた」と、二人の日本人プレーヤーに期待を寄せた。また、川崎フロンターレでのJリーグ初優勝について「優勝後、みんなで食事に行った時にいろいろなものを掲げて“シャーレごっこ”できたのは優勝したからこそ」「ホームで最高の雰囲気を作ってくれるファンに感謝したい」とコメント。そして、年末に行われるクラシコについても「1つのファウルをめぐって世論が盛り上がるような、サッカーの試合の枠を超える試合」と表現して、今後のリーガへの期待を語った。 【家長昭博(川崎フロンターレ/元日本代表MF)インタビュー】 <span style="font-weight:700;">■リーガでプレーして世界の広さやサッカーの奥深さを感じた</span> ――リーガ日本人初対決は実現しませんでしたが、試合の感想をお聞かせください。 堅い試合になりましたが、ああいった試合はリーガだとよくあるので、その一つだったと思います。個人的には乾選手と柴崎選手にもうちょっとプレー時間があったら嬉しかったですね。 ――乾選手と柴崎選手に対して、両選手をどんな選手だと評価していますか? 乾選手はチームメートだったのでよく知っていますが、テクニックが素晴らしいですし、トラップ、パス、ドリブルの技術はチームの中でもずば抜けていました。あと、同じチームになって驚いたのは運動量の多さで、意外な部分を仲間としては感じましたね。柴崎選手は若い頃から落ち着いていて、試合を読める選手・チームを勝利に導く選手だと思っています。あと、ここぞという時のスピードもあって試合を決めに行く力強さを持った選手だと思っています。嫌な所にパスを出し、嫌なところに入ってくる、頭のいい選手ですね。 ――彼ら二人が今後リーガで成功するために必要な要素は何でしょう? 今日の試合を見ても、チームメートからの信頼はすでに得ていて、チームの中でも認められているのは感じました。その中で結果を常に残していくことが、大変ですし求められることだと思います。 ――家長選手自身、スペインでのプレーはどんな経験になりましたか? 僕はリーガの選手としてあまり良い時間を送れませんでしたが、プレーした経験は今も糧になっています。ファンやメディアの視線、チーム内にも強烈な競争があり、非常に選手にプレッシャーのかかるリーグだと思います。その中で戦えている選手は本当に凄いと思います。 ――リーガでのプレーを経て変わった部分などありましたか? 人生観は変わりましたし、日本にいるだけではわからない世界の広さやサッカーの奥深さを感じました。ファンも普段はすごくフレンドリーで良い関係を保ってくれますが、サッカーに関してはすごくシビア。結果が出なければ容赦なくブーイングが来ますし、そういう中で生き抜いているサッカー選手は強くなる。それが国に根付いているのが、スペインサッカーの強さなのかなと思っています。 <span style="font-weight:700;">■なんでも持ち上げる“シャーレごっこ”できたのは、優勝したからこそ</span> ――川崎フロンターレでの最終節での逆転優勝から1週間経ちました。 「おめでとうございます」と色々なところで言ってもらえるので、実感もすごく湧いてきました。優勝するとみんながハッピーになれるので、良かったなと思います。 ――チームにとっては悲願のタイトルでしたが、家長選手にとってはどんな感覚でしたか? 僕は今季から加入したので、1年目から優勝できてラッキーな選手といった感じですが、優勝のホイッスルがなった時に、やっぱりケンゴさん(中村憲剛選手)とかユウ(小林悠選手)とかは積み重ねた悔しさから、溢れて来た感情があったので、それを見た時にその悔しさの大きさを改めて感じました。悲願だったタイトルを獲れたのが、こちらまで伝わってきた感覚でしたね。 ――優勝後、何か印象に残っているエピソードはありますか? みんなで食事に行った時に、なんでもシャーレ(優勝記念皿)に例えて何回も持ち上げる仕草をして、盛り上がっていました。実際にシャーレはないですが、何でもいろんなものを例えてやっていました。これは優勝できないとできないですから。楽しかったです。 ――川崎ファンへのメッセージをいただけますでしょうか? 今年ホームでほとんど負けていないのはスタジアムの雰囲気のおかげだと思いますし、最終節をホームで戦えると決まった時には、個人的に「絶対勝てる」と最後に思っていました。その雰囲気を作り出してくれるのは、本当に選手にとってアドバンテージなので、ファンには心からお礼を言いたいです。 <span style="font-weight:700;">■クラシコはサッカーの一試合を超える存在</span> ――今年は年末の12月23日の日本時間21時からレアル・マドリード対バルセロナのクラシコが行われます。2強の現状をどう見ていますか? レアル・マドリードはあまり良い状態でなく、クリスティアーノ・ロナウドやベンゼマもいろいろ言われているので、昨シーズンの結果からすれば予想外だなと思っています。バルセロナはネイマールがいなくなってどうなるかと思っていましたが、派手な試合はあまりなくても確実に勝点をとっている印象ですね。 ――クラシコで注目している選手は誰でしょう? 究極的にはメッシとC・ロナウドのどっちが試合を決めるかだと思いますが、中盤に目が行きますね。イスコとか、あのあたりの選手が輝き出すとマドリードは止められないですし、モドリッチもクロースもいるのでどんなプレーをするか楽しみです。バルセロナは変わらず中盤の選手は魅力的ですが、パウリーニョが出てきた時にどんな戦い方をするのか興味深いですね。 ――現地で生活してみて感じたクラシコは、どんな意味を持つ試合でしたか? 僕がいた時はちょうどグアルディオラ監督とモウリーニョ監督が、毎回ケンカみたいなことをしていた時代でした。その反応を見ていても、ひとつのファウルで世論が盛り上がるような感じで、サッカーの一試合を超えている感じでしたね。 ――今回のクラシコはどんなところをポイントにして見たいと思っていますか? いつもならポゼッションするバルセロナとカウンターのマドリードといった感じですが、最近の2チームの戦い方も少しずつ変わってきています。だから、お互いにどんな戦い方をするのかが楽しみです。 ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★『リーガダイジェスト!拡大版<クラシコ直前> 第16節』 【放送日】12/18(月)夜8:00~[WOWOWライブ] ゲスト:田中隼磨(松本山雅DF)、藤本淳吾(ガンバ大阪MF)、指宿洋史(ジェフユナイテッド市原・千葉FW) ★『クラシコ直前!宮本恒靖×ハリルホジッチSP対談 ~レアルvsバルサ徹底分析~』 【放送日】12/22(金)夜10:00~[WOWOWプライム]※無料放送 解説:北澤豪 ゲスト:松木安太郎、松田るか(リーガール) VTR出演:宮本恒靖、ヴァイッド・ハリルホジッチ ★『現地より生中継!リーガ・エスパニョーラ17-18 伝統の一戦クラシコ 第17節 レアル・マドリードvsバルセロナ』 【放送日】12/23(土・祝)夜8:30~[WOWOWライブ]※生中継 現地解説:宮本恒靖 <div id="cws_ad">◼WOWOW番組オフィシャルサイト <a href="http://www.wowow.co.jp/sports/liga/" target="_blank">http://www.wowow.co.jp/sports/liga/</a></div> 2017.12.14 21:09 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF中村憲剛が「DAZN」のエル・クラシコで特別ゲスト解説を担当「自分なりの感想を尺通りにやれれば」

▽スポーツ・チャンネル「DAZN(ダ・ゾーン)」は13日、川崎フロンターレのMF中村憲剛が、23日(土)21時に行われるラ・リーガ サンタンデール第17節の「レアル・マドリーvsバルセロナ」のエル・クラシコの特別ゲスト解説を務めることを発表した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグで最終節までもつれた優勝争いを制し、クラブ史上初タイトルを獲得した川崎F。チームを支え続けた中村が、世界中が注目する至高の一戦、エル・クラシコの解説を務める。 ▽なお、「DAZN」では、特別ゲスト解説を務める中村の独占インタビューを13日より公開。エル・クラシコにかける並々ならぬ想いや、試合の見所などを語っている。 ▽インタビューで中村は「この話を受けたときにはすぐに予定を空けました。これはやりたいなって」と語り、エル・クラシコ解説への意気込みの強さを明かしている。また、21時キックオフに関しては「ありがとうございます(笑)。初めて生で観るんじゃないかな。楽しみでしょうがないですね」と語り、解説については「プロの解説ではないので、自分なりの観たときの感想を尺通りにやれればと思います。思いが強すぎてダラダラしゃべりそうなので、うまくコントロールしてもらえればと思います(笑)」と語った。 ■『ラ・リーガ サンタンデール第17節 レアル・マドリード vs FCバルセロナ』 日時:2017年12月23日(土)21:00キックオフ(日本時間20:25より放映開始予定) 実況:桑原学 解説:水沼貴史 特別ゲスト解説:中村憲剛 2017.12.14 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF阿部浩之、日韓戦でのゴール渇望も「優勝して意味がある」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は13日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF阿部浩之(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対し、代表初ゴールへの意欲を強調。それでも「優勝して意味があることもある」とチームの2大会ぶり2度目の東アジア制覇を目指した。 <span style="font-weight:700;">◆MF阿部浩之</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──タイトな日程が続いているが</span> 「みんなそれぞれ疲労はあると思いますけど、ラスト1試合ですし、ここまで2勝しているので最後勝って終わりたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──どんなところをアピールしたいか</span> 「ゴールとかアシストですね。ゴールに絡むプレーをしたいです」 <span style="font-weight:700;">──これまでは2試合とも途中出場で少ない時間だったが</span> 「まだ2試合ともシュートを打てていないですし、もっと自分の形を作りたいなと思います。より積極的にやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──クラブと求められる役割は違うと思うが</span> 「違うと思いますけど、そういうプレーも身につけるチャンスですし、積極的にやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦に向けては</span> 「出るか出ないかまだわからないですけど、出場したらしっかりと勝つことを大前提に自分のアピールもしたいです。ゴールを奪って勝てたら一番良いかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームメイトのFW小林悠(川崎フロンターレ)のゴールは刺激になったか</span> 「あれ触ったろうかなと思ったんですけど(笑) もう少し手前だと触れたんですけどね。悠くんにまた後で(パスを)出してやと言っておきました。それぐらい自分も点を奪いたいなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──シュートへのこだわりは</span> 「状況にもよりますけど、GKの届かないところに速いシュートを打つということは常に意識しています。とりあえず決めれたらなんでも良いかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ご自身、戦術理解度が高いと思うが、ここでヴァイッド・ハリルホジッチ監督のサッカーを触れてみてどうか</span> 「スコアが動く時はカウンターが多いというのはその通りだなと思いますし、そこをチームとしてうまくできるようになれば得点チャンスが増えると思います。それプラスクラブでやっているような遅攻も混ぜ合わせられたら一番良いと思います。そういうところを監督が求めているかはわからないですけど、ゲームではいろいろなことが起こるので自分たちで考えてやれればと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦は優勝が懸かった一戦になるが</span> 「人も多く入ると思いますし、勝っても引き分けても優勝なので、もちろん勝ちは目指しますけど時間の経過とともにそういうのも頭に入れて賢く優勝できればと思います。全員でしっかりと判断できればと思います」 <span style="font-weight:700;">──それは監督も言っていたことか</span> 「いや言っていないです。僕が勝手に言っているだけです(笑)」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦に向けてのイメージは</span> 「激しい試合になると思いますけど、球際でやることはいつも通りだと思います。ファウルせずにしっかりと奪って、相手にもファウルさせないくらいみんなでパスをつないだりすることができれば一番良いです。それプラス球際で負けないことが必要になってきます」 <span style="font-weight:700;">──中国戦で負傷したMF大島僚太(川崎フロンターレ)と話したか</span> 「『残念やったな』と言っておきました。『早く治せよ』と。チームのキャンプもあるのでまずしっかりと治して欲しいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝への意識は高まってきているか</span> 「優勝して意味があることもあると思います。勝たないと良いプレーをしてもあまり意味がないので、まずは勝つことを大前提にチームプレーと自分のプレーのバランスをしっかり考えたいです」 2017.12.13 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】粘り強さが加わった新生フロンターレが悲願のリーグタイトルを獲得!《川崎フロンターレ》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第18弾はクラブ創設21年にして悲願のJリーグタイトルを獲得した川崎フロンターレを総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171211kawasaki_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●5年間監督を務めた風間八宏監督が退任。鬼木達コーチが昇格で新監督に就任。 ●長年獲得を熱望していた家長昭博&阿部浩之の加入。 ●9年ぶりのルヴァンカップ決勝進出も準優勝に終わる ●最終節で奇跡の逆転優勝! 10度目の正直で初タイトルを獲得!! ●新主将FW小林悠がJリーグMVP&得点王のダブル受賞<hr>▽5年間の指揮を任され、川崎Fにパススタイルを確立した風間八宏監督が退任。アシスタントコーチを務めていた鬼木達氏を新監督に迎えた新シーズンは、キャンプから守備意識の変革が行われ、ポゼッション一辺倒で行われてきたこれまでの攻撃的サッカーから攻守を考えた新スタイルが確立された。 ▽ストーブリーグでは、3年連続得点王を獲得したFW大久保嘉人やリオ五輪に出場したMF原川力、MF中野嘉大、DF小宮山尊信ら8選手を放出。一方で長年獲得を熱望していた元日本代表MF家長昭博や2年連続で獲得に動いたMF阿部浩之の獲得に成功。また、最終ラインのバックアッパーとしてアルビレックス新潟から舞蹴龍ジェームズなど的確な補強を行った。 ▽そして、迎えた新シーズンは開幕戦の大宮アルディージャ戦を勝利で飾ると、開幕5節終了時点で3勝1分け1敗とまずまずの立ち上がりを見せたが、日程が過密になると負傷者が続出。第6節のヴァンフォーレ甲府戦から第8節の清水戦までは、下位相手の試合が続いたが、ここを3分け終わるなど勝ちきれない試合が続いた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171211kawasaki_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽それでも、試合を追うごとに鬼木監督の下で磨かれた守備意識が浸透し始めると、徐々に調子を取り戻し5月以降の8試合を6勝1分け1敗で切り抜け、首位のセレッソ大阪に3ポイント差の5位で後半戦を迎えた。 ▽負傷者が続々と復帰して迎えた後半戦では、川崎Fの攻撃スタイルに新加入の阿部や家長がフィット。また、鬼木監督の求める守備意識が新たな色としてチームに浸透すると、YBCルヴァンカップで9年ぶりに決勝に進出。決勝では惜しくもC大阪に敗れ、 “シルバーコレクター”の汚名返上はならなかった。 ▽それでも、リーグ戦終盤は失速することなく勝ち点を積み重ねると、第29節のベガルタ仙台戦や第31節の柏レイソル戦では、2点のビハインドから同点または逆転勝利をもぎ取るなど、粘り強い戦いを披露。8月以降の15試合で11勝4分けと躍進を続けたチームは、最終節までもつれた鹿島アントラーズとの熾烈な優勝争いを制して、悲願のリーグタイトルを獲得した。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171211kawasaki_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FW小林悠(30) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発33試合)/23得点<hr>▽Jリーグ年間MVPにして初の得点王に輝いたFW小林悠を外すことはできない。例年はシーズン途中に約1カ月の離脱を繰り返してきた小林だが、今シーズンは食事や水分の摂り方、マウスピースの着用やヨガを始めるなど、様々なコンディション調整に取り組んだ。 ▽この変化が実を結び、自身初のリーグ戦全試合に出場。11月に行われた第33節の浦和レッズ戦では、J1リーグ通算200試合出場を達成した。 ▽また、昨シーズンまで所属していたFW大久保嘉人(現FC東京)の移籍により得点力不足が心配された中、その穴を埋める活躍を披露。最終節の大宮アルディージャ戦では自身初のハットトリックを達成するなど、自己最多となる23ゴールを記録して得点王も獲得した。 ▽エースストライカーとしてだけでなく、今シーズンからは中村憲剛からキャプテンマークも引き継ぎ、小林個人にとっても最高のシーズンとなった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「A」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171211kawasaki_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽長年獲得を希望していたMF家長昭博やMF阿部浩之の獲得に成功。序盤こそスタイルの違いから適応に時間を要した両者だが、徐々にフィットすると阿部は自身初の2ケタ得点を記録。負傷もありフィットに時間がかかった家長も第22節の鹿島戦で移籍後リーグ初ゴールを記録すると、類い稀なるサッカーセンスとフィジカルを活かし、後半戦躍進のキーマンとなった。 ▽しかし、的確に行われた2列目の補強に比べ、FC東京に移籍したFW大久保嘉人の後釜となるFWの確保には失敗。小林の奮闘があったためにその穴は気にならなったが、新シーズンに向けては補強が必要となる。 ▽また、最終ラインの強化としてアルビレックス新潟から獲得したDF舞蹴龍ジェームズは長期離脱を強いられリーグ戦での出場はなし。期限付き移籍で獲得したFWハイネルもリーグ戦でわずか5試合の先発で14試合の出場に終わるなど、失敗に終わった補強もあった。それでも、家長、阿部の活躍の大きさで「A」評価とする。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「S」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171211kawasaki_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽悲願のリーグ制覇を果たしたことが大きいが、YBCルヴァンカップでは準優勝、天皇杯ではベスト16、ACLではベスト8と一定の結果を残したシーズンだったと言えるだろう。その要因として挙げられるのは攻守のバランスの良さだ。攻撃面は、これまで通り巧みなパスサッカーでリーグトップの71得点を記録し、鬼木新監督の浸透させた守備面では、ジュビロ磐田、鹿島アントラーズに次ぐリーグ3位の31失点と大きな手応えを掴んだ。 ▽今シーズンは、最終節まで優勝を争った鹿島にシーズンダブルを達成。10年ぶりにACLを制した浦和レッズにもリーグ戦では負けなしと、強豪クラブとの戦績は悪くなかったが、下位に沈んだFC東京やヴァンフォーレ甲府から勝ち点の取りこぼしが目立った。タイトル争いが至上命題となる来季以降は、常勝軍団を目指す上で下位からの取りこぼしをなくしていかないといけない。 ▽悲願のタイトルを獲得し、来季から新たな時代に突入する川崎F。最大22億円とも言われる「DAZN」マネーを手にした初のクラブとして、ストーブリーグではより的確な補強を行い、来季はリーグ連覇だけでなく国内3冠、ACL制覇を目標としてスタートする。 2017.12.11 22:40 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース