ニースvsアヤックスは1-1ドロー! 昨季国内無敗3冠のセルティックはホームで勝ち切れず…《CL予備予選》2017.07.27 05:54 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦1stレグの9試合が26日に行われた。

▽リーグ上位ルートでの対戦となった昨季リーグ・アン3位のニース(フランス)と、ヨーロッパリーグ準優勝で昨季エールディビジを2位で終えたアヤックス(オランダ)の一戦は、1-1のドローに終わった。

▽立ち上がりからボールを保持するアヤックスに対して、バロテッリやスラルフィを起点に鋭いカウンターを仕掛けるニースが主導権を握る。すると32分、ボックス右で縦に仕掛けたセリの絶妙なグラウンダーのクロスに反応したゴール前のバロテッリが冷静に右足で流し込み、ホームチームが先制点を奪った。

▽しかし、後半に入って立て直したアヤックスは49分、セットプレーの流れから相手GKカルディナーレの中途半端なパンチングでのクリアをボックス左のファン・デ・ビークが右足のダイレクトボレーで無人のゴールへ流し込み、貴重なアウェイゴールを奪って試合を振り出しに戻す。その後はアヤックスが押し込む時間が続くが、デビンソン・サンチェスのヘディングシュートがクロスバーを叩くなど、勝ち越し点を奪うまでには至らず。一方、プレア、マルセル、ダウベルト・エンリケを投入して攻勢を強めたニースは、試合終盤にマルセルとダウベルトに続けて決定機も、このチャンスを生かせず。試合は1-1のドローで終わった。

▽また、昨季無敗での国内3冠を決めたセルティック(スコットランド)がローゼンボリ(ノルウェー)をホームに迎えた初戦は、0-0のドローに終わった。ホームで必勝が求められたセルティックだが、若きエースFWデンベレなど一部主力をケガで欠くチームはボールを保持するものの、なかなか攻め切れない。逆に、相手の狙いを定めたカウンターから幾度となくピンチを招いたが、何とか失点を防ぐ。結局、互いに決め手を欠いた一戦はゴールレスで終了した。

▽そのほかの試合では、一昨シーズンにCL本大会に出場したアスタナ(カザフスタン)やCL常連のディナモ・キエフ(ウクライナ)が、ホームで大量3ゴールを奪い、先勝。また、壮絶な打ち合いとなったクラブ・ブルージュ(ベルギー)vsイスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)は、3-3のドロー決着となった。CL予備予選3回戦1stレグ試合結果は以下の通り。

◆CL予備予選3回戦1stレグ
▽7/26(水)
アスタナ(カザフスタン) 3-1 レギア・ワルシャワ(ポーランド)

ディナモ・キエフ(ウクライナ) 3-1 ヤング・ボーイズ(スイス)

ザルツブルク(オーストリア) 1-1 リエカ(クロアチア)

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 2-0 ルドゴレツ(ブルガリア)

ヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア) 1-0 アポエル(キプロス)

マリボル(スロベニア) 1-0 ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド)

ニース(フランス) 1-1 アヤックス(オランダ)

セルティック(スコットランド) 0-0 ローゼンボリ(ノルウェー)

クラブ・ブルージュ(ベルギー) 3-3 イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)

▽7/25(火)

カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 シェリフ(モルドバ)

スラビア・プラハ(チェコ) 1-0 BATEボリソフ(ベラルーシ)

AEKアテネ(ギリシャ) 0-2 CSKAモスクワ(ロシア)

ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) 2-2 ビクトリア・プルゼニ(チェコ)

バルダール(マケドニア) 1-0 コペンハーゲン(デンマーク)

パルチザン(セルビア) 1-3 オリンピアコス(ギリシャ)

コメント

関連ニュース

thumb

オーフェルマルスがアーセナル行きで合意か

▽元オランダ代表MFマルク・オーフェルマルス氏(44)が今シーズン終了後にアーセナルのフロント入りするもようだ。イタリア『Tuttomercatoweb.com』が報じた。 ▽現役時代、1992年からアヤックスで活躍したオーフェルマルス氏は、1998年にアーセナルに移籍。1997-98シーズンのプレミアリーグとFAカップのダブルに貢献するなど、左ウイングを主戦場に3シーズンにわたって主力を務めた。 ▽その後、バルセロナで4シーズンプレーし、2004年に現役引退。2008年にはキャリアをスタートしたゴー・アヘッド・イーグルスで1シーズンのみ現役復帰し、2012年からはアヤックスのスポーツディレクターを務めてきた。 ▽そのオーフェルマルス氏がアーセナルに帰還するようだ。『Tuttomercatoweb.com』によれば、今シーズン限りでアヤックスを退団し、来シーズンからはアーセナルのフロント入りするとのことだ。 2017.10.10 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表MFシーム・デ・ヨングがアヤックスに帰還! ニューカッスルから3年契約で復帰

▽ニューカッスルは28日、元オランダ代表MFシーム・デ・ヨング(28)がアヤックスに3年契約で完全移籍すると発表した。 ▽アヤックスでプロキャリアをスタートさせたシーム・デ・ヨングは、在籍7シーズンで公式戦244試合に出場し、80ゴールを記録。4回のエールディビジ優勝や1度のKNVBカップ制覇に貢献した。 ▽その後、2014年夏からはニューカッスルでプレー。しかし、アヤックス時代のような輝きを見せられず、在籍2シーズンで公式戦26試合に出場し、わずか2ゴールを挙げるにとどまっていた。昨シーズンはアヤックスのライバルであるPSVにレンタル移籍で加入し、公式戦23試合で6ゴールという数字を残していた。 ▽なお、PSVにはシーム・デ・ヨングの実弟であるオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(27)が在籍しており、今季はデ・ヨング兄弟によるデ・クラシケルが実現する。 2017.08.28 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックスが逸材のオランダ代表DFデ・リフトと2021年まで契約延長

▽アヤックスは21日、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)と2021年6月まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から2年間延長した格好だ。 ▽アヤックスユース出身のデ・リフトは、2016年11月24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージのパナシナイコス戦でトップチームデビューを飾ると、同月27日のヘーレンフェーン戦でエールディビジデビューを飾った。 ▽その後はELやアンダーカテゴリーでのプレーが中心となったが、シーズン後半にトップチームに定着。トップチームでは、公式戦23試合で3ゴールをマークした。 ▽また、各年代のオランダ代表に選出されてきたデ・リフトは、2017年3月に初選出されると、同月25日のブルガリア代表戦でA代表デビューを飾った。 2017.08.22 16:04 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得、今夏の補強第一号

▽トッテナムは18日、アヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの6年間となっている。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば4000万ポンド(約56億2000万円)とのことだ。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽そのD・サンチェスはトッテナムの公式サイトで次のように加入の喜びを語っている。 「アヤックスの監督、フロント、チームメート、サポーターに感謝したい。トッテナムに移籍できたのはアヤックスで成長できたからだ。そして、トッテナムのような有名なクラブと契約でき、とても興奮している。ポチェッティーノ監督やチームメートと早く会えることを楽しみにしている」 ▽トッテナムの今夏の補強第一号となったD・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.19 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得へ合意! 今夏の補強第一号か

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、トッテナムがアヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得合意を報じた。 ▽報道によると、合意額は4000万ポンド(約56億2000万円)。アヤックスはD・サンチェスの残留を望んでいたものの、最終的に流失を余儀なくされた格好だ。一方で、トッテナムがD・サンチェス獲得となれば、今夏の補強第一号となる。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽D・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.18 16:49 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース