本大会常連オリンピアコスが敵地で先勝! CSKAモスクワがプレーオフ進出に王手《CL予備予選》2017.07.26 05:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦1stレグの6試合が25日に行われた。

▽セルビア王者パルチザンとギリシャ王者オリンピアコスの一戦は、アウェイのオリンピアコスが3-1で先勝した。開始6分にボックス右に侵入したマリンの短い折り返しに反応したベン・ナボハネがそのままゴール前に持ち込んでオリンピアコスが先制に成功。その5分後にタワンバにゴールを決められ、試合は1-1のイーブンで前半を終える。だが、主導権を渡さないオリンピアコスは後半立ち上がりの56分にボックス右に持ち込んだベン・ナボハネがカットインから見事な左足のコントロールシュートをファーポストに流し込み、勝ち越しに成功した。その後、安定した守備で相手の反撃を凌ぐギリシャ王者は、後半アディショナルタイムにもカウンターから途中出場のエメニケがトドメの3点目を奪い、ホームでの2ndレグを前に大きな勝利を収めた。

▽リーグ上位ルートでの出場となったAEKアテネ(ギリシャ)vsCSKAモスクワ(ロシア)は、アウェイのCSKAモスクワが2-0で先勝した。前半終了間際に右CKの流れからファーサイドでヴァシンが折り返したボールをエースのジャゴエフが頭で流し込み先制したCSKAモスクワは、後半立ち上がりの56分にも再び右CKからキッカーのヴィチーニョのアウトスウィングのクロスをファーのウェルンブルームが頭で合わせ、追加点を奪取。セーフティーリードを奪ったアウェイチームは、守護神アキンフェエフを中心に粘り強い守備で相手の反撃を凌ぎ切って、プレーオフ進出に王手をかけた。

▽また、同じくリーグ上位ルートでの出場となったステアウア・ブカレスト(ルーマニア)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ)は、2-2のドローに終わった。東欧の名門同士による一戦は、アウェイのビクトリア・プルゼニが2度に渡ってリードを奪うも、ホームのステアウア・ブカレストがいずれも追いつき試合は2-2でタイムアップ。それでも、アウェイゴール2つを奪ったビクトリア・プルゼニが優位に立って来週ホームで行われる2ndレグを迎えることになった。そのほかの試合結果および日程は以下の通り。

◆CL予備予選3回戦1stレグ
▽7/25(火)

カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 シェリフ(モルドバ)

スラビア・プラハ(チェコ) 1-0 BATEボリソフ(ベラルーシ)

AEKアテネ(ギリシャ) 0-2 CSKAモスクワ(ロシア)

ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) 2-2 ビクトリア・プルゼニ(チェコ)

バルダール(マケドニア) 1-0 コペンハーゲン(デンマーク)

パルチザン(セルビア) 1-3 オリンピアコス(ギリシャ)

▽7/26(水)
アスタナ(カザフスタン) vs レギア・ワルシャワ(ポーランド)

ディナモ・キエフ(ウクライナ) vs ヤング・ボーイズ(スイス)

ザルツブルク(オーストリア) vs リエカ(クロアチア)

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs ルドゴレツ(ブルガリア)

ヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア) vs アポエル(キプロス)

マリボル(スロベニア) vs ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド)

ニース(フランス) vs アヤックス(オランダ)

セルティック(スコットランド) vs ローゼンボリ(ノルウェー)

クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオ、オリンピアコス退団の元ベルギー代表GKを獲得

▽ラツィオは4日、オリンピアコスから元ベルギー代表GKシルビオ・プロト(35)を獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽1999年に母国ベルギーのルヴィエロワーズでプロデビューしたプロトは、名門アンデルレヒトやオーステンデなど国内クラブを渡り歩き、2017年の夏にギリシャの名門オリンピアコスへ加入。 ▽オリンピアコスでは、守護神としてリーグ戦22試合を含む公式戦37試合に出場した。また、2004年にデビューしたベルギー代表では、これまで13試合に出場し4試合のクリーンシートを達成している。 ▽なお、プロトは今季限りでオリンピアコスとの契約が切れるため、フリーでの加入となる。 2018.07.05 02:50 Thu
twitterfacebook
thumb

不甲斐ない! 会長激怒、オリンピアコス選手に罰金&休暇命令

▽オリンピアコスの選手たちは、罰金を科されるとともに休暇をとるように命じられたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽事の発端は、不甲斐ない成績だという。オリンピアコスは2016-17シーズンのギリシャ・スーパーリーグを制覇。これにより、2010-11シーズンからリーグ7連覇を達成していた。 ▽しかし、今シーズンは26試合を終えて勝ち点51。首位のAEKアテネ(勝ち点57)、2位のPAOKテッサロニキ(勝ち点52)から遅れを取り3位に。さらに消化試合が1試合多い状況となっている。 ▽『BBC』によると、ノッティンガム・フォレストのオーナーでもあるエバンゲロス・マリナキス会長が命じたとのこと。メディアを通じ「私とファンは、君たちをこれまで寛容に見ていた。君たちは今日をもって去り、休暇に入るだろう」とコメント。主力選手たちの追放ともとれる発言を残していた。 ▽ギリシャ・スーパーリーグはPAOK会長が銃をピッチに持ち込んだとして3月途中からリーグ戦が延期に。3月末から再開されていた。オリンピアコスは、1日にレバディアコスと対戦し1-1のドロー。この結果に会長が不満を持ったようだ。 ▽なお、今シーズンの残り試合は主力選手がチームから去ることになるため、U-20チームから選手を招集することになるようだ。マリナキス会長は3月に麻薬取引罪で起訴されるなど、ギリシャサッカー界はピッチ外で様々な問題が起きている。 2018.04.03 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

2.1トンの麻薬を密輸?ギリシャ名門オーナーが麻薬取引の関与を否定「恣意的な捜査」

ギリシャの名門オリンピアコスやイングランド2部のノッティンガム・フォレストでオーナーを務めるヴァンゲリス・マリナキス氏は、現在疑われているギリシャでの麻薬取引への関与を否定した。<br><br>マリナキス氏は、2010年にオリンピアコスのオーナーに就任。2017年5月にイングランド2部リーグ所属のノッティンガム・フォレストを買収していた。<br><br>現在、2クラブでオーナーを務める海運業界の大物は、母国ギリシャで麻薬取引および資金不正操作の疑により起訴されている。英『BBC』によると、マリナキス氏には2014年にタンカーを使っておよそ2.1トンもの麻薬を密輸した疑いが持たれているという。<br><br>しかしマリナキス氏は、オリンピアコスの公式ホームページにて無実を主張した。<br><br>「現在捜査されているような行動を取ったことは一度もない。捜査結果は、私の無実が証明されるものになるだろう。最低限の根拠もなく、今回の捜査はとても恣意的なものだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.25 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス復帰のミララスは今季限りのレンタル移籍に

▽6日にエバートンからオリンピアコス復帰が発表されたベルギー代表FWケビン・ミララス(30)は、今シーズン限りのレンタル移籍となったようだ。エバートンが公式サイトで伝えている。 ▽オリンピアコスは6日、公式ツイッターでミララスの加入を発表。2012年にエバートンに移ってから5年半ぶりの古巣復帰となったが、契約の詳細は明かされていなかった。だが、7日のエバートンの発表によると、ミララスは半年間のレンタル移籍となったようだ。 ▽フランスのリールでプロキャリアをスタートしたミララスは、サンテチェンヌを経て2010年にオリンピアコス、2012年にエバートンに加入。エバートンではこれまで公式戦186試合に出場し38ゴール34アシストをマーク。今季は13試合の出場にとどまり、リーグ戦は5試合のみとなっていた。 2018.01.07 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

クアドラード&ベルナルデスキ弾で勝利したユベントスが2位通過《CL》

▽ユベントスは5日、チャンピンオンズリーグ(CL)グループD最終節でオリンピアコスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。この結果、ユベントスが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ▽前節バルセロナ戦を0-0で引き分けた2位ユベントス(勝ち点8)は、3位スポルティング・リスボン(勝ち点7)に1ポイント差に迫られたなか、勝利すれば自力での決勝トーナメント進出が決まる。そのユベントスは4日前に行われ、1-0と勝利したナポリ戦のスタメンから4選手を変更。負傷したGKブッフォンとキエッリーニが欠場となり、ピャニッチとアサモアがベンチスタートとなって、クアドラードにバルザーリ、アレックス・サンドロとGKシュチェスニーがスタメンとなった。 ▽最下位が決まっているオリンピアコス(勝ち点1)に対し、2列目に右からクアドラード、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりからボールを保持していくと、7分に決定機。ボックス右に侵入したディバラがドリブルシュートに持ち込んだ。しかし、枠の左を捉えていたシュートはGKの好守に阻まれた。 ▽それでも15分、ロングボールでボックス左に抜け出したアレックス・サンドロの折り返しをクアドラードが押し込んでユベントスが先制する。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握ったユベントスだったが、41分にピンチ。右CKからゴールエリア左のジョルジェビッチに決定的なヘディングシュートを許してしまう。しかし、GKシュチェスニーがファインセーブで防ぎ、前半を1点リードして終えた。 ▽後半からセバに代えてマリンを投入してきたオリンピアコスが前がかるなか、ユベントスは58分にピンチ。マリンにボックス右へ侵入されシュートを打たれたが、GKシュチェスニーがセーブした。 ▽押し込まれるユベントスは62分にディバラに代えてピャニッチを中盤アンカーに投入。システムを[4-3-3]に変更した。 ▽攻守のバランスが改善されたユベントスがここから主導権を握り返すと、オリンピアコスをいなしながら時間を消化。 ▽82分のベン・ナブアムのヘディヌシュートがクロスバーに当たって救われると、89分に勝負を決定付けた。5分前に投入されていたベルナルデスキがボックス右に侵入。DFを外し、左足で放ったシュートがゴール左を捉えた。このまま2-0で勝利したユベントスが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ■グループD順位表■ [勝ち点/ /得失点] 1.バルセロナ/14/8 2.ユベントス/11/2 3.スポルティング・リスボン/7/-1 4.オリンピアコス/1/-9 2017.12.06 06:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース