ウディネーゼ、アッズーリの次代を担う逸材GKメレトと2022年までの新契約締結!2017.07.26 02:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは25日、イタリア代表GKアレックス・メレト(20)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ウディネーゼのプリマヴェーラ出身のメレトは、2015年にトップチームデビュー。10代の頃から将来を嘱望される逸材GKは、昨シーズンにレンタル移籍したセリエBのSPALで正守護神を奪取。出場30試合で26失点と驚異的な安定感を誇ったメレトは、SPALのセリエB優勝の立役者となった。

▽また、イタリア代表のフル代表では出場機会こそないものの、今年3月に初招集されており、今後はミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマと共に、GKジャンルイジ・ブッフォンの後継者としてアッズーリの守護神の座を争うことが期待されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼのアルゼンチン人FWマキシ・ロペスがヴァスコ・ダ・ガマへ移籍

▽ヴァスコ・ダ・ガマは14日、ウディネーゼのアルゼンチン人FWマキシ・ロペス(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年12月31日までとなっている。 ▽リーベル・プレート出身のストライカーであるマキシ・ロペスは、バルセロナやマジョルカを経て、カターニャやミラン、サンプドリア、キエーボにトリノといったセリエAのクラブでプレー。2017年夏にトリノからウディネーゼに移籍し、2017-18シーズンはセリエAで28試合に出場して2ゴールを記録していた。 2018.07.15 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、アルゼンチン人GKムッソをラシンから獲得

▽ウディネーゼは11日、ラシン・クラブのアルゼンチン人GKファン・ムッソ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。 ▽ラシンの下部組織で育ったムッソは、2017年5月にトップチームデビュー。これまでラシンで公式戦33試合に出場し、2017-18シーズンはリーグ戦22試合、リベルタドーレスカップ6試合に出場していた。 ▽ウディネーゼではイタリア代表GKアレックス・メレトと、ギリシャ代表GKオレスティス・カルネジスが共にナポリへ移籍し、GKの枚数が足りなくなっていた。 2018.07.12 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがウディネーゼのチェコ代表MFヤンクトを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽サンプドリアは6日、ウディネーゼのチェコ代表MFヤクブ・ヤンクト(22)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取り条項は1500万ユーロ(約19億4500万円)に設定されているとのことだ。 ▽2014年に母国のスラビア・プラハからウディネーゼに移籍したセントラルMFを主戦場に左サイドでもプレー可能なヤンクトは、ウディネーゼで公式戦69試合に出場して11ゴール11アシストを記録。2017-18シーズンはセリエAで36試合に出場して4ゴール6アシストを記録していた。 ▽移籍先のサンプドリアではウルグアイ代表MFルーカス・トレイラがアーセナルを筆頭にビッグクラブへの移籍が濃厚となっており、ヤンクトがその穴を埋める存在となることが期待される。 2018.07.07 01:07 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、メレトに続きウディネーゼからギリシャ代表GKカルネジスを獲得

▽ナポリは5日、ウディネーゼのギリシャ代表GKオレスティス・カルネジス(32)を獲得したことを発表した。契約期間は1年とのことだ。 ▽11日に33歳となるカルネジスは、2013年夏にパナシナイコスからウディネーゼへ移籍。ウディネーゼでは移籍初年度から3シーズンに渡って正GKを務めていたが、2017-18シーズンはワトフォードにレンタル移籍し、シーズン後半戦に正GKの座を奪ってプレミアリーグ15試合に出場していた。ギリシャ代表としてはこれまで49試合に出場している。 ▽昨季までの守護神ホセ・マヌエル・レイナがミランに移籍したナポリでは同日、同じくウディネーゼから将来を嘱望されるイタリア代表GKアレックス・メレト(21)を獲得していた。 2018.07.06 02:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ウディネーゼからイタリア代表GKメレトを5年契約で獲得!

▽ナポリは5日、ウディネーゼからイタリア代表GKアレックス・メレト(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽2012年のウディネーゼの下部組織に入団したメレトは、2015年にトップチームデビュー。10代の頃から将来を嘱望される逸材GKは、2016年の夏にレンタル移籍したセリエBのSPALで正守護神を奪取。出場30試合で26失点と驚異的な安定感を誇ったメレトは、SPALのセリエB優勝の立役者となった。 ▽この活躍が認められ、昨季もSPALへの再レンタルが決定。しかし、昨季は開幕から筋肉系ケガで出遅れると、シーズン終盤には肩のケガで再び離脱するなど、公式戦14試合の出場にとどまっていた。 ▽また、各年代のイタリア代表に選出されてきたメレトは、2017年3月にフル代表に初選出されている。 2018.07.06 01:41 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース