かつてリヨンやラツィオでプレーした元ブラジル代表MFエデルソンが精巣がんに…2017.07.26 02:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フラメンゴは25日、元ブラジル代表MFエデルソン(31)が精巣がんを患っていることを発表した。

▽エデルソンは先日にドーピング検査を受けた際に陽性反応がみられ、その後に精密検査を受けた結果、精巣腫瘍と診断されたことがわかったという。そして、クラブのメディカルスタッフの発表によると、同選手は数日以内に手術を受ける予定だ。

▽エデルソンは、精巣がんと診断されたことについて、ショックを受けたことを認めながらも完治に向けて戦い続けるつもりであると語った。

「今回の出来事は本当にショックで言葉が見つからないよ」

「確かに悲しみを感じているけど、同時に日が経つにつれて落ち着いている。これからもう一つの戦いに臨むけど、僕は前向きな気持ちでいるよ。きっと神様が早い段階で病気を発見する手助けをしてくれたと思うし、今回自分に起きたことに感謝しているんだ」

「だから、周りの人たちには前向きな姿勢を保ち、幸せな雰囲気を作ってほしいと思っている。そういった姿勢こそが僕を助けてくれると思っている」

▽これまでニースやリヨン、ラツィオで活躍した攻撃的MFのエデルソンは、2015年から母国の名門フラメンゴでプレーしている。

▽なお、今回の一件を受けて、前述のクラブはエデルソンへのサポートを表明している。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートン粉砕のアタランタと攻撃陣爆発のリヨンが揃って決勝T進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第5節、エバートンvsアタランタが23日に行われ、アウェイのアタランタが5-1で圧勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で首位に立つアタランタ(勝ち点8)は、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。対するエバートン(勝ち点1)は前節の敗戦によって敗退が決定したものの、ルーニーやウィリアムズ、トム・デイビスなど主力をピッチに送り出した。 ▽試合はモチベーションで勝るアウェイのアタランタが出足鋭い攻めを見せていく。すると12分、味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したカスターニュがグラウンダーのクロス。これをニアでペターニャが潰れ、最後はクリスタンテがワンタッチで流し込んだ。 ▽ホームで先手を許したエバートンは、その後もアレハンドロ・ゴメスを中心に縦に速い攻撃を展開するアタランタを前に耐える時間が続く。それでも、時間の経過と共に押し返し始めると、30分と47分にはボックス付近のミララスが続けて決定的なシュートを放つ。だが、GKベリシャの見事な反応に阻まれ、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半も立ち上がりはアタランタペースで進む。48分にはボックス内に抜け出したクリスタンテがDFウィリアムズに後ろから倒され、PKを獲得。これをキッカーのA・ゴメスが蹴るが、左を狙ったシュートはコースが甘くGKロブレスにストップされる。さらにこぼれ球を再びA・ゴメスが蹴り込むが、再びロブレスに阻まれた。 ▽絶好の追加点のチャンスを逃したアタランタだったが、その後もエバートンを自陣深くに押し込める猛攻を見せる。しかし、A・ゴメスやハテボエルの決定機が相手の身体を張った守備やGKロブレスのビッグセーブに防がれ、あと一押しが足りない。それでも、64分にはA・ゴメスの左CKをニアで待ち構えていたクリスタンテがバックヘッドでファーポストに流し込み、待望の追加点を奪う。 ▽一方、ホームで意地を見せたいエバートンは、ヴラシッチ、フィーニーと続けて交代カードを切っていくと、71分に1点を返す。右サイドのスペースに抜け出したミララスが折り返したボールを中央で受けたサンドロ・ラミレスが素早い足の振りからゴール左隅に流し込んだ。 ▽この失点をキッカケにエバートンが押し返す時間が続くも、焦れずに失点を防ぐアタランタ。すると、試合終盤にかけて見事なゴールラッシュを見せる。86分、セットプレーの二次攻撃でボックス外のゴセンズが左足で放ったシュートが左ポストの内側を叩いて決まる。さらに、87分と94分にはいずれもカウンターからコーネリウスが連続得点を記録し、終わってみれば5-1の圧勝。敵地でエバートンを粉砕したアタランタが最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、リヨンvsアポロン・リマソルは、ホームのリヨンが4-0で快勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で2位のリヨン(勝ち点8)は、3位アポロン・リマソル(勝ち点3)をホームに迎えたこの一戦で引き分け以上で突破が決定する優位な状況となった。 ▽試合は立ち上がりからリヨンペースで進んでいくが、互いにアクシデントに見舞われる。15分過ぎ、共に足を痛めたリヨンのトラオレ、アポロンのアントン・マクリガがプレー続行不可能となり、それぞれオアール、セラヤの緊急投入を余儀なくされる。 ▽それでも、試合の主導権を握ったホームチームは29分、左CKの場面で相手GKとDFがクリアミスを犯すと、これをゴール前に詰めていたディアカビが冷静に蹴り込んで先制に成功する。さらに32分にはロングカウンターから左サイドを突破したデパイがクロスを入れると、ボックス右で胸トラップしたフェキルが冷静に左足で流し込んだ。 ▽リヨンの2点リードで折り返した試合は、後半も試合展開に大きな変化はなし。モレルに代えてトゥサールをハーフタイム明けに送り出したホームチームは、後半も鋭いカウンターから相手の背後を突いては決定機を作り出す。 ▽66分にはボックス右でパスを受けたオアールがGKとDFを引き付けて浮き球のクロス。これをマリアーノ・ディアスが頭で合わせ、ダメ押しの3点目を奪った。その後も攻撃の手を緩めないリヨンは、試合終了間際にも若手FWマオリダにゴールが生まれ、4-0の圧勝。この結果、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2017.11.24 07:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ証言、PSGで飼い殺し状態の“あの選手”は「メッシ級の才能」

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマがパリ・サンジェルマン(PSG)で不遇を味わうあの選手のポテンシャルをバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに匹敵するレベルと証言した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽あの選手とは、元フランス代表MFハテム・ベン・アルファだ。ベンゼマとベン・アルファは、1987年生まれの同学年で、リヨン下部組織時代から互いを知る仲。共に若くして将来を嘱望されてきたが、ベンゼマがレアル・マドリーで一定の成功を収める傍らで、数クラブを渡り歩くベン・アルファは安定した地位確保には至っていない。 ▽そのベン・アルファはニースでの活躍により、2016年夏にフランスのメガクラブであるPSG移籍のチャンスを手に。しかし、ウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンのここまで飼い殺し状態となっている。 ▽フランス『Canal+』でインタビューに応じたベンゼマは、少年時代から知るベン・アルファの才能や現状について、次のように言及した。 「ベン・アルファの才能はメッシ級さ」 「からかっているわけじゃない。彼のPSGで置かれた状況を見ると、心が痛むよ」 2017.11.14 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、89億円以上のフェキル獲得へ?

▽アーセナルがリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(24)の獲得に向かっているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、アーセナルは現在、リヨンと交渉中。前向きな話し合いが行われているようで、推定6000万ポンド(約89億4000万円)以上の取引になるという。 ▽リヨン下部組織出身のフェキルは、2015年にリーグ・アン年間最優秀若手選手賞を受賞した大器。アーセナル移籍が実現すれば、FWアレクサンドル・ラカゼットと再びチームメートとなる。 ▽一方で、アーセナルは、契約が今シーズン限りとなっているものの、延長交渉が進まないドイツ代表MFメスト・エジルと、チリ代表FWアレクシス・サンチェスに関して、来冬に放出する意向を示しているようだ。 ▽『デイリー・スター』によれば、アーセナルはエジルとサンチェスを手放すことでそれぞれ3000ポンド(約44億7000万円)の売却金を見込み、それをフェキルの獲得資金に充てることを検討しているとのことだ。 ▽なお、エジルを巡ってはマンチェスター・ユナイテッドが関心を示しているとみられ、サンチェスにはマンチェスター・シティのモニタリングが伝えられている。 2017.11.13 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、リヨンの逸材DFディアカビ獲得に関心か

▽チェルシーがリヨンに所属するU-21フランス代表DFムクタル・ディアカビ(20)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『Calcio Mercato』が伝えている。 ▽プレミアリーグ第11節終了時点で首位マンチェスター・シティと勝ち点9差の4位に甘んじるなど、アントニオ・コンテ体制2年目で苦戦が続くチェルシー。とりわけ、昨季驚異的な安定度を誇った守備陣は、ややソリッドさに欠けている。 ▽キャプテンのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルの衰えに加え、ローマからの新戦力のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがフィットし切れていない現状に不満を持つコンテ監督は、新たなセンターバックの獲得をクラブに対して要求しているようだ。 ▽その中でクラブが新たにリストアップしているのが、先日にマンチェスター・シティからの関心が報じられたリヨンの逸材DFだという。 ▽昨シーズンにリヨンでトップチームデビューを飾ったディアカビは、190cmの長身と優れた身体能力を活かした対人守備の強さに加え、足下のスキルを活かしたビルドアップにも定評がある総合力の高いセンターバックだ。 ▽チェルシーとしては同タイプのリュディガーの成長を促しつつ、ディアカビの動向を注視していく構えのようだ。 2017.11.07 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ・アンダービー戦で暴動発生…発端となったリヨン主将フェキルは謝罪拒否

リーグ・アンは5日に12節の試合が行われ、リヨンはサンテチェンヌに5-0で大勝した。この試合中、サポーターがピッチに侵入する騒ぎが起こり、30分間中断する事件が発生している。<br><br>フランスのローヌ=アルプ地域圏に本拠地を置く両チームによるダービーマッチは、敵地に乗り込んだリヨンが圧倒的な攻撃力を見せ、65分までに4-0とリードを広げる。<br><br>すると84分に事件が発生。リヨン主将FWナビル・フェキルが5点目を奪うと、ユニフォームを脱いで観衆に見せつけるパフォーマンスを披露した。昨季の&ldquo;クラシコ&rdquo;でバルセロナFWリオネル・メッシが見せたようなこのパフォーマンスに、サンテチェンヌファンが激怒。ピッチ内に侵入するなど暴れまわり、警備兵が押さえに走るなど騒然とした雰囲気で、試合は30分間中断することとなった。<br><br>リーグの代表団と審判、両チームの指揮官による話し合いの末、騒動から30分後に試合は再開された。スコアはそのまま動かず、リヨンが勝利している。<br><br>試合後、発端となったフェキルは『Canal +』に対し、「彼らはこのパフォーマンスが好きじゃないみたいだね。悪い意味はないよ。まぁやるべきではなかったかもしれないね。ちょっと動揺していた。謝罪? このジェスチャーには後悔してないよ」と、謝罪を拒否している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.06 14:29 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース