かつてリヨンやラツィオでプレーした元ブラジル代表MFエデルソンが精巣がんに…2017.07.26 02:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フラメンゴは25日、元ブラジル代表MFエデルソン(31)が精巣がんを患っていることを発表した。

▽エデルソンは先日にドーピング検査を受けた際に陽性反応がみられ、その後に精密検査を受けた結果、精巣腫瘍と診断されたことがわかったという。そして、クラブのメディカルスタッフの発表によると、同選手は数日以内に手術を受ける予定だ。

▽エデルソンは、精巣がんと診断されたことについて、ショックを受けたことを認めながらも完治に向けて戦い続けるつもりであると語った。

「今回の出来事は本当にショックで言葉が見つからないよ」

「確かに悲しみを感じているけど、同時に日が経つにつれて落ち着いている。これからもう一つの戦いに臨むけど、僕は前向きな気持ちでいるよ。きっと神様が早い段階で病気を発見する手助けをしてくれたと思うし、今回自分に起きたことに感謝しているんだ」

「だから、周りの人たちには前向きな姿勢を保ち、幸せな雰囲気を作ってほしいと思っている。そういった姿勢こそが僕を助けてくれると思っている」

▽これまでニースやリヨン、ラツィオで活躍した攻撃的MFのエデルソンは、2015年から母国の名門フラメンゴでプレーしている。

▽なお、今回の一件を受けて、前述のクラブはエデルソンへのサポートを表明している。

コメント

関連ニュース

thumb

トリノ、リヨンからカメルーン代表DFエンクルを獲得!

▽トリノは5日、リヨンからカメルーン代表DFニコラ・エンクル(27)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2011年にマルセイユに加入して以降、同クラブのディフェンスリーダーとして活躍してきたエンクルだが、昨夏国内のライバルであるリヨンに4年契約で加入。しかし、DFエマヌエル・マンマナ(現ゼニト)とDFムクタル・ディアカビという伸び盛りの若手センターバックとのポジション争いに敗れ、昨シーズンはリーグ戦13試合の出場にとどまるなど、思うようなシーズンを送ることができなかった。 ▽それでも、カメルーン代表として通算72キャップを誇り、昨夏にはナポリやローマも獲得に関心を示した百戦錬磨のセンターバックの加入は、トリノにとって大きな補強となりそうだ。 2017.08.05 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン、U-21フランス代表DFディアカビと2022年までの新契約締結!

▽リヨンは2日、U-21フランス代表DFムクタル・ディアカビ(20)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽リヨンの下部組織出身の大型センターバックのディアカビは、2016年9月に行われたボルドー戦でトップチームデビュー。まだまだ粗削りなプレーが目立つものの、圧巻の身体能力を生かした対人守備と空中戦の強さを披露し、デビューシーズンに公式戦34試合に出場し、5ゴールを記録した。 ▽また、U-19チームからフランス代表の世代別代表でも活躍している。 2017.08.03 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニト、リヨンからアルゼンチン代表DFマンマナを獲得! マノラス獲得失敗も逸材を確保

▽ゼニトは7月31日、リヨンからアルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽リヨンの発表によると、移籍金は1600万ユーロ(約21億円)。また、今後マンマナが他クラブに移籍する際に、移籍金の20パーセントがリヨンに支払われることになる。 ▽2016年夏にリーベル・プレートからリヨンに加入したマンマナは、昨季の公式戦25試合に出場し1ゴールを記録した。また、2014年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では、今年6月に行われたブラジル代表、シンガポール代表とのフレンドリーマッチに出場しており、ホルヘ・サンパオリ新監督の下で最終ラインの主軸を担うことが期待されている。 ▽ロベルト・マンチーニ新監督を招へいしたゼニトは、今夏の移籍市場でローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)やインテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)の獲得に乗り出していたが、最終的にアルゼンチンの逸材確保に成功した。 ▽なお、ゼニトは今夏の移籍市場でマンマナに加えて、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(22)、アルゼンチン人FWセバスティアン・ドリウッシ(21)と2人の若手アルゼンチン人選手を獲得している。 2017.08.01 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン、下部組織育ちの逸材FWマオリダと2022年までの新契約締結!

▽リヨンは26日、U-19フランス代表FWミジアーヌ・マオリダ(18)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽育成の名門リヨンで将来を嘱望されるマオリダは、速さと強さ、テクニックの三拍子を兼ね備えた万能型FW。ここまでトップチームでの出場機会はないものの、昨シーズンのUEFAユースリーグでは6試合に出場し、2ゴール1アシストを記録するなど、その才能の片鱗を窺わせた。 ▽また、フランスの世代別代表ではU-16チームから常に招集を受け、現在はU-19フランス代表でプレーしている。 2017.07.27 01:40 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ヨベティッチ弾でリヨンとの初戦を制す《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのインテルvsリヨンが24日に南京奥林匹克体育中心で行われ、1-0でインテルが勝利した。 ▽今大会初戦となるインテルとリヨンが相まみえた。インテルはGKハンダノビッチ以下、最終ラインにムリージョ、ミランダ、ダンブロージオ、左サイドバックに長友。中盤をガリアルディーニ、ボルハ・バレロ、ジョアン・マリオで構成し、前線は右からカンドレーバ、ピナモンティ、エデルと並べた。対するリヨンはフェキルやデパイ、マリアーノ・ディアスが先発した。 ▽試合序盤はインテルが攻勢に出る。エデルを中心に仕掛け、長友も攻撃に絡んでいく。21分にはジョアン・マリオの右CKにミランダがヘッド。しかし、これは枠をはずれる。 ▽前半の半ばからハーフタイムにかけては一進一退の攻防。リヨンは左サイドからデパイが積極的に仕掛けるも、単発的で決定機をつくるまでには至らない。43分にはバイタルエリア手前からガリアルディーニが強烈なミドルシュートを放ってリヨンゴールを強襲。しかし、これはGKの正面に飛び、先制とはならなかった。 ▽迎えた後半開始、インテルはコンドグビアやガブリエル・バルボサ、ヨベティッチ、そしてマンチェスター・ユナイテッド移籍が噂されるペリシッチなどを投入。長友は前半のみの出場となった。 ▽そのインテルは51分、ボックス左から中に仕掛けたヨベティッチが枠内にシュートに持ち込む。しかし、このシュートはコースが甘く、GKにセーブされる。さらに57分には最終ラインを破ったガブリエル・バルボサがボックス内に侵入してGKと一対一に。DFに寄せられながらもシュートに持ち込んだが、これもGKの好守に遭う。 ▽それでも、74分にはインテルがゴールをこじ開ける。高い位置でボールを奪うと、ボックス右で仕掛けたジョアン・マリオの折り返しを正面のヨベティッチがダイレクトシュート。抑えの利いたコントロールシュートをゴール左に突き刺し、インテルがリードした。 ▽その後、リヨンは反撃に出るもインテルがシャットアウト勝ち。ICC初戦をインテルがモノにしている。 インテル 1-0 リヨン 【インテル】 ヨベティッチ(後29) 2017.07.24 23:04 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース