かつてリヨンやラツィオでプレーした元ブラジル代表MFエデルソンが精巣がんに…2017.07.26 02:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フラメンゴは25日、元ブラジル代表MFエデルソン(31)が精巣がんを患っていることを発表した。

▽エデルソンは先日にドーピング検査を受けた際に陽性反応がみられ、その後に精密検査を受けた結果、精巣腫瘍と診断されたことがわかったという。そして、クラブのメディカルスタッフの発表によると、同選手は数日以内に手術を受ける予定だ。

▽エデルソンは、精巣がんと診断されたことについて、ショックを受けたことを認めながらも完治に向けて戦い続けるつもりであると語った。

「今回の出来事は本当にショックで言葉が見つからないよ」

「確かに悲しみを感じているけど、同時に日が経つにつれて落ち着いている。これからもう一つの戦いに臨むけど、僕は前向きな気持ちでいるよ。きっと神様が早い段階で病気を発見する手助けをしてくれたと思うし、今回自分に起きたことに感謝しているんだ」

「だから、周りの人たちには前向きな姿勢を保ち、幸せな雰囲気を作ってほしいと思っている。そういった姿勢こそが僕を助けてくれると思っている」

▽これまでニースやリヨン、ラツィオで活躍した攻撃的MFのエデルソンは、2015年から母国の名門フラメンゴでプレーしている。

▽なお、今回の一件を受けて、前述のクラブはエデルソンへのサポートを表明している。

コメント

関連ニュース

thumb

リヨンに競り負けたエバートンが3戦未勝利で敗退危機に…イリチッチ躍動のアタランタが首位キープ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第3節、エバートンvsリヨンが19日に行われ、アウェイのリヨンが2-1で勝利した。 ▽エバートン、アタランタ、リヨンと欧州主要リーグの上位チームが同居した今グループステージ最激戦区のグループE。初戦のアタランタ戦を落とし、格下アポロン・リマソル相手にも勝ち切れず、まさかのグループ最下位に沈むエバートンは、公式戦3戦未勝利と低迷が続く。必勝が求められる今節だが、週末にアーセナルとのリーグ戦を控えるため、ルーニーを招集外としたほか、シグルドソンら一部主力をベンチに置いた。 ▽対するリヨンもグループステージ2戦連続ドローに加え、公式戦5戦未勝利が続いたが、直近のリーグ戦ではモナコを破り、復調気配を見せる。今回の試合ではモナコ撃破の立役者となったフェキルら主力をピッチに送り込んだ。 ▽互いに今大会初勝利を目指す中、アウェイチームが早々に試合を動かす。開始6分、ボックス左で仕掛けたマルカルがDFホルゲイトに倒されてPKを獲得。これをキッカーのフェキルが冷静に決め、幸先良く先制に成功した。 ▽立ち上がりの失点でまたしても厳しい展開を強いられたエバートンは、21分にボックス右からカットインしたミララスがミドルシュート。32分にもトム・デイビスのスルーパスに抜け出したミララスがGKと一対一を迎えるが、ここは相手GKアントニー・ロペスの好守に阻まれ、追いつくことができない。 ▽一方、守勢に回りながらも効果的なカウンターで2点目に迫るリヨンは37分、ボックス手前の好位置で得たFKを名手デパイが直接狙うが、壁に当たってコースが変わったボールはポストを叩いた。 ▽1点ビハインドで前半を終えたエバートンは、クラーセンに代えて後半頭からルックマンを投入。キックオフ直後には左サイドからのクロスをカルバート=ルーウィンが頭でフリックしたボールをファーのルックマンが押し込みにかかるが、ここはGKにキャッチされる。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、シュナイデルランの負傷に伴い、シグルドソンの投入を余儀なくされたエバートンは、64分にハイボールをキャッチした相手GKアントニー・ロペスに対し、ウィリアムズが意図的な腹部へのヒジ打ちで押し倒すラフプレーを敢行。このプレーをキッカケに両軍、ピッチサイドの観客まで入り混じる乱闘に発展。ウィリアムズにはレッドカードの可能性もあったが、同じく乱闘に関わった相手FWトラオレと共にイエローカードでの喧嘩両成敗の裁定に救われる。 ▽すると69分、エバートンが相手陣内右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのシグルドソンがゴール前に入れた絶妙なクロスをウィリアムズが頭で流し込み、退場の可能性もあった主将のゴールでエバートンが試合を振り出しに戻す。 ▽だが、乱闘の被害者でもあるリヨンにとって収まりがつかない展開の中で、ウィリアムズと共にカードをもらっていたトラオレがやり返す。75分、右サイドをドリブルでこじ開けた途中出場のM・コルネがゴール前に低いクロスを入れると、DFキーンに寄せられながらもトラオレが右足ヒールで合わせたボールがゴールネットに吸い込まれ、リヨンが勝ち越しに成功した。 ▽ホームで負けられないエバートンは試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていくが、再三の決定機を創出したシグルドソンのプレースキックが右ポストに阻まれるなど、ツキにも見放されて試合はこのままタイムアップ。リヨンにグループステージ初勝利を献上したエバートンは、ここまでの3戦でわずかに勝ち点1の大苦戦でグループステージ突破に黄色信号が灯る。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、アタランタvsアポロン・リマソルは、ホームのアタランタが3-1で快勝した。 ▽ここまで1勝1分けで首位に立つアタランタは試合開始12分、左サイドを破ったスピナツォーラからのグラウンダーのクロスをイリチッチが冷静に流し込み、幸先良く先制に成功する。 ▽その後、ここまでリヨン、エバートン相手に引き分けているアポロンにゴールをこじ開けられ、後半序盤に試合を振り出しに戻される。それでも、慌てないホームチームはイリチッチの左CKをペターニャが頭で合わせ、64分に勝ち越す。この2分後には左サイド深くでアレハンドロ・ゴメスが上げたクロスを中央のイリチッチがおしゃれな胸での落としでボックス右に走り込むフロイラーに繋ぐと、ここからダメ押しの3点目が生まれた。 ▽イリチッチの1ゴール2アシストの活躍でアポロンに今大会初黒星を与えたアタランタが、首位の座をがっちりとキープした。 2017.10.20 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

目標はユナイテッド復帰ではない? 「僕はレアル・マドリーでプレーすることになるだろう」

▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(23)が将来のビジョンを明かした。スペイン『アス』が報じている。 ▽2017年1月にマンチェスター・ユナイテッドから推定移籍金2000万ユーロ(約26億4000万円)でリヨンに加入したデパイ。スペイン『アス』によると、その契約の中には買い戻しオプションも付随していることだ。フランスでの復活に期待がかかる今シーズンは、公式戦10試合でここまで3ゴール3アシストを記録しており、主力としてチームの攻撃陣を支えている。 ▽そんな中、デパイは自身の将来の目標について告白。いつの日かレアル・マドリーでプレーしたいことを明かした。 「僕はいつかレアル・マドリーでプレーする。それが僕の目標だよ。実現するかどうかは神だけが知っているけど、きっと彼は僕を助けてくれるはずさ」 2017.10.17 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

フェキル劇的FK弾でリヨンが6戦ぶり勝利! モナコは3戦連続勝ちなし…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第9節のリヨンvsモナコが13日に行われ、3-2でホームのリヨンが勝利した。 ▽代表ウィーク前の前節モンペリエ戦を1-1のドローで終え、首位・パリ・サンジェルマン(勝ち点22)との首位争いにやや遅れを取ったモナコ(勝ち点19)は、その試合からスタメンを5名変更。ジェメルソン、ファビーニョ、ティーレマンス、ファルカオ、ヨベティッチに代わり、コンゴロ、モウティーニョ、メイテ、A・トラオレ、ケイタを先発で送り出した。 ▽試合は、序盤からリヨンが効果的なカウンターを繰り出した。6分、リヨンが右CKを得た場面でトゥサールが頭で合わせると、ポストを直撃。さらに9分には、最前線のマリアーノがDFのバックパスを追い、GKスバシッチの保持するボールに足を当てる。すると、今度は右のポストに直撃した。得点とはならなかったが、GKスバシッチの守るゴールを脅かしていく。 ▽すると11分、勢いそのままにリヨンが得点を奪い切る。ボックス内左でボールを持ったフェキルが、ドリブルで相手DFを翻弄。タイミングをずらし、左足で低いクロスを上げると、ファーのマリアーノの下へ。マリアーノは右足ダイレクトで合わせ、ネットを揺らした。 ▽リヨンがペースを握り始めると17分、今度はモナコが鋭いカウンターを突き刺した。最前線のケイタがDFからのパスを受けると、ややタメを作りラインの裏にスルーパス。二列目からダイアゴナルに走り込んでいたR・ロペスがボックス内左でフリーとなり、GKとの一対一を制して、同点弾とした。 ▽昨季王者に先制しておきながらも、あっという間に試合をイーブンに戻されたリヨンだったが、23分に再びリードする。ボックス手前中央でワンタッチプレーが続き、相手DFに混乱をもたらすと、ボックス手前左のF・メンディがラストパスを供給。マークを剥がして走り込んだフェキルが、ダイレクトで蹴り込んだ。 ▽それでも34分、モナコがまたしても意地をみせる。コンゴロからのグラウンダーのクロスを収めたR・ロペスが、ボックス内でDF4人に囲まれながらも後ろに落とす。フリーで走り込んだA・トラオレが豪快に右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。 ▽リヨンは前半中に2度もリードしたものの、いずれも守り切れず。試合は、同点の状態で折り返しを迎えることに。勝ち越しを目指すリヨンは、60分にB・トラオレを下げてデパイを投入。攻勢を強めていく。 ▽67分には、ボックス内右からのオーアルからの折り返しに、マリアーノが下がりつつ足で合わせる。シュートはGKスバシッチの逆を突いたものの、残された足でブロック。絶好機はファインプレーに阻まれた。73分には敵陣中央付近で得たFKから、マリアーノが強烈なシュートを放ったが、またしても左ポストに嫌われる。 ▽リヨンが攻勢を保って試合を展開すると、試合終了間際にドラマが待っていた。95分、敵陣中央やや右で得たFKで、キッカーをフェキルが担当。左足を振り抜くと、鋭いシュートが壁の横を通過し、ゴール左下に吸い込まれた。 ▽直後に終了の笛が鳴り、劇的な展開でリヨンがシーソーゲームを制すこととなった。この結果、リヨンは公式戦6試合ぶりの勝利。一方、今シーズン2敗目を喫したモナコは、公式戦3戦連続で勝ちなしとなった。 2017.10.14 05:52 Sat
twitterfacebook
thumb

アレハンドロ・ゴメスの直接FK弾でアタランタがリヨンから勝ち点1奪取《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループE第2節、リヨンvsアタランタが28日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽開幕節でアポロン・リマソルに1-1と引き分けたリヨンと、エバートンに3-0と快勝したアタランタの一戦。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、最初にチャンスを作ったのはリヨン。16分、マリアーノ・ディアスのミドルシュートがGKベリシャを襲った。 ▽続く23分にはアタランタにチャンス。しかし、ハテボエルのヘディングシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽その後はリヨンが押し気味に試合を進めると、前半終盤の45分に均衡を破る。左クロスに合わせたトラオレのボレーシュートはGKベリシャがセーブされるも、ルーズボールをトラオレ自ら押し込んだ。 ▽迎えた後半、反撃に転じたアタランタは57分に同点に持ち込む。ボックス左角付近で得たFKをアレハンドロ・ゴメスが鋭いシュートで直接決めきった。 ▽その後、69分に左CKからF・メンディのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ったリヨンだったが、ゴールライン前のDFにクリアされてしまう。終盤にかけてもリヨンが攻勢に出たが、決定打は生まれずに1-1で終了。勝ち点1を分け合った。 2017.09.29 06:16 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGが終盤のオウンゴール2発で開幕6連勝! リヨンは今季初黒星…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第6節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsリヨンが17日にパルク・デ・プランスで行われ、2-0でPSGが勝利した。 ▽前節メスに完勝し開幕5連勝を飾ったPSGが、ホームにリーグ無敗を継続するリヨンを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のセルティック戦を行ったPSGは、その試合から先発を1人変更。マルキーニョスに代えてキンペンベが起用された。 ▽対するリヨンは、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアポロン・リマソル戦から先発を4人変更。M・コルネやフェリ、ラファエウ、マルカルに代えてトラオレ、エンドンベレ、テテ、F・メンディが先発に名を連ねた。 ▽試合序盤、先にチャンスを迎えたのはリヨン。7分、フェキルのパスを受けたデパイがボックス左から仕掛けると、カットインから右足を振り抜くが、シュートはGKアレオラがキャッチ。 ▽対するPSGは12分、ショートコーナーの流れからボックス左に侵入したネイマールがクロスを供給。ファーサイドから走り込んだチアゴ・シルバが右足で合わせたが、このボールは枠を外した。 ▽その後、PSGは敵陣まで侵攻するも、リヨンの集中した守りにシュートまで結びつけることができない展開が続く。前半終了間際の44分には、中盤でボールを受けたムバッペの鋭いパスからネイマールにチャンスが生まれるも、ペナルティアーク左からのシュートはGKアントニー・ロペスの正面を突き、前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、PSGは56分に決定機を迎える。カウンターを仕掛けたネイマールがペナルティアーク右付近で倒されFKを獲得。ネイマールの直接FKがゴール左を捉えるも、これはGKアントニー・ロペスの好セーブに阻まれた。 ▽対するリヨンは68分、CKのセカンドボールを拾ったエンドンベレがバイタルエリア右から強力なミドルシュートを放つも、これはクロスバーを直撃した。 ▽ゴールの遠いPSGは、72分にドラクスラーとクルザワを下げてロ・セルソとユーリを投入。すると75分、右クロスのこぼれ球をボックス手前のモッタが頭でつなぐと、これを受けたロ・セルソが巧みな反転で相手DFのマークを外すとクロスを供給。これがマルセロのオウンゴールを誘い、PSGが先制に成功した。 ▽先制したPSGは、78分に追加点のチャンスを迎える。ロ・セルソがF・メンディに右サイド深くで倒されFKを獲得。このFKでネイマールがクロスを入れると、ボックス内でポジション争いを繰り広げたムバッペがF・メンディに倒され、主審はPKを宣言。しかし、カバーニのPKはGKアントニー・ロペスが左手で弾くと、クロスバーを叩いた。 ▽チャンスを逃したPSGだが86分、ネイマールのラストパスで相手DFの裏に抜け出したムバッペがゴール正面からシュート。これは飛び出したGKアントニー・ロペスに弾かれるも、守備に戻ったモレルに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。好調リヨンに苦戦したPSGだが、終盤の2得点で開幕6連勝を飾った。 2017.09.18 06:13 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース