元デンマーク代表GKセーレンセンが現役引退、プレミア通算409試合出場2017.07.24 23:54 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メルボルン・シティを退団した元デンマーク代表GKトーマス・セーレンセン(41)が24日、現役引退を発表した。

▽母国でキャリアを積んだセーレンセンは、1998年にサンダーランドに移籍。正守護神としてプレミアリーグで171試合に出場した後、2003年にチームが2部に降格したことを受け、アストン・ビラへと加入。ここでも正守護神としてプレーし、139試合に出場した。2008年にはストークに移籍して99試合に出場するなど、プレミアリーグの通算出場数は409試合を数えていた。そして、メルボルン・シティでは在籍2年間で公式戦40試合に出場していた。

▽デンマーク代表としてはユーロに2度(2000年、2004年)、ワールドカップ(W杯)にも2度(2002年、2010年)出場するなどキャップ数は101を誇った。また、2010年の南アフリカW杯では、日本代表戦でもゴールマウスを守った。

▽輝かしいキャリアを築いたセーレンセンは自身のインスタグラムで引退について次のようにコメントしている。

「大きな誇りとともに少しの悲しみがある。今日、現役引退を正式に発表することができ、多くの人々に感謝を伝えたい。家族、友人、クラブ、監督、チームメート、そしてファンにだ。みんなのサポートに対してはこの先ずっと感謝していく。これから新たな人生の章が始まるよ」

コメント

関連ニュース

thumb

レヴィ弾で打ち合い制したポーランドが3大会ぶり8度目のW杯出場! 2位デンマークのPO進出も決定《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE最終節の3試合が8日に行われた。 ▽前節でアルメニア代表相手の大勝で本大会出場に王手をかけた首位ポーランド代表(勝ち点22)と、逆転での2位浮上を目指す3位モンテネグロ(勝ち点16)の一戦は、4-2でホームのポーランドが勝利した。 ▽勝ち点1以上獲得で2006年W杯以来、3大会ぶり8度目の本大会出場が決まるポーランドは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと共に予選15得点で得点ランクトップに立つレヴァンドフスキやグリク、ピシュチェク、ブワシュチコフスキらが先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりからホームの大歓声を後押しに相手を押し込むポーランドは6分、右サイドを攻め上がったピシュチェクが右足インサイドでマイナスに折り返したボールをボックス中央のジエリンスキが右足インサイドでゴール前に流すと、これをゴール前のマチニスキが三度右足インサイドのダイレクトで蹴り込み、早々に先制点を奪った。 ▽幸先良くリードを奪ったポーランドは16分、右サイドから中央に切り込んだジエリンスキがボックス中央でDFを背負ったレヴァンドフスキの足元にボールを入れると、レヴァンドフスキが巧みな反転からのラストパスでグロシツキのゴールをお膳立てした。 ▽その後も試合の主導権を握って試合を進めるポーランドだが、なかなか試合を決める3点目を奪うことができない。すると、試合終盤の78分には相手のCKの流れからミユスコビッチが頭で折り返したボールを交代直後のムゴサに圧巻のオーバーヘッドシュートで決められ、1点を返される。さらに83分にはベシラウがボックス右で折り返したボールを、ボックス中央でフリーのトマセビッチにダイレクトでゴール左隅へ流し込まれ、同点に追いつかれてしまった。 ▽2-2でも首位通過が決まるものの、相手の勢いに押されるポーランドだったが、この窮地を頼れるエースが救う。失点からわずか2分後の85分、DFミユスコビッチの不用意なバックパスに反応したレヴァンドフスキが飛び出した相手GKより先にボールをかっさらい、無人のゴールへ流し込んだ。 ▽さらに87分には気落ちした相手の隙を突いてグロシツキが左サイドから入れたクロスをファーに走り込んだブワシュチコフスキがダイレクトで折り返す。これをゴール前のレヴァンドフスキが触ってコースが変わると、ファーサイドにいたDFストイコビッチのオウンゴールを誘い、決定的な4点目が入った。そして、このリードをきっちり守り切ったポーランドが4-2の勝利で本大会行きを手繰り寄せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171009_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、逆転でのW杯ストレートインにわずかなチャンスを残す2位デンマーク代表(勝ち点19)と、4位ルーマニア代表(勝ち点12)の一戦は、1-1のドローに終わった。 ▽前節、モンテネグロ代表との大一番を1-0で制して2位浮上のデンマークは、その試合で決勝点を奪ったエリクセンやベントナー、ケアー、デラネイなど主力が引き続き先発に入った。 ▽立ち上がりから攻勢に転じるデンマークは、シストのキレ味鋭い仕掛けや司令塔エリクセンと主砲ベントナーのホットラインでゴールを目指す。33分にはエリクセンのスルーパスに抜け出したベントナーがボックス右に持ち込んでシュートも、これは相手DFの決死のブロックに遭う。続く38分には再びエリクセンの絶妙なキープからの浮き球パスにベントナーが抜け出しGKをかわしてゴールネットを揺らすが、ここは微妙なオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽迎えた後半も主導権を握るデンマークは58分、ゴール前の競り合いでDFガネアに倒されたベントナーがPKを獲得。これをキッカーのエリクセンがGKにコースを読まれながらもなんとか決め、待望の先制点を奪った。 ▽この先制点で重圧から解放されたデンマークは、63分に相手DFガネアが2枚目の警告を受けて退場となる追い風もあり、ここから危なげない試合運びを見せる。だが、前半同様になかなか決定機を決めきれずにいると、試合終盤にそのツケを払うことに。 ▽88分、バンクの左サイドからのクロスをゴール前で胸トラップしたトゥクデアンにシュートを許すと、このディフレクトをデアクにダイレクトで蹴り込まれ、10人の相手に痛恨の同点ゴールを奪われた。その後、エリクセンやシェーネの仕掛けで勝ち越しゴールを目指したものの、試合はこのままタイムアップ。 ▽首位ポーランドの勝利で本大会ストレートインを逃したデンマークだったが、2位通過9チームのうち上位8チームが進めるプレーオフへの出場を決定した。 ▽また、同日行われた最下位カザフスタン代表(勝ち点2)と5位アルメニア代表の一戦は、1-1のドローに終わった。 ◆ロシアW杯欧州予選グループE最終順位 (勝ち点、得点、失点、得失点差) 1.ポーランド 25pts 28得点 14失点 +14 2.デンマーク 20pts 20得点 8失点 +12 3.モンテネグロ 16pts 20得点 12失点 +8 4.ルーマニア 13pts 12得点 10失点 +2 5.アルメニア 7pts 10得点 26失点 -16 6.カザフスタン 3pts 6得点 26失点 -20 2017.10.09 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

エリクセン弾でデンマークがモンテネグロとの上位対決を制し逆転突破の可能性を残す《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第9節、モンテネグロ代表vsデンマーク代表が5日に行われ、0-1でデンマークが勝利した。 ▽首位のポーランド代表を3ポイント差で追う勝ち点16で並ぶ2位・モンテネグロと2位・デンマークの一戦。ヨベティッチやサビッチらを先発で起用してきたモンテネグロと、エリクセンやY・ポウルセンらを先発で起用してきたデンマークの上位対決。 ▽立ち上がりの劣勢を凌いで徐々にポゼッションを高めたデンマークは14分、シストのミドルシュートでGKを強襲。すると16分、ペナルティアーク右から左足を振り抜いたエリクセンのミドルシュートがゴール右に突き刺さり、デンマークが先制した。 ▽失点したモンテネグロはアクシデントに見舞われる。20分、負傷した影響か、ヨベティッチが交代となり、代わってジョルジェビッチが入った。ここからポゼッションを高めたモンテネグロだったが、ヨベティッチを失った影響もあって攻め手を欠き、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半もモンテネグロが押し込む中、62分にチャンス。サビッチがミドルシュートを浴びせるも枠を捉えきれなかった。 ▽自陣に引いて凌ぐデンマークは65分にシストのコントロールシュートが枠を捉えるもGKの守備範囲に飛んでしまう。 ▽反撃に出たいモンテネグロは69分にムゴサのミドルシュートで、78分にヤンコビッチの枠内シュートでゴールに迫るもGKの正面を突いてゴールならず。デンマークの牙城を崩せずに0-1で敗れ、最終節のポーランド戦を前に3位に転落し、予選敗退が濃厚となってしまった。 ▽一方、勝利したデンマークはルーマニア代表とのホーム戦で逆転での首位突破を目指すこととなった。 2017.10.06 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ローゼンボリで絶好調のベントナーも引き続き招集! デンマーク代表メンバーが発表《ロシアW杯欧州予選》

▽デンマークサッカー協会(DBU)は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むデンマーク代表メンバー23名を発表した。 ▽アゲ・ハレイデ監督は、トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンやレスター・シティのGKカスパー・シュマイケルら主力を選出。また、FWニクラス・ベントナー(ローゼンボリ)も招集された。 ▽デンマークは、ポーランド代表、モンテネグロ代表、ルーマニア代表、アルメニア代表、カザフスタン代表と同じグループEに属しており、8試合を終えて5勝1分け2敗の勝ち点16で3位に位置している。10月5日にはアウェイで2位のモンテネグロ(勝ち点16)と、同9日にはホームで4位のルーマニア(勝ち点9)と対戦する。今回発表されたデンマーク代表メンバー23名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆デンマーク代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カスパー・シュマイケル</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・レッスル</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレデリック・ラノウ</span>(ブロンビー) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マティアス・ヨルゲンセン</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘンリク・ダルスゴーア</span>(ブレンドフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・ビランド</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・クリステンセン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤニク・ヴェステルゴーア</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イェンス・ストリガー・ラーセン</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">リザ・ドゥルミジ</span>(レアル・ベティス/スペイン) <span style="font-weight:700;">シモン・ケアー</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ミケ・イェンセン</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) <span style="font-weight:700;">ルーカス・レラガー</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">ラッセ・シェーネ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ピオネ・シスト</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">トーマス・デラネイ</span>(ブレーメン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・エリクセン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ウィリアム・クヴィスト</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ユスフ・ポウルセン</span>(RBライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ビクトル・フィッシャー</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・コーネリウス</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">カスパー・ドルベリ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ニクラス・ベントナー</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) 2017.09.26 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ弾などで快勝ポーランドが首位キープ! 4発快勝デンマークが2位に浮上《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第8節の3試合が4日に行われた。 ▽前節終了時点で首位に立つポーランド代表(勝ち点16)は、ホームで最下位カザフスタン代表(勝ち点2)と対戦し、3-0で快勝した。 ▽前節、デンマーク相手に0-4の完敗を喫して今予選初黒星を喫したポーランドは、ここまで未勝利のカザフスタンをホームで迎え撃った。ミリクとレヴァンドフスキの強力2トップを最前線に置いたポーランドは、立ち上がりから攻勢をかける。すると11分、左サイドのリブスが入れたクロスをファーサイドのマクシェフスキが頭で折り返すと、これをミリクがダイビングヘッドで流し込んだ。 ▽幸先良く先制したポーランドは、その後もジエリンスキやミリクが再三の決定機を作るが、ややフィニッシュの精度を欠き、前半のうちに試合を決め切れない。すると後半立ち上がりの48分にはゴール前の混戦からクアトにシュートを決められるが、ここはオフサイドの判定に救われて事なきを得る。 ▽その後、気を引き締め直したポーランドは72分にボックス手前で得たFKをレヴァンドフスキが狙うが、GKの手を弾いたボールがゴールラインを完全に割るも、主審と副審はポジションが悪くこれを認めず。だが、この幻のゴールからわずか2分後にポーランドは、ジエリンスキの右CKを巨漢グリクが豪快なヘディングで合わせ、貴重な追加点を奪取。その後、86分にもレヴァンドフスキのPKで加点したポーランドが前節の大敗を払しょくする3-0の快勝を収めた。 ▽同日行われたアルメニア代表vsデンマーク代表は、アウェイのデンマークが4-1で快勝した。 ▽連敗で5位に低迷するアルメニア(勝ち点6)と、連勝で勢いに乗る3位デンマーク(勝ち点13)の一戦は、早い時間帯にスコアが動く。開始6分、ボックス手前で反転して前を向いたコリャンが右足を強振すると、無回転気味で縦に鋭く落ちたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽それでも、慌てないデンマークはエリクセンの右CKからコーネリウスが最初の決定機を作ると、16分には右サイドのダルスゴーアからのクロスをタイミング良くゴール前に入り込んだデラネイが頭で流し込み、早々に追いつく。さらに29分にはボックス手前左の好位置で得たFKを名手エリクセンが見事な右足でゴール左上隅に突き刺し、逆転に成功した。 ▽デラネイの2戦連続ゴールとエリクセンの3戦連続ゴールで試合を引っくり返したデンマークは、後半もきっちり主導権を握る。すると、試合終盤の81分にはデラネイが見事なミドルシュートで3点目を奪取。さらに後半アディショナルタイムにはエリクセンの左CKを再びデラネイが頭で流し込み、ハットトリック達成。エリクセンとデラネイのコンビの活躍でデンマークが2連勝を飾った。 ▽また、同日行われた2位のモンテネグロ代表(勝ち点13)と、4位ルーマニア代表(勝ち点9)の一戦は、ヨベティッチのゴールでホームのモンテネグロが1-0で勝利した。この結果、得失点差で上回ったデンマークが2位に浮上し、モンテネグロが同勝ち点ながら3位に転落した。 ◆ロシアW杯欧州予選グループE第8節結果 ▽9/4(月) ポーランド 3-0 カザフスタン アルメニア 1-4 デンマーク モンテネグロ 1-0 ルーマニア 2017.09.05 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

デンマークが無敗の首位ポーランドに4発圧勝《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第7節、デンマーク代表vsポーランド代表が1日に行われ、4-0でデンマークが完勝した。 ▽3位デンマーク(勝ち点10)と5勝1分けで首位に立つポーランド(勝ち点16)の一戦。 ▽試合は開始直後、デラネイが際どいミドルシュートを浴びせたデンマークが良い入りを見せると、16分に先制する。左CKからデラネイのヘディングシュートが決まった。 ▽先制を許したポーランドはレヴァンドフスキにボールを入れて反撃に転じるも、決定的なシュートに持ち込むことはできない。 ▽すると前半終盤の42分、デンマークが加点する。エリクセンの右クロスをコーネリウスがボレーで蹴り込んだ。 ▽迎えた後半、ポーランドが前がかる入りとなったが、次にゴールを奪ったのもデンマーク。59分、右クロスのルーズボールをN・ヨルゲンセンが蹴り込んだ。 ▽さらに80分、エリクセンがボックス手前からコントロールシュートを流し込んで圧勝。ポーランドに今予選初黒星を喫しさせ、ポーランド、モンテネグロに3ポイント差に詰め寄っている。 2017.09.02 05:55 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース