チェルシーがMFケネディの行いを中国に謝罪2017.07.24 14:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは、U-23ブラジル代表MFケネディ(21)が23日に自身SNS上で中国を侮辱したとして、謝罪した。一連の流れを『マルカ』が伝えた。

▽チェルシーは22日、中国の北京国家体育場でアーセナルとフレンドリーマッチを行い、3-0で勝利した。チェルシーにとってはプレミアリーグのライバルを破る晴れやかな1日となったが、その試合の前にケネディが自身SNSを更新し、その内容が問題となったようだ。

▽『マルカ』では、問題の投稿内容が2つ紹介されている。1つは、中国人警備員の寝ている画像が添付された投稿に「起きろ中国人。まぬけだぞ」という文が添えられたもの。もう1つは、ポルトガル語で“英字4文字に相当するような罵り言葉”だと伝えられている。ケネディが直後のアーセナル戦に出場した際には怒りのブーイングが響いたという。後に同選手は、それらの投稿を削除している。

▽23日、チェルシーは公式サイト上で以下のような謝罪文を掲載した。

「ケネディの行いは間違いでした。彼は多くを学ばなければなりません。彼の態度はクラブの総意ではありませんし、若手選手達に説いている模範行動からはかけ離れたものです。彼は強く叱責され、処分を受けました」

「チェルシーフットボールクラブに所属する人間は誰もが、中国を最大限に尊重し、称賛しており、中国のファンの方々を愛しています。中国のファンの方々と、中国の人々全体に向けて謝罪します」

▽なお、ケネディ本人もSNS上で謝罪を行った。

「ハロー、マイフレンズ。僕の投稿で誰かが悲しんだなら謝罪したい。人種差別をする意図はなかった」

▽ケネディは2015年8月22日にブラジルの名門フルミネンセからチェルシーへ加入。移籍初年度の2015-2016シーズンには、公式戦20試合出場2得点1アシストを記録しており、期待の若手として今回のプレシーズンツアーに帯同している。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーとユベントス関係者がルガーニ移籍に関して会談…提示額に開きがあるも交渉は前進へ

チェルシーの関係者がダニエレ・ルガーニの移籍についてユベントスの関係者と会談したことが分かった。『Goal』の取材で明らかになっている。<br><br>今夏、アントニオ・コンテ氏を解任し、マウリツィオ・サッリ監督を招へいしたチェルシーは、エンポリ時代に同指揮官の下でプレーしたルガーニの獲得に興味。そして、チェルシーの関係者ファーリ・ラマダニ氏とユベントスのスポーティング・ディレクター、ファビオ・パラティチ氏は同選手の移籍に関して18日にミラノで話し合いの場を設けた。<br><br>ユベントスが設定するルガーニの売却額は5000万ユーロ(約66億円)とされており、チェルシーの提示額は4000万ユーロ(約53億円)と双方の間にはまだまだ開きがあるが、この会談は良い方向へと進んだようだ。さらに、ユベントスは今夏に1億ユーロ(約131億円)でクリスティアーノ・ロナウドを獲得しており、収支バランスを保つためにも数名の売却が必須だ。<br><br>イタリア代表としても7キャップを誇る23歳のルガーニだが、所属するユベントスでは十分な出場機会を得られず。ジョルジョ・キエッリーニ、メディ・ベナティア、アンドレア・バルザーリの牙城を崩せず、2017-18シーズンの出場数は26試合と限定的なため、新天地を求める可能性も十分にあり得る。<br><br>またルガーニに加え、チェルシーはチームメイトのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得にも興味を持っているとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

クルトワ、マドリッドの新居探しを開始?

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)が、マドリッドで新居を探しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を最高位3位に導き、個人としてもベストGK賞を受賞したクルトワ。W杯が終了したことで、レアル・マドリー移籍の噂が熱を帯び、最近ではマドリー移籍に関して両クラブが合意に至ったとの報道がイギリスメディアによって伝えられた。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー移籍に備えてスペインでの新居を探しているという。2017年1月に2人の子供と母親のためにマドリッドで家を買ったクルトワだが、マドリー移籍が実現した場合、他の家に引っ越す意向であるようだ。 ▽「休みのたびにスペインに行っている。簡単な状況じゃない」などとこれまでも家族の住むマドリッド移住希望を口にしてきたクルトワ。果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.19 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ会長、ゴロビンのチェルシー移籍合意報道を否定「合意に近づいていない」

▽CSKAモスクワの会長を務めるエフゲニー・ギネール氏が、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(22)のチェルシー移籍合意報道を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』がロシア『Sport24』のインタビューを引用して伝えている。 ▽今回のロシア・ワールドカップでも出色の活躍を見せたゴロビン。CSKAでも2017-18シーズンでは公式戦43試合7ゴール6アシストを記録した同選手には、ドルトムントやナポリといったビッグクラブの関心が伝えられ、自身がユベントス移籍を希望しているとの報道や、モナコがオファーを公に認めたことから拍車がかかっていた。 ▽そんな中、最近ではチェルシーが争奪戦を制し、5年契約で合意したとの報道がイタリアメディアによって伝えられた。しかし、今回CSKAモスクワのギネール会長が、その報道について否定している。 「彼はロシアの星へと成長するだろう。ロシアリーグでそれが確実に実現するかはわからない。イングランドのプレミアリーグやスペインのリーガエスパニョーラはここよりもはるかにレベルが高い」 「彼が落ちぶれないためにも我々は、放出しなくてはいけない。ただ、行き先はまだ決まっていない。オファーを受けたとき、常にオープンに交渉しようと考えている。モナコの副会長は本当に彼のオファーを提示してきたよ」 「チェルシーについて話をするなら、まだ彼らと合意に近づいたという話はないよ。ただ、数日中にゴロビンの移籍先は決定されると思っている」 2018.07.19 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

“チェルシーの英雄”ゾラ、サッリのアシスタントとしてブルーズ復帰!

▽チェルシーは19日、トップチームのアシスタントコーチに元イタリア代表のジャンフランコ・ゾラ氏(52)が就任したことを発表した。 ▽ゾラ氏は現役時代にナポリやパルマなどイタリア複数クラブを経て、1996年から2003年までチェルシーでプレー。2度のFAカップ優勝、1度のEFLカップ、UEFAカップウィナーズカップ優勝に貢献した。その後2005年にカリアリで引退したゾラ氏は、これまでウェストハム、ワトフォード、カリアリなどを指揮。2016年12月にはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガム監督に就任したが、24試合で2勝しかできず、わずか4カ月で辞任していた。 ▽14日にチェルシー指揮官に就任したマウリツィオ・サッリ監督のアシスタントとしてチェルシーに復帰することとなったゾラ氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私にとって素晴らしいことだ。これは難しいチャレンジになると思うが、全力を尽くしていく。この場所で成功者であるサッリと共に仕事ができて、とても嬉しいよ。私は選手時代と同様に、この新しいポジションでもベストを尽くしたい。この挑戦を楽しみにしている。新しい冒険にとても興奮しているよ」 2018.07.19 08:55 Thu
twitterfacebook
thumb

クルトワ、アザール、ケイヒル!? チェルシー主将も退団検討か

▽チェルシーに所属するイングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)に退団の可能性があるようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽ギャリー・ケイヒルは、2012年1月にボルトンから加入。在籍7シーズンでチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグで1回ずつの優勝を誇り、2回のプレミアリーグ優勝にも貢献した。 ▽しかし、キャプテン就任の2017-18シーズンは、前任者であるアントニオ・コンテ氏の下、ベンチスタートが増加。プレミアリーグでの先発機会は、前年度の36試合を下回る24試合に減った。 ▽その中、マウリツィオ・サッリ新監督率いるチームは今夏、ユベントスからイタリア代表DFダニエレ・ルガーニの獲得間近とされ、ニューカッスルのイングランド人DFジャマール・ラッセルズへの関心も囁かれている。 ▽また、サッリ新監督の戦術もコンテ監督が用いた3バックではなく、4バックの採用が見込まれ、そうなると、必然的にセンターバック陣のポジション争いも昨シーズン以上に激化するとみられる。 ▽なお、ギャリー・ケイヒルとチェルシーの契約は残り1年。今夏の退団が囁かれるGKティボー・クルトワやMFエデン・アザールのベルギー代表勢と共にギャリー・ケイヒルまでもが新天地を求めることになるのだろうか。 2018.07.18 13:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース