チェルシーがMFケネディの行いを中国に謝罪2017.07.24 14:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは、U-23ブラジル代表MFケネディ(21)が23日に自身SNS上で中国を侮辱したとして、謝罪した。一連の流れを『マルカ』が伝えた。

▽チェルシーは22日、中国の北京国家体育場でアーセナルとフレンドリーマッチを行い、3-0で勝利した。チェルシーにとってはプレミアリーグのライバルを破る晴れやかな1日となったが、その試合の前にケネディが自身SNSを更新し、その内容が問題となったようだ。

▽『マルカ』では、問題の投稿内容が2つ紹介されている。1つは、中国人警備員の寝ている画像が添付された投稿に「起きろ中国人。まぬけだぞ」という文が添えられたもの。もう1つは、ポルトガル語で“英字4文字に相当するような罵り言葉”だと伝えられている。ケネディが直後のアーセナル戦に出場した際には怒りのブーイングが響いたという。後に同選手は、それらの投稿を削除している。

▽23日、チェルシーは公式サイト上で以下のような謝罪文を掲載した。

「ケネディの行いは間違いでした。彼は多くを学ばなければなりません。彼の態度はクラブの総意ではありませんし、若手選手達に説いている模範行動からはかけ離れたものです。彼は強く叱責され、処分を受けました」

「チェルシーフットボールクラブに所属する人間は誰もが、中国を最大限に尊重し、称賛しており、中国のファンの方々を愛しています。中国のファンの方々と、中国の人々全体に向けて謝罪します」

▽なお、ケネディ本人もSNS上で謝罪を行った。

「ハロー、マイフレンズ。僕の投稿で誰かが悲しんだなら謝罪したい。人種差別をする意図はなかった」

▽ケネディは2015年8月22日にブラジルの名門フルミネンセからチェルシーへ加入。移籍初年度の2015-2016シーズンには、公式戦20試合出場2得点1アシストを記録しており、期待の若手として今回のプレシーズンツアーに帯同している。

コメント

関連ニュース

thumb

M・アロンソの直接FK弾で競り勝ったチェルシーが連勝! 吉田フル出場のセインツは5戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、チェルシーvsサウサンプトンが16日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽前節、ハダースフィールドに3-1の勝利を収めてウェストハム戦の敗戦を払しょくした3位のチェルシー(勝ち点36)は、連勝を目指して11位のサウサンプトン(勝ち点18)をホームで迎え撃った。コンテ監督は中3日での一戦に向けて、リュディガーとケイヒルを入れ替えたものの、それ以外は同じメンバーを起用。また、負傷明けのモラタがベンチに入った。 ▽一方、FW岡崎慎司に2ゴールを奪われるなど、前節のレスター・シティ戦で1-4の大敗を喫したサウサンプトンは、その試合から先発6人を変更。ファン・ダイクやデイビス、タディッチらをベンチに置き、ガッビアディーニやホード、レドモンドが先発に入り、システムも守備的な[3-5-2]を採用した。 ▽ホームのチェルシーが立ち上がりからボールを保持するが、引いてスペースを消すサウサンプトンの守備ブロックを前になかなか攻撃のスイッチが入らない。それでも、15分にはボックス左で仕掛けたウィリアンが枠をわずかに外れる惜しいシュートを放つと、徐々に攻撃にエンジンがかかり始める。 ▽一方、守勢が続きながらも最後の場面で粘るサウサンプトンだったが、15分過ぎにアクシデントが発生。立ち上がりに足を痛めていたセドリックがプレー続行不可能となり、17分にレミナの投入を余儀なくされる。この交代でワード=プラウズが右ウイングバックに移り、レミナがセントラルMFに入った。 ▽時間の経過と共に攻勢を強めるチェルシーは、25分にボックス手前でアザールの落としを受けたカンテが強烈なシュートを放つが、これはGKフォースターの好守に遭う。さらに33分にはマルコス・アロンソが右足のシュートでゴールを脅かすが、ここも相手守護神の好守に遭う。 ▽それでも、攻勢を続けるチェルシーは前半アディショナルタイム2分にボックス手前中央で仕掛けたアザールがDF吉田のファウルを誘い、好位置でFKを獲得。ここでウィリアンとマルコス・アロンソがセットしたボールの前に立つと、左利きのマルコス・アロンソが壁の外側から巻いて落とす見事なシュートを突き刺し、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽前半ラストプレーの失点によってビハインドを背負って後半を迎えたサウサンプトンは、その後半立ち上がりも押し込まれる展開が続く。この状況を受けて、ペジェグリーノ監督は61分、ガッビアディーニを下げてオースティンを投入。すると、オースティンは投入直後のファーストプレーでホイビュルクのスルーパスに抜け出してGKクルトワと一対一のチャンスを迎えるが、ここは相手GKの好守に阻まれ、同点ゴールとはならない。 ▽あわや同点というピンチを招いたことで、より追加点がほしいチェルシーは65分、味方とのパス交換でペドロがゴールネットを揺らすが、ここはパスを出したアザールが戻りオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽その後、68分にペドロ、73分にアザールを下げてセスク、モラタを投入したチェルシーは、そのセスクとモラタに追加点のチャンスが訪れるも、これを決め切れない。それでも、持ち味の堅守を武器にサウサンプトンの反撃を危なげなく凌ぎ切って、1-0で勝利。やや苦戦を強いられたものの、マルコス・アロンソの直接FK弾を守り切ったホームのチェルシーがリーグ戦2連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは5試合未勝利となった。 2017.12.17 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アンチェロッティ就任は既定路線か…「彼は2月にロンドンに戻ってくる」

▽イギリス『デイリー・レコード』が、来シーズンのチェルシーの監督にカルロ・アンチェロッティ氏が就任する見込みであると報じた。 ▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督を取り巻く状況は悪化の一途を辿っている。昨シーズン、チェルシーの指揮官に就任したコンテ監督はチームに新システムをもたらし、圧倒的な強さでプレミアリーグを制した。しかし今夏、昨季のエースだったブラジル代表FWジエゴ・コスタ(現アトレティコ・マドリー)との確執が取り上げられると、移籍に関してクラブ上層部との不仲説が浮上。さらに現在では、ブラジル代表DFダビド・ルイスとの間にも軋轢が生じているとも言われ、クラブは日に日に不信感を増幅させている模様だ。 ▽このような経緯から、コンテ監督解任の噂が絶えない中、『デイリー・レコード』は来季のチェルシー監督はアンチェロッティ氏になると報道した。同氏に関しては、パリ・サンジェルマン(PSG)も次期監督に据える意向を示しているようだが、サッカー記者のイアン・マクガリー氏は「アンチェロッティはPSGには戻らない。なぜなら彼は2月にロンドンに戻るからだ」として次のように続けた。 「彼(アンチェロッティ)は現在、チェルシー就任の時を待っている。すでに彼はロマン・アブラモビッチ(チェルシーオーナー)と話し合いを行った。アブラモビッチはコンテよりもアンチェロッティを好んでいる。マネジメントに関して(クラブや選手との)摩擦が少ないからだ」 「アンチェロッティはコミュニケーションに長けている。選手の話を聞き、選手がどんなプレーをしたいか汲むことが出来るんだ」 ▽現在フリーのアンチェロッティ氏は2009-10シーズンにチェルシーの監督に就任。就任1年目からリーグ戦とFAカップの2冠を達成したが、翌シーズンの成績不振により、シーズン終了後に解任された。 2017.12.16 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイス、移籍の最後通告か

▽チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイス(30)が移籍を示唆しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽昨シーズン、チェルシーの3バックのセンターとしてレギュラーを張り、プレミアリーグ制覇に大きく貢献したD・ルイス。しかし、今シーズン途中にアントニオ・コンテ監督との関係性が悪化したとされており、出場機会が減少している。 ▽現在ベンチ外が続いているD・ルイスに関しては負傷中との報道も出ている中、『エクスプレス』によれば、コンテ監督と今後についての話し合いが行われたようだ。 ▽その中でD・ルイスは再びファーストチームのレギュラー格としての地位を返してもらうことを望んだようだ。それが無理ならば、退団することを厭わない姿勢を示したという。 ▽なお、D・ルイスに関してはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリー、バイエルンといったメガクラブが獲得に関心を示しているとのことだ。 2017.12.15 11:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアンが今冬のチェルシー退団を否定 「チェルシーで幸せ」

▽チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)が今冬のチェルシー退団の可能性を否定した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽今シーズンに入って出場機会に恵まれていないウィリアンに関しては、恩師ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナが獲得に動いているといわれている。また、今冬、来夏の補強資金獲得を目指すチェルシー側も同選手を放出要員の1人として考えているとも報じられている。 ▽しかし、ウィリアンはチェルシーでのプレーに幸せを感じており、今後も同クラブでプレーすることを希望していると語った。同選手が1ゴール2アシストの活躍を披露した12日のプレミアリーグ第17節、ハダースフィールド後に語った。 「チェルシーでいつも幸せを感じているよ。僕は本当にこのクラブが好きで、心の中の大部分を占めているよ。ファンの人たちは(自分の去就に関して)落ち着いてもらって大丈夫だ」 「僕はチェルシーのプレーヤーであり、ここ最近のチームでの役割やスタイルにとても満足しているんだ」 2017.12.14 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…

▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ローマ[11/3/2/1/3] 2.チェルシー[11/3/2/1/8] 3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1] 4.カラバフ[2/0/2/4/-12] ◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。 ◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。 ◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。 ◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。 2017.12.13 18:02 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース