チェルシーがMFケネディの行いを中国に謝罪2017.07.24 14:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは、U-23ブラジル代表MFケネディ(21)が23日に自身SNS上で中国を侮辱したとして、謝罪した。一連の流れを『マルカ』が伝えた。

▽チェルシーは22日、中国の北京国家体育場でアーセナルとフレンドリーマッチを行い、3-0で勝利した。チェルシーにとってはプレミアリーグのライバルを破る晴れやかな1日となったが、その試合の前にケネディが自身SNSを更新し、その内容が問題となったようだ。

▽『マルカ』では、問題の投稿内容が2つ紹介されている。1つは、中国人警備員の寝ている画像が添付された投稿に「起きろ中国人。まぬけだぞ」という文が添えられたもの。もう1つは、ポルトガル語で“英字4文字に相当するような罵り言葉”だと伝えられている。ケネディが直後のアーセナル戦に出場した際には怒りのブーイングが響いたという。後に同選手は、それらの投稿を削除している。

▽23日、チェルシーは公式サイト上で以下のような謝罪文を掲載した。

「ケネディの行いは間違いでした。彼は多くを学ばなければなりません。彼の態度はクラブの総意ではありませんし、若手選手達に説いている模範行動からはかけ離れたものです。彼は強く叱責され、処分を受けました」

「チェルシーフットボールクラブに所属する人間は誰もが、中国を最大限に尊重し、称賛しており、中国のファンの方々を愛しています。中国のファンの方々と、中国の人々全体に向けて謝罪します」

▽なお、ケネディ本人もSNS上で謝罪を行った。

「ハロー、マイフレンズ。僕の投稿で誰かが悲しんだなら謝罪したい。人種差別をする意図はなかった」

▽ケネディは2015年8月22日にブラジルの名門フルミネンセからチェルシーへ加入。移籍初年度の2015-2016シーズンには、公式戦20試合出場2得点1アシストを記録しており、期待の若手として今回のプレシーズンツアーに帯同している。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテに黄色信号!? ドイツ紙が2人の後釜候補をピックアップ

▽ドイツ『スポーツ・ビルト』が、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の後釜に、トーマス・トゥヘル前ドルトムント監督と、昨シーズンで退任したルイス・エンリケ前バルセロナ監督2人の名前を挙げた。コンテ監督のブルーズ指揮官としての余命は、もう長くないのかもしれない。 ▽昨夏にチェルシーの監督に就任したコンテ監督は、就任1年目ながらプレミアリーグを制覇。第5節リバプール戦、第6節アーセナル戦の連敗を受けて、システムを [3-4-2-1]に変更すると、そこから13連勝を記録。第12節以降一度も首位の座を譲らず、圧倒的な強さでチェルシーを2年ぶりの優勝に導いた。 ▽就任2年目を迎えた今シーズンも、磐石の体制で迎えるかに思われたが、今夏のプレシーズン、一向に新戦力を獲得しないクラブのフロントにコンテ監督が不満を抱いているとの噂が流れ始めた。その結果、チェルシーのフロントとコンテ監督の関係が緊張状態にあるともいわれており、『スポーツ・ビルト』も同監督とクラブ上層部の関係が良好でないことを示唆している。 ▽そんな中、同メディアは、強化担当のマリナ・グラノフスカヤ氏がトゥヘル氏を新たな監督として招へいすることを見据えていることを報道した。前バルセロナ監督のエンリケ氏も候補に挙がっているが、英語力が十分でないことや、トゥヘル氏が若手を積極的に起用し、高いレベルに育て上げる能力が長けているという評価から、トゥヘル氏が第一候補となっているようだ。 ▽果たして、チェルシーは昨季にプレミア王者へと導いた知将の首を切るという決断を下すのだろうか。 2017.08.23 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムがバークリー獲得に28億円入札か、しかし隣の青いチームも…

▽トッテナムが、エバートンのイングランド代表MFロス・バークリー(23)の獲得に2000万ポンド(約28億円)の移籍金を用意しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ▽先日、トッテナムはコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得し、今夏1人目の補強を成功させた。『テレグラフ』によると、さらなるスカッドの強化を図る同クラブは、前々から噂されてきたバークリー獲得に着手。ダニエル・レヴィ会長は2000万ポンド(約28億円)を元手に、場合によっては800万ポンド(約11億2000万円)追加し、獲得に乗り出す構えであり、今週中に会談が行われる予定となっている。 ▽しかし、バークリーに興味を示しているクラブはトッテナムだけではなく、同じロンドンのライバルであるチェルシーも長らく動向をチェックしており、獲得レースの激戦は必至だ。そのチェルシーは、個人間での契約合意に動いているようで、バークリーに対して週給10万ポンド(約1400万円)を用意しているという。 ▽また、エバートン側は当初、5000万ポンドの移籍金を望んでいたが、残りの契約年数が1年となっており、引き下げを検討している模様。新たに3000万ポンドと見積もっているが、バークリー自身はハムストリングの負傷で長期離脱を強いられており、さらなる移籍金の引き下げが行われる可能性がある。 ▽なお、『テレグラフ』によると、トッテナムはバークリーの他にも、フルハムのU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)や、エストゥディアンテスのU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)、サウサンプトンのアルゼンチン人GKパウロ・ガッサニーガ(25)にも注目しているという。 2017.08.23 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎が“レスター不動のエース”へ? チェルシー、ヴァーディを急襲か

▽チェルシーが、レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(30)の獲得に乗り出すようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽これまでの報道によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が今オフシーズンにFWジエゴ・コスタに新シーズンの構想外であることを通達。しかし、チェルシーは1stターゲットのFWロメル・ルカクを取り逃した結果、FWアルバロ・モラタを獲得した。 ▽それでも、センターフォワードはプレミアリーグ未経験のモラタとFWミッチー・バチュアイでは心もとない状況。そのため、チェルシーはヴァーディ獲りに動くもようだ。 ▽仮にヴァーディがレスターを離れることになれば、残りの移籍市場期間を考えれば大物の後釜ストライカーを確保するのが難しい状況。そのため、開幕から2戦連続スタメンでいずれもゴールを挙げている日本代表FW岡崎慎司のチームでの存在価値がさらに増すことになることが予想される。 2017.08.23 12:11 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦辛勝の選手たちを称賛するコンテ「戦士たちの姿を見た」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、20日にアウェイで行われたプレミアリーグ第2節のトッテナム戦を2-1で勝利したチームを称賛している。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽昨季ホームで無敗を誇ったトッテナムとの一戦に臨んだチェルシーは、MFマルコス・アロンソの2得点の活躍でロンドン・ダービーを制した。試合後の取材に応じたコンテ監督は、苦しみながらも勝利した選手たちを手放しで称えている。 「簡単な試合ではなかったが、選手たちは私に素晴らしい姿や熱意、それに意思を見せてくれた。彼らを誇りに思うよ。我々はピッチのことだけに集中する必要があった。ピッチの外は重要じゃない」 「選手たちに感謝している。私は今日、戦う戦士たちを見た。こういった試合をものにできたのは非常喜ばしいことだ。私はフットボールについて話しているのではなく、このスピリット、このハート、そしてこの熱意が素晴らしいと言っているんだ」 2017.08.21 20:22 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤の補強を進めたいチェルシー、PSGのポーランド代表MF獲得を検討

チェルシーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアクへ関心を強めているようだ。イギリス紙『ザ・サン』が報じている。<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督はレスター・シティののダニー・ドリンクウォーターに強い関心を寄せていたが、レスター側が4000万ポンド(約56億円)の移籍金を要求したため、話し合いはストップしたと見られている。<br><br>そこでチェルシーは、レンタルでクリホヴィアク獲得を検討しているようだ。<br><br>クリホヴィアクは、2016年にセビージャで指導を受けたウナイ・エメリの後を追いPSGへ移籍したが、公式戦でわずか19試合の出場に留まっていた。同選手にはチェルシーのほか、ミランやバレンシアも関心を示しているとされる。<br><br>PSGは今夏にバルセロナよりブラジル代表MFネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)で獲得した。これを受け、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の制度で、クラブの収支を合わせる必要があり、保有選手の売却が取り沙汰されている。<br><br>提供:goal.com 2017.08.21 11:20 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース