オーストリアリーグが開幕!! 開幕戦にスタメン出場の南野がゴール!!《オーストリアリーグ》2017.07.23 12:39 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽22日に2017-18シーズンのオーストリアリーグが開幕した。FW南野拓実が所属するザルツブルクは、開幕節でヴォルフスブルガーとのアウェイゲームに臨み2-0で勝利。南野はフル出場を果たし90分に今季のリーグ戦で初ゴールをマークした。

▽すでにカップ戦とチャンピオンズリーグ予選でゴールを挙げている南野は、リーグ戦の開幕節で先発出場を果たす。ザルツブルクは29分にヤボのゴールで先制するとその後も主導権を握る。迎えた試合終了間際の90分、ボックス内で横パスを受けた南野が難なく押し込んで、リーグ戦でも初ゴールをマーク。チームはそのまま勝利し、開幕戦で白星を飾った。

▽南野は公式戦3試合で3ゴールと好調を維持。チームは26日にチャンピオンズリーグ予選3回戦でリエカとの一戦を控えている。

ヴォルフスブルガー 0-2 ザルツブルク
【ザルツブルク】
ヤボ(前29)
南野拓実(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

奥川雅也が1ゴール2アシスト! マッテルスブルク大勝で3戦負けなし《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽MF奥川雅也が所属するマッテルスブルクは16日、オーストリア・ブンデスリーガ第20節のヴォルフスベルガー戦に臨み、5-1で勝利した。奥川はフル出場を果たし、1ゴール2アシストを記録している。 ▽前節のラピッド・ウィーン戦で引き分けて連勝を飾ることができなかったマッテルスブルクは、前節ゴールを挙げた2試合連続先発出場の奥川のアシストから先制に成功する。32分、縦パスを受けた味方のスルーパスに抜け出した奥川がボックス右に走り込み、グラウンダーのクロス。走り込んだプレブリャクが落ち着いて流し込んだ。 ▽1-0でリードして試合を折り返すと、61分にカウンターから追加点。ハーフウェイライン付近でパスを受けたプレブリャクがドリブルからスルーパス。最終ラインを突破したザイドルがボックス内に侵攻し、一人かわしてゴールへと沈めた。 ▽試合を優位に進めるマッテルスブルクはさらに72分、浮き球のスルーパスに反応した奥川が相手最終ラインの背後を突いてボックス右に侵攻。中央にラストパスを送り、ビュルガーのゴールをアシストした。 ▽その後、互いに1点ずつを取り合うと迎えた89分、ボックス左外でパスを受けた奥川がカットインから右足を振り抜く。インサイド回転がかかったボールは右ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。5-1で勝利したマッテルスブルクは、3試合負けなしをキープしている。 2017.12.17 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎途中出場もジローナに屈したヘタフェが3試合ぶり黒星《リーガエスパニョーラ》

▽ヘタフェは17日、リーガエスパニョーラ第16節でジローナと対戦し、0-1で敗戦した。ヘタフェのMF柴崎岳は66分から出場した。 ▽リーグ戦ここまで5勝5敗5分けという成績で8位のヘタフェ(勝ち点20)は、同じ勝ち点で並ぶ11位のジローナ(勝ち点20)と対戦。ここ2戦ではバレンシアを倒すなど勢いのあるヘタフェだが、いきなり出鼻をくじかれる展開に。5分、左サイドのモジカにクロスを入れられると、フリーのストゥアーニに頭で決められてしまった。 ▽早々に失点を喫したヘタフェも19分にモリーナがチャンスを迎えるが、アウト回転をかけたシュートは枠の右に外れる。以降は互いにチャンスはなく、43分にヘタフェが左サイドのクロスからゴール前まで迫るが、GKが立ちはだかる。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、早く追いつきたいヘタフェだが、先制ゴールのストゥアーニにGKの横っ飛びセーブを余儀なくされる立ち上がりとなる。なかなか攻撃の起点を作れないヘタフェは66分にアマスとアランバッリを下げてモンテーロと柴崎を投入。 ▽しかし大勢は変わらず、中央から右のポジションに位置する柴崎は思うようにボールを触れない。それでも87分にようやく柴崎が良い形でボールを受けると、ボックス右からマイナスの折り返しを供給。最後はアントゥネスがエリアの外から狙うが、DFのブロックに遭う。 ▽柴崎の見せ場はこのシーンだけに留まり、無得点に終わったヘタフェが0-1でジローナに屈しリーグ戦3試合ぶりの黒星を喫した。 2017.12.17 21:56 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝弾のプリシッチ、香川真司を称賛「パーフェクトなボールをくれた」

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが、ホッフェンハイム戦での決勝点を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 ▽ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第17節でホッフェンハイムと対戦。先発したプリシッチは1-1で迎えた89分、ボックス右手前から内側に走り込み、香川からパスを引き出すと、防ごうと試みた相手DFの足に当たってコースが変わったが、相手GKをワンタッチでかわしてゴールを記録した。プリシッチは後半アディショナルタイムにピッチを退き、試合はそのまま2-1で勝利。ドルトムントは連勝を飾った。 ▽試合後、インタビューに応じたプリシッチは決勝点となった自身のゴールシーンを回想。香川のパスが「パーフェクト」だったと称賛している。 「走ったときに、シンジ(香川真司)がパーフェクトなボールを出してくれた。少し相手に当たってコースが逸れたけど、そのボールに触ることでGKをかわすことができた。あとは簡単に決めるだけだったよ」 2017.12.17 20:32 Sun
twitterfacebook
thumb

川島永嗣4試合連続スタメン、メスが12試合ぶり白星《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは16日、リーグ・アン第18節のモンペリエ戦に臨み、3-1で勝利した。川島は4試合連続のフル出場を果たしている。 ▽11試合で白星から遠ざかるメス。20分に先制を許したが、28分にコアドのゴールで追いつく。 ▽振り出しに戻したメスは84分、リビエールが逆転弾を挙げると、試合終了間際にバシンがダメを押した。 ▽結局、メスは12試合ぶりの白星。長いトンネルから脱出に成功している。 モンペリエ 1-3 メス 【モンペリエ】 ルシヨン(前20) 【メス】 コアド(前28) リビエール(後39) バシン(後49) 2017.12.17 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希は88分までプレー、ヘーレンフェーン5試合ぶり白星《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは16日、エールディビジ第17節のNAC戦に臨み、1-0で勝利した。小林は88分までプレーした。 ▽4試合で白星から遠ざかるヘーレンフェーンは、ゴールレスで迎えた55分、高い位置でボールカットしたアメルスフォールトがそのままボックス内に仕掛けてNACのゴールマウスを陥れ、先制した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、ヘーレンフェーンが5試合ぶりの白星を手にしている。 ヘーレンフェーン 1-0 NAC 【ヘーレンフェーン】 アメルスフォールト(後10) 2017.12.17 09:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース