柴崎ヘタフェがセルビア代表GKマノイロビッチを獲得2017.07.22 05:04 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェは21日、セルビア代表GKフィリップ・マノイロビッチ(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間となっている。

▽レッドスターの下部組織で育ったマノイロビッチは197cmの長身GK。これまでセルビアリーグのクラブへレンタルに出されていたが、2016-17シーズンはレッドスターでリーグ戦25試合に出場していた。

▽また、セルビア代表としてはU-19から選出され、2017年1月にA代表デビューを飾っている。

▽ヘタフェでは正GKを務めていたスペイン人GKアルベルト・ガルシアがラージョへレンタル移籍していた。

コメント

関連ニュース

thumb

柴崎岳、乾貴士の名も...リーガ1部・2部でW杯に出場する可能性があるのは109選手

&ldquo;世界最高リーグ&rdquo;と謳われるリーガエスパニョーラからは、100名を超える選手がロシア・ワールドカップ(W杯)に出場することになるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>リーガ1部で、最もW杯に選手を送り出す可能性があるのはバルセロナ(19選手)だ。次いでレアル・マドリー(15選手)、セビージャ(11選手)、アトレティコ・マドリー(10選手)、セルタ(7選手)が続く。<br><br>ヘタフェはポルトガル代表DFヴィトリーノ・アントゥネス、モロッコ代表MFファイサル・ファジル、日本代表MF柴崎岳の3選手にW杯行きの可能性がある。エイバルは日本代表MF乾貴士のみだ。<br><br>2部ではムニル・モハンド(ヌマンシア)、ダニー・カルバハル(アルバセテ)、ディエゴ・ヨハンセン(オビエド)にW杯出場のチャンスがある。1部で106選手、2部で3選手、最大で合計109選手がロシアの地に赴くことになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.16 22:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎岳、11月後半に復帰か...負傷から2カ月が経過

ヘタフェMF柴崎岳が、実戦復帰に近づいているようだ。<br><br>9月16日のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)で鮮やかな左足ボレーを沈め、リーガ1部初得点を記録した柴崎。だが、その試合の後半に左足を痛め、負傷交代を余儀なくされた。<br><br>左足中足骨を亀裂骨折したとされる柴崎は、当初保存療法での回復を試みていたが、最終的に手術を決断した。手術後は一時帰国してリハビリに励んでいた。<br><br>スペイン『マルカ』によると、柴崎は11月後半にホセ・ボルダラス監督のチームに合流する予定だという。ヘタフェは3カ月負傷離脱していたFWダニエル・パチェコも復帰に迫っており、ボルダラス監督に朗報が届いたと伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.14 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ会長がMF柴崎岳の状態について「フォームを取り戻すことが必要なだけ」

▽ヘタフェのアンヘル・トーレス会長が、負傷離脱中の日本代表MF柴崎岳の状態についてコメントした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽柴崎は、9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦に先発出場。豪快なボレーシュートでリーガ初ゴールを決めたが、後半開始早々に左足を痛めてピッチを後に。左足中足骨亀裂骨折と診断され、手術を受けていた。 ▽12月上旬には復帰されると見込まれていた柴崎だが、ヘタフェの会長がコメント。復帰に近づいており、監督の判断次第で戦列復帰があると見ているようだ。 「彼は1日に4時間トレーニングしている」 「我々は彼に15日間を与えた。しかし、彼に最後の1日を与えることを認めた。今日の代わりに、水曜日にやってくる」 「彼はすでに走っており、彼がフォームを取り戻すことが必要なだけだ。監督は彼のことを考えた場合、彼はプレーするだろう」 「彼は我々にとって素晴らしいものになる。彼は全く異なる選手だからだ」 ▽インターナショナルウィーク明けにヘタフェは、降格圏のアラベスと対戦。その後、エスパニョール、バレンシアと対戦し、12月10日には日本代表MF乾貴士が所属するエイバルとの対戦を控えている。 2017.11.08 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎、バルサ戦負傷からリハビリ最終段階に…早ければ今月末に復帰!

▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳の復帰が近づいているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽柴崎は、9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦に先発出場。39分に豪快なボレーシュートから1部初ゴールとなる一発を決めたが、後半開始早々に左足を痛めてピッチを後に。その後、左足中足骨亀裂骨折と診断され、手術を受けたが、離脱期間については明かされていなかった。 ▽そんな中、『アス』が伝えるところによると、柴崎は今月末もしくは12月上旬に復帰する見込みとのこと。本人も日本でのリハビリからすでにマドリードに帰国。練習場に復帰してリハビリの最終段階に入っているようだ。 ▽今シーズンのリーガエスパニョーラでここまで4試合に出場し1ゴールを記録している柴崎。背番号「10」を背負う日本人の復帰に同メディアも「ヘタフェファンにとって最高のニュースの1つ」と期待を寄せている。 2017.11.08 11:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダン体制100戦目でC・ロナウドが今季リーガ初弾! ベンゼマも復活弾で健闘ヘタフェに競り勝つ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のヘタフェvsレアル・マドリーが14日に行われ、1-2でアウェイのレアル・マドリーが勝利した。なお、ヘタフェMF柴崎岳はケガの影響で欠場した。 ▽前節、エスパニョールを2-0で下して待望のホーム初白星を飾ったマドリーは、今節でジネディーヌ・ジダン監督体制での公式戦100試合目を迎えた。節目での勝利に向けて、DFマルセロやDFテオ・エルナンデス、FWカリム・ベンゼマが戦線に復帰。しかし、吉兆の一方、DFダニ・カルバハルの離脱が長引いているほか、FWガレス・ベイルやGKケイロル・ナバスが代表ウィーク中に負傷し、この試合でベンチ外に。 ▽あらゆる大会でのタイトルを目指すチームにとって、チームの総合力が試されるシチュエーションとなっているこの試合で、ジダン監督はお馴染みのターンオーバーを採用。カゼミロ、ヴァランをベンチ外、モドリッチ、イスコといった最重要選手をベンチに温存し、前節からスタメンを5名変更。カシージャ、マルセロ、L・バスケス、M・ジョレンテ、ベンゼマを起用し、ヘタフェとのダービーマッチに臨んだ。 ▽試合は序盤からマドリーがチャンスを作り続ける。11分には、マルセロのクロスに反応したベンゼマの落としを受けたC・ロナウドが、ボックス手前から鋭いグラウンダーシュート。しかし、ゴール左下隅を捉えていたシュートはGKグアイタの好守に阻まれた。 ▽マドリーは絶好機にこそ恵まれないものの、主導権を握って試合を進行。すると40分、先発復帰した男が早速結果を出した。敵陣右サイドでボールを拾ったベンゼマはドリブルを選択。スライディングしてくるDFをかわし、ボックス内右で右足一閃。ファーに狙い済ましたシュートを蹴り込んだ。 ▽1点リードして迎えた後半、マドリーはややペースダウン。それでも53分には、カウンターからボックス内にオーバーラップしたマルセロがシュートを放つ。しかし、これは枠を外れた。 ▽劣勢に立たされているヘタフェだったが、56分に貴重な同点弾を奪い切った。敵陣右サイドで途中出場のポルティージョがボールを持つと、マルセロがスライディング。これを難なくかわし、ボックス内右まで持ち込んだポルティージョはグラウンダーのクロスを供給。中央のモリーナが、マークに付いていたDFナチョと共に倒れこみながらも足で合わせ、ネットを揺らした。 ▽72分、勝ち越したいマドリーにチャンスが訪れる。ピッチ中央付近、やや左の位置で得たFKのキッカーをクロースが担当。ボックス内に送られたフィードは、一度相手のブロックに遭ったものの、ボールは左ポストの目の前にポジションをとっていたC・ロナウドの下へ。触れば得点というビッグチャンスだったが、C・ロナウドはうまくミートすることができず、シュートは枠を外れた。 ▽嫌なムードの漂い始めていたマドリーは、選手交代を敢行。72分にはL・バスケス、マルセロを下げてイスコ、テオ・エルナンデスを投入する2枚代えを行い、81分にはベンゼマに代えてマジョラルを投入した。 ▽すると、やや乱雑となっていたマドリーのプレーが、イスコを中心に鋭いものに変わっていく。そして85分、勝ち越し弾が生まれた。相手を押し込み、ハーフウェイライン付近でボールを持ったイスコがディフェンスラインの裏にフライパス。一瞬の動き出しでDFを置き去りにし、ボックス内でフリーとなったC・ロナウドがダイレクトシュートを放ち、再びマドリーがリードすることに。 ▽結局、試合はこのまま終了。マドリーがC・ロナウドの今季リーガ初ゴールで、ジダン監督体制100試合目の公式戦を勝利で飾ることに。対するヘタフェは、昨季王者に健闘し追い詰めたものの、ホームで敗北を喫した。 2017.10.15 02:03 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース