ニューカッスル、スペイン人SBマンキージョと3年契約! 昨季までアトレティコからサンダーランドにレンタル2017.07.21 21:51 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは20日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン人DFハビエル・マンキージョ(23)の獲得を発表した。契約期間は3年となる。

▽アトレティコ下部組織で育ったサイドバックのマンキージョはトップチーム昇格後、リバプール、マルセイユ、サンダーランドにそれぞれレンタル移籍。昨シーズンはサンダーランドに加わり、プレミアリーグ22試合出場で1ゴールをマークした。

▽ニューカッスルは、マンキージョが今夏4人目の新戦力。マンキージョは、アトレティコ経由ながら、昨シーズンまで在籍したサンダーランドのタイン・ウェア・ダービーのライバルであるニューカッスルに鞍替えする格好となった。
コメント
関連ニュース
thumb

ホームで辛勝チェルシーが2019年プレミア初勝利! ウィリアンの2カ月半ぶりの3点目でニューカッスルに競り勝つ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、チェルシーvsニューカッスルが12日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-1で勝利した。なお、ニューカッスルのFW武藤嘉紀はアジアカップ参戦のため欠場している。 2019年初戦となったサウサンプトン戦をドローで終えた4位のチェルシーは15位のニューカッスルをホームに迎えたこの試合で新年リーグ初白星を目指す。ミッドウィークに行われたEFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグのトッテナム戦を0-1で落としたチームはその試合から先発3人を変更。クリステンセン、ハドソン=オドイ、バークリーに代えてダビド・ルイス、ペドロ、コバチッチを起用した。 戦前の予想通り、ロンドンを前線に残して守備を固めるニューカッスル相手に攻め手を探るチェルシーは、相手の一瞬の隙を突いて先制点を奪う。9分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったD・ルイスがルックアップから前線に絶妙なフィードを送る。これに得意のダイアゴナルランで抜け出したペドロがDFを振り切って飛び出したGKの頭上を越すループシュートを流し込んだ。 D・ルイスとペドロのホットライン開通で早々にリードを手にしたチェルシーだったが、前から圧力をかけてくる相手の変化に後手を踏み、その後はイーブンな展開に持ち込まれる。この流れの中でアザールに良い形でボールが入らず、攻撃の形を見いだせないホームチームは徐々に相手の縦に速い攻撃に苦戦を強いられる。 すると、前半半ばを過ぎてルジューヌ、ロンドン、アジョセ・ペレスと際どいフィニッシュの形を作り始めたニューカッスルは40分、リッチーの左CKを中央で競り勝ったクラークが頭で合わすと、これがゴール左隅に決まり前半のうちに追いつくことに成功した。 1-1で試合を折り返すことになったチェルシーは後半の立ち上がりに決定機。47分、相手のクリアミスを奪ったカンテがボックス右に走り込むペドロに丁寧に繋ぐ。ここでペドロは右足を振り抜くが、相手GKドゥブラフカの見事な反応に阻まれて自身2点目とできず。続く56分には左サイドでのウィリアンの持ち上がりからアザール、マルコス・アロンソと繋ぎゴール前のペドロに決定機もここはシュートをミートできない。 決定機を決め切れずに嫌な空気が漂い始めるチェルシーだったが、ここ最近パフォーマンスの低下を指摘されるブラジル代表MFが真価を発揮する。57分、中央で入れ替わったアザールが複数のDFを引き付けてボックス左でフリーのウィリアンにパス。ここでウィリアンはDF2枚の間を抜く絶妙な右足コントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 ウィリアンの2カ月半ぶりの今季3点目で勝ち越しに成功したチェルシーは64分にもD・ルイスのフィードに抜け出したウィリアンがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ここは相手GKの好守に遭う。さらにD・ルイスの直接FKも枠を捉えきれない。 一方、勝ち越しゴールこそ許したものの内容面では互角の戦いを見せるニューカッスルは82分にイェドリン、アジョセ・ペレスを下げてマンキージョ、マーフィーを同時投入し、同点ゴールを目指す。86分にはそのマンキージョが入れた精度の高いクロスをゴール左で競り勝ったロンドンが頭で合わせるが、これはわずかに枠の左へ外れた。 その後、アザールを下げてジルーを投入し逃げ切り態勢に入ったチェルシーは試合終了間際にボックス内でロングスタッフにシュートチャンスを許したが、ここはD・ルイスが何とか身体に当てて事なきを得た。ホームで下位ニューカッスル相手に苦戦を強いられながらも勝ち切ったチェルシーが2019年のプレミア初白星を飾った。 2019.01.13 04:34 Sun
twitterfacebook
thumb

9戦ぶりのクリーンシート達成でユナイテッドが新年白星スタートでリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは2日、プレミアリーグ第21節でニューカッスルと対戦し、2-0で勝利した。ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀は、81分からプレーした。 前節のボーンマス戦を4-1と快勝したユナイテッドが、リーグ戦3試合未勝利中のニューカッスルのホームに乗り込んだ一戦。スールシャール体制後3連勝と好調を維持するユナイテッドは、前節からスタメンを3人変更。リンガード、ヤング、バイリーに代得てマタ、バレンシア、フィル・ジョーンズをスタメンで起用した。 一方のニューカッスルは、前節のワトフォード戦からスタメンを1人変更。F・フェルナンデスに代えてシェアを起用。武藤は2試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから試合を優勢に進めるユナイテッドは4分、相手のクリアボールをボックス左横で拾ったポグバが縦への仕掛けからシュート。さらに9分には、バイタルエリア左で獲得したFKをラッシュフォードが直接狙うも、共にシュートは相手GKのセーブに阻まれた。 前半半ばから終盤にかけてはボールを保持するユナイテッドが相手陣内でのプレーを増やしていくが、最後の場面で連係ミスやアイデア不足が目立ち決定機まで持ち込めない。31分には、エレーラの鋭い縦パスをボックス左手前のマルシャルがヒールで繋ぐとボックス内に新にゅしたラッシュフォードの折り返しから最後はマタがシュート。しかし、これも飛び出した相手GKのブロックに阻まれた。 後半に入っても先制点が遠いユナイテッドは、63分にマルシャルとマタを下げてルカクとサンチェスを投入する2枚替えを敢行。すると64分、バイタルエリアで獲得したFKをラッシュフォードが直接狙うと、GKドゥブラフカのファンブルしたボールをルカクが押し込み、ユナイテッドが待望の先制点を奪った。 先制点で勢いづくユナイテッドは、80分にも決定機。右サイド持ち上がったルカクの折り返しをサンチェスがペナルティアーク右で受けると、絶妙なパスをゴール左手前へ供給。これを受けたラッシュフォードが冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 リードを広げられたニューカッスルは、直後の81分にシェアを下げて武藤を投入。しかし、最後までゴールネットを揺らすことはできず。試合は2-0でユナイテッドが勝利。公式戦9試合ぶりのクリーンシートを達成したユナイテッドが、リーグ戦4連勝とともに新年初勝利を飾った。 2019.01.03 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

A・サンチェスは次節復帰か…ニューカッスル戦での起用をスールシャール監督が示唆

昨年11月からハムストリングの負傷で離脱しているマンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェス。同選手は年明け初戦のニューカッスル戦で復帰する可能性があるようだ。<br><br>マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は『Omnisport』に対して、次節でA・サンチェスを起用する可能性を示唆した。<br><br>「A・サンチェスはいつだってピッチ上でプレーしたいと思っている選手だ。ここ数日間は問題なくトレーニングをこなしていて、ニューカッスル戦でもしかすると復帰するかもしれない。もちろん状態は慎重に見極める必要があるけどね」<br><br>「彼のプレースタイルの凄さは前線で様々な役割をこなすことだ。それにターン、クイックな動きなど、スキルはいずれも素晴らしい。きっと彼が戻ってくることで多くのメリットがもたらされることになるだろう。我々にとって重要なプレーヤーだ」<br><br>A・サンチェスは11月24日のクリスタル・パレス戦を最後に、ハムストリングの負傷によって1カ月以上戦列を離れていた。<br><br>ニューカッスルvsマンチェスター・Uの一戦は現地時間2日にキックオフとなる。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.01 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールがファビーニョの移籍後初ゴールなどで武藤フル出場のマグパイズを粉砕! 勝ち点は早くも「50」超え《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第19節、リバプールvsニューカッスルが26日に行われ、4-0でリバプールが勝利した。ニューカッスルの武藤はフル出場している。 ▽リーグ折り返しとなる第19節、ここまで15勝3分けと無敗で首位を走るリバプールは、前節のウォルバーハンプトン戦も快勝で収め、首位でクリスマスを迎えた。このまま優勝に向けて良い形で前半戦を終えたい今節は、サラーをワントップにシャキリ、フィルミノ、マネを2列目に据える[4-2-3-1]の布陣で挑んだ。 ▽一方のニューカッスルは第17節でリーグ戦4試合ぶりの勝利を収め、前節はフルアムとゴールレスドロー。2試合負けなしで迎えるリバプール戦は、武藤が第11節以来の先発出場を果たした。 ▽試合はリバプールが支配する流れに。次々と相手のゴール前に攻め込むホームチームは10分にシャキリがボックス中央からシュートを放つが右に外れる。さらに立て続けにシャキリがゴールに迫ったリバプールは、セットプレーから先制に成功する。 ▽11分、左CKを得たリバプールはシャキリのショートコーナーからロバートソンがクロスを上げる。これは一度相手に跳ね返されるものの、そのボールをロブレンがボックス中央でで豪快にダイレクトで押し込み、リバプールに先制点をもたらした。 ▽嫌な立ち上がりとなったニューカッスルは19分に、リッチーのクロスを武藤が頭で合わせるがノーチャンス。23分のリッチーのボックス外からのシュートも大きく枠を外れていった。 ▽リバプールは44分にボックス手前中央からのFKをシャキリが直接狙う。枠を捉えていたものの、GKドゥブラフカに掻き出された。 ▽前半は1点リードにとどまったリバプールだが、後半開始早々にサラーがドリブルで仕掛けるとダメットに倒されPKを獲得。これを自ら沈めてリードを広げた。 ▽こうなると流れは一気にリバプールに。ワイナルドゥムとフィルミノを下げてファビーニョとスタリッジを投入したルバプールは79分、右サイドの攻撃から2次、3次攻撃につないだリバプールは、スタリッジのバックパスからヘンダーソンがワンタッチでボックス右のアーノルドへ。アーノルドもダイレクトでクロスを送ると、シャキリがゴール前でフリーで合わせて3点目。 ▽さらに85分には、サラーの右CKをファビーニョが頭で押し込んで4点目を追加。ファビーニョはリバプール初ゴールとなった。 ▽結局、大量4得点でニューカッスルを下したリバプールはこれでリーグ戦8連勝。勝ち点を「51」に伸ばした。 2018.12.27 02:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「降格しなければミラクル」ニューカッスル指揮官がファンに期待しないよう求める

ニューカッスルがプレミアリーグからの降格を免れれば&ldquo;ミラクル&rdquo;とラファエル・ベニテス監督が認めた。<br><br>今シーズン、初勝利を挙げるまでに11試合を擁するなど苦戦が続くニューカッスル。一時は3連勝を飾り復調するも再び3ポイントを獲得することに苦戦し、18試合を終えて降格圏の18位まで勝ち点5差の15位に沈む。<br><br>序盤の成績を受け、ベニテス監督はニューカッスルサポーターに昨シーズンのように10位フィニッシュを飾れることを期待しないでほしいと忠告した。「我々は現実的になり、ボトムハーフでシーズンを終えることを理解しなければならない」<br><br>「このような結果を迎えることはほとんど明白で、仮に3チームよりマシな順位でシーズンを終えることができればミラクルの再現だ。昨シーズンはミラクルだった。2試合ほど勝利が少なければ、ボトム5で終わる可能性も十分にあった。だからあれはミラクルだった」<br><br>また、オーナーであるマイク・アシュリー氏が先日に12月中にクラブを売却する意思があると明かしていたが、現段階でどこまでそのような話が進んでいるか定かではない。クラブの行く末についてさまざまな憶測が流れる中、ベニテス監督は強化できない限り、残留争いに巻き込まれて苦戦を余儀なくされるだろうと主張した。<br><br>「チームはやるべきことをやっているが、ポイントを取るために何かがまだ足りない。それに今よりも重圧を感じるようになれば、チームは機能せず、さらにミスが多くなる可能性もある。今は我々の立ち位置を理解し、どうすれば上手く行くかを考えなくてはならない。しかし、現状で毎年1億ポンド(約140億円)を使うチームを倒せるかと言えばノーチャンスだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.25 12:31 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース