瀬戸所属アストラやユトレヒトが3回戦進出! 田中のHJKやガラタサライが2回戦で姿を消す…《EL予備予選》2017.07.21 06:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)予備予選2回戦2ndレグが20日に欧州各地で行われた。

▽MF瀬戸貴幸の所属するアストラ(ルーマニア)は、敵地でジラ(アゼルバイジャン)と対戦し、ゴールレスドローに終わった。この結果2戦合計3-1でアストラが3回戦進出を決めた。また、MF田中亜土夢の所属するヘルシンキ(フィンランド)は、ホームでシュケンディヤ(マケドニア)と対戦し、1-1の引き分けで終了。この結果2戦合計4-2でシュケンディヤが3回戦進出を決めた。アストラの瀬戸、ヘルシンキの田中は共にベンチ入りしなかった。

▽その他の試合では、トルコの強豪ガラタサライがスウェーデンカップ王者のエステルスンドに2戦合計1-3で敗戦。まさかの2回戦敗退となった。20日に行われた予選2回戦2ndレグの結果は以下の通り。なお、EL予備予選3回戦は今月27日に1stレグ、8月3日に2ndレグが行われる予定だ。

◆予選2回戦2ndレグ結果
▽7/21(木)
ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) 3-0(AGG:4-1) ラボトニツキ(マケドニア)

リュンビュー(デンマーク) 2-1(AGG:3-1) スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)

ヘルシンキ(フィンランド) 1-1(AGG:2-4) シュケンディヤ(マケドニア)

ボレスラフ(チェコ) 2-0(AGG:5-2) シャムロック(アイルランド)

FKスドゥバ(リトアニア) 0-1(AGG:2-1) リエパーヤ(ラトビア)

トラカイ(リトアニア) 2-1(AGG:2-2) ノルシェーピン(スウェーデン)
※PK戦の結果5-3でトラカイが3回戦進出

ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド) 2-1(AGG:2-3) ブレンビー(デンマーク)

ディナモ・ブレスト(ベラルーシ) 0-3(AGG:1-4) アルタッハ(オーストリア)

ラルナカ(キプロス) 1-0(AGG:2-0) コーク・シティ(アイルランド)

AIKソルナ(スウェーデン) 2-0(AGG:2-0) ジェリェズニチャル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

ブラン(ノルウェー) 0-2(AGG:1-2) ルジョムベロク(スロバキア)

レフスキ・ソフィア(ブルガリア) 1-2(AGG:1-3) ハイドュク・スプリト(クロアチア)

ミッティラン(デンマーク) 3-1(AGG:7-3) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

オッド(ノルウェー) 1-0(AGG:2-0) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)

ブネイ・イェフダ(イスラエル) 2-0(AGG:3-1) トレンチーン(スロバキア)

ザリア(モルドバ) 1-2(AGG:1-5) アポロン・リマソル(キプロス)

ジラ(アゼルバイジャン) 0-0(AGG:1-3) アストラ(ルーマニア)

ボテフ(ブルガリア) 4-0(AGG:5-1) ベイタル(イスラエル)

フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 4-1(AGG:4-2) バクー(アゼルバイジャン)

ユトレヒト(オランダ) 3-1(AGG:3-1) バレッタ(マルタ)

ガラタサライ(トルコ) 1-1(AGG:1-3) エステルスンド(スウェーデン)

ルツェルン(スイス) 2-1(AGG:2-3) オシエク(クロアチア)

AELリマソル(キプロス) 2-1(AGG:3-1) ニーダーコルン(ルクセンブルク)

レフ・ポズナン(ポーランド) 2-0(AGG:4-3) ハウゲスン(ノルウェー)

スカンデルベウ(アルバニア) 2-0(AGG:5-1) カイラト(カザフスタン)

NKドムジャレ(スロベニア) 3-2(AGG:5-3) ヴァルル(アイスランド)

レッドスター(セルビア) 2-0(AGG:3-1) イルティシュ(カザフスタン)

ヤギエロニア(ポーランド) 0-2(AGG:1-3) ガバラ(アゼルバイジャン)

ムラドスト(モンテネグロ) 0-3(AGG:1-3) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)

ゴリツァ(スロベニア) 2-3(AGG:2-5) パニオニオス(ギリシャ)

NKシロキ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 0-2(AGG:1-3) アバディーン(スコットランド)

ビデオトン(ハンガリー) 1-1(AGG:4-1) カリュ(エストニア)

コメント

関連ニュース

thumb

瀬戸先発出場もゲンクに敗れたアストラがラウンド32敗退…《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、ゲンクvsアストラが23日にクリスタル・アレナで行われ、ホームのゲンクが1-0で勝利した。この結果、2戦合計3-2としたゲンクがラウンド16進出を決めた。なお、アストラのMF瀬戸貴幸は、82分までプレーしている。 ▽アストラは、クラブ史上初のEL決勝トーナメントでの試合となったホームでの1stレグを瀬戸の劇的同点弾で辛くも2-2のドローに持ち込んだ。アウェイゴール2つを与えているため、勝利か3点以上を奪ってのドローが求められる敵地での2ndレグに向けては、瀬戸やテイシェイラなど主力が先発に入った。 ▽立ち上がりからホームのゲンクペースで進む展開の中、自陣に押し込まれるアストラは守護神のルングを中心に粘り強い守備で失点を防ぐ。時間の経過と共にカウンターが機能し出したアストラは、前半終盤にかけてニクラエ、ブデスクに決定機が訪れるが、いずれも仕留めきれない。 ▽ゴールレスで迎えた後半も一進一退の攻防が続く中、67分に均衡が破れる。相手陣内左サイドで得たFKの場面でゲンクのキッカー、ポスエーロが右足でファーポストを狙ったシュートを放つと、やや目測を誤ったGKルングの頭上を越えたボールがネットに吸い込まれた。 ▽この失点で逆転には2点が必要となったアストラは、1stレグで瀬戸のゴールをアシストしたフロレアやバスを続けて投入。さらに82分には瀬戸に代えてヨニツァをピッチに送り込み、リスクを冒した攻めに出る。 ▽だが、ベテランMFブッフェルを入れてゲームコントロールを優先する戦い方にシフトしたホームチームを前に決定機らしい決定機を作り出せず、試合はこのままタイムアップ。2戦合計2-3となったアストラのラウンド32敗退が決定した。 2017.02.24 07:21 Fri
twitterfacebook
thumb

瀬戸所属のアストラなどルーマニアクラブに八百長の影…主審が変装や国籍詐称を行っていたことも

ルーマニアのサッカークラブに八百長の影が忍び寄っていると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>ヨーロッパリーグにも出場している瀬戸貴幸所属のアストラにも疑いの目が向けられている。問題となっているのは、1月25日に行われたポーランドのポゴニとの親善試合(3-1でポゴニが勝利)だ。<br><br>この試合では、アストラに対して不可解なPKが与えられた。ところがアストラの選手が放ったシュートは驚くほど弱く、GKが簡単に処理した。すると主審がやり直しを命じるが、やり直しのPKでもアストラの選手のシュートは枠を大きく外れている。<br><br>加えて、この試合の主審はブルガリア人のクリスティアン・カタナ氏と発表されながらも、実際はルーマニア人だったことが判明している。外見から疑われないためか、わざわざ髪型を坊主にし、ヒゲまで生やす変装ぶりだった。<br><br>1月17日に行われたCFRクルージュ対UFA戦(2-0)や1月25日のアムカル対ボトシャニ戦(0-3)でも、主審の国籍詐称が行われていた。これらの試合でもPKを失敗したり、やり直しを命じる場面があり、話題となっている。<br><br>いずれも親善試合ではあるが、八百長の可能性があるのではないかと疑いの目が向けられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.17 17:14 Fri
twitterfacebook
thumb

痛恨ミス犯した瀬戸が終了間際に劇的同点弾! アストラはホームでの1stレグをドローで終える《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、アストラvsゲンクが16日に行われ、2-2のドローに終わった。アストラのMF瀬戸貴幸はフル出場し、90分に同点ゴールを決めた。 ▽強豪ローマと共にグループEを2位通過し、クラブ史上初の決勝トーナメントに参戦することになったアストラは、強豪ビルバオを抑えてグループFを首位通過したベルギーの強豪ゲンクと対戦。グループステージ全試合に出場した瀬戸は今回の一戦でも先発に入り、自身初となるEL決勝トーナメントの舞台に立った。 ▽EL決勝トーナメント初参戦の硬さを感じさせず、いつも通りの入りを見せたアストラは、攻撃への人数のかけ方こそ少ないものの、後方と中盤で良いサポート関係を築きながら試合をコントロールしていく。さらにセットプレーの流れからテイシェイラが際どいクロスを入れるが、ここはGKにキャッチされる。 ▽良いリズムで試合を動かすアストラだったが、25分にミスから先制点を許す。相手の入れたクサビの対応に出たDFサプナルが簡単に入れ替わられ、ボックス内への侵入を許す。ここにGKとDFの連係ミスが重なり、最後はゴール前のルーズボールをカスターニュに押し込まれた。 ▽ミスからアウェイゴールを献上したアストラはすぐさま反撃に転じるが、余裕を持ってボールを動かすゲンクから良い形でボールを奪えず、攻撃に出ることができない。逆に、37分には相手FKの場面でサインプレーからゴール前に飛び出したトロサルドに決定機を許すが、GKルングが股間を狙ったシュートをきっちり防ぐ。 ▽すると43分、アストラの圧巻のコンビネーションプレーから同点ゴールが生まれる。バイタルエリア左でフィードを受けたテイシェイラが巧みなファーストコントロールから相手DFをかわし、ボックス左に走り込むブデスクにラストパスを通すと、ブデスクの強烈なシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 ▽1-1のイーブンで後半を迎えたアストラは、追いついた勢いを後半も継続。53分には右サイドを完全に崩してボックス左でフリーのテイシェイラに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。その後も右サイドを起点に、ヨニツァ、ブデスクと決定機に絡むが、シュートを枠に飛ばせない。 ▽後半半ばから終盤にかけて互いに積極的に交代カードを切っていくが、こう着状態が続く。この流れの中で瀬戸の痛恨ミスからゲンクに勝ち越しゴールを許してしまう。83分、自陣中央でボールを持った瀬戸がサマタにボールを奪われると、ボックス手前でシャーリフェルスのヒールの落としに反応したトロサルドに右足のミドルシュートを決められた。 ▽自身初のEL決勝トーナメントで失点に絡んでしまった瀬戸だが、雑草魂を持つ不屈の男は自らのミスを帳消しにする同点ゴールを奪う。90分、ボックス左でフロレアが浮き球で上げたクロスをゴール前に飛び込んだ瀬戸が気迫のこもったヘッドで流し込み、土壇場で追いついた。 ▽瀬戸の劇的同点弾でホームでの1stレグを辛くも2-2のドローで終えたアストラは、23日に敵地で行われる2ndレグでベスト16進出を目指す。 2017.02.17 05:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマと引き分けたアストラがクラブ史上初の決勝T進出を決める《EL》

▽8日にヨーロッパリーグ(EL)・グループE最終節のアストラvsローマが行われ、0-0のドローで終えた。アストラのMF瀬戸貴幸はフル出場している。 ▽前節オーストリア・ウィーンを下し、2位浮上となったアストラ(勝ち点7)が、最終節を前にグループステージ首位通過を決めたローマ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。この試合に引き分けると、3位オーストリア・ウィーン(勝ち点5)と最下位ビクトリア・プルゼニ(勝ち点3)の結果次第で敗退の可能性があるアストラは、直近のリーグ戦から5人を変更。MF瀬戸はスタメンに名を連ねた。 ▽一方、この試合が消化試合となるローマは、直近のローマ・ダービ―から8人を変更。GKシュチェスニー、ナインゴラン、ペロッティ、デ・ロッシ、ゼコなどに代えて、GKアリソン、ヴェルメーレン、イトゥルベ、トッティ、エル・シャーラウィなどを起用した。ヴェルメーレンは、負傷明け後初の先発復帰となった。 ▽開始早々、まずはGS突破が懸かるアストラがゴールに迫り、守備でも積極的なプレスをかける。そのアストラは13分、右CKから左サイドにこぼれたボールをロビンがクロス。これをアリベクが落とし、サプナルがシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽対するローマは立ち上がり、ターンオーバーによる前線がかみ合わず攻撃が停滞してしまう。しかし、時間の経過とともに落ち着きはじめると16分、ストロートマンのパスカットを拾ったトッティが敵陣中央から右サイドにスルーパス。これにイトゥルベが抜け出し、シュートを放とうとするも、戻ったニコアラに防がれる。 ▽敵陣に侵入する回数が増え、試合のペースを握り始めるローマだが、アストラも中盤での守備を徹底し、最後のところでローマにやらせない。我慢の時間を耐え抜くと44分、ボックス右でのチェイスからボールを奪うと、ブデスクがボックス手前に落とす。これをアリベクがミドルシュート。GKアリソンが弾き、瀬戸がプッシュを試みるも、これはオフサイドの判定。 ▽後半、自力での2位通過を目指すアストラにチャンスが訪れる。50分、GKルングの高さのあるパントキックをエメルソン・パルミエリがクリアミス。これを見逃さなかったアリベクがエメルソン・パルミエリを振り払い、ゴールに流し込む。しかし、これがアリベクのファウルを取られ、先制点とはならない。 ▽惜しくもゴールとはならなかったアストラは62分にエル・シャーラウィにドリブルシュートを許すも、その後のローマの攻撃を単発で終わらせる。すると65分、敵陣中央でボールを持ったブデスクがボックス右手前にスルーパス。これを走りこんだ瀬戸がフリーで受けると、ミドルシュートを放つ。しかし、これはGKルングにキャッチされる。 ▽押し込まれる時間帯が続くローマは70分、ストロートマンとエル・シャーラウィに代えてナインゴランとゼコを投入。すると直後、ナインゴランがボックス手前からミドルシュート。これは惜しくも右に外れるも、投入直後からアストラゴールを脅かす。 ▽ローマは終盤の87分、イトゥルベからの右CKにジェコが頭で合わせたシュートがバーの上に外れると、92分のイトゥルベのシュートも枠を捉えられず、この日のローマは枠内シュートがわずか1本。その後は、アストラが交代枠を利用して時間を使い、そのまま試合終了。チャンスを決め切れなかったものの守備で踏ん張りを見せたアストラがドローに持ち込んだ。 ▽一方、同日行われたビクトリア・プルゼニvsオーストリア・ウィーンは、3-2でビクトリア・プルゼニが勝利を収めている。この結果、アストラが決勝トーナメント進出を決めた。 2016.12.09 05:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼコのハットでローマが首位通過! 瀬戸フル出場のアストラが2位浮上!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第5節のローマvsビクトリア・プルゼニが24日に行われ、ローマが4-1で快勝した。 ▽ここまで2勝2分けでグループ首位に立つローマ(勝ち点8)が、最下位のビクトリア・プルゼニ(勝ち点3)をホームに迎えた一戦。直近のリーグ戦でアタランタ相手に苦杯を舐めたローマは、巻き返しを目指して得意のホームゲームに臨んだ。アタランタ戦からのメンバー変更は4点。GKにアリソンが入り、エメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、イトゥルベと控えメンバーが起用され、負傷明けのヴェルメーレンが久々にベンチに入った。 ▽行ったり来たりの慌ただしい入りとなった中、ローマが最初のチャンスをゴールに結びつける。11分、ナインゴランとのパス交換でボックス右に抜け出したゼコがライン際での深い切り返しでDFをかわすと、角度のないところから左足の見事なシュートをファーポストの上隅に突き刺した。 ▽エースの豪快弾で先制に成功したローマは、直後にもそのエースに続けて決定機も、早々の追加点とはならず。すると18分、ビクトリア・プルゼニのカウンターから左サイドのコバリクからのクロスをゴール前でフリーにしたゼーマンに頭で決められ、同点に追いつかれた。 ▽課題である先制後の試合運びでまたしても悪癖が出てしまったローマは、前半半ばから終盤にかけて圧倒的にボールを支配し、相手を押し込む。この流れの中でパレデスやゼコに再三の決定機も、いずれも決め切れない。45分にはボックス手前でボールを奪ったサラーがゴール前に抜け出してシュートを放つが、これは左ポストを叩いた。 ▽完全に主導権を握りながら1-1のイーブンで試合を折り返したローマは、後半立ち上がりもパレデスがクロスバー直撃の直接FKで最初のチャンスを作ると、51分にはナインゴランの浮き球パスでゴール前に飛び出したサラーがすかさずシュートも、飛び出したGKコザチックの好守に遭う。 ▽フラストレーションの溜まる展開が続くローマだったが、先制点以降やや精彩を欠いていたゼコが、仕事を果たす。61分、絶妙な動き出しでリュディガーの右サイドからのアーリークロスを打点の高い絶妙なヘッドで流し込み、ようやく勝ち越しに成功した。 ▽この勝ち越し弾で勢い付くローマは、その後も決定機を演出し続けると、82分に圧巻のゴールが生まれる、ボックス左で仕掛けた途中出場のペロッティが見事なラボーナからのループシュートで3点目を奪取。さらに88分にはカウンターから左サイドを突破したペロッティのクロスをゼコが左足ダイレクトで蹴り込み、ローマ移籍後初となるハットトリックを達成。そして、快勝のローマが、グループステージ首位通過を決めた。 ▽また、同日行われたグループEのもう試合、2位のオーストリア・ウィーン(勝ち点5)と3位のアストラ(勝ち点4)の一戦は、アストラが2-1で逆転勝利した。なお、アストラのMF瀬戸貴幸はフル出場した。 ▽後半立ち上がりに先制を許したアストラだったが、相手の退場で数的優位を得ると、79分にフロレアのゴールで追いつくと、試合終了間際の87分にはブデスクがPKを決めて、土壇場で逆転に成功した。この結果、オーストリア・ウィーンとの直接対決を制したアストラが、最終節を前に2位に浮上した。 2016.11.25 07:13 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース