PSG、284億円のネイマール獲得を“楽観視”?2017.07.20 17:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『ガーディアン』は19日、パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)の獲得交渉で天文学的な移籍金を提示する準備があると報じた。

▽以前からPSGの関心が度々伝えられてきたネイマール。最近になって、ネイマールの父親とPSG会長による会談や合意説が取り沙汰されるなど、一時消息傾向にあったパリ行きの噂が再び熱を帯びつつある。

▽その中、イギリスの高級紙である『ガーディアン』も、ネイマールのPSG行きを報道。PSGはバルセロナが設定する2億2200万ユーロ(約284億6000万円)のバイアウト条項を起動させる用意が整っているという。

▽また、PSGはネイマールという存在が悲願のチャンピオンズリーグ優勝に導くだけでなく、マーケティング面でも適した人材とみている模様。チームの中心になりたいというネイマールの希望に沿う意向とのことだ。

▽なお、バルセロナのジョルディ・メストレ副会長は先日、ネイマールの移籍報道を「200%残留する」と完全否定。しかし、PSG側はネイマールの引き抜きを楽観視しているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジルvsウルグアイか!? カバーニ&ネイマール問題でアウベスvsフォルランの場外乱闘が勃発

▽ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表FWネイマールの間でいざこざが起こったパリ・サンジェルマン(PSG)だが、ここに来て場外乱闘が起こっているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSGvsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にネイマールとカバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られるも、カバーニがキッカーに。しかし、PKを失敗し微妙な関係のまま試合を終えていた。 ▽この試合では、FKを巡ってブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、カバーニからボールを奪い、ネイマールに手渡す映像が残っているが、カバーニを擁護するためにセレッソ大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが登場。しかし、これがウルグアイvsブラジルの場外乱闘に発展してしまった。 ▽フォルランはラジオ『Sport 890』で「アウベスが何をしていたのか分からない。彼はカバーニにボールを渡さず、ネイマールに渡した」とコメント。さらに、PKを巡るカバーニとネイマールの揉め事にもコメントした。 「カバーには尊敬に値する。彼は長い間ゴールを挙げ続けていた。そして、PKをとった。リスペクトがなければならない」 「ネイマールは、メッシともそうしていなかった。彼はカバーニがPKを蹴ることを望んでいなかった。カバーニを悩ませる迷惑な男の子のようだった」 ▽しかし、このコメントに噛み付いたのがアウベスだ。同胞のカバーニを擁護したこと、そして自身の行為を語ったフォルランに対し、自身のツイッター(@DaniAlvesD2)で反撃。ネイマールを擁護した。 「僕はあなたが観ていた試合が何なのかわからない。でも、あなたの情報について、僕はチームメイトからボールを奪うことはしていない。むしろ反対だ。僕が取られたんだよ」 「そして、PSGの最後のPKは僕のものだった。黙れ。そして僕の名前でドラマを作るな」 ▽なお、この件について、アウベスはネイマールとカバーニも出席したディナーを開催。さらに、ネイマールは自身の態度を反省し、カバーニを始めチームメイトに謝罪を行っている。 2017.09.22 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

PK問題でカバーニと衝突したネイマールがチームメート全員に謝罪!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、先日のリヨン戦でウルグアイ代表FWエディソン・カバーニとの間で起こしたPK問題を謝罪した。フランス『レキップ』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSGvsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にネイマールとカバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られていた。 ▽結局PKをネイマールから奪う形となったカバーニだったが、GKにセーブされて失敗。微妙な関係のまま、試合は終了していた。その後、ネイマールがカバーニの放出をクラブ側に要求したとの報道が出るなど、大きな騒動に発展していた。 ▽この一件に関して、ネイマールは21日に行われたトレーニングセッション前にチームメートやチームスタッフの前で謝罪を行ったようだ。 ▽自身の態度を深く反省したネイマールは、ブラジル代表のチームメートであり、PSGのキャプテンを務めるDFチアゴ・シウバに通訳を頼み、謝罪の言葉を語り、チームメートたちも快く謝罪を受け入れたという。 ▽各国のスターが揃うビッグクラブにおいて、こういった小さな衝突が後のチーム崩壊を導く可能性もあるが、チアゴ・シウバを始め多くの同胞の助言もあり、素早い火消しに動いたことで、今回のPK問題は一件落着となったようだ。 ▽なお、雨降って地固まった感のあるPSGは、23日にリーグ・アン第7節のモンペリエ戦に臨む。 2017.09.22 03:56 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼に全て任せるべき」ネイマールを“モンスター”と呼んだ指揮官、PK論争に持論

ブラジル時代のネイマールを&ldquo;モンスター&rdquo;と形容したレネ・シモンエス氏は、エディンソン・カバーニと口論を起こした同選手を擁護している。<br><br>17日に行われたパリ・サンジェルマンとリヨンの一戦で、ネイマールはカバーニとPKのキッカーを巡り口論に。ウルグアイ代表がキッカーを務めたものの、PKは失敗に終わっていた。さらに、試合後のドレッシングルールでも険悪な雰囲気は続き、両者は引き離されていたと報じられている。<br><br>ネイマールが2010年にサントスでプレーしていた時もPKのキッカーを務められなかったことに激怒し、ボトルを放り投げたり、監督と口論していた。その後も個人プレーに奔り、チームメイトへのパスを拒むなど、その振る舞いに対して対戦相手アトレチコ・ゴイアニエンセのシモンエス監督は「ブラジルフットボール界にモンスターを生み出そうとしている」と非難していた。<br><br>シモンエス氏は、『Goal』の独占インタビューで「世界のベスト選手はクリスティアーノ・ロナウドや(リオネル・)メッシのようにコーナーキック、ペナルティキック、フリーキック、全てを任されている。パリSGで世界一の選手になれると約束されたのなら、彼に全てを託す必要があると思う」と7年前と同様にPKのキッカーを巡って問題を起こしたネイマールを擁護した。<br><br>また、同氏は「監督は決断しなければならない。仮にカバーニをキッカーに指名すれば、起きたことに対してネイマールに責任があり、反対にネイマールに任せれば、カバーニに責任がある。しかし、試合前に何も決めてなければ、監督は起きたことに対する責任がある。サントス時代の監督はネイマールにPKを任せなかっただけだ」とパリSGのウナイ・エメリ監督は試合前にキッカーを決めなければならないと語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.21 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元仏代表デュガリー氏、エメリ監督へ警告「ネイマールはPSGのボスになるつもりでいる」

▽かつてミランやバルセロナでプレーしていた元フランス代表のクリストフ・デュガリー氏は、パリ・サンジェルマンが抱えているセットプレーのキッカー論争に言及している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSG vsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られた。 ▽結局PKを蹴ったのはカバーニだったが、GKにセーブされて失敗。2-0でPSGが勝利したものの、後味の悪さが残ったまま試合は終了した。 ▽この件についてデュガリー氏は、PSGを率いるウナイ・エメリ監督に「仲裁する必要がある」と警告している。 「ネイマールはすでにPSGの星だ。リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、そして他の全てを勝ち得てきた」 「彼は偉大なプレーヤーである。そして、PSGのボスになるつもりでいる。2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円) という移籍金が原因ではないと思うけどね。ウナイ・エメリ監督はしっかりと仲裁する必要がある。さもないと、そのうちネイマールが練習やチームのことについても決めようとするよ」 2017.09.20 13:54 Wed
twitterfacebook
thumb

豪華メンツのゴールデンボーイ賞ノミネート発表 ムバッペ、ラッシュフォード、O・デンベレら

▽イタリア『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞のノミネート25選手が発表された。 ▽ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞。2017年度のノミネートは、今夏にモナコからパリ・サンジェルマンに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)やマンチェスター・ユナイテッドでインパクトを残しているイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(19)、ドルトムントからバルセロナ入りしたフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)らが名を連ねた。 ▽ゴールデンボーイ賞は、30名のジャーナリストによって決定。今年は10月に受賞者が明かされる予定だ。 ▽今回のゴールデンボーイ賞のノミネート25選手と過去の受賞者は以下のとおり。 ◆2017ノミネート DFアーロン・マルティン(エスパニョール) FWジャン=ケビン・オギュスタン(ライプツィヒ) MFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス) FWステフェン・ベルグヴィン(PSV) FWドミニク・カルバート=ルーウィン(エバートン) FWフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ) FWウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ) MFアマドゥ・ディアワラ(ナポリ) FWカスパー・ドルベリ(アヤックス) GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ) DFジョー・ゴメス(リバプール) DFベンジャミン・ヘンリクス(レバークーゼン) FWボルハ・マジョラル(レアル・マドリー) FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) MFエムレ・モル(セルタ) MFリース・オックスフォード(ボルシアMG) MFクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント) FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド) MFアラン・セント=マクシミン(ニース) FWドミニク・ソランケ(リバプール) DFテオ・エルナンデス(レアル・マドリー) MFユーリ・ティーレマンス(モナコ) FWユネス・ウナル(ビジャレアル) DFカイル・ウォーカー=ピータース(トッテナム) ◆歴代受賞者 2003:MFラファエル・ファン・デル・ファールト 2004:FWウェイン・ルーニー 2005:FWリオネル・メッシ 2006:MFセスク・ファブレガス 2007:FWセルヒオ・アグエロ 2008:MFアンデルソン 2009:FWアレシャンドレ・パト 2010:FWマリオ・バロテッリ 2011:MFマリオ・ゲッツェ 2012:MFイスコ 2013:MFポール・ポグバ 2014:FWラヒーム・スターリング 2015:FWアントニー・マルシャル 2016:MFレナト・サンチェス 2017.09.20 11:05 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース