ローマなどで活躍した元イタリア代表DFパヌッチがアルバニア代表監督に就任2017.07.19 22:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルバニアサッカー協会は19日、かつてイタリア代表としても活躍したクリスティアン・パヌッチ氏(44)をアルバニア代表監督に招へいしたことを協会の公式フェイスブックで発表した。

▽パヌッチ氏はジェノアの下部組織出身で、1993年7月にミランへと移籍。1996年7月にレアル・マドリーへと移籍すると、その後はインテル、チェルシー、モナコと渡り歩き、2001年7月にローマに加入。ローマでは8シーズンプレーし、2009年7月にパルマへと移籍。2010年2月に現役を引退した。

▽現役引退後はパレルモでマネージャーを努めると、2012年7月からはファビオ・カペッロ監督の下でロシア代表のアシスタントコーチに就任。2015年3月からはリヴォルノで監督を務め、2016年1月からは1カ月間テルナーナで指揮を執っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

プレーオフ進出のイタリア、カンドレーバ弾で逃げ切り予選を勝利で締める!《ロシアW杯欧州予選》

▽イタリア代表は9日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG最終節でアルバニア代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節マケドニア代表とドローに終わったイタリア代表は、グループGの2位が確定。プレーオフへ良い形で予選を終えたい中、マケドニア戦からスタメンを3人変更。バルザーリ、ザッパコスタ、ヴェルディに代えてエデル、カンドレーバ、スピナッツォーラを起用した。 ▽2トップにインモービレ、エデルを起用した[4-4-2]で試合に臨んだイタリアは21分、ロングパスでゴール前に抜け出したインモービレがゴール左から左足を振り抜いたが、これは飛び出したGKベリシャが体でブロック。 ▽試合は膠着状態のままの前半終盤へ。45分、ボヌッチからのロングフィードでボックウ右まで侵攻したインモービレが、ダイレクトシュートを放ったが、これも枠の上に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、ゴールの遠いイタリアは61分にダルミアンを下げてザッパコスタを投入。すると62分、スピナッツォーラのスルーパスで左サイドを突破したインシーニェがボックス左から持ち込みシュート。しかし、これは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽それでも73分、左サイド深くまで切り込んだスピナッツォーラがクロスを供給すると、ファーサイドでフリーのカンドレーバがワントラップから右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点で試合終了。カンドレーバ弾で逃げ切ったイタリアが欧州予選を勝利で締めた。なお、欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会は17日に行われる。 2017.10.10 06:09 Tue
twitterfacebook
thumb

アルバニアに完勝のスペインがグループG首位に浮上!《ロシアW杯欧州予選》

▽スペイン代表は9日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG第3節でアルバニア代表と対戦し、2-0で完勝した。 ▽6日に行われたイタリア代表戦を1-1で引き分けたスペインは、その試合から2選手を変更。イタリア戦で負傷したジョルディ・アルバとカルバハルに代えて、追加招集のナチョ・モンレアルとチアゴが先発出場。[3-4-3]の布陣を採用し、最終ラインにはセルヒオ・ラモス、ピケ、モンレアルが並んだ。 ▽前節のリヒテンシュタイン代表戦を勝利で終え、欧州予選2連勝を飾った首位のアルバニアが[4-5]の守備ブロックを自陣に敷く中、立ち上がりからスペインが攻勢に出る。11分、チアゴのスルーパスをゴール右のジエゴ・コスタがヒールで落とし、最後は走り込んだビトロがシュートを放ったが、これはGKベリシャのセーブに阻まれた。 ▽さらにスペインは、18分にもボックス左でボールを受けたシルバの横パスをチアゴが落とし、ペナルティアーク内のビトロがコントロールシュートで狙ったが、再びGKベリシャの好セーブに防がれた。ハーフタイムにかけても一方的な展開に持ち込んだスペインだったが、集中して守るアルバニア守備陣を崩せずに0-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、アルバニアのデ・ビアージ監督はレニャニを下げてアリイを投入。しかし、後半もポゼッションで上回るスペインは55分、GKベリシャのパスミスをバイタルエリアで奪ったチアゴのスルーパスに反応したシルバが相手GKとの一対一を迎えると、マークを引き付けラストパス。これをジエゴ・コスタが無人のゴールに流し込んだ。 ▽先制したスペインは60分、ビトロを下げてノリートをピッチに送り出す。すると63分、モンレアルのパスをボックス左付近で受けたノリートが強引なカットインでボックス内に侵入すると、右足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽ゲームの主導権を完全に支配したスペインだったが、79分にアクシデント。右CKを競り合ったセルヒオ・ラモスが着地の際に左ヒザを負傷してイニゴ・マルティネスとの交代を強いられた。 ▽その後もボールポゼッションで圧倒するスペインは、アルバニアのシュートを1本に抑えるなど完勝。スペインはW杯予選の無敗記録を“56”に伸ばし、グループGの首位に浮上した。 2016.10.10 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

歴史的1勝を挙げたアルバニア、決勝トーナメント進出の可能性は?

19日に行われたユーロ2016グループA最終節の試合で、アルバニアはルーマニアに1-0の勝利を収めた。これまで国際主要大会には縁がなく、欧州でも弱小国と見なされていた同国にとってはまさに歴史的な1勝だ。だが、決勝トーナメント進出というさらなる快挙を成し遂げられる可能性はどの程度あるのだろうか。<br><br>参加国数がこれまでの16カ国から24カ国に増加し、決勝トーナメント進出チームも8から16へ拡大された今大会では、グループ3位でも決勝トーナメント進出の可能性がある。グループAを3位で終えたアルバニアが勝ち進むには、他グループの3位を含めた6チームの中で成績上位4位までに入る必要がある。<br><br>とはいえ、3試合を戦い終えたアルバニアの成績は勝ち点3、得点1、失点3での得失点差マイナス2。他グループの3位のうち2チームがこの成績を下回ることを、決して楽観視はできないかもしれない。<br><br>4チームともにグループ突破の可能性を残すグループBでは、3位がアルバニアの成績を下回るのは簡単ではなさそうだ。少なくともイングランドがスロバキアに、あるいはロシアがウェールズに3点差以上の勝利を収めるなどの条件が必要になってくる。<br><br>グループCでは、ウクライナが最下位で敗退となることがすでに決定。3位がアルバニアを下回るのは、現在勝ち点3で得失点差プラス1の北アイルランドがドイツに4点差以上で敗れた場合のみとなる。<br><br>グループFでは、FWクリスティアーノ・ロナウドを擁するポルトガルがハンガリーに敗れた上で、アイスランド対オーストリアが引き分け以外に終われば3位がアルバニア以下となる。<br><br>3位チームが敗退となる可能性がもう少し高そうなのは、残る2つのグループだ。グループDではチェコ対トルコが引き分け、あるいはトルコの1点差勝利なら3位がアルバニアを下回る。<br><br>グループEは、イタリアがアイルランドに敗れれば3位がアルバニアを上回る。それ以外の場合ならベルギーがスウェーデンに対して引き分け以上、あるいはスウェーデンの大勝で3位がアルバニア以下に。アルバニアのジャンニ・デ・ビアージ監督としては、決勝トーナメント進出を決めた母国イタリアが気を緩めないことを願わなければならない。<br><br>20日にはグループB最終節の2試合が行われ、同グループの最終順位が確定する。3位での突破チームの見通しはもう少し明確に見えてくるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.20 16:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロ初勝利を喜ぶアルバニア代表キャプテンDFカナ「チームメイトは多くを犠牲にした」

▽アルバニア代表の主将を務めるDFロリク・カナが、19日に行われたユーロ2016グループA最終節のルーマニア代表戦を振り返った。 ▽勝利すれば2位浮上の可能性もあったルーマニアと、ユーロ初勝利を目指したアルバニアの一戦。アルバニアは43分にアルマンド・サディクが挙げたゴールを守り切り、ユーロ初勝利を挙げるとともに、グループ3位に浮上し、グループステージ突破に望みをつないだ。 ▽初戦のスイス代表戦で退場処分を受け、この試合から復帰したカナ。ベンチスタートとなったものの、83分から途中出場していた。カナは試合を振り返り、初勝利を挙げたことを喜ぶとともに、チームメイトの犠牲心が勝利を呼び込んだとコメントした。 「本当に信じられない。チームのみんなは、3試合で多くを犠牲にしている。彼らは自分自身を全て捧げた。そして、僕は報われると信じていた。僕たちはその報酬を得たよ」 2016.06.20 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アルバニアにユーロ初勝利をもたらせたFWサディク「全てのアルバニア人にとって幸せな瞬間だった」

▽アルバニア代表FWアルマンド・サディクが、19日に行われたユーロ2016グループA最終節のルーマニア代表戦を振り返った。 ▽勝利すれば2位浮上の可能性もあったルーマニアと、ユーロ初勝利を目指したアルバニアの一戦。アルバニアは43分にメムシャムのクロスをA・サディクが合わせて先制。この1点を守り切り、ユーロ初勝利を挙げるとともに、グループ3位に浮上し、グループステージ突破に望みをつないだ。 ▽先制ゴールを挙げ、アルバニアに初勝利をもたらせたA・サディクが試合後にコメント。自身のゴールを喜びながらも、チームで得た初勝利だと強調した。 「それはもちろん、とても嬉しい気持ちだよ。僕たちは既に目標を達成したし、とても満足している。僕はゴールに満足しているけど、名誉はチーム全体のものだ」 「(ゴールを)決めた瞬間のことは説明できないよ。それはとても感動的だったね。全てのアルバニア人にとって、とても幸せな瞬間だったと思う。僕はとても嬉しいよ」 2016.06.20 11:42 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース