ユベントス、イタリア代表DFデ・シリオの到着を発表!2017.07.19 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは19日、ミランのイタリア代表DF マッティア・デ・シリオ(24)が移籍に向けたメディカルチェックに臨むことを公式ツイッターで発表した。メディカルチェックを済ませた後、正式に契約書にサインする見込みだ。また、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、移籍金は1200万ユーロ(約15億5000万円)とのことだ。

▽ミランのプリマヴェーラで育ったデ・シリオは、2011年にマッシミリアーノ・アッレグリ現ユベントス監督の下でトップチームデビュー。今シーズンはセリエA25試合に出場した。イタリア代表においては2013年にデビュー。これまで31試合のキャップ数を記録している。

▽なお、ユベントスは14日、7年間在籍したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(30)のミラン移籍を発表していた。

コメント

関連ニュース

thumb

開幕全敗アラベス、アルバニア代表退任のデ・ビアージ氏を新指揮官に招へい

▽アラベスは22日、先日にアルバニア代表との契約を解消したジャンニ・デ・ビアージ氏(63)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなる。 ▽今シーズン、開幕5連敗に加え、未だ無得点という絶望的なスタートを切ったアラベスは、先週末にルイス・スベルディア前監督(36)を解任していた。 ▽なお、アラベスの立て直しを託されたイタリア人指揮官のデ・ビアージ氏は、これまで母国のブレシアやトリノ、ウディネーゼといったクラブの指揮官を歴任。2011年からはアルバニア代表監督に就任し、ユーロ2016本大会出場に導くなど、優れた手腕を発揮していた。また、2007-08シーズンにレバンテを率いた経験もあり、10年ぶりにリーガエスパニョーラに復帰することになった。 ▽デ・ビアージ氏を新指揮官に迎えたアラベスは、23日に行われる第6節でレアル・マドリーとホームゲームを戦う。 2017.09.23 06:14 Sat
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯出場逃したルーマニア代表、かつてミランやアトレティコで活躍したコントラ氏を招へい

▽ルーマニアサッカー連盟(FRF)は22日、コスミン・コントラ氏(41)を同国代表の新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2020年までとなる。 ▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループEで4位のルーマニアは、プレーオフ出場圏内の2位デンマーク代表と勝ち点7差を付けられており、残り2試合での逆転が不可能となり、本大会出場を逃した。これを受けて、FRFは先日にクリストフ・ダウム前監督(63)を解任した。 ▽ルーマニアの新指揮官に就任するコントラ氏は、現役時代に右サイドバックとしてミランやアトレティコ・マドリー、ヘタフェといったクラブで活躍し、ルーマニア代表でもキャプテンを務めたレジェンドだ。 ▽指導者としては母国のペトロルルやヘタフェ、広州富力、直近はスペイン2部のアルコルコンを率いていた。 ▽なお、コントラ新監督の初陣は10月5日行われるW杯予選のカザフスタン代表戦となる。 2017.09.23 03:52 Sat
twitterfacebook
thumb

ノイアー年内絶望のバイエルン、昨季引退のGKシュターケを選手登録!

▽バイエルンは21日、昨シーズン限りで現役を引退したドイツ人GKトム・シュターケ(36)を選手登録したことを発表した。 ▽バイエルンでは、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが19日に左足中足骨の手術を受け、年内の復帰が絶望的となった。この緊急事態を受けて、第2GKのスベン・ウルライヒ、ユース所属の17歳GKクリスティアン・フリュヒトルの序列を1段階上げた。 ▽しかし、今後の過密日程の中でGK2人体制に不安を抱えるクラブは、昨シーズン限りで現役を引退し、現在はユースチームでコーチングスタッフに就任しているシュターケを第3GKとして登録した。 ▽バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、今夏のプレシーズンマッチでも幾度かプレーさせたシュターケを現役復帰させたことに関して、以下のように語っている。 「シュターケは第3GKとして、ウルライヒとフリュヒトルに続く立場ということになる。マヌエル・ノイアーが復帰するまでね」 「トムは素晴らしいプロフェッショナルだ。きっと、うまくいくはずだ」 2017.09.23 02:41 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがまたユナイテッドをアシスト? D・コスタ移籍でグリーズマン移籍待ったなしか

▽アトレティコ・マドリーは21日、スペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得に関してチェルシーと合意に至ったことを発表した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、再びマンチェスター・ユナイテッドがチェルシーの“アシスト”を得る可能性を指摘している。 ▽ユナイテッドは今夏、チェルシー復帰の可能性も囁かれていたFWロメル・ルカクを獲得することに成功。さらに、MFネマニャ・マティッチもチェルシーから引き抜いた。マティッチはユナイテッドで印象的な活躍を見せており、ルカクもリーグ戦5得点を記録するなど、2人ともインパクトを残している。 ▽『マンチェスター・イブニング・ニュース』が今回、指摘しているのはアトレティコのFWアントワーヌ・グリーズマンのユナイテッド移籍だ。グリーズマンに関しては本人も今夏の移籍の可能性を認めていたが、来年1月まで補強禁止処分となっているアトレティコのことを考えて、最終的に本人が残留を決断。しかし、ジエゴ・コスタの獲得により、グリーズマンのユナイテッド移籍が進むとみられている。 ▽かねてからユナイテッドで背番号7を背負って活躍したレジェンドであるデイビッド・ベッカム氏のファンであることを公言していたグリーズマン。来年にも空位となっている背番号7の座を手にすることになるのだろうか。なお、グリーズマンとアトレティコの契約には、1億ユーロ(約134億円)の解除条項が盛り込まれているとみられている。 2017.09.22 16:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービーがウェールズ代表MFレドリーをフリーで獲得…契約は来年1月までの短期

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーは20日、クリスタル・パレスを退団していたウェールズ代表MFジョー・レドリー(30)の獲得を発表した。契約期間は来年1月までとなる。ダービーにとっては6人目の新加入選手となる。 ▽レドリーは、カーディフの下部組織出身で、2004年7月にトップチームへ昇格。2010年7月にセルティックへ移籍すると、2014年1月からクリスタル・パレスでプレーしていた。プレミアリーグでは83試合に出場し6ゴール2アシスト、チャンピオンシップでは227試合に出場し26ゴール19アシストを記録。昨シーズンはクリスタル・パレスでプレミアリーグ18試合に出場し1ゴールだった。 ▽また、ウェールズ代表としても2005年9月からプレー。73試合に出場し4ゴールを記録。ユーロ2016では準決勝までの全6試合に出場していた。 2017.09.22 09:38 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース