ユベントス、イタリア代表DFデ・シリオの到着を発表!2017.07.19 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは19日、ミランのイタリア代表DF マッティア・デ・シリオ(24)が移籍に向けたメディカルチェックに臨むことを公式ツイッターで発表した。メディカルチェックを済ませた後、正式に契約書にサインする見込みだ。また、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、移籍金は1200万ユーロ(約15億5000万円)とのことだ。

▽ミランのプリマヴェーラで育ったデ・シリオは、2011年にマッシミリアーノ・アッレグリ現ユベントス監督の下でトップチームデビュー。今シーズンはセリエA25試合に出場した。イタリア代表においては2013年にデビュー。これまで31試合のキャップ数を記録している。

▽なお、ユベントスは14日、7年間在籍したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(30)のミラン移籍を発表していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ニュージーランド代表、スイス人指揮官シュミット氏を新監督に招へい

▽ニュージーランドサッカー協会(NZF)は23日、スイス人指揮官のフリッツ・シュミット氏(58)の新監督就任を発表した。契約期間は2022年までの4年となる。 ▽先日に2014年から代表監督を務めたアンソニー・ハドソン前監督が退任し、空位になっていたニュージーランド代表の新指揮官に任命されたのは、バーゼルやオーストリア代表でアシスタントコーチを務めた経験を持つシュミット氏となった。 ▽また、シュミット氏は直近までマレーシアサッカー協会でテクニカル・ディレクターを務めていた。 ▽なお、2022年のカタール・ワールドカップ出場を目指す新生オール・ホワイツの初陣は、来月にスペインで行われるカナダ代表戦となる。 2018.02.24 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、暴行・監禁で逮捕のDFルベン・セメドとの契約を一時凍結

▽ビジャレアルは23日、暴力事件で逮捕されたポルトガル人DFルベン・セメド(23)との雇用関係を一時凍結することを発表した。 ▽スペイン『マルカ』によると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。 ▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。これにより、“暴行”ではなく“殺人未遂”として起訴される可能性も。 ▽このことを把握したビジャレアルは、推定無罪の理念を尊重するとしつつ、潔白が証明されるまでセメドとの雇用を凍結。その期間中は、給与の支払いも行われない。 ▽セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、昨年11月にはクラブで口論になった相手に銃を脅しに使ったとして、逮捕されていた。既に超えてはいけないラインを越えていたが、今回の事件でさらに衆人の下で脚光を浴びるのが困難になっただろう。 ▽昨年夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからビジャレアルに加入したセメドは、次代を担う逸材として期待されていたが、今シーズン序盤に負傷。公式戦5試合の出場に留まっていた。 2018.02.24 03:22 Sat
twitterfacebook
thumb

江蘇蘇寧が元イタリア代表DFパレッタを獲得

▽中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は23日、先月末にミランとの契約を解消してフリーとなっていた元イタリア代表DFガブリエル・パレッタ(32)を獲得したことを発表した。 ▽リバプールやボカ・ジュニアーズ、パルマなどでキャリアを積んだアルゼンチン出身のセンターバックであるパレッタは、2015年冬にパルマからミランに移籍。ミランでは公式戦47試合に出場して2ゴールを記録したが、主力としてプレーした昨季はリーグワーストタイとなる5度の退場を犯すなど荒さも目立ち、今季は構想外となってヨーロッパリーグ1試合の出場に留まっていた。 ▽そのパレッタにはフェネルバフチェ、ガラタサライ、アンタルヤスポルといったトルコ勢、古巣のパルマといったクラブが獲得に興味を持っていたが、新天地は中国となった。 2018.02.24 01:06 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田元相棒のポルトガル代表DFフォンテが中国移籍合意!

▽ウェストハムは23日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)の中国スーパーリーグの大連一方への移籍で合意したことを発表。移籍金は非公開であり、契約年数などの詳細も伝えられていない。 ▽しかし、イギリス『デイリー・レコード』の先日の記事では、3年契約で550万ユーロ(約7億3000万円)の移籍金と報じられていた。また、新シーズンから中国スーパーリーグに昇格する大連一方はアトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)獲得にも動いていることが伝えられており、中国の移籍市場が閉じる2月28日まで、その動向は注視される。 ▽昨年1月にサウサンプトンからウェストハムに加入したフォンテは、加入初年度はリーグ戦16試合に出場するなど、主力として活躍。しかし、今シーズンはシーズン途中に負ったケガの影響でリーグ戦8試合の出場に留まるなど、難しいシーズンを過ごしていた。 2018.02.24 00:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドDF争奪戦はユベントスがリード? イタリア復帰間近か

▽ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の獲得に近付いているようだ。イタリア『コッリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽28歳のダルミアンは2015年にユナイテッドの一員になったが、今シーズンは出番が限られており、リーグ戦ではほとんど使われていない。そこで、以前から同選手の獲得を検討していたユベントスが本格的に動き始め、現在は獲得レースの先頭を走っているとのことだ。 ▽DFアントニオ・バレンシアが右サイドバックで奮闘していることもあり、ダルミアンは全コンペティション合わせても今シーズンの出場時間がわずか847分。それでも、イタリア代表として戦ってきたダルミアンの経験に疑いはなく、複数ポジションをこなせることもユベントスは有益と考えているという。 ▽同紙はイタリア復帰は間近ではないかと伝えているが、ユベントス行きは実現するだろうか。 2018.02.23 19:06 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース