ルカク移籍後初ゴールが逆転弾! バレンシア一発退場のユナイテッドがPSM連勝《プレシーズンマッチ》2017.07.18 12:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のレアル・ソルトレークとのプレシーズンマッチに臨み、2-1の逆転勝利を収めた。▽先のロザンゼルス・ギャラクシー戦を5-2の快勝で飾ったユナイテッドは、プレシーズンマッチ2試合目で同じくMLSのレアル・ソルトレークと激突した。モウリーニョ監督は、LAギャラクシー戦で用いた3バックではなく4バックを採用。ルカクとリンデロフの新戦力が加入後初先発を飾った。

▽やや苦しい入りを強いられたユナイテッドは23分、ルイス・シルバに決められて先制点を献上。それでも、ユナイテッドが29分に追いつく。ルカクとのコンビネーションでバイタルエリア中央に抜け出したリンガードが縦パス。これを受けたムヒタリャンが冷静に沈めた。

▽すると、38分には新加入のルカクが躍動する。味方の縦パスをボックス中央で受けたルカクが鋭いキックフェイントでDFとGKを翻弄。そのままカバーに戻ってきたDFにも動じることなく、左に流れながら左足のシュートを無人のゴールマウスに突き刺して、ユナイテッドが逆転した。

▽ルカクの移籍後初ゴールで試合をひっくり返したユナイテッドは、1点リードで後半へ。しかし、68分にバレンシアが足をすくう形で相手を背後から倒して一発退場となり、ユナイテッドは親善試合ながらも数的不利の戦いを余儀なくされてしまう。

▽それでも、相手の反撃を凌いだユナイテッドが逆転勝利。LAギャラクシーに続きレアル・ソルトレークを退け、プレシーズンマッチ2連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、ニューカッスル戦後の不適切発言で処分へ

▽イングランドサッカー連盟(FA)は16日、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が不適切発言を行ったことを認定した。 ▽モウリーニョ監督は6日に行われ、3-2と劇的な大逆転勝利を収めたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦後、ピッチを去る際にポルトガル語で何か言葉を発する姿を映像で捉えられていた。 ▽FAはこの発言を調査していたが、「攻撃的、または侮辱的な発言」と認定したとのことだ。なお、モウリーニョ監督は現地時間19日の18時まで異議申し立てをすることができる。仮にこの申し立てが却下されれば、ベンチ入り停止処分が下されると現地メディアは伝えている。 2018.10.17 00:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアが“苦い思い出の地”イングランドに?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(30)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ディ・マリアは今シーズンがPSGとの契約最終年。退団が既定路線とされ、最近の報道で新天地としてバルセロナやユベントスといった有力クラブの名前が挙がるなど、今後の動向に注目が集まっている。 ▽だが、ディ・マリアが求む週給20万ポンド(約2900万円)の条件をクリアできるクラブは、世界中を見渡してもごくわずか。その希望を優先するならば、現時点でプレミアリーグ復帰が現実的だという。 ▽とはいえ、2015年夏に加入したマンチェスター・ユナイテッドをわずか1年で退団したディ・マリアにとって、イングランドは“苦い思い出の地”。果たして、次はどのユニフォームを着ているのだろうか。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、新鋭マクトミネイをレンタルで放出か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(21)に移籍の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽昨シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督から才能を評価され、出場機会を増やしたマクトミネイ。だが、今シーズンはブラジル代表MFフレッジの加入もあり、ここまでプレミアリーグで2度の先発機会しかなく、そのうちの1回は不慣れなセンターバックでプレーしている。 ▽今夏の移籍市場でリーズやアストン・ビラのマクトミネイに対するオファーをことごとく蹴ったモウリーニョ監督だが、成長を促進させるべく、来年1月にレンタル移籍させる意向。そうなれば、新たにセンターバックの獲得をクラブに求める可能性がより高くなるという。 2018.10.16 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショーに延長決定的報道

ルーク・ショーの契約延長が間近…英有力メディア報道 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルーク・ショー(23)の契約延長が“非常に間近”と報じた。 ▽2014年夏に大きな期待と共にサウサンプトンから加入して以来、2015年9月の大ケガもあり、不本意なシーズンが続いたショー。その間にジョゼ・モウリーニョ監督の構想外も取り沙汰されたが、今シーズンはここまでプレミアリーグ7試合1得点と復活を感じさせるパフォーマンスが続いている。 ▽そのショーの現行契約は、今シーズンが最終年。そのため、移籍を含む様々な憶測が飛び交っている状況だが、ユナイテッドは直面する“今シーズン限りで契約満了となる11名のうちの1人”であるショーの継続保有を希望しており、契約更新に近づいているという。 ▽なお、既報によれば、ショーの新たな契約期間は5年。契約延長に伴い、週給も15万ポンド(約2200万円)にアップすることになるとみられる。 2018.10.16 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがデ・ヘアをじろり?

▽イギリス『デイリー・メール』は、パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)の獲得チャンスをうかがっていると報じた。 ▽2011年夏にアトレティコ・マドリーから加入して以降、ユナイテッドの守護神として世界に名を轟かせるデ・ヘア。今シーズン限りで満了を迎える契約の延長に向けた動きが長らく取り沙汰されているが、いまだ進展がない。 ▽現行契約に存在する1年の延長オプションの行使を含めて今後の動向に注目が集まるデ・ヘアだが、低調なスタートを切った今シーズンのチーム状況がなかなか新契約締結に至らない背景としてあるという。 ▽そうした停滞感が、PSGの関心をも惹きつけている様子。PSGはデ・ヘアとユナイテッドの延長交渉の行方を注意深く監視し続けており、巡ってくるかもしれない獲得機会に向け、オファーの用意を進めているとのことだ。 2018.10.15 14:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース