モウリーニョがC・ロナウド&モラタ獲得の可能性を否定2017.07.17 16:04 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督が、今夏獲得が噂されたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)と、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)について語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽今年6月の段階で、ユナイテッドがC・ロナウド獲得へ動いているとの情報が、スペインやイギリスの各紙により報じられた。同選手が出場していたコンフェデレーションズカップ2017の終了後に、自身の去就に関して何らかの意思表示を行うとの報道もされていたが、今月2日に大会が終了してからも、口が開かれることはなく、移籍の噂は下火に。

▽一方、モラタについては、C・ロナウド以上に移籍報道が過熱しており、常々ユナイテッドの大本命として伝えられてきた。しかし、10日に正式発表となったベルギー代表FWロメル・ルカク獲得を境に、モラタのユナイテッド移籍についての話題は激減していた。

▽ユナイテッドは15日、アメリカで行われたロサンゼルス・ギャラクシーとのプレシーズンマッチに臨み、5-2で勝利。大勝した試合後の会見で、モウリーニョ監督が直々にC・ロナウドとモラタ獲得の可能性を否定した。

◆クリスティアーノ・ロナウドについて
「クリスティアーノとのサインを考えたことは全くない。彼は経済価値も含めてクラブにとって重要過ぎる存在だ。それに彼が移籍したがっていると考える理由もない。不可能なミッションをこなそうと時間を浪費するクラブを、私は支持しない。だから我々は、一度だって彼の獲得について考えたことはない」

◆アルバロ・モラタについて
「モラタがユナイテッドへ来るかどうかという問いは、フロレンティーノ(・ペレス、レアル・マドリー会長)と、(同ゼネラルディレクターの)ホセ・アンヘル・サンチェスに投げかけるべきものだ。あの値段を設定したのはマドリー側だ。我々は現時点でも合意に達していない」

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、6度目の欧州制覇に貢献したレジェンドのセレナ氏が逝去

▽レアル・マドリーは15日、1963年~1968年までクラブに在籍していた元スペイン代表MFのフェルナンド・セレナ氏(享年77)の逝去を発表した。 ▽1963年から5年間マドリーに在籍したセレナ氏は、在籍期間に公式戦86試合に出場し15ゴールを記録。この間に4度のリーガエスパニョーラ、1度のチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)のタイトルを獲得。その後、オサスナやエルチェを経てサン・アンドレウでキャリアを終えている。 ▽セレナ氏をエル・ブランコのレジェンドの1人にしたのが、1965-66シーズンにブリュッセルで開催されたチャンピオンズカップの決勝のパルチザン戦だった。セレナ氏は同試合でチームを逆転勝利に導く見事なロングシュートを叩き込み、2-1の逆転勝利に貢献。マドリーに6度目の欧州王者のタイトルをもたらす立役者となった。 2018.10.15 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

手招き? セルヒオ・ラモスがケインを褒めちぎる

▽スペイン代表は、15日に行われるUEFAネーションズリーグでイングランド代表と対戦する。レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがその一戦に先駆け、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(25)を大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽2010年にトッテナムでプロデビュー以降、2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして名を馳せるケイン。その活躍ぶりから近年、レアル・マドリーら有力クラブの関心が囁かれ、動向に注目が集まり続けている。 ▽そのケインを擁するイングランド代表とスペイン代表の一員としてセルヒオ・ラモス。その一戦を前に、自身も所属するレアル・マドリー行きが取り沙汰されるケインについて、リーガエスパニョーラでも成功できる能力者として太鼓判を押した。 「プレミアリーグで輝く選手の大半はフィジカル的に優れた選手だが、その中にも質の高い選手もいる」 「ハリー・ケインは本当にフィジカルの強い点取り屋だけど、その中に巧みさもあって、対峙するDFを驚かせる。僕もその1人だ」 2018.10.15 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

筋肉系の問題抱えるベイル、ウェールズ代表で1試合もプレーすることなくレアル・マドリー復帰へ

現在ウェールズ代表に合流しているMFガレス・ベイルだが、試合に参加することなくレアル・マドリーが復帰することが明らかとなった。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ベイルは6日のリーガ・エスパニョーラ第8節アラベス戦で内転筋に違和感を抱えて交代。レアル・マドリーは「筋肉疲労」による交代で負傷はしていないことを強調し、選手はウェールズ代表に合流したものの、11日のスペイン戦ではベンチ外となるなどその状態が心配されていた。<br><br>ウェールズ代表は16日にアイルランド戦に臨む予定だが、ベイルはその試合にも出場することなく、レアル・マドリーに復帰するようだ。『マルカ』曰く、同選手はまもなくウェールズ代表から離脱し、15日よりレアル・マドリーの練習に復帰する見込みとなっている。<br><br>ベイルはレアル・マドリーの練習でコンディションを整え、20日のリーガ第9節レバンテ戦に万全の状態で出場することを目指すようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドとはプレーできないが…ヴィニシウス「世界最高のモドリッチがいる」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが、同クラブでプレーできていることへの喜びを語った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏にフラメンゴからマドリーに正式入団したヴィニシウス。今シーズンはここまでレアル・マドリー・カスティージャでのプレーがメインとなっていたが、29日に行われたリーガエスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーで88分から出場して、トップチームデビューを飾ると、続く第8節アラベス戦にも途中出場した。 ▽現在U-20ブラジル代表に合流している中、ヴィニシウスはクラブでの近況について語った。また、今夏レアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのプレー機会を逃したことについて問われると、以下のように答えている。 「フットボール選手にとってベストプレイヤーたちと共にプレーすることは常に良いことだよ。そしてそれがレアル・マドリーのようなクラブであることは、本当に貴重なことだよ。全ての若者の夢さ」 「そんなチームの一員でいられてとても嬉しいよ。代表ウィーク後、より良い状態でマドリードに戻れると思う」 「(クリスティアーノ・ロナウドとプレーする機会を逃したことについて)確かに彼とプレーしてみたかったよ。でも僕は世界最高のプレーヤーであるモドリッチとプレーしている。それにカリム・ベンゼマだっているんだ。彼らとプレーしていきたいよ」 2018.10.14 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

クロース、自身のアンカー適性を真っ向から否定「僕はカセミロじゃない」

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、自身のアンカー適性を真っ向から否定した。<br><br>クロースはバイエルン時代から、その視野とフィード能力を買われて幾度も4&minus;3&minus;3のアンカーに配されたが、守備が確実ではないこともあり継続的に起用されたことがなかった。<br><br>今季からレアル・マドリーを率いるジュレン・ロペテギ監督もこれまで2回にわたってクロースをアンカーで起用したが、選手本人は自身に同ポジションでプレーする適性がないことを明確にする。クロースはドイツ代表の会見で「あそこでプレーしてみたいけど、僕はカセミロじゃないんだよ」と同ポジションでのプレーに責任を負いかねることを断言した。<br><br>クロースはまた、ここ4試合で3敗を喫するなど不調のレアル・マドリーについて、楽観的な言葉も発している。<br><br>「状況を逆転させるという挑戦に臨まなくてはならない。が、僕たちはそうできることをこれまでに示してきた。あまり心配はしていないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.13 23:12 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース