バイエルンCEO、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスに対するミランからのオファーを認める2017.07.17 04:44 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は、同クラブのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)の移籍について、ミランからオファーが届いていることを認めた。ドイツ『Sport1.de』が伝えている。

▽『ビルト』によれば、ミランは2年間のレンタル料700万ユーロ(約9億円)+ 買取金4000万ユーロ(約51億6000万円)の総額4700万ユーロ(約60億7000万円)のオファーを提示した模様。

▽このオファーに対し、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「ミランがレナト・サンチェスへのオファーを提示してきたことは事実だ。しかし、我々はまだ合意してはいない」と、コメント。ミランから正式なオファーがあったことを認めた。

▽昨夏にベンフィカから移籍金3500万ユーロ(約43億円)でバイエルンに加入したレナト・サンチェスは、2016-17シーズン公式戦25試合に出場。しかし、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラや元スペイン代表シャビ・アロンソとのポジション争いに敗れ、先発出場はわずか9試合に留まっていた。

▽積極補強を続けるミランは、今夏の移籍市場でDFレオナルド・ボヌッチやMFハカン・チャルハノール、FWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニなど10名の選手を獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

カカが現役引退を公式発表! 「次の旅の準備をしている」

▽元ブラジル代表MFカカ(35)が17日、現役引退を発表した。同選手が自身の公式『ツイッター』を通じて明かした。 ▽先日、今シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティを退団することを発表していたカカに関しては、母国や国外での現役続行か、このまま現役引退を決断するとの報道が飛び交っていた。 ▽そしてカカは17日、公式『ツイッター』で神に祈りを捧げる自身の写真と共に、「自分が思い描いていたよりも、より多くの素晴らしい経験をすることができたと思う。ありがとう、僕はいま、次の旅の準備をしている。イエスの名のもとに、アーメン」と、スパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 ▽また、カカはブラジル『グローボ・エスポルチ』で現役引退を決断した理由に関して以下のように説明している。 「プロフットボーラーとしての僕のキャリアはここで終わる。落ち着いて考えて自分の決断を下すために少し時間が必要だったんだ。両親や兄弟、ガールフレンド、兄弟の奥さんと親しい間柄の人たちと話し合ってきた。それは僕にとって祈りの時間でもあったんだ」 「非常に意識的なやり方で、僕は自分自身で今こそプロフットボーラーを辞める時期にいるという決断を下した」 ▽また、カカは自身の今後に関して、フットボール界での仕事に携わっていくつもりであると語っている。 「いま、フットボール界で仕事を続けるための準備を進めているんだ。ただ、これまでとは異なる役割だ」 「僕はマネージャーやスポーツ・ディレクターか、ピッチ内とクラブ双方の役割を兼務した仕事に就きたいと思っている」 ▽さらに、先日にオーナーグループとの接触が報じられた古巣ミランへの復帰の可能性に関しても言及。「最近、ミランがオファーしてきたことは事実だ。今後の状況を見守ってみよう」と、クラブ幹部としての復帰に前向きな姿勢を見せた。 ▽2001年に母国屈指の名門、サンパウロでプロキャリアをスタートしたカカは、2003年にミランに完全移籍で加入。卓越したアスリート能力に加え、溢れるばかりの攻撃センス、得点力を兼ね備えた完全無欠の攻撃的MFは、セリエAやチャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブ・ワールドカップのタイトル獲得に貢献。2007年にはバロンドールを獲得するなど、キャリア最高の時期を過ごした。 ▽その後、2009年にミランの財政悪化を受けて、6800万ユーロの高額移籍金で加入したレアル・マドリーでは、リーガエスパニョーラやコパ・デル・レイのタイトルを獲得するも、度重なるケガの影響で思うような活躍をできず、2013年にミランに復帰することになった。 ▽その後、古巣サンパウロへのレンタル移籍を経て、2015年からMLSに新規参入したオーランド・シティへ新天地を求めると、在籍3年間で公式戦77試合に出場し25ゴール19アシストを記録するなど、主力として活躍。そして、今シーズン終了後に退団を発表していた。 ▽また、2002年にデビューを飾ったブラジル代表では、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)でいきなり優勝を経験。その後、2006年ドイツW杯、2010年の南アフリカW杯の3大会に出場するなど、通算92キャップ29ゴールという成績を残していた。 2017.12.18 03:00 Mon
twitterfacebook
thumb

格下相手にまさかの3失点…低調ミランがヴェローナに完敗《セリエA》

▽ミランは17日、セリエA第17節でヴェローナと対戦し、0-3で敗北した。 ▽前節のボローニャ戦でガットゥーゾ体制初勝利を手にした7位ミラン(勝ち点24)は、勢いそのままにミッドウィークに行われたコッパ・イタリア5回戦でヴェローナを3発粉砕。今節はリーグ19位に沈むヴェローナ(勝ち点10)との連戦となったが、コッパ・イタリアからはアンドレ・シウバとクトローネに代わり、カリニッチとボリーニが先発に名を連ねた。 ▽ファーストシュートはミラン。開始1分にスソが右サイドからシュートを放つがGKの正面に。15分にはカウンターで攻め上がるも、スソのクロスはGKの手の中へ。 ▽冴えない攻撃が続くミランは18分に、味方のパスを受けたカリニッチがボックス手前からダイレクトで狙うがわずかに枠の右へ逸れる。すると24分、ここまで攻撃のチャンスがほとんどなかったヴェローナにCKを与えると、ロムロのクロスをカラッチョロに頭で綺麗に合わせられ先制点を奪われてしまう。 ▽コッパ・イタリア対戦時のようにはいかないミラン。失点直後にはケシエがシュートを試みるもGKに弾かれてしまう。その後も次々とヴェローナゴールに迫るが、アタッキングサードでのアイデアを欠き、なかなか好機を作れない。 ▽そんな中、36分にボリーニのパスを受けたスソがここまで最大のチャンスを迎える。だが、左足でファーサイドを狙ったシュートはGKニコラスに防がれた。 ▽ミランの1点ビハインドで迎えた後半、いきなりカリニッチがシュートに持ち込み積極的な入りを見せる。しかし、継続的な攻撃ができないミランは、55分に追加点を許す。 ▽途中出場のベッサに左サイドを突破されグラウンダーのクロスを入れられると、こちらも途中出場のケアンに綺麗に沈められ2失点目を喫してしまう。さらに77分、自らのミスからヴェローナにカウンターに転じられると、ロメロの持ち上がりからベッサに流し込まれ痛恨の3失点。 ▽その後も反撃に転じることができなかったミランは、試合終了間際にスソが一発退場するなどの体たらくをみせ、格下相手に3失点完敗。ガットゥーゾ体制2敗目を喫した。 2017.12.17 22:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団の理由を聞く子供のストレートな質問にボヌッチがたじたじ

▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、子供からのストレートな質問にたじたじとなったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽セリエAで6連覇を達成したユベントスの守備陣を支えてきたボヌッチは、今夏の移籍市場でライバルであるミランへ加入した。再建段階にあるミランのキャプテンを務め、負傷の影響がありながらもここまでリーグ戦14試合に出場している。 ▽そんなのボヌッチが、ミランのユースアカデミーのクリスマスパーティーに参加。大勢の子供たちの前で「みんなの夢が実現することを願っているよ。いつも楽しく過ごすように心がけよう。僕たちは君らの笑顔を願ってる」とあいさつをした。 ▽子供たちにとっては、トップチームのキャプテンとして活躍するボヌッチとのひと時は夢のような時間だっただろう。そんな中、子供たちからの質問コーナーが開催された。報道によるとイベントに参加していた女の子が「なぜユーベから出ていったの?」と子供らしい直球な質問をぶつけた。 ▽しかしボヌッチも大人な対応に出る。子供たちにもわかりやすいように人生の教訓として語っている。 「そうだね。真実を話すには君は少し幼いかもしれないね。でもこれは新しい試合に臨んでいるだけなんだ。僕とユベントスはお互いに決断してこの移籍が決まった」 「監督もミラベッリも僕にチャンスを与えてくれたんだ。僕はそれを掴んだ。人生や人間関係の中には常に議論があり、別の道を歩むこともあるんだ。僕とユーベはそうなったんだよ」 ▽なおボヌッチの退団についてはマッシミリアーノ・アッレグリ監督との衝突が原因だと言われていた。実際にボヌッチはミラン加入後、「真実を話す」として次のようなコメントを残している。 「(アッレグリとの関係悪化は)あくまでも最後の要因に過ぎない。それ以外にもあらゆる状況があった。100%をチームに捧げるために、(クラブから)重要な選手だ(と思われている)と感じる必要がある。でもユーベではそういったものを感じるのは時々しかなく、(首脳陣が)思い出した時だけだったね」 2017.12.15 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ライオラは態度を変えず「ミランがドンナルンマを使って私を攻撃している」

▽ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、ミランと徹底抗戦の構えを見せた。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽今夏にドンナルンマの契約延長交渉をミランと行ったライオラ氏、一時はミラン退団をほのめかすも最終的には新たな契約にサインをしていた。 ▽しかしライオラ氏は最近になって、この交渉の席でドンナルンマがミラン側から不当な圧力を受けて強制的にサインをさせられたと主張。ドンナルンマもこれを認めていると報じられた。 ▽これに対してミランのサポーター団体『ミラネッロ』は13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦で、ドンナルンマを批判するバナーを掲載。さらに激しいブーイングを浴びせており、選手は試合後、ロッカールームで涙を浮かべた。 ▽事件後、沈黙を続けていたドンナルンマは「ミランからの圧力があったとは言っていない」と自身のインスタグラムで発言し、事態の鎮静化を図っている。 ▽ところがライオラ氏は、あくまでもミラン側の対応に問題があったと自身の主張を曲げることはないようだ。 「(ミランのスポーツ・ディレクターを務める)ミラベッリは私との間に個人的な問題を抱えている。彼らはドンナルンマを使って私を攻撃しているのだ。メディアを使い、ジジオ(ドンナルンマ)にも影響が出ている状況だ」 「今は少し落ち着いた方が良く、適切なタイミングでミラベッリに返信する。ただ、これだけは言っておくが、この件に関してジジオは何の関係もない。彼に非はなく、これは私に対しての攻撃だ。そこにジジオを用いるのは正しいことではない」 「そもそもミランの問題はジジオとアントニオ(ドンナルンマの兄)についてサポーターが批判しているのに、そのことに対してクラブもミラベッリもコメントしない。スタジアムに掲載されたバナーはなんだ? ミラベッリは選手たちを守らなければいけない」 2017.12.15 09:18 Fri
twitterfacebook
thumb

沈黙を破るドンナルンマ「ミランからの圧力があったとは言っていない」

▽ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、サポーターグループからのバッシングを受けて事件の真相を語っている。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ドンナルンマは今夏に契約延長交渉が難航し、ファンはその姿勢に苛立ちを見せていた。しかし選手側が態度を一変させて契約延長にサインしミランに残留している。 ▽しかしこの契約延長の交渉の席で、ミラン側の圧力を受けてサインをさせられたと代理人であるミーノ・ライオラ氏が主張。ドンナルンマもこれを認めていると報じられており、騒動が再燃。新たな契約が破棄されれば、以前の契約が適応され今シーズン限りで契約満了となる。 ▽これに対してミランのサポーター団体『ミラネッロ』は13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦で、ドンナルンマを批判するバナーを掲載。さらに激しいブーイングを浴びせており、選手は試合後、ロッカールームで涙を浮かべた。 ▽その後沈黙を続けていたドンナルンマだが、14日に自身のインスタグラムを更新。報道を受けて、自分の口から真実を語った。 「本当に期待外れの酷い夜だった。僕が契約書にサインした際、ミランから圧力を受けたといったように報道されている。でもそんなことはなかった。今は次の試合に向けて集中しているよ。フォルツァ・ミラン!!」 2017.12.15 09:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース