バルサ移籍対策?マドリーがセバージョスの契約解除金を“メッシ越え”645億円に設定2017.07.16 15:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーがU-21スペイン代表MFダニ・セバージョス(20)の契約解除金を5億ユーロ(約645億円)に設定したと、スペイン『アス』が報じた。

▽6月に開催されたU-21欧州選手権で大会MVPに輝いたセバージョスは、今夏の移籍市場でマドリーと正式契約。21日にはアメリカでのプレシーズンツアーに参加することが決まっている。獲得が決定するまではバルセロナとの争奪戦が騒がれており、“場外クラシコ”を制した形だ。

▽しかし、獲得後もバルセロナへのけん制は怠らないようだ。『アス』の報道では、6年契約で加入したセバージョスに、契約解除金として5億ユーロ(約645億円)を設定。スペイン『マルカ』が4日に報じたところでは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにかけられた契約解除金が3億ユーロ(約387億円)となっており、セバージョスに設定された契約解除金の法外な高額さが窺える。

▽契約解除金の額を考慮すれば、マドリーがセバージョスを売り抜くことは考え難く、6年という長期な契約期間を全うすることになるだろう、とも『アス』は伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダンがネイマール獲得を望まなかった理由…「マルセロとは共存できないと考えていた」

昨季限りでレアル・マドリー監督の座を辞したジネディーヌ・ジダン氏は、同クラブがパリ・サンジェルマンFWネイマール獲得に動くことを好ましく考えていなかったとされる。<br><br>ジダン氏レアル・マドリーを率いていた5月、同クラブがネイマール獲得に動いているとの報道について問われ、「私はネイマールの獲得など求めていない」と返答。この断固たる意思の表明は、少なからず驚きを与えるものだった。<br><br>ジダン氏はなぜネイマール獲得を望まなかったのだろうか。ブラジルの著名記者アンドレア・リゼク氏はその理由を、フランス人指揮官の友人から聞きつけたという。それによれば、ジダン氏は左サイドを主戦場とするネイマールと左サイドバックのDFマルセロが共存不可能と考えていたようだ。<br><br>「ジダンがクラブを離れる前に、マドリーで彼とディナーをした人から情報を得た。ジダンはその場で、ネイマールが到着する可能性について自身の見解を述べていた」<br><br>「そのジダンの友人が言うには、フランス人はネイマールの到着を歓迎していなかった。マルセロとネイマールが、スモールチームとの試合以外では一緒にプレーできないと考えたためだ。ジダンは彼らのプレー範囲が重なるとして、ネイマールの獲得を快く感じていなかった」<br><br>なおジダン氏が去ったレアル・マドリーは、今夏の移籍市場でネイマールの獲得を狙っているとも報じられる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.17 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クルトワ&アザールの獲得狙うレアル・マドリー、アザール獲得交渉は長期戦か…移籍金はネイマールと同額

チェルシーGKティボ・クルトワとMFエデン・アザールの獲得を狙うレアル・マドリーだが、アザールの獲得交渉は長期戦になる見込みだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ベルギー代表として活躍したクルトワとアザールは、どちらもレアル・マドリー移籍を前向きに考えているとみられる。しかしながら、来季でチェルシーとの契約が切れるクルトワがとは違って、アザールの獲得はレアル・マドリーにとって骨が折れるオペレーションとなりそうだ。<br><br>『マルカ』は、アザールとチェルシーの契約が2020年まで残っていることに鑑みて、レアル・マドリーとチェルシーの交渉が難航し、長期戦になるとの見解を示している。<br><br>また同紙はイギリス『ザ・タイムズ』のチェルシーがアザールの移籍金を2億ユーロに設定したという報道も紹介。同額が、昨夏にパリ・サンジェルマンがバルセロナからネイマールを獲得した移籍金と、ほぼ同じであることを強調している。<br><br>FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに売却し、新たなスターを欲するレアル・マドリーだが、チェルシーとの交渉をどのように進めていくのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.16 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

クルトワ「どこに行ってもアザールと一緒」

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)がまたしても移籍の可能性をほのめかした。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を最高位3位に導き、個人としてもベストGK賞を受賞したクルトワ。チェルシーやベルギー代表で同僚のMFエデン・アザール(27)と共に今夏のレアル・マドリー移籍が取り沙汰されており、去就に注目が集まっている。 ▽そうした中、これまで家族の住むマドリッド移住希望などレアル・マドリー移籍を匂わせてきたクルトワは、アザールについて語り、またしてもフラグを立てた。 「僕がどこに行っても、アザールは一緒にいてくれなくちゃね。互いにそう思っているだろう。でも、まずは様子を見よう。僕らは休暇に入る。その間、代理人と話をするよ」 「どんな可能性があるのかを知りたいから監督とも話をするつもりだ。全てのオプションが僕の選択肢にあって、チェルシー残留もある。選手が契約を全うしないと、周りの人は常に不満を抱くものさ。それでも、僕はそうするけどね」 「例えばだけど、契約を延長しない僕をクラブがベンチに座らせておくかな。僕はそう思えない。でも、僕はロンドンの生活が好きだから、そういう状況になる可能性もあるだろうね」 2018.07.16 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月16日は、ドリブル速度世界最速!時速36.9kmで侵攻するウェールズ代表MFのバースデー

◆ガレス・ベイル 【Profile】 国籍:イギリス(ウェールズ) クラブ:レアル・マドリー 誕生日:1989年7月16日 ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:81㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月16日は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルだ。 ▽FIFAの調査によりドリブル時の速さが時速36.9kmであり、世界最速であることが2015年に判明したベイル。幼少期から類まれな身体能力と才能を発揮していており、2005年夏にサウサンプトンと契約。翌年には16歳にしてプロデビューを飾った。争奪戦の末、2007年にはトッテナムに入団。すると、キャリア初期にはサイドバックとして起用されていたベイルはより前のポジションにコンバートされ、その稀有な攻撃能力を開花させていく。そして2012-13シーズン、プレミアリーグで得点ランク3位となる21ゴールを記録。PFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞を受賞し、シーズン後にレアル・マドリーへの移籍が発表となった。 ▽マドリーでは、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマと共に“BBC”と呼ばれる破壊力抜群のユニットを形成。クラブの顔の1人として、欧州を代表する選手にまで上り詰めた。しかしその後、度重なるケガや若手の台頭により、出場機会が減少。2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦で2得点を奪いMOMに輝いたにもかかわらず、退団が取り沙汰されている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ラーシュ・ラーゲルベック(サッカー監督/ノルウェー代表) セルヒオ・ブスケッツ(サッカー選手/バルセロナ) ムサ・デンベレ(サッカー選手/トッテナム) アンドロス・タウンゼント(サッカー選手/クリスタルパレス) アマス・エンディアイエ(サッカー選手/ヘタフェ) 高橋諒(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 小田逸稀(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 石川啓人(サッカー選手/サガン鳥栖) 山田哲人(野球選手) 八木かなえ(ウェイトリフティング選手) 宇野実彩子(歌手/AAA) Aya(ダンサー/E-girls) 藤井夏恋(ダンサー/E-girls) ダレノガレ明美(タレント) 児嶋一哉(お笑い芸人/アンジャッシュ) 2018.07.16 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーorバイエルン、決定権はハメスにあり?

▽バイエルンに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に付けられている買い取りオプションを行使しない可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ジネディーヌ・ジダン体制下のマドリーで準主力に甘んじていたハメスは昨夏、当時指揮を執っていた恩師カルロ・アンチェロッティ監督の求めに応じてバイエルンへ2年間のレンタル移籍。シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に調子を上げると、昨季の公式戦39試合で8ゴール14アシストときっちり結果を残している。 ▽このパフォーマンスを受けて、バイエルンが今夏の段階で4200万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金を支払い、完全保有する意向をマドリーに伝えているとも報じられていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン監督が退任を電撃発表。これを受け、ハメスはマドリーへの復帰を希望するようになったという。さらに、マドリー側もFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍で生じた穴を補うため、同選手を必要としていると伝えられている。 ▽あくまで、ハメスが復帰するためには第一にバイエルンの納得が必要だ。同選手とバイエルンは2019年6月までレンタル契約を結んでおり、買い取りオプションも存在する。そのため、マドリー側が自力で達成可能な交渉ではない。 ▽それでも、マドリーとバイエルンはこれまでに友好的な関係を築いており、マドリー側は取り付く島もないという状況に陥るとは考えていないという。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOも、選手の意思こそが最重要との考えを持っており、マドリー復帰は現実的なプランとして考慮されている、と『マルカ』は伝えている。 ▽バイエルンとマドリーという屈指のビッグクラブから誘いを受けるハメスは、いずれにしても華やかな将来を自身の一存で決定することになりそうだ。 2018.07.15 22:10 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース