堂安律が止まらない 2戦連発でPSM3発目!《トレーニングマッチ》2017.07.16 08:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽今夏、ガンバ大阪からフローニンヘンに移籍したU-20日本代表MF堂安律の好アピールが続いている。

▽フローニンヘンは15日、SVレディングハウゼン(ドイツ4部)と練習試合で対戦した。堂安は、9日に行われたVVアネン(オランダ8部)で実戦デビュー。その一戦に続き後半途中から出場し、2戦連発となる得点を挙げた。

▽堂安は2-3で1点ビハインドの74分、敵陣中央でボールを受けると、パス&ゴーでゴール前に侵攻。味方のリターンパスをバイタルエリア中央で受けた流れから相手数人をドリブルで抜き去り、ボックス中央から左足で沈めた。

▽結局、試合は3-3のドロー。堂安の活躍が際立つフローニンヘンは、来月8月13日に行われる開幕戦で、日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

フローニンヘン堂安律、2戦目のアヤックス戦は出番なし《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは20日、エールディビジ第2節のアヤックス戦に臨み、1-3で敗れた。ヘーレンフェーンとの開幕戦に先発した堂安はベンチスタート。出番は最後まで訪れなかった。 ▽強敵アヤックスから今シーズン初白星を狙ったフローニンヘンだったが、38分にFWクラース=ヤン・フンテラールの一発を被弾。後半立ち上がりにもMFハキム・ジイェフにゴールを許して、アヤックスに突き放された。 ▽フローニンヘンは73分にFWウサマ・イドリッシのゴールで一点を返したものの、MFラッセ・シェーネの一発でアヤックスに3点目を奪われて力負け。開幕2試合で1分け1敗のフローニンヘンは27日開催の次節、ユトレヒト戦に臨む。 2017.08.21 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安先発デビュー! 小林との日本人対決はドロー決着《エールディビジ》

▽エールディビジ第1節のフローニンヘンvsヘーレンフェーンが13日に行われ、3-3のドローに終わった。フローニンヘンのMF堂安律は63分までプレーし、ヘーレンフェーンのMF小林祐希はフル出場した。 ▽フラットな[4-4-2]の中盤左サイドに入った堂安は、5分に欧州リーグでのファーストシュートを放った。ボックス手前中央でドロストからの横パスを受けた堂安は右足を振り抜く。しかし、グラウンダーのボールはゴール左に逸れた。 ▽堂安がこの試合最初の決定機を逸すると、直後の6分にヘーレンフェーンが先制に成功した。ゼネリがボックス左で上げたクロスは、中央の密集地帯を通り逆サイドに抜ける。ボックス右まで走り込んでいた右サイドバックのダンフリースがダイレクトでクロスを上げると、反応したトルスビーが頭で合わせ、ネットを揺らした。 ▽33分には、日本人同士の激しいマッチアップが試合を盛り上げた。ハーフウェイライン付近でボールを持った小林が持ち上がると、堂安がチェックに行く。堂安はスライディングでボール奪取を試みたが、笛が鳴りファウルの判定。イエローカードが提示された。 ▽ヘーレンフェーンがやや優勢に試合を進めると、40分に追加点が決まる。右サイドでボールを持ったウーデゴールがタメを作り、再びオーバーラップしたダンフリースにパスを供給。そのままクロスが上がると、ボックス内の動き出しでディフェンスを置き去りにしたグーチャンネジャードが足で合わせて押し込んだ。 ▽試合はヘーレンフェーンの2点リードで折り返したが、後半早々の53分にフローニンヘンが1点を返した。敵陣左でボールを拾ったドロストが上手く身体を使ってキープすると、前線にスルーパスを送る。最前線を駆けていたヴェルドウィクがボックス左で受けると、ドリブルを選択。DFを3人交わして中央まで侵攻し、シュートをゴールに流し込んだ。 ▽追い付きたいフローニンヘンは63分に堂安を下げ、ウェールトを投入。すると、81分に同点弾が生まれる。ドロストがボックス内右でドリブルを仕掛けDFに倒されると、PKの判定。これをキッカーのマヒが確実に決めた。 ▽それでも、5分後の86分にヘーレンフェーンが勝ち越し弾を奪い切る。カウンターの場面でソースビーがGKとの一対一を迎えると、これを制して再びフローニンヘンを突き放した。しかし、終了間際の88分にもフローニンヘンがPKを獲得。これをマヒが再び決めて試合は同点に。このまま終了の笛が鳴り、注目の日本人対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.08.14 02:02 Mon
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン堂安律にライバル出現! シティからU-20メキシコ代表FWユリエル・アントゥナを獲得

▽フローニンヘンは8日、マンチェスター・シティからU-20メキシコ代表FWユリエル・アントゥナ(19)を2年間のレンタル移籍で獲得することを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、正式契約にサインする予定だ。 ▽メキシコのサントス出身のアントゥナは、右ウイングを主戦場に174センチという小柄な体格を生かした機動力抜群のドリブルを武器とするプレーヤー。そんなメキシコの逸材は今夏マンチェスター・シティに引き抜かれ、この度フローニンヘンで経験を積むことになった。 ▽テクニカル・マネージャーのペーテル・イェルトゥマ氏は、アントゥナの加入を以下のように語っている。 「ユリエル・アントゥナは我々にスピードをもたらし、攻撃に厚みを持たせる。それは我々が欲していたものだった。嬉しいよ」 2017.08.09 15:09 Wed
twitterfacebook
thumb

MF堂安律が先発! フローニンヘンvsグラナダのトレーニングマッチは2-2のドロー《フレンドリーマッチ》

▽22日、フローニンヘンvsグラナダのフレンドリーマッチが行わレ、2-2のドローに終わった。MF堂安律は先発出場し58分までプレーした。 ▽試合は9分、ヴェルドウィクがダイレクトでシュート。GKが弾くも、こぼれ球をイドリッシがこぼれ球を流し込みフローニンヘンが先制する。 ▽堂安は右サイドでバクーナとの素晴らしい連携で攻撃を牽引。ワンツーを繰り返しボックス内に侵入するも、シュートは打てない。 ▽すると21分、堂安がドリブルで持ち上がると、そこからパスをつなぎ、最後はうまく抜け出したバクーナがネットを揺らし、フローニンヘンがリードを2点に広げる。 ▽グラナダは50分、左サイドからのクロスにペドロがボックス中央で頭で合わせ1点を返す。後半はグラナダが攻め込む展開が続くと、80分にPKを獲得。これをマチスがしっかりと沈め同点に。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わった。 フローニンヘン 2-2 グラナダ 【フローニンヘン】 ヴェルドウィク(前9) イドリッシ(前21) 【グラナダ】 ペドロ(後5) マチス(後35) 2017.07.23 13:02 Sun
twitterfacebook
thumb

とにかく陽気な堂安律、フローニンゲンCEOは順応性に「アメージング」と賛辞

今夏、エールディビジのフローニンヘンに加わったU-20日本代表の堂安律。同選手に対して、クラブCEOのハンス・ナイラントが地元メディア『fcgfans』で言及している。<br><br>ナイラント氏は「堂安はここにやってきてまだ間もないが、見事にチームに溶け込んでいるね。アメージングだよ」と語り、堂安の順応性に賛辞を贈っている。<br><br>その一方で「彼はまだ英語をうまく話すことができないね。だけど、それは問題にならないと思う。彼はチームの中でとても陽気だし、周囲の同僚が彼をサポートしようとしているからね」と続け、陽気な性格で早くも同僚から支持を得ていると述べている。<br><br>今夏、1年の期限付き移籍でフローニンヘンに加わった堂安。16-17シーズンにリーグ8位に終わったフローニンヘンをさらなる上位に導くことができるのか。オランダでの堂安への期待度はチーム内でも高まりつつあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 02:47 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース