南野の公式戦2戦連発弾などで王者ザルツブルクが圧勝!《オーストリアカップ》2017.07.16 02:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽南野拓実の所属するザルツブルクは15日、オーストリアカップ1回戦でドイチュランツベルクと対戦、7-0で勝利した。

▽大会4連覇中のザルツブルクは、12日に行われたチャンピオンズリーグ予備予選2回戦1stレグのヒバーニアンズ戦から南野、ファン・ヒチャン、バロン・ベリシャ、カレタ=カル以外の先発メンバー7人を変更して試合に臨んだ。

▽試合は立ち上がりからザルツブルクが主導権を握ると、34分にシュタングルのゴールで先制に成功。このゴールで勢いづいたザルツブルクは、37分にファン・ヒチャンが追加点を奪うと、前半終了間際の45分には南野が公式戦2戦連発となるゴールを記録した。

▽3点をリードするザルツブルクは、ハーフタイムで南野とファン・ヒチャンを下げ、メルギム・ベリシャとラザロを投入。後半に入っても攻撃の手を緩めないザルツブルクは、ここからゴールラッシュを見せる。

▽53分にV・ベリシャがクロスをボレーシュートで流し込み、4点目を奪取。さらに57分にグルブランドセンがゴールを奪うと、その4分後にもグルブランドセンがゴールネットを揺らした。

▽その後もゲームをコントロールするザルツブルクは、88分にV・ベリシャがこの試合自身2点目となるゴールを奪い、ゴールショーを締めくくった。敵地で圧勝したザルツブルクが、大会5連覇へ向け好スタートを切った。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井招集外のマルセイユが逆転で2位死守! 南野1アシストのザルツブルクが連勝で首位キープ!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第3節、マルセイユvsヴィトーリア・ギマランエスが19日に行われ、ホームのマルセイユが2-1で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は招集外となった。 ▽ここまで1勝1敗でグループ2位に位置するマルセイユが、最下位ヴィトーリアと対峙した一戦。今週末にパリ・サンジェルマン(PSG)との“フランス・ダービー”を控えるマルセイユは、3-3で引き分けた直近のストラスブール戦から大幅なターンオーバーを敢行。酒井が招集外となり、右サイドバックにはB・サールが起用された。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防を見せる両チームは決定機を作り合う。開始14分にはヴィトーリアのセットプレーからマルティンスが右ポスト直撃のヘディングシュートを放てば、直後の15分にはマルセイユがジェルマンのクロスからオカンポスのヘディングシュートでゴールに迫るが、ここは相手GKの好守に阻まれる。 ▽互いにゴールの匂いを感じさせる攻めを見せる中、ヴィトーリアが先手を奪う。17分、自陣からのロングカウンターで右サイドのスペースに抜け出したヘルドン・ラモスが鋭いクロスを供給。これをゴール前に飛び込んだマルティンスが頭で流し込んだ。 ▽ホームで先手を許す苦しい展開となったマルセイユだったが、28分に追いつく。酒井に代わって右サイドバックで先発したサールの中盤でのボール奪取からカウンターに転じると、右サイド深くに侵入したサンソンが柔らかなクロス。これをゴール前に走り込んだオカンポスがアクロバティックなジャンピングボレーで合わせた。 ▽この同点ゴールをキッカケに完全に勢い付いたマルセイユは、ここから完全に相手を押し込む。だが、ゴール前のサンソンのシュートチャンスを主審のブロックに阻まれるなど、前半のうちに逆転することはできない。 ▽後半も引き続きマルセイユのペースが続くも、60分のオカンポスのシュートがクロスバーに阻まれるなどヴィトーリアの粘り強い守備に遭い、なかなかゴールが生まれない。それでも、76分にはGKマンダンダのロングフィードから攻撃に転じボックス左をえぐったオカンポスが丁寧にマイナスに折り返すと、これをワントラップしたマキシム・ロペスが冷静な右足のコントロールシュートで決め切り、待望の逆転ゴールを奪った。 ▽その後、ワカソの強烈なミドルシュートをGKマンダンダの好守で凌ぐなど、粘り強い守備でリードを守り切ったマルセイユが、逆転でグループステージ2勝目を手にした。 ▽また、同日行われたグループIのもう1試合、コンヤシュポルvsザルツブルクは、アウェイのザルツブルクが2-0で勝利した。なお、ザルツブルクのMF南野拓実は、78分から途中出場し1アシストを記録した。 ▽1勝1分けで首位に立つザルツブルクは、直近のリーグ戦で負傷明けが初出場を飾った南野を引き続きベンチスタートとした。試合は開始早々にアウェイのザルツブルクが動かす。5分、左CKの流れからゴール前に鋭いグラウンダーのクロスが入ると、これをグルブランドセンが冷静に流し込んだ。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、試合はザルツブルクの1点リードのまま試合終盤に突入する。追加点がほしいアウェイチームは78分、ハイダラに代えてこれが今季のEL初出場となる南野を投入。 ▽すると80分、投入直後の南野がバックパスを受けた相手GKに猛然とプレスをかけてボールを奪う。そして、自身の左で完全にフリーとなったダブールにプレゼントパスを送ると、これをダブールが難なく流し込み、南野のアシストから試合を決める2点目が生まれた。途中出場の南野の活躍などで快勝のザルツブルクが連勝で首位キープに成功した。 2017.10.20 05:07 Fri
twitterfacebook
thumb

MF南野拓実は途中出場、ザルツブルクが逆転勝利で2連勝《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽元日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは14日、オーストリア・ブンデスリーガ第11節のLASKリンツ戦に臨み、3-1で勝利した。南野は82分から出場している。 ▽ザルツブルクが敵地に乗り込んだ一戦。開始早々の1分に先制を許したザルツブルクだが、27分にPKのチャンスをMFバロン・ベリシャが決め切り、同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻したザルツブルクは、74分と78分にFWモアネス・ダブールが立て続けにゴール。逆転勝ちしたザルツブルクがリーグ2連勝を飾っている。 LASKリンツ 1-3 ザルツブルク 【LASKリンツ】 ミコリ(前1) 【ザルツブルク】 ベリシャ(前27[PK]) ダブール(後29) ダブール(後33) 2017.10.15 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

後半の1点を守り切りザルツブルクが今大会初勝利《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節、ザルツブルクvsマルセイユが28日に行われ、1-0でザルツブルクが勝利した。サルツブルクFW南野拓実と、マルセイユDF酒井宏樹は欠場した。 ▽南野のケガによる長期離脱と、酒井の招集外により日本人対決は実現しなかったこの一戦。ザルツブルクは20分、バロン・ベリシャのFKから、ファーサイドでパウロ・ミランダが飛び込んで合わせるがGKプレがセーブ。さらに29分には、GKプレからボールを奪ったダブールがゴールを狙うが、必死に戻ったDFにギリギリのところでクリアされてしまう。 ▽試合が動いたのは73分。ハイダラのパスからライナーがボックス右に侵攻し、中へ折り返す。そこに走り込んだダブールが流し込んでザルツブルクが先制。続く79分にも、ボックス手前左からの直接FKをバロン・ベリシャが狙うが、惜しくクロスバーの上へ。 ▽試合終盤の88分、マルセイユはB・サールがドリブル突破からボックス手前に侵攻。そこからシュートを試みるが、枠に飛ばず。試合はこのまま終了。後半の1点を守り切ったザルツブルクが1-0で勝利し、今大会初勝利を収めている。 2017.09.29 04:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク南野拓実がアシスト! しかし、40分に負傷交代《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽MF南野拓実が所属するザルツブルクは20日、オーストリア・ブンデスリーガ第5節のザンクト・ペルテン戦に臨み、5-1と快勝した。南野は2試合連続で先発。アシストを記録したものの、40分に負傷交代を余儀なくされている。 ▽試合は31分、南野のスルーパスからFWモアネス・ダブールのゴールで先制すると、47分、53分、59分に追加点。72分に1点を返されたものの、試合終了間際にFWファン・ヒチャンのゴールでトドメを刺し、リーグ3連勝を飾った。 ▽ザルツブルクは、第5節終了時点で4勝1分け無敗で2位に位置。26日に行われる次節、シュトゥルム・グラーツと対戦する。 2017.08.21 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地で先勝のザルツブルクが本選へ王手をかける! 南野は途中出場《ELプレーオフ》

▽ザルツブルクは17日、ヨーロッパリーグ(EL)予選プレーオフ1stレグでFCヴィトルル(ルーマニア)とのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は81分からプレーした。 ▽試合は開始早々の2分、ファン・ヒチャンのゴールでザルツブルクが先制する。7分にトゥクデアンのゴールで一度は追いつかれたザルツブルクだが、28分にヴォルフのゴールで勝ち越すと、31分にもダブールがゴールネットを揺らした。 ▽後半に入っても主導権を握るザルツブルクだったが、ヴィトルルの固い守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点が奪えない。81分には3人目の交代カードとして南野を投入したが、目立った活躍はできず。 ▽結局、試合は3-1のまま終了。敵地で先勝を飾ったザルツブルクが、EL本選へ大きく前進した。 2017.08.18 06:15 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース