オーリエがPSGのプレシーズンツアーに参加せず…ユーベかインテル移籍へ2017.07.15 22:21 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(24)の退団が濃厚となった。『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、オーリエはポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク、元フランス代表FWハテム・ベン・アルファと共に、アメリカのマイアミへのプレシーズンツアーのメンバーから外れたという。

▽これにより、オーリエは予てより関心が伝えられていたユベントスやインテルとの交渉に向けて、イタリア入りする見込みだ。なお、PSGは、2000~2500万ユーロ(約25億8000~32億2000万円)の金額での放出を考えているようだ。

▽2015年にトゥールーズから加入したオーリエは、右サイドバックのレギュラーとして、加入2シーズンで公式戦81試合に出場し、5ゴール15アシストを記録。その一方で、ピッチ外での度重なる問題行為などもあり、放出の可能性も噂されていた。さらに、今夏の移籍市場でクラブがブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)を獲得したことで、退団が濃厚となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ナイキがPSGのホームキットを発表! 音波にも見える赤いストライプが特徴

▽ナイキは23日、パリ・サンジェルマン(PSG)の2018-19シーズンホームキットを発表した。 ▽PSGの新しい2018-19ホームキットは、伝統に忠実に、ファンが愛し続けた赤と青のカラーを基調に作られています。試合の日にはパルク・デ・プランスに押し寄せるファンたちが作り出す、耳をつんざく様な音を含む雰囲気は世界のフットボールの中でも最も有名です。これに創造的意欲を掻き立てられたデザイナー達は、PSGの特徴的な縦の赤いストライプにスピードというフィルターをかけ、まるで音波の様にも見える形を作り出しました。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180523_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽ブルーのショーツと、白で縁取られた赤の横ストライプをあしらったブルーのソックスが、伝統的なクラブの色で全身を包むホームキットとなっている。 ▽PSGの伝統に溢れるキットは、ファンと同様にプレイヤーにも喜びを感じさせるデザイン。マルコ・ヴェッラッティは「ロッカールームに入り、背中に自分の名前が入ったジャージーを見るたびに、大きな誇りを感じます。そしてピッチに出ると、ファンの力を感じます。彼らは自分の実力以上を発揮できるよう、背中を押ししてくれます」とコメントしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180523_33_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽PSGホームキット 2018-19は、Nike.com及び一部専門店にて販売中です。 2018.05.23 20:14 Wed
twitterfacebook
thumb

デシャンに反発?ラビオ、ロシアW杯臨むフランス代表予備登録メンバー入りを拒否か

パリ・サンジェルマン(PSG)MFアドリアン・ラビオが、ロシア・ワールドカップに臨むフランス代表の予備登録メンバー入りを拒否したようだ。フランス『レ・パリジャン』が伝えた。<br><br>今季PSGで公式戦49試合に出場したラビオ。23歳ながらフランス王者でレギュラーを獲得し、フランス代表にも2016年のデビューから継続的に呼ばれきた。しかし、先日発表されたロシアW杯の登録メンバー23人の中に、ラビオは含まれず。予備登録となっていた。<br><br>『レ・パリジャン』によると、23歳のMFは予備登録メンバー入りを拒否したという。なお、予備登録内でラビオが主戦場とする中盤真ん中でプレーできる選手は、トッテナムMFムサ・シソコのみ。さらに、ラビオとはプレースタイルが全く違うため、追加招集があるかもしれない。<br><br>ディデエ・デシャン監督からは何ら説明のない状況だが、今回の予備登録入り拒否は、ラビオのフランス代表としてのキャリアに影を落としかねないだろう。<br><br>提供:goal.com 2018.05.23 18:53 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGが中島翔哉に関心か 岡崎慎司&香川真司を知る新指揮官が注目?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(23)の獲得に関心を抱いているようだ。フランス『フットメルカート』が伝えている。 ▽昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタル移籍で加入した中島。海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残すと完全移籍を果たした。現在中島に対して、国内外のビッグクラブから獲得への興味を持たれているが、今回伝えられるところによると、フランス王者のPSGも獲得に乗り出す可能性があるようだ。 ▽同メディアによると、PSGが中島の動向に注視していることをポルティモネンセのディレクターを務める元浦和レッズのロブソン・ポンテ氏が明かした模様。どうやら14日にPSG監督就任を発表したトーマス・トゥヘル新監督が同選手の活躍に注目しているようだ。トゥヘル新監督は、マインツ時代にFW岡崎慎司、ドルトムント時代にはMF香川真司を指導したことがあり、日本人と仕事をすることを好んでいると伝えられている。 ▽また、昨夏にはブラジル人MFグスタボ・エブリング(22)がPSGからポルティモネンセに加入した際、PSGのスポーツディレクターを務めるアンテロ・エンリケ氏が関わっており、同氏はポルティモネンセと近しい間柄とも。契約解除金が2000万ユーロ(約26億円)に設定されているとされる中島だが、果たして実現するのだろうか…。 2018.05.23 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG退団の可能性が取りざたされるネイマール、母親は「早くパリを去るべきだと思った」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの母親が、移籍のうわさに言及している。<br><br>昨夏、バルセロナを退団したPSGに加入したネイマール。PSGは契約解除金2億2200万ユーロ(約230億円)を支払い、サッカー史上最大の移籍が成立した。<br><br>だがネイマールはレアル・マドリーへの移籍を志願しているという。先日、ピニ・ザハビ代理人がフロレンティーノ・ペレス会長と接触したことが明らかになっている。<br><br>ネイマールの移籍をめぐる報道が過熱する状況で、選手の母親が口を開いている。「ネイマールはバルセロナを離れて、PSGと契約するというリスクのある賭けをしたの。PSGをヨーロッパ有数のチームにするためにね。だから、(カバーニとPKをめぐり口論になった際に)ファンからブーイングを浴びて驚いたわ」とのコメントをスペイン『ABC』が伝えた。<br><br>さらに、ネイマールの母親は「私はあの時、夫と息子に『できるだけ早くここを去りましょう』と言ったの。彼はPSGをビッグチームにするために移籍した。でも、ああいった扱いを受けるのは、気持ちの良いものではないわ」とPSGのサポーターへの不満をあらわにしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 00:22 Wed
twitterfacebook
thumb

「1兆ユーロを積まれてもムバッペは売らない」...PSG会長が放出を否定

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長は、FWキリアン・ムバッペの放出を否定している。<br><br>PSGは昨夏、モナコからムバッペを獲得。レンタル契約での加入となったが、PSGは完全移籍のために1億8000万ユーロ(約230億円)を支払うといわれている。<br><br>アル・ケライフィ会長は『Canal+』で「ムバッペの移籍金? 数字で言えば、1兆ユーロ(約130兆円)以上だろうか。いや、そのお金を積まれても、彼を売ることはできない」と語った。マンチェスター・シティなど複数クラブが狙うフランス代表FWを売るつもりはないと主張している。<br><br>ムバッペはPSGでブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと共に3トップを組んでいる。今季は公式戦40試合に出場して21得点をマークした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 22:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース