ベティスへの感謝を語るセバージョス「ビバ・ラ・ベティス!」2017.07.15 16:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンからレアル・マドリーへ加入することが正式発表となったU-21スペイン代表MFダニ・セバージョス(20)が、新チームでの意気込みと古巣となるベティスへの感謝を語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽14日、レアル・マドリーは6年契約でセバージョスを獲得したと発表。21日からアメリカでのプレシーズンツアーに参加することが決まっている同選手が、新天地での自信を覗かせた。

「僕がレアル・マドリーに加入したことで感じる誇りや使命感は、他人には想像できないものだよ。モチベーションはとてつもなく大きい。謙虚さや努力のおかげでここまで来られたから、これからもその2つは心がけるよ。このシャツを着るに値する選手であることを証明するつもりだ。アラ・マドリー(マドリー最高)!」

▽また、セバージョスは15歳の頃からベティスに所属しており、2014年4月に17歳でトップチームデビューを果たし、3年間でリーガエスパニョーラ65試合に出場。6月に開催されたU-21欧州選手権で大会MVPに輝くまでに育ててくれたクラブへの恩義も語った。

「いつも心の中にレアル・ベティスのバッジを持ち歩くよ。僕を選手としても人間としても成長させてくれたヴェルディブランコ・ファミリー(ベティスサポーター)の人々の全てに心から感謝している。最初から最後まで愛情を注いでくれた全てのベティコス(ベティスサポーター)にお礼を言うよ。ビバ・ラ・ベティス(ベティス万歳)!」

コメント

関連ニュース

thumb

サウール弾で逃げ切ったアトレティコがクラブ記録を更新のリーガ19戦無敗を達成!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第15節でベティスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽クラブ記録タイのリーグ18戦無敗で4位につけるアトレティコが、10位ベティスの本拠地ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループC最終節のチェルシー戦を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。グリーズマンやトーレス、ホセ・ヒメネス、リュカに代えてコレアやガメイロ、ゴディン、ヴルサリコをスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから積極的な入りを見せたベティスを前に後手に回ると3分、テージョのパスからブデブスのシュートでゴールを脅かされるも、このピンチはGKオブラクのセーブで難を逃れた。 ▽押し込まれる展開が続くアトレティコは、23分にもボックス左横でFKを与えるとホアキンのFKから決定機を許したが、ファーサイドのバラガンがボールに反応できず、ゴール右にボールは流れた。 ▽劣勢が続いたアトレティコだが30分、ファーストチャンスで試合を動かす。右サイドをオーバーラップしたヴルサリコがゴディンからのロングパスを受けると、素早くクロスを供給。これが相手DFとGKの間をすり抜けるとファーサイドから駆け上がったサウールがスライディングシュートで流し込んだ。 ▽アトレティコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベティス。60分、中盤のブデブスがボックス内にロングパスを供給。これが相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のテージョがダイレクトボレーで合わせるも、枠を捉えたシュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 ▽1-0で膠着状態が続く中、アトレティコは76分にガメイロを下げてトーレスを投入。前線をフレッシュにしたがこれも効果なく時間が過ぎる。試合終了間際の93分にアトレティコは、トーマスに代えてリュカをピッチに送り出し、試合をクローズ。サウール弾でリーグ戦3連勝を飾ったアトレティコは、クラブのリーガ無敗記録を19戦に更新した。 2017.12.11 02:24 Mon
twitterfacebook
thumb

スペインメディア、ベティス戦の乾貴士に「先制点のクロスで主役になった」

エイバルは20日のリーガエスパニョーラ第12節で本拠地イプルーアにベティスを迎え、5-0と大勝した。スペイン『マルカ』は日本代表MF乾貴士に一定の評価を与えている。<br><br>第4節レガネス戦以降未勝利が続いていたエイバルだが、ベティス戦で鬱憤を晴らすかのようにゴールラッシュ。エイバルが1部で5点差以上をつけて勝利を挙げたのは初めてのことだ。<br><br>『マルカ』は乾に評価点2点(※最高3点)を付け、「先制点の場面でクロスの主役になった」と寸評を記している。<br><br>なお、『マルカ』は2得点のFWシャルレス・ディアス、1得点のFWセルジ・エンリクに3点を与えた。乾、DFアンデル・カパ、アナイティス・アルビージャ、ダビド・フンカ、MFダニ・ガルシア、ゴンサロ・エスカランテ、イバン・アレホに2点が付けられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.21 20:59 Tue
twitterfacebook
thumb

フル出場の乾が2G演出のエイバルが今季最多5ゴールで8戦ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第12節、エイバルvsベティスが20日に行われ、ホームのエイバルが5-0で快勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場し、2ゴールを演出した。 ▽前節、レアル・ソシエダとのバスク自治州ダービーに敗れ、リーグ7戦勝利がない17位のエイバル(勝ち点8)がホームに8位のベティス(勝ち点17)を迎えた一戦。好調な相手に対して8試合ぶりの勝利を目指すエイバルは、[4-4-2]の左サイドで乾を4試合連続で先発で起用した。 ▽試合は開始早々にホームのエイバルが動かす。7分、相手陣内の左サイドでパスを受けた乾が右足でインスウィングのクロスをゴール前に入れると、これがセルジ・エンリクと競ったDFアマトの足に当たりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽乾の見事なクロスから相手のオウンゴールを誘発し、幸先良く先制に成功したエイバル。その後はボールポゼッションで勝る相手に持たれる展開が続くが、持ち味のハードワークを生かした守備でフィニッシュに持ち込ませない。 ▽すると30分、左CKの場面でショートコーナーから乾からのパスを受け直したフンカが左足の鋭いクロスを供給。これをエスカランテが頭で合わせ、貴重な追加点を奪った。その後は前がかりになったベティスに対して、乾ら中盤の選手も献身的なプレスバックで守備に参加するなど、チーム一丸となった守備で相手の反撃を凌いだ。 ▽エイバルの2点リードで迎えた後半も先にスコアを動かしたのはホームチームだった。56分、バイタルエリアでボールを受けた乾が絶妙なワンタッチのロビングパスをゴール前に入れると、これに抜け出したシャルレスがDFマンディと交錯。すると、主審はDFマンディの決定機阻止とみなし、PKと共にレッドカードを掲示した。これをシャルレス自ら冷静に決めた。 ▽今季初めて3点を奪ったエイバルは、60分に左サイドからカットインした乾がミドルシュートで今季初ゴールに迫ると、66分にもアレホが積極的なシュートで追加点を狙う。 ▽一方、3点ビハインドに加え、数的不利まで背負うベティスは58分にグアルダード、62分にはホアキンを下げて若きエースFWサナブリアを投入し、ゴールを目指す。だが、後半序盤の決定機をセルヒオ・レオンが続けて枠外に外してしまうなど、なかなかチャンスをモノにできない。 ▽ここまで思い通りの試合運びを見せるエイバルは71分にも追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカパが1列前で背後を狙うアレホに縦パスを入れると、これを受けたアレホがボックス右からグラウンダーで折り返す。ニアに飛び込んだセルジ・エンリクのまたぎスルーで相手を引き付け、最後は中央のシャルレスが冷静にワンタッチで流し込んだ。 ▽その後も攻撃の手を全く緩めないエイバルは80分、ボックス右に抜け出したカパの折り返しを今度はセルジ・エンリクが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に蹴り込み、ダメ押しの5点目を奪取。その後、10人の相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったエイバルが5-0で完勝。今季ここまでの11戦で6ゴールしか奪えなかった不調の攻撃陣が大爆発し、8戦ぶりの今季3勝目を手にした。 2017.11.21 06:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルで復活も延長交渉難航のウィルシャー、スペイン移籍を考慮か

▽アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)に、ベティス移籍の可能性が浮上した。イギリス『サン』の情報を基に、大手『ESPN』が報じている。 ▽2008-09シーズン当時、16歳にしてアーセナルのトップチームに昇格を果たすなど、若くしてその才能を評価されてきたウィルシャー。度重なる負傷により成長の機会を逃し続けてきた同選手だったが、今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)やEFLカップでのパフォーマンスなどで好調ぶりを示し、再び周囲からの評価を高めていた。 ▽アーセン・ヴェンゲル監督も、イギリス『BBC』のインタビューで「彼は自身のフットボールを失っていないことを再び示している」と語るなど、クラブ側もウィルシャーの状態に喜びを示していた。しかし、同選手のアーセナルとの契約期限は今シーズン終了までとなっており、未だ延長の発表はされていない。 ▽冬には他クラブとの自由交渉が許され、契約解除金なしでの移籍も可能となる同選手に関しては、チェルシーやマンチェスター・シティが興味を示していたと『ESPN』は記述。さらに『サン』によれば、冬の移籍市場開幕まで1カ月半となったこのタイミングで、ベティスも挙手しているようだ。 ▽情報によると、ベティスはウィルシャーとコンタクトを持っており、同選手は移籍を考慮しているとのこと。もし1月までにウィルシャーとの契約延長が締結されなければ、アーセナルは市場評価額を下回る額で手放すことになりそうだ、と記事は結んでいる。 2017.11.16 18:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティス所属のファン・デル・ファールト、レンタル先のミッティランを退団…現役は続行する模様

元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトが、ベティスからのレンタルで在籍していたデンマークのミッティランを退団することが明らかとなった。<br><br>ベティスで戦力外扱いとなっていたファン・デル・ファールトは今夏、2年のレンタル移籍によってミッティランに加入。しかしながら負傷の影響などによって公式戦には一切出場せず、契約を解消することが決定した。<br><br>現在34歳のファン・デル・ファールトだが、「立ち止まることはできるが、僕はフットボールを愛している。身体が許す限りはプレーしたい」と現役続行の意思を表明する。現在、移籍先に挙がっているのはデンマーク2部のエスビャウ。エスビャウの町は、ハンドボールのプロ選手である恋人エスタファナ・ポルマンが所属するクラブも拠を構えている。<br><br>なおファン・デル・ファールトと現在も契約を結ぶベティスは、ミッティランに所属していた同選手の給与40%分を賄っていた。同クラブに復帰する可能性は、やはりないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.12 01:06 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース