ニースvsアヤックスの強豪対決! 予備予選3回戦の組み合わせ決定《CL》2017.07.15 16:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦の抽選会が14日にスイスのニヨンで行われた。

▽UEFAカントリーランキング上位にランクインする各国リーグの上位チームで争われるリーグ上位ルートでは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリらを擁し、昨シーズンのリーグ・アンを3位で終えたニースと、昨季のヨーロッパリーグ準優勝チームでエールディビジを2位で終えたアヤックスの強豪対決が実現した。

▽また、UEFAカントリーランキング上位に入っていない、各国のリーグチャンピオン同士で争われるチャンピオンズルートに関しては、予備予選2回戦が開催中だが、3回戦の対戦カードが決定した。なお、ヒバーニアンズと予備予選2回戦を戦っている日本代表MF南野拓実擁するザルツブルクは、3回戦に進出した場合、クロアチア王者のリエカか、ウェールズ王者ザ・ニュー・セインツと対戦することになる。

▽CL予備予選3回戦は今月25日と26日に1stレグ、8月1日と2日に2ndレグが行われる予定だ。CL予備予選3回戦の対戦カードは以下の通り。

◆CL予備予選3回戦組合せ

▽リーグ上位ルート

ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
ニース(フランス) vs アヤックス(オランダ)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) vs ヤング・ボーイズ(スイス)
AEKアテネ(ギリシャ) vs CSKAモスクワ(ロシア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)

▽チャンピオンズルート

スラビア・プラハ(チェコ) vs BATEボリソフ(ベラルーシ)/アラシュケルト(アルメニア)
スパルタクス・ユルマラ(ラトビア)/アスタナ(カザフスタン) vs マリエハムン(フィンランド)/レギア・ワルシャワ(ポーランド)
ズリニスキ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)/マリボル(スロベニア) vs ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド)/バイキングル(フェロー諸島)
ジリナ(スロバキア)/コペンハーゲン(デンマーク) vs マルメ(スウェーデン)/ヴァルダル(マケドニア)
リンフィールド(北アイルランド)/セルティック(スコットランド) vs ダンドーク(アイルランド)/ローゼンボリ(ノルウェー)
ハポエル・ベールシェバ(イスラエル)/ホンヴェード(ハンガリー) vs ジャルギリス(リトアニア)/ルドゴレツ(ブルガリア)
ヴィトルル(ルーマニア) vs アポエル(キプロス)/デュドランジュ(ルクセンブルク)
ヒバーニアンズ(マルタ)/ザルツブルク(オーストリア) vs リエカ(クロアチア)/ザ・ニュー・セインツ(ウェールズ)
カラバフ(アゼルバイジャン)/サムトレディア(ジョージア) vs シェリフ(モルドバ)/クケシ(アルバニア)
パルチザン(セルビア)/ブドゥチノスト(モンテネグロ) vs オリンピアコス(ギリシャ)

コメント

関連ニュース

thumb

主将吉田フル出場のセインツが英2部ウルブズにまさかの敗戦で初戦敗退…《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)2回戦の6試合が23日に行われた。DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでチャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトンと対戦し、0-2で敗戦した。なお、吉田はフル出場した。 ▽今ラウンドからチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に出場する昨季上位チームを除き、プレミアリーグ勢が参戦するEFLカップ2回戦。直近のウェストハム戦で今季リーグ初勝利を手にしたサウサンプトンは、その試合から先発6人を変更したものの吉田やタディッチ、GKフォースター、ロメウなど主力クラスを起用した。 ▽直近のリーグ戦から大幅なメンバー変更を行い、注目のルベン・ネヴェスやジョッタなどを温存した格下ウォルバーハンプトン相手に試合の主導権を握り切れないサウサンプトンは、ゴールレスで試合を折り返す。 ▽すると、後半に入った67分に相手の右CKからゴール前で競り勝ったバスに頭で流し込まれ、格下相手のホームゲームでまさかの先制を許す。これを受けて、レドモンド、ロング、ガッビアディーニと主力アタッカーを75分過ぎまでに投入したサウサンプトンは、ここから必死の反撃を見せるが、なかなかゴールをこじ開けられない。逆に、87分にはエドワーズのスルーパスに抜け出した途中出場のウィルソンにダメ押しの追加点を許してしまった。ホームで格下相手に痛恨の敗戦を喫したサウサンプトンが、EFLカップ初戦で姿を消すことになった。 ▽そのほかの試合では、バーンリーやウェストハム、ハダースフィールド、ストーク・シティが下部カテゴリーの相手にきっちり勝ち切って順当に3回戦進出を決めた。 ▽その一方で、2部ノッティンガム・フォレストをホームに迎えたニューカッスルは、開始3分のミトロビッチのゴールで幸先良く先制も、前半半ばに相手FWカミングスに続けてゴールを奪われる。それでも、前半終了間際にアーロンズのゴールで追いつき試合を振り出しに戻したホームチームだったが、主力を投入した後半のうちに試合を決めることができず。すると、延長前半にウォーカーのゴールで勝ち越しを許すと、最後まで追いつけず、試合はこのままタイムアップ。格下相手に2-3の敗戦を喫したニューカッスルがサウサンプトンに続いて初戦敗退となった。 ▽なお、3回戦の組み合わせ抽選会は24日に行われる予定だ。EFLカップ2回戦の結果は以下の通り。 ◆EFLカップ2回戦 ▽8/23(水) サウサンプトン 0-2 ウォルバーハンプトン ブラックバーン 0-2 バーンリー チェルトナム・タウン 0-2 ウェストハム ハダースフィールド 2-1 ロザラム・ユナイテッド ニューカッスル 2-3 ノッティンガム・フォレスト ストーク・シティ 4-0 ロッチデール 《未定》 バーンズリー vs ダービー ▽8/22(火) シェフィールド・ユナイテッド 1-4 レスター・シティ カーライル・ユナイテッド 1-2 サンダーランド ボルトン 3-2 シェフィールド・ウェンズデイ アクリントン・スタンリー 1-3 WBA リーズ 5-1 ニューポート・カウンティ ミドルズブラ 3-0 スカンソープ・ユナイテッド ドンカスター 2-0 ハル・シティ アストン・ビラ 4-1 ウィガン QPR 1-4 ブレントフォード クリスタル・パレス 2-1 イプスウィッチ・タウン ワトフォード 2-3 ブリストル・シティ ノリッジ 4-1 チャールトン ブライトン&ホーブ・アルビオン 1-0 バーネット カーディフ 1-2 バートン フルアム 0-1 ブリストル・ローバーズ MKドンズ 1-4 スウォンジー バーミンガム 1-2 ボーンマス レディング 3-1 ミルウォール 2017.08.24 06:41 Thu
twitterfacebook
thumb

パチューカFW本田圭佑がメキシコリーグデビュー戦で初ゴール! チームも4発快勝で3連勝《リーガMX》

▽パチューカは日本時間23日、リーガMX前期第6節のベラクルス戦に臨み、4-1で勝利した。日本代表FW本田圭佑は58分にデビューを飾り、73分に移籍後初ゴールを記録した。 ▽ここまで2勝3敗で12位につけるパチューカと、2勝1分け2敗で9位につけるベラクルスの一戦。試合はホームのパチューカが14分、アンジェロ・サガルのゴールで先制すると、32分にビクトル・グスマンが追加点を挙げて、パチューカが2-0で試合を折り返す。 ▽52分にもビクトル・グズマンのゴールで3-0にリードを広げたパチューカ。迎えた58分、本田はアンジェロ・サガルとの交代で途中出場。メキシコリーグデビューを飾ると73分、カウンターから味方のスルーパスに反応して最終ラインを突破した本田が敵陣中央からボックス左手前に侵攻して左足を振り抜く。これがゴール右隅へ吸い込まれ、初ゴールを記録した。 ▽その後、パチューカはベラクルスに1点を返されたが、そのまま試合は終了。4-1でパチューカがリーグ戦3連勝を飾った。 2017.08.23 11:23 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎ら主力温存レスターがスリマニ2発などで順当に3回戦進出! ワトフォードがジャイキリ許す…《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)2回戦の18試合が22日に行われた。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、アウェイでチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドと対戦し、4-1で勝利した。なお、岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽今ラウンドからチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に出場する昨季上位チームを除き、プレミアリーグ勢が参戦するEFLカップ2回戦。直近のリーグ戦のブライトン&ホーブ・アルビオン戦を岡崎の2試合連続ゴールで勝利し、今季初白星を手にしたレスターは、その試合から大幅にメンバー変更。マグワイア、フックス、エンディディの3選手を除き控えや若手メンバーが並び、岡崎とヴァーディに代わって、ウジョアとスリマニが2トップを組んだ。 ▽前半からサイドハーフに入ったグレイとムサの個人技を軸に相手ゴールで迫るレスターだが、ウジョアとスリマニの長身2トップとの連係がいまひとつ機能せず。さらに、前半のうちに10本以上もシュートを放ったものの、枠内シュートはわずかに2本と決定力を欠いた。 ▽それでも、後半に入って前半の課題を修正してきたレスターは52分、左サイドで果敢に仕掛けたグレイがボックス付近で鋭い切り返しからDF2枚を振り切り、最後はGKの股間を抜くシュートで先制点を奪った。 ▽この先制点で勢いづくレスターは長身2トップが真価を発揮。63分、GKからのロングフィードをウジョアが冷静に落とすと、これを拾ったアンディ・キングがすかさず背後を狙うスリマニにスルーパスを通す。ゴール前に抜け出したスリマニは冷静にGKをドリブルでかわし、無人のゴールへ流し込む。 ▽さらに直後の67分には波状攻撃からボックス右角でグレイが入れたクロスをファーに飛び込んだスリマニが難しいバウンドのボールを冷静にボレーで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、若手DFナイトをトップチームデビューさせるなど、週末のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて主力を下げたレスターは83分に、GKハマーの判断ミスから1点を返されるが、試合終了間際にはカウンターからムサが強引な仕掛けでゴールをこじ開け、最終的に4-1の大勝。主力温存も控え選手がきっちり期待に応えたレスターが、順当に3回戦進出を決めた。 ▽そのほかのプレミア勢では2部イプスウィッチ・タウンと対戦したクリスタル・パレスが、マッカーサーの2ゴールの活躍で2-1の勝利を収め、フランク・デ・ブール新体制で公式戦初勝利。また、WBAやボーンマス、スウォンジー、ブライトン&ホーブ・アルビオンも順当に勝ちぬけを決めた。 ▽その一方で、2部ブリストル・シティと対戦したワトフォードは、キャプーのゴールで先制に成功も、その後ホレバスの退場などの影響もあり、立て続けに3点を奪われて逆転を許す。試合終了間際にマリアッパのゴールで1点を返すも2-3の敗戦を喫し、屈辱の初戦敗退となった。 ▽なお、EFLカップ2回戦の結果と日程は以下の通り。 ◆EFLカップ2回戦 ▽8/22(火) シェフィールド・ユナイテッド 1-4 レスター・シティ カーライル・ユナイテッド 1-2 サンダーランド ボルトン 3-2 シェフィールド・ウェンズデイ アクリントン・スタンリー 1-3 WBA リーズ 5-1 ニューポート・カウンティ ミドルズブラ 3-0 スカンソープ・ユナイテッド ドンカスター 2-0 ハル・シティ アストン・ビラ 4-1 ウィガン QPR 1-4 ブレントフォード クリスタル・パレス 2-1 イプスウィッチ・タウン ワトフォード 2-3 ブリストル・シティ ノリッジ 4-1 チャールトン ブライトン&ホーブ・アルビオン 1-0 バーネット カーディフ 1-2 バートン フルアム 0-1 ブリストル・ローバーズ MKドンズ 1-4 スウォンジー バーミンガム 1-2 ボーンマス レディング 3-1 ミルウォール ▽8/23(水) サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン(27:45) ブラックバーン vs バーンリー チェルトナム・タウン vs ウェストハム ハダースフィールド vs ロザラム・ユナイテッド ニューカッスル vs ノッティンガム・フォレスト ストーク・シティ vs ロッチデール 《未定》 バーンズリー vs ダービー/グリムズビー・タウン 2017.08.23 06:28 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン紙、マラガ戦の乾貴士にチーム最高点の評価「厚顔無恥なプレー」

エイバルは21日に行われたリーガエスパニョーラ開幕節、敵地ロサレダでマラガと対戦して1-0と勝利した。この試合で先発したMF乾貴士に、スペインメディアからは高い評価が下されている。<br><br>スペイン『マルカ』は、決勝点を記録したFWシャルレス・ディアス、GKマルコ・ディミトロビッチ、乾にエイバルの選手の最高点となる2点(3点満点)を付けた。<br><br>寸評では、「素晴らしいラストパスを何本か送った。ペナルティーエリア外からのミドルシュートを打つ意欲さえあった。彼は厚顔無恥だった」と記載されている。<br><br>また、17分に左サイドでロングボールを巧みにコントロールしてマラガDFロサーレスを抜き去って乾のプレーについては、「記憶に残るプレーで足跡を残した」として、次のように評している。<br><br>「日本人選手は、エイバルで際立った選手の一人だった。前半には、味方からのロングボールに対して、スペクタクルなコントロールを見せて主役になった。終始ロサーレスにとって危険な存在となっていた」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:02 Tue
twitterfacebook
thumb

塩谷司、カイオ、ドウグラスが先発のアル・アインはアル・ヒラルとゴールレスドロー《ACL2017》

▽21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが行われ、アル・アイン(UAE)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)の一戦は0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽ホームのアル・アインは、今夏サンフレッチェ広島から加入したDF塩谷司が3バックの右で先発フル出場。かつての同僚であるFWドウグラス、鹿島アントラーズでプレーしたMFカイオも先発に名を連ねた。 ▽試合は互いにチャンスを作り出すオープンな展開に。アル・ヒラルは、オマル・クリビンのシュートがネットを揺らすも、オフサイドの判定で取り消しに。アル・アインも同グラスが決定機を作ったが、得点を奪えなかった。 ▽アル・アインは後半に入ると、UAE代表のオマル・アブドゥルラフマンが決定的な直接FKを放つも、アル・ヒラルのGKアリ・マヨーフの好セーブに阻まれ得点を奪えない。 ▽その後、アル・アインは66分に2度目の警告を受けてサレム・ガジが退場し10人と数的不利に。それでも、最後まで守り切り試合終了。0-0のゴールレスドローで2ndレグを迎える。 アル・アイン 0-0 アル・ヒラル 2017.08.22 19:25 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース