ニースvsアヤックスの強豪対決! 予備予選3回戦の組み合わせ決定《CL》2017.07.15 16:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦の抽選会が14日にスイスのニヨンで行われた。

▽UEFAカントリーランキング上位にランクインする各国リーグの上位チームで争われるリーグ上位ルートでは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリらを擁し、昨シーズンのリーグ・アンを3位で終えたニースと、昨季のヨーロッパリーグ準優勝チームでエールディビジを2位で終えたアヤックスの強豪対決が実現した。

▽また、UEFAカントリーランキング上位に入っていない、各国のリーグチャンピオン同士で争われるチャンピオンズルートに関しては、予備予選2回戦が開催中だが、3回戦の対戦カードが決定した。なお、ヒバーニアンズと予備予選2回戦を戦っている日本代表MF南野拓実擁するザルツブルクは、3回戦に進出した場合、クロアチア王者のリエカか、ウェールズ王者ザ・ニュー・セインツと対戦することになる。

▽CL予備予選3回戦は今月25日と26日に1stレグ、8月1日と2日に2ndレグが行われる予定だ。CL予備予選3回戦の対戦カードは以下の通り。

◆CL予備予選3回戦組合せ

▽リーグ上位ルート

ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
ニース(フランス) vs アヤックス(オランダ)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) vs ヤング・ボーイズ(スイス)
AEKアテネ(ギリシャ) vs CSKAモスクワ(ロシア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)

▽チャンピオンズルート

スラビア・プラハ(チェコ) vs BATEボリソフ(ベラルーシ)/アラシュケルト(アルメニア)
スパルタクス・ユルマラ(ラトビア)/アスタナ(カザフスタン) vs マリエハムン(フィンランド)/レギア・ワルシャワ(ポーランド)
ズリニスキ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)/マリボル(スロベニア) vs ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド)/バイキングル(フェロー諸島)
ジリナ(スロバキア)/コペンハーゲン(デンマーク) vs マルメ(スウェーデン)/ヴァルダル(マケドニア)
リンフィールド(北アイルランド)/セルティック(スコットランド) vs ダンドーク(アイルランド)/ローゼンボリ(ノルウェー)
ハポエル・ベールシェバ(イスラエル)/ホンヴェード(ハンガリー) vs ジャルギリス(リトアニア)/ルドゴレツ(ブルガリア)
ヴィトルル(ルーマニア) vs アポエル(キプロス)/デュドランジュ(ルクセンブルク)
ヒバーニアンズ(マルタ)/ザルツブルク(オーストリア) vs リエカ(クロアチア)/ザ・ニュー・セインツ(ウェールズ)
カラバフ(アゼルバイジャン)/サムトレディア(ジョージア) vs シェリフ(モルドバ)/クケシ(アルバニア)
パルチザン(セルビア)/ブドゥチノスト(モンテネグロ) vs オリンピアコス(ギリシャ)

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑、今冬退団が既定路線か…地元紙「CWC3位決定戦が最後の試合になるだろう」

2017年夏にメキシコリーグのパチューカに加わった日本代表MF本田圭佑は、現在クラブ・ワールドカップに参戦している。<br><br>だが、同大会準決勝でグレミオに敗れ、3位決定戦に回るとともに、退団報道が加速化する状況となっているようだ。<br><br>メキシコメディア『depor』や『Futbol Total』など複数のメディアが「アルジャジーラとの試合(CWC3位決定戦)は、本田がパチューカのユニフォームを着てプレーする最後に試合になるだろう」と伝えている。<br><br>一方で本田本人は自身の公式メディアを通して、2018年6月までとなっているパチューカとの契約を満了する意向を示している。だが、メキシコメディアは「日本のMFはチームメートに別れを告げ、メキシコリーグ17-18シーズンのクラウスラ(後期)を戦うことさえしないだろう」と今冬の退団が既定路線になっていると強調した。<br><br>ロシア・ワールドカップを半年後に控え、果たして移籍というリスクを冒して新天地を求めるのか。それとも、メキシコリーグ17-18シーズン後期でメキシコの王座奪還を目指すのか。クラブW杯終了後、本田の動向から目が離せない状況が続きそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 12:22 Fri
twitterfacebook
thumb

「ガクは監督に悩みをもたらす」柴崎岳、前節実戦復帰も先発出場は時期尚早か

9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節ヘタフェvsエイバルの一戦は、スコアレスドローでフルタイムを迎えた。エイバルの乾貴士が先発出場を果たし63分に途中交代。一方でヘタフェの柴崎岳は74分から途中出場を果たし、リーガの日本人対決は入れ違いで実現しなかった。<br><br>9月のバルセロナ戦以来、戦列を離れていた柴崎にとっては約3カ月ぶりの復帰となった。次節は17日のジローナとのアウェー戦が控えているが、柴崎は「まだスタメンで出場するのは難しいだろう」と地元紙『AS』が見解を示している。<br><br>「柴崎は負傷するまで、ヘタフェで最高の選手だった。彼はヘタフェに容易に適応し、バルセロナ戦ではゴールを決めた後、足を負傷し3カ月離脱していた」<br><br>「ヘタフェの(ホセ)ボルダラス監督は柴崎の離脱によって異なるシステムを模索した。4-4-2を用いていたが、4-2-3-1も試すようになった。ここしばらくはホルヘ・モリーナとアンヘルを攻撃のキーマンとして起用していたが、ガクの復帰はボルダラスに新たな悩みをもたらすだろう」<br><br>記事では「次節のジローナ戦では柴崎をスタメンで起用するにはまだ早いかもしれないが、これは議論の対象になるだろう」と続け、柴崎は次節もベンチスタートの可能性が高いと伝えている。<br><br>第15節終了時点で5勝5分け5敗の7位と1部昇格チームながら奮闘しているヘタフェ。上位争いに踏みとどまるうえで、ボルダラス監督は柴崎をどう起用するのか、次節の采配に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

パチューカFW本田圭佑が「我が道を突き進む」とツイート…『Non Violence』から表彰

▽パチューカの一員としてクラブ・ワールドカップに出場している日本代表FW本田圭佑が自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。表彰されたことを喜んだ。 ▽本田は、クラブ・ワールドカップで現在UAEに滞在。準決勝では南米王者のグレミオと対戦すると、延長戦までもつれたものの1-0で敗戦。3位決定戦で、開催国王者のアル・ジャジーラと対戦する。 ▽本田は、暴力反対運動を行う団体『Non Violence』から、「INTERNATIONAL NVP ROLE MODEL AWARD 2017」を受賞されていた。これは、子どもや若者の投票による2017年の模範となる人物として選ばれたとのことだ。 ▽この表彰を受け、本田は自身のツイッターを更新。「Thank you.I will keep going my way what I believe for next generation.」と英語で投稿。「ありがとう。次世代のため、自分が信じる我が道を突き進む」とツイートしていた。 ▽新たな挑戦ということで、ミランからパチューカへの移籍を決断した本田。ワールドカップが控える中、サッカー以外の面でも本田らしさを出し、自身の行く道を進むようだ。 2017.12.14 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

内田篤人がW杯出場を目指し半年でウニオン・ベルリンを退団か

▽元日本代表DF内田篤人が、ウニオン・ベルリンを退団する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽内田は、2010年からプレーしていたシャルケを退団し、今シーズンからブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンへと移籍。シャルケ時代の恩師であったイェンス・ケラー監督の下でプレーすることとなった。 ▽右膝蓋腱の負傷で長らく戦列を離れていた内田だったが、9月10日のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で初出場。オウンゴールを誘発するなど活躍も、FW宇佐美貴史との日本人対決には敗れていた。9月20日のザントハウゼン戦では2年半ぶりのフル出場。その後、再び負傷し、プレーができるようになったものの、ケラー監督が解任され、アンドレ・ホフシュナイダー監督が就任していた。 ▽トレーニングに復帰している内田だが、出場機会はなく、ロシア・ワールドカップに出場するために出場機会を求めており、退団を望んでいるとのこと。ウニオン・ベルリンはアウグスブルクのオーストリア人MFジョージ・テイグル(26)を内田の後継者として獲得に動いているとのことだ。 2017.12.14 21:28 Thu
twitterfacebook
thumb

乾、柴崎について「チームからの信頼感じたので期待したい」と家長選手。クラシコは「サッカーの一試合を超えている感じ」。

リーガ88年の歴史上、初となる日本人対決は僅か10分のすれ違いで実現せず…。リーガ・エスパニョーラ第15節、柴崎岳が所属するヘタフェと、乾貴士を擁するエイバルが対戦。乾は先発出場を飾るも63分に交代、ベンチスタートとなった柴崎は乾交代から10分後の後半73分に出場と、史上初のリーガ1部日本人対決は叶わず。試合はスコアレスドローに終わったが、中継ゲストを務めた家長昭博選手は「チームメートからの信頼は感じたので今後に期待したい」と語った。 試合前、リーガ側もこの対戦を日本向けPRのチャンスと捉え、両日本人選手をマンガ風に表現した動画を作成してSNSなどで拡散。キックオフ時間を日本時間夜21時に設定したり、スタンドで掲げるビッグフラッグや選手入場ゲートにも「こんにちは日本!」と入れるなど、この対戦を盛り上げた。始球式には、乾と柴崎の両選手に加え、フィギュアスケートのハビエル・フェルナンデス選手も登場。試合は、リーグ戦3連勝と好調エイバルが乾を左サイドMFで先発起用、対するヘタフェは負傷明けでギリギリ間に合った柴崎をベンチに置いてスタートする。 試合は、両チームとも中盤でつぶし合う堅い展開となり、乾も数回のボールタッチで非凡な才能を感じさせたが決定的な働きはできず、後半63分に交代。その10分後の後半73分には、柴崎が交代出場。79分にはヒールで流してパスを繋ぐなど技術の高さを見せたが、大勢は変えられず。結局試合はエイバルMFジョルダンのPK失敗などもあり、0-0のスコアレスドローで引き分け。勝点1を分け合う形となった。 WOWOW中継のゲスト解説に入った、過去にマジョルカでのプレー経験を持つ家長選手は「二人のプレータイムがもっと長ければよかったが、チームメートとの信頼関係を見て感じた」と、二人の日本人プレーヤーに期待を寄せた。また、川崎フロンターレでのJリーグ初優勝について「優勝後、みんなで食事に行った時にいろいろなものを掲げて“シャーレごっこ”できたのは優勝したからこそ」「ホームで最高の雰囲気を作ってくれるファンに感謝したい」とコメント。そして、年末に行われるクラシコについても「1つのファウルをめぐって世論が盛り上がるような、サッカーの試合の枠を超える試合」と表現して、今後のリーガへの期待を語った。 【家長昭博(川崎フロンターレ/元日本代表MF)インタビュー】 <span style="font-weight:700;">■リーガでプレーして世界の広さやサッカーの奥深さを感じた</span> ――リーガ日本人初対決は実現しませんでしたが、試合の感想をお聞かせください。 堅い試合になりましたが、ああいった試合はリーガだとよくあるので、その一つだったと思います。個人的には乾選手と柴崎選手にもうちょっとプレー時間があったら嬉しかったですね。 ――乾選手と柴崎選手に対して、両選手をどんな選手だと評価していますか? 乾選手はチームメートだったのでよく知っていますが、テクニックが素晴らしいですし、トラップ、パス、ドリブルの技術はチームの中でもずば抜けていました。あと、同じチームになって驚いたのは運動量の多さで、意外な部分を仲間としては感じましたね。柴崎選手は若い頃から落ち着いていて、試合を読める選手・チームを勝利に導く選手だと思っています。あと、ここぞという時のスピードもあって試合を決めに行く力強さを持った選手だと思っています。嫌な所にパスを出し、嫌なところに入ってくる、頭のいい選手ですね。 ――彼ら二人が今後リーガで成功するために必要な要素は何でしょう? 今日の試合を見ても、チームメートからの信頼はすでに得ていて、チームの中でも認められているのは感じました。その中で結果を常に残していくことが、大変ですし求められることだと思います。 ――家長選手自身、スペインでのプレーはどんな経験になりましたか? 僕はリーガの選手としてあまり良い時間を送れませんでしたが、プレーした経験は今も糧になっています。ファンやメディアの視線、チーム内にも強烈な競争があり、非常に選手にプレッシャーのかかるリーグだと思います。その中で戦えている選手は本当に凄いと思います。 ――リーガでのプレーを経て変わった部分などありましたか? 人生観は変わりましたし、日本にいるだけではわからない世界の広さやサッカーの奥深さを感じました。ファンも普段はすごくフレンドリーで良い関係を保ってくれますが、サッカーに関してはすごくシビア。結果が出なければ容赦なくブーイングが来ますし、そういう中で生き抜いているサッカー選手は強くなる。それが国に根付いているのが、スペインサッカーの強さなのかなと思っています。 <span style="font-weight:700;">■なんでも持ち上げる“シャーレごっこ”できたのは、優勝したからこそ</span> ――川崎フロンターレでの最終節での逆転優勝から1週間経ちました。 「おめでとうございます」と色々なところで言ってもらえるので、実感もすごく湧いてきました。優勝するとみんながハッピーになれるので、良かったなと思います。 ――チームにとっては悲願のタイトルでしたが、家長選手にとってはどんな感覚でしたか? 僕は今季から加入したので、1年目から優勝できてラッキーな選手といった感じですが、優勝のホイッスルがなった時に、やっぱりケンゴさん(中村憲剛選手)とかユウ(小林悠選手)とかは積み重ねた悔しさから、溢れて来た感情があったので、それを見た時にその悔しさの大きさを改めて感じました。悲願だったタイトルを獲れたのが、こちらまで伝わってきた感覚でしたね。 ――優勝後、何か印象に残っているエピソードはありますか? みんなで食事に行った時に、なんでもシャーレ(優勝記念皿)に例えて何回も持ち上げる仕草をして、盛り上がっていました。実際にシャーレはないですが、何でもいろんなものを例えてやっていました。これは優勝できないとできないですから。楽しかったです。 ――川崎ファンへのメッセージをいただけますでしょうか? 今年ホームでほとんど負けていないのはスタジアムの雰囲気のおかげだと思いますし、最終節をホームで戦えると決まった時には、個人的に「絶対勝てる」と最後に思っていました。その雰囲気を作り出してくれるのは、本当に選手にとってアドバンテージなので、ファンには心からお礼を言いたいです。 <span style="font-weight:700;">■クラシコはサッカーの一試合を超える存在</span> ――今年は年末の12月23日の日本時間21時からレアル・マドリード対バルセロナのクラシコが行われます。2強の現状をどう見ていますか? レアル・マドリードはあまり良い状態でなく、クリスティアーノ・ロナウドやベンゼマもいろいろ言われているので、昨シーズンの結果からすれば予想外だなと思っています。バルセロナはネイマールがいなくなってどうなるかと思っていましたが、派手な試合はあまりなくても確実に勝点をとっている印象ですね。 ――クラシコで注目している選手は誰でしょう? 究極的にはメッシとC・ロナウドのどっちが試合を決めるかだと思いますが、中盤に目が行きますね。イスコとか、あのあたりの選手が輝き出すとマドリードは止められないですし、モドリッチもクロースもいるのでどんなプレーをするか楽しみです。バルセロナは変わらず中盤の選手は魅力的ですが、パウリーニョが出てきた時にどんな戦い方をするのか興味深いですね。 ――現地で生活してみて感じたクラシコは、どんな意味を持つ試合でしたか? 僕がいた時はちょうどグアルディオラ監督とモウリーニョ監督が、毎回ケンカみたいなことをしていた時代でした。その反応を見ていても、ひとつのファウルで世論が盛り上がるような感じで、サッカーの一試合を超えている感じでしたね。 ――今回のクラシコはどんなところをポイントにして見たいと思っていますか? いつもならポゼッションするバルセロナとカウンターのマドリードといった感じですが、最近の2チームの戦い方も少しずつ変わってきています。だから、お互いにどんな戦い方をするのかが楽しみです。 ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★『リーガダイジェスト!拡大版<クラシコ直前> 第16節』 【放送日】12/18(月)夜8:00~[WOWOWライブ] ゲスト:田中隼磨(松本山雅DF)、藤本淳吾(ガンバ大阪MF)、指宿洋史(ジェフユナイテッド市原・千葉FW) ★『クラシコ直前!宮本恒靖×ハリルホジッチSP対談 ~レアルvsバルサ徹底分析~』 【放送日】12/22(金)夜10:00~[WOWOWプライム]※無料放送 解説:北澤豪 ゲスト:松木安太郎、松田るか(リーガール) VTR出演:宮本恒靖、ヴァイッド・ハリルホジッチ ★『現地より生中継!リーガ・エスパニョーラ17-18 伝統の一戦クラシコ 第17節 レアル・マドリードvsバルセロナ』 【放送日】12/23(土・祝)夜8:30~[WOWOWライブ]※生中継 現地解説:宮本恒靖 <div id="cws_ad">◼WOWOW番組オフィシャルサイト <a href="http://www.wowow.co.jp/sports/liga/" target="_blank">http://www.wowow.co.jp/sports/liga/</a></div> 2017.12.14 21:09 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース