セルティックが3季ぶりのCL本戦へ向け敵地で先勝!《CL予備予選》2017.07.15 03:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)予備予選2回戦1stレグのリンフィールド(北アイルランド)vsセルティック(スコットランド)が14日に行われ、2-0でセルティックが勝利した。

▽3シーズンぶりのCL本戦を目指すセルティックが、リンフィールドの本拠地ウィンザーパークに乗り込んだ一戦。立ち上がりから攻勢に出るセルティックは17分、左CKの流れ球を逆サイドで拾ったフォーレストがクロスを供給。これが相手DFのオウンゴールを誘った。

▽幸先良く先制したセルティックは、23分にもグリフィスの左CKをニアに走り込んだロギッチが左足で合わせ、追加点を奪った。

▽後半に入っても猛攻を続けるセルティックだったが、リンフィールド守備陣の体を張った守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点は生まれず。結局、試合は2-0のまま終了。敵地で先勝を飾ったセルティックが、3シーズンぶりのCL本戦へ向け好スタートを切った。

◆予選2回戦1stレグ結果
▽7/14(金)
リンフィールド(北アイルランド) 0-2 セルティック(スコットランド)

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループB総括】本命のPSGとバイエルンが余裕の突破

▽本命のパリ・サンジェルマンとバイエルンが2試合を残してグループステージ突破を決める順当過ぎる結果に終わったグループB。セルティックとアンデルレヒトは2強に立てつくことができなかった。 ■グループB順位表■ [勝ち点/得失点] 1:パリ・サンジェルマン[15/21] 2:バイエルン[15/7] 3:セルティック[3/-13] 4:アンデルレヒト[3/-15] ◆GS最多得点記録更新でバイエルンを上回り首位通過~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマールとムバッペを加えて欧州最高峰の攻撃陣となったPSGは、2戦目のバイエルン戦を3-0と快勝。圧巻の破壊力を見せ付けると、2試合を残して突破を確定させた。5試合目までに奪ったゴール数は24を数え、昨季のドルトムントが作った21ゴールのグループステージにおける最多ゴール記録を更新した。ただ、4点差以上での大敗を喫しなければ首位通過が決まる最終節のバイエルン戦で1-3と完敗し、エメリ監督の解任報道が出る事態となったのは決勝トーナメントに向けて不安材料だ。 ◆ハインケス就任でV字回復~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_57_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2戦目でPSGに0-3と完敗し、アンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルン。結果的にこの判断が奏功することとなった。2011-12シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督は抜群の人心掌握術を発揮し、チーム状態をV字回復させた。守護神ノイアーやチアゴ、リベリら一部主力を負傷で欠いたものの、トリッソやジューレ、ハメス・ロドリゲスら新戦力をチームにフィットさせたことで大幅な戦力ダウンには陥らなかった。PSG同様、2試合を残してグループステージ突破を決め、最終節のPSG戦では3-1と快勝。逆転での首位通過こそならなかったが、しっかりとリベンジを果たした。 ◆辛くもELへ~セルティック~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_58_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季同様、厳しいグループに組み込まれたセルティックは本命の2チームに太刀打ちできなかった。PSGには2試合で12ゴールを叩き込まれる惨敗を喫し、バイエルンにはホームで1-2と善戦したものの、2連敗に終わった。アンデルレヒトとは1勝1敗となったが、ゴール数で上回り、辛くもヨーロッパリーグに回る権利を得た。 ◆最後に1勝~アンデルレヒト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_59_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年ぶりのCL参戦となったベルギー王者は見せ場なく今大会を終えた。PSGとバイエルンにとって安牌な存在でしかなかったアンデルレヒトは、ELを懸けた最終節でセルティックに何とか1勝を挙げるのが精いっぱいだった。 2017.12.13 18:01 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGが大量7ゴールでセルティックを粉砕! バイエルンはトリッソの1G1Aでアンデルレヒトを撃破!!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsセルティックが22日にパルク・デ・プランスで行われ、7-1でPSGが勝利した。 ▽4連勝でグループステージ突破を決めた首位のPSG(勝ち点12)が、今節の結果次第でグループステージ敗退の決まる3位セルティック(勝ち点3)をホームに迎えた一戦。最終節に行われるバイエルンとの首位通過を懸けたアウェイ戦を前に余裕を持って臨むためにも勝利が欲しいPSGは、直近のリーグ・アン第13節のナント戦からスタメンを3人変更。パストーレやディ・マリア、ユーリがベンチスタートとなり、ムバッペやドラクスラー、クルザワがスタメンで起用された。 ▽試合は開始早々の1分に動く。右CK を獲得したセルティックは、エンチャムがグラウンダーのボールを供給すると、これに反応したボックス内のM・デンベレがダイレクトシュート。これがブロックに入ったカバーニにディフレクトすると、そのままゴール左に突き刺さった。 ▽先制を許したPSGだが、すぐに反撃に転じる。すると9分、中盤でボールを奪取したラビオのパスをボックス左で受けたネイマールが、縦に切り込み左足でシュート。これがゴール右サイドネットに吸い込まれ、試合は振り出しに戻った。 ▽セルティックは14分、足を痛めたルスティグがニール・ビトンと負傷交代するアクシデントに見舞われる。対するPSGは、徐々に攻勢を強めると22分に追加点。ヴェラッティとのワンツーでボックス内に侵入したネイマールがゴール左に持ち上がり左足でゴールネットを揺らした。 ▽逆転に成功したPSGは29分にも、ダニエウ・アウベスの右クロスをゴール左に走り込んだネイマールが右肩で折り返すと、最後はゴール前のカバーニが押し込み、3点目。さらに36分、ネイマールの右FKをボックス内でマルキーニョスが落とすと、ボックス右でフリーのムバッペがシュート。これが相手DFに当たるもゴール左に突き刺さった。 ▽後半に入っても主導権を握るPSGは、75分に追加点。右サイドをドリブルで持ち上がったムバッペがボックス右深くから折り返すと、相手DFのクリアしたこぼれ球をボックス内のヴェラッティがダイレクトシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 ▽リードを広げるも攻撃の手を緩めないPSGは、79分にカバーニがゴールネットを揺らすと、直後の80分にもダニエウ・アウベスがミドルシュートを沈め、7点目。その後も、危なげない試合運びでゲームをクローズしたPSGが、7-1と圧勝。全勝をキープしたPSGが余裕を持ってバイエルンとの首位攻防戦に臨む形となった。 ▽また、同時刻に行われていた同グループのもう一試合、アンデルレヒトvsバイエルンは1-2でバイエルンが勝利した。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。51分、ロングボールを右サイドのトリッソが頭で繋ぐと、これを受けたハメス・ロドリゲスがボックス手前まで持ち上がり、ボックス右へパス。これを駆け上がったトリッソがダイレクトで折り返すと、フリーのレヴァンドフスキがゴールに流し込んだ。 ▽先制したバイエルンは、63分にアンデルレヒトに1点を返されるも、77分に勝ち越す。右サイドを突破したキミッヒのクロスをトリッソが頭で流し込んだ。結局、このゴールが決勝点となり、バイエルンが勝利。この結果、勝ち点を「12」に伸ばしたバイエルンが首位通過に望みを残している。 2017.11.23 07:13 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンのGL突破が決定! 一時同点もハビ・マルティネス弾で辛勝《CL》

▽バイエルンは10月31日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節でセルティック・パークに乗り込み、2-1でセルティックに勝利した。この結果、2節を残してバイエルンのグループリーグ突破が確定している。 ▽第2節の首位攻防戦でパリ・サンジェルマン(PSG)に敗北し、グループBで2位となっているバイエルン(勝ち点6)は前節、ホームにセルティック(勝ち点3)を迎え3-0で勝利している。焼き増しとなる結果を目指すバイエルンは、直近のブンデスリーガ第10節ライプツィヒ戦からスタメンを5名変更。フンメルス、キミッヒ、チアゴ、ルディ、レヴァンドフスキに代えて、ジューレ、ラフィーニャ、ビダル、トリッソ、コマンを起用した。 ▽対するセルティックは、この試合で敗北すればグループBで2位以上に浮上することが絶望的に。後がないホームチームは、この状況で前回対戦からスタメンを4名変更。ガンボア、P・ロバーツ、エンチャム、グリフィスに代えて、ニール・ビトン、フォーレスト、C・マクレガー、M・デンベレを起用した。 ▽[4-3-3]の最前線に左からコマン、ハメス・ロドリゲス、ロッベンを並べてゼロトップのような形で試合に臨んだバイエルンだったが、開始早々にピンチを迎える。5分、セルティックのカウンターの場面で、右サイドを抜け出したフォーレストが弾道の高いアーリークロス。DFの頭上を越えたクロスが左サイドのアームストロングの下に届いたが、ダイレクトシュートはミートできず。バイエルンは危機を脱することに。 ▽最序盤にゴールを脅かされたバイエルンは、その後もセルティックのハイプレス&カウンターに苦しみ、思うように好機を手にすることができない時間帯が続いた。15分には、再びセルティックのカウンターが発動。期待の新星M・デンベレが左サイドでJ・ボアテングを抜き去り、左足を振り抜く。シュートは枠を外れたが、チャンスを重ねていく。 ▽セルティックに主導権をやや明け渡していたバイエルンだったが、22分に迎えた決定機を確実にモノにする。GKウルライヒがフィードを送ると、ボックス中央に走り込むコマンの下へ。巧みなトラップで前を向きながらボールを収めたコマンは、カバーに来たDFをかわし、冷静にゴールに流し込んだ。 ▽しかし、バイエルンの得点後もセルティックの勢いは衰えず。右サイドのフォーレストを中心として、サイドからのクロスを主体にバイエルンゴールを脅かし続けていく。それでも、バイエルンはボールを跳ね返し続け、リードを守る形で試合の折り返しを迎えた。 ▽後半開始直後にも、セルティックがチャンスを迎える。ショートカウンターからボックス手前中央でボールを持ったアームストロングが、右足を強振。得点とはならなかったものの、ゴール左を捉えたシュートがGKウルライヒを襲った。 ▽流れを変えたいバイエルンは、59分にビダルを下げてルディを投入。すると63分には、ラストパスが合わずシュートまではいかなかったものの、ハメス・ロドリゲスとルディが絡みつつ左サイドを突破し、相手ゴールに圧力を与えていく。 ▽さらに68分には、ボックス手前やや左でボールを持ったハメス・ロドリゲスが、左足でグラウンダーのシュート。これはGKゴードンの好守に阻まれたものの、徐々にペースを取り戻していく。 ▽しかし、バイエルンが息を吹き返し始めた矢先の74分、セルティックの攻撃が身を結ぶことに。ディフェンスラインと中盤の2ラインの間でボールを受けたフォーレストが、素早く前を向いて右足アウトにかけたスルーパスを供給。ボールがDF2人の間をすり抜けてボックス左に到達すると、走り込んだC・マクレガーがGKウルライヒの股を抜いてネットを揺らした。 ▽それでも直後の77分に、バイエルンが意地の勝ち越し点を奪い切る。コマンのスルーパスに抜け出したアラバが、精度の高いクロスを供給。前線まで上がっていたハビ・マルティネスがDFとの競り合いを制し、高い打点から頭で合わせた。 ▽セルティックは失点後も果敢に攻勢を保ったものの、バイエルンは最後の部分できっちり対応。結局、アウェイで攻撃をしのぎ切ったバイエルンがリードを保ったまま試合が終了。この結果、他試合会場の結果と合わせて、バイエルンのグループリーグ突破が確定することとなった。 2017.11.01 07:18 Wed
twitterfacebook
thumb

セルティックがスコットランド代表DFティアニーと2023年まで契約延長

▽セルティックは30日、スコットランド代表DFキーラン・ティアニー(23)との契約延長を発表した。新契約は2023年までとなる。 ▽7歳の頃からセルティックの下部組織に所属していたティアニーは、2015年5月にトップチームデビューを飾ると、在籍3年で公式戦99試合に出場し5ゴール24アシストを記録。また、各年代のスコットランド代表に選出されてきたティアニーは、2016年3月にA代表デビュー。ここまで7試合に出場している。 ▽積極果敢な攻撃参加とピンポイントクロスを持ち味とするティアニーには、マンチェスター・ユナイテッドやバイエルン、アーセナル、リバプールといった強豪クラブが獲得に動いていた。 2017.10.31 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがハインケス監督のCL復帰戦を完勝で飾る!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節のバイエルンvsセルティックが18日にアリエンツ・アレーナで行われ、3-0でバイエルンが勝利した。 ▽前節のパリ・サンジェルマン戦を完敗したバイエルンは、9月28日にカルロ・アンチェロッティ監督を解任。その後、2012-13シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督を再招へいした。そのバイエルンは、直近のフライブルク戦からスタメンを1人変更。負傷したハビ・マルティネスに代えてルディを起用した。 ▽一方、前節のアンデルレヒト戦を快勝したセルティックは、国内リーグでも7勝2分けの無敗と絶好調。強豪バイエルンとの一戦に向けては、直近のダンディーFC戦からスタメンを4人変更。GKデ・フリースやニール・ビトン、C・マクレガーらがベンチスタートとなり、GKゴードンやスコット・ブラウン、アームストロングらがスタメンで起用された。 ▽ヘルタ・ベルリン戦に続き、2列目に右からロッベン、ミュラー、コマンと並べる[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは6分、ボックス右深くまで仕掛けたレヴァンドフスキがゴールラインぎりぎりで折り返すと、走り込んだチアゴがゴールネットを揺らす。しかし、レヴァンドフスキのクロスは先にゴールラインを割っており、このゴールは取り消された。 ▽高いボールポゼッションで試合の主導権を握るバイエルンは17分、バイタルエリア右のキミッヒがクロスを供給。ゴール前に抜け出したレヴァンドフスキのヘディングシュートはGKゴードンに弾かれるも、こぼれ球をミュラーが押し込んだ。 ▽先制して勢いづくバイエルンは、29分に追加点。ドリブルでボックス左深くまで侵攻したコマンのクロスをファーサイドのキミッヒがヘディングシュート。狙い済ましたシュートは、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽その後、カウンターからバイエルンゴールに迫るセルティックだったが、バイエルン守備陣の集中した守りでシュートチャンスを作れず、前半は2-0で終了した。 ▽後半も主導権を握るのは、リードするバイエルン。51分、ロッベンのシュートでCKを獲得すると、ロッベンの右CKをフンメルスがヘディングで叩き込み、3点目を奪った。さらに62分、バイエルンはアラバの左クロスからゴール前のレヴァンドフスキが右足で流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽3点を追うセルティックは、65分にグリフィスとアームストロングを下げてM・デンベレとロギッチを投入する2枚替えを敢行。対するバイエルンは、67分にチアゴを下げてビダル、78分にコマンを下げてハメス・ロドリゲスをピッチに送り出した。 ▽すると85分、セルティックはシンクレアがボックス右からコントロールシュートを決めたが、これがオフサイドの判定で取り消された。結局、試合はそのまま3-0で終了。バイエルンがハインケス監督のCL復帰戦を完勝で飾った。 2017.10.19 05:46 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース