セルティックが3季ぶりのCL本戦へ向け敵地で先勝!《CL予備予選》2017.07.15 03:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)予備予選2回戦1stレグのリンフィールド(北アイルランド)vsセルティック(スコットランド)が14日に行われ、2-0でセルティックが勝利した。

▽3シーズンぶりのCL本戦を目指すセルティックが、リンフィールドの本拠地ウィンザーパークに乗り込んだ一戦。立ち上がりから攻勢に出るセルティックは17分、左CKの流れ球を逆サイドで拾ったフォーレストがクロスを供給。これが相手DFのオウンゴールを誘った。

▽幸先良く先制したセルティックは、23分にもグリフィスの左CKをニアに走り込んだロギッチが左足で合わせ、追加点を奪った。

▽後半に入っても猛攻を続けるセルティックだったが、リンフィールド守備陣の体を張った守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点は生まれず。結局、試合は2-0のまま終了。敵地で先勝を飾ったセルティックが、3シーズンぶりのCL本戦へ向け好スタートを切った。

◆予選2回戦1stレグ結果
▽7/14(金)
リンフィールド(北アイルランド) 0-2 セルティック(スコットランド)

コメント

関連ニュース

thumb

世界最高額のトリデンテがバイエルンを粉砕! PSGがグループステージ2連勝!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが27日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが3-0で完勝した。 ▽前節、FWカバーニとFWネイマール、FWムバッペの世界最高額トリデンテ揃い踏みの活躍でセルティックに5-0の大勝を収めたPSGだが、その後の国内リーグでPKキッカーを巡ってネイマールとカバーニが衝突するなど、スター軍団ゆえのマン・マネジメントの難しさを露呈。また、直近のモンペリエ戦ではゴールレスドローに終わり、開幕からの公式戦連勝がストップした。今回のビッグマッチに向けてエメリ監督は、モンペリエ戦で温存したネイマール、ダニエウ・アウベスを復帰させ、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、アンデルレヒト相手に3-0の勝利を収めて白星スタートを飾ったバイエルンだが、こちらも直近のヴォルフスブルク戦で2点のリードを守れず、ホームで痛恨のドロー。一部主力がアンチェロッティ監督の戦術批判を行うなど、チーム状態は芳しくない。今後のチームの行方を左右しかねないこの一戦に向けては、ヴォルフスブルク戦から6選手を変更。ロッベン、リベリに代わってハメス・ロドリゲス、ミュラーを2シャドーに配し、負傷明けのアラバとチアゴが復帰。さらに、センターバックもジューレとハビ・マルティネスのコンビとなった。 ▽注目のビッグマッチは開始早々に動く。開始2分、左サイドでクルザワの攻撃参加をおとりに絶妙なタッチのドリブルで中央に切り込んだネイマールが多くのDFの視線を引き付けてボックス右にフリーで走り込む、ダニエウ・アウベスに絶妙なラストパス。これをダニエウ・アウベスが相手GKの股間を抜く右足のシュートで流し込んだ。 ▽渦中のネイマール、ダニエウ・アウベスのコンビで電光石火の先制点を奪ったPSGは、前がかる相手に対して、ネイマールやヴェッラッティの正確なパスでムバッペやカバーニが積極的に背後を狙う。20分過ぎにはネイマール、ムバッペが続けて良い抜け出しを見せるが、追加点には至らず。 ▽一方、この試合で[4-3-2-1]の布陣を採用したバイエルンは、最前線のレヴァンドフスキをシンプルに使いつつ、流動的な動き出しでパスを引き出すミュラーとハメスが攻撃に変化を加える。ミュラーが得意の動き出しでフィニッシュに絡み始めると、19分にはこの試合最初の決定機。セットプレーの流れからボックス手前のレヴァンドフスキが丁寧に落としたボールを、ペナルティアーク付近のハビ・マルティネスが右足ダイレクトシュート。だが、枠を捉えたシュートはGKアレオラの見事なワンハンドセーブに阻まれる。 ▽その後はボールを保持して攻めるバイエルンに対して、高速カウンターで応戦するPSGという構図の下で一進一退の攻防が続く。すると、この流れの中でPSGが追加点を奪う。31分、ダニエウ・アウベスのスルーパスに反応したムバッペがボックス右で粘って中央に短いマイナスの折り返しを入れると、これを走り込んできたカバーニが右足のダイレクトシュートで突き刺した。 ▽前半終盤にかけては2点を追うバイエルンが、サイドからのクロスやセットプレーを起点にゴールへ迫るものの、DFチアゴ・シウバを中心とする相手の堅守を崩し切れず、前半はPSGの2点リードで終了した。 ▽迎えた後半、何とか流れを変えたいバイエルンはハメス・ロドリゲスに代えて古巣対戦のコマン、トリッソに代えてルディを投入する2枚替えを敢行。立ち上がりからリスクを冒して攻撃に出るが、再三のセットプレーを活かすことができない。 ▽一方、前半同様に世界最高額のトリデンテの個人技を生かした高速カウンターでバイエルンの喉元に切っ先を突きつけるPSGは、50分にムバッペのスルーパスに抜け出したネイマールがGKと一対一を迎えるが、これを決め切れない。それでも、63分にはダニエウ・アウベスのスルーパスに抜け出したムバッペがボックス右で足裏を使った巧みなフェイントでDFアラバを剥がし、右足のシュート。これはDFのブロックに遭うも、こぼれ球をネイマールが押し込んだ。 ▽痛恨の3失点目を喫したバイエルンは、69分に最後の交代カードとして切り札ロッベンをミュラーに代えて投入する。苦しい展開の中でコマンとロッベンの打開力にかけるが、より守備意識を高めたPSGの守備を前になかなか決定的な場面を作り出せない。レヴァンドフスキのパスからゴール前に飛び込んだビダルがネットを揺らすも、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽試合終盤にかけて殊勲のムバッペ、モッタ、ヴェッラッティを下げて、ディ・マリア、ロ・セルソ、ドラクスラーと豪華なバックアッパーをピッチに送り込んだPSGは、88分に単騎突破からコマン、後半アディショナルタイムにはレヴァンドフスキの直接FKでゴールを脅かされるも、GKアレオラの2つの好守で凌ぎ、ホームで3-0の勝利。注目のビッグマッチで圧巻の完勝を収めたPSGがグループステージ2連勝を飾った。 ▽また、同日行われたグループBのもう1試合、アンデルレヒトvsセルティックは、アウェイのセルティックが3-0で勝利した。 ▽共に初戦を落とした両者が今大会初勝利を目指す一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。それでも、前半終盤の38分に左サイドに抜け出したティアニーからの絶妙な折り返しを、グリフィスが冷静に流し込むセルティックが先制する。 ▽その後、後半立ち上がりの50分に相手のオウンゴールで追加点を奪ったセルティックは、試合終了間際にもシンクレアの豪快なシュートで加点し、敵地で3-0の快勝を収め、今大会初白星を手にした。 2017.09.28 05:53 Thu
twitterfacebook
thumb

コロ・トゥーレがセルティックのアシスタントコーチに就任…同時に進退についても公言

▽セルティックは15日、元コートジボワール代表DFコロ・トゥーレ(36)がテクニカルコーチに就任したことを発表した。 ▽昨シーズン、セルティックで1年間過ごしたコロ・トゥーレが、この度同クラブのアシスタントコーチに就任した。昨季終了をもってフリーとなっていた同選手は、同時に自身の進退についても公言している。 「これは私のキャリアにおける新たなステージだ。私のフットボールはもう終わりだ。私は公式に現役からの引退を宣言できる。今はコーチとしての役割に完全に集中しているよ」 「これから私がすることは今までと大きな変化はない。これまでも周りの選手たちをサポートしてきたんだ。これからは若い選手たちに、自分のキャリアを通じて得たすべての経験をもとにアドバイスしていくつもりだ」 「ブレンダン・ロジャーズ監督と共に働くことで多くの学ぶことがあるだろう。彼は一流の監督だ。世界で最も優れた若い監督の1人だ。彼がセルティックでやってきたことは誰もが知るところだ。アメージングだね」 ▽母国コートジボワールでキャリアをスタートさせたコロ・トゥーレは、2002年冬にアーセナル入り。公式戦327試合に出場した。その後はマンチェスター・シティやリバプールを経て、プレミアリーグでは2度の優勝を経験。昨季はセルティックでプレーし、無敗での国内3冠の獲得に貢献した。代表では118キャップを数え、2015年にはアフリカネイションズカップ優勝を果たしている。 2017.09.16 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

セルティックが下部組織出身のMFマクレガーと2021年まで契約延長

▽セルティックは14日、スコットランド代表MFカラム・マクレガー(24)との契約延長を発表した。契約期間は2021年までとなる。 ▽8歳でセルティックの下部組織に加入したマクレガーは、順調に成長し2013年7月にトップチームへ昇格。2013年8月からはイングランドのノッツ・カウンティにレンタル移籍を経験するも、復帰後はセルティックでプレーしていた。 ▽昨シーズンはスコットランド・プレミアリーグで31試合に出場し6ゴール7アシストを記録。チームの無敗優勝に大きく貢献。今シーズンもここまでリーグ戦5試合に出場し3ゴール2アシストと躍動していた。 2017.09.15 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティックファンがムバッペを蹴りに!? バーゼルファンは花火!? CL開幕でファンが暴走

▽12日に開幕した2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ。今シーズンも熱戦が期待されているが、開幕節からファンが躍動している。イギリス『BBC』が報じた。 ▽問題が起こったのはセルティックvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦。事件はPSGが3-0とリードしている状況で起こった。 ▽ファンがピッチへと乱入すると、今夏モナコからレンタル移籍で加入したFWキリアン・ムバッペに蹴りりを入れようと近づいた。ムバッペは蹴られることなく終わったが、乱入したファンは警備員に連れ出された。 ▽この出来事は、10月19日に行われるUEFA(欧州サッカー連盟)の懲罰委員会にて処分が決定されるとのことだ。 ▽また、開幕節ではもう1つ事件が起きている。事件が起こったのはマンチェスター・ユナイテッドvsバーゼルの一戦。バーゼルファンがスタンドで花火に火をつけたことが確認されている。 ▽この件も、セルティックvsPSGでの出来事と同様に10月19日に行われるUEFAの懲罰委員会で処分が決定するとのことだ。 2017.09.13 20:49 Wed
twitterfacebook
thumb

難所セルティック・パークでPSGがセルティックに5発大勝! 《CL》

▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のセルティックvsパリ・サンジェルマン(PSG)がセルティック・パークで行われ、0-5でPSGが圧勝した。 ▽プレーオフでアスタナを2戦合計8-4で撃破し2大会連続の本戦出場を決めたセルティックは、直近に行われたハミルトン戦から先発を3人変更。フォーレストやエドゥアール、C・マクレガーに代えてグリフィス、エンチャム、ラルストンを先発で起用した。 ▽対するPSGは、8日に行われたメス戦から先発を4人変更。[4-3-3]の布陣を採用し、最終ラインは右からダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、クルザワ。アンカーにモッタ、インサイドハーフにヴェラッティとラビオを起用。3トップは右からムバッペ、カバーニ、ネイマールと並べた。 ▽立ち上がりから圧倒的なポゼッションで主導権を握るPSGは19分、ボックス左に走り込んだネイマールがラビオのスルーパスを受けると、カットインから右足でゴールネットを揺らした。 ▽先制点で勢いに乗るPSGは33分に追加点を奪う。ヴェッラッティの右クロスをファーサイドのネイマールが頭で折り返すと、これをムバッペがゴールに流し込んだ。さらに40分には、カバーニがボックス内で倒されてPKを獲得。これをカバーニ自身が決め、PSGが3点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、セルティックはアームストロングを下げてロギッチを投入。対するPSGは61分にラビオを下げてドラクスラーをピッチに送り出す。すると再びスコアを動かしたのはPSG。 ▽83分、右サイド高い位置でパスを受けたドラクスラーがドリブルで仕掛けると、ボックス右深くから折り返しを供給。これがゴール前のDFルスティグに当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽リードを広げたPSGは、85分にもクルザワの左クロスをファーサイドに走り込んだカバーニがダイビングヘッドでゴールに流し込み、5点目。終始主導権を握り続けたPSGが難所セルティック・パークを攻略し、CL白星スタートを飾った。 2017.09.13 06:36 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース