長友佑都がパチューカ移籍の本田圭佑に「圭佑らしい決断」2017.07.14 21:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルの日本代表DF長友佑都が、メキシコ1部リーグのパチューカに移籍した日本代表FW本田圭佑について自身のツイッターでメッセージを綴った。

▽長友は、本田の移籍発表を受けて自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。本田の新天地選びを“らしい”と表現し、エールを送っている。

「圭佑らしい決断したね。見知らぬ土地と環境で勝負するのは、想像以上に大変だろうけど、頑張ってほしい。メキシコで得る経験を日本サッカーに還元してもらいたい。#本田圭佑」

▽同じミラノを本拠地とするライバルクラブに所属していた長友と本田。日本代表でも長らく一緒にプレーしている長友からのエールを本田はどう受け止めるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

FW本田圭佑フル出場のパチューカがファイナル進出! 決勝戦でモンテレイと激突《コパMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは22日、コパMXの準決勝でアトランテと対戦し、2-0で勝利した。本田は公式戦9試合連続先発出場でフル出場を果たした。 ▽準々決勝で4人抜きのスーパーゴールを決めた本田は、右サイドで先発。試合はパチューカが5分、ボックス右に侵攻したウレタビスカヤのクロスをファーサイドのオマール・ゴンザレスがヘディングで合わせる。ゴール右へと飛んだ山なりのボールは、GKヘラルド・ルイスが左手で触られるも右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したパチューカはさらに21分、ボックス左外でFKを獲得。キッカーのウレタビスカヤのクロスを選択すると、ニアサイドでビクトル・グズマンが頭でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽パチューカはこの2ゴールを守り切って2-0で勝利。決勝戦の日程についてはまだ発表されていないが、PK戦の末にクラブ・アメリカを下したモンテレイと対戦する。 パチューカ 2-0 アトランテ 【パチューカ】 オマール・ゴンザレス(前5) ビクトル・グズマン(前21) 2017.11.22 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ホームで敗戦のドルトムント…先発出場香川真司の評価は厳しめ「印象的なプレーはほぼなし」

ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。<br><br>グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。<br><br>先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。<br><br>地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。<br><br>『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソニー弾で逆転のスパーズが首位通過! 香川先発も敗戦ドルトムントはGS敗退…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。この結果、トッテナムの首位通過およびドルトムントの敗退が決定した。なお、ドルトムントのMF香川真司は先発出場し66分までプレーした。 ▽ライバル2クラブとの敗戦に加え、グループ最弱と目されたアポエル(勝ち点2)相手の痛恨の連続ドローによって敗退危機に陥る3位ドルトムント(勝ち点2)。既に突破を決めている首位トッテナム(勝ち点10)をホームに迎えた今節では勝利が必須。しかし、直近の公式戦8試合で1勝4敗3分けと絶不調のチームは、1-2で敗れたシュツットガルト戦から先発3人を変更。“規律違反”で欠場となったオーバメヤンが復帰を果たしたほか、ラファエウ・ゲレイロ、ザガドゥが先発に復帰した。 ▽一方、今節の勝利で首位通過が決定するトッテナムだが、直近のリーグ戦では宿敵アーセナルとのノースロンドン・ダービーで屈辱的な敗戦を喫しており、バウンスバックの意味ではしっかりとした戦いをみせ、調子を取り戻したいところ。ポチェッティーノ監督はアーセナル戦から先発4人を変更。ウイングバックをオーリエとローズのコンビに入れ替え、ソン・フンミンと負傷明けのウィンクスが先発のピッチに立った。 ▽立ち上がりから中盤での攻防、相手の背後を狙う攻撃を仕掛け合う両チーム。開始3分にはカウンターから右サイドを抜け出したソン・フンミンにシュートチャンスも、ここは戻ったDFの対応に遭う。 ▽一方、[4-1-4-1]に近い並びでスタートしたドルトムントは、なかなか相手陣内の深い位置までボールを運べずにいたが、19分には相手の不揃いな最終ラインに対してヤルモレンコが浮き球のスルーパスを送ると、これに抜け出したオーバメヤンがGKと一対一となるが、オフサイドを気にしたか、やや焦って放ったシュートは枠の右に外れて絶好機を逸した。 ▽その後は質の高いサイドチェンジでサイドの深い位置を取るトッテナムが、24分にオーリエの折り返しからソン・フンミン、30分にはヴェルトンゲンの左サイドからのアーリークロスに再びソン・フンミンがボレーで合わせるが、相手GKに阻まれて先制点とはならない。 ▽すると直後の31分、左サイドで香川とパス交換したラファエウ・ゲレイロがバイタルエリア中央のヤルモレンコに斜めのパスを入れる。これをヤルモレンコが巧みなヒールパスでボックス中央のスペースに流すと、抜け出したオーバメヤンが右足のシュートをファーポストに流し込んだ。エースの禊ぎ弾でホームのドルトムントが先制に成功した。 ▽前半終盤にかけてはビハインドを負ったトッテナムが猛攻を仕掛ける。40分には左サイド深くで仕掛けたローズのグラウンダーの折り返しを中央に走り込んだエリクセンがダイレクトシュート。直後の41分にはエリクセンの右CKをニアで競り勝ったエリック・ダイアーが頭で合わすが、いずれもGKビュルキのビッグセーブに阻まれ、前半はドルトムントの1点リードで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半から優勢に試合を運んでいたトッテナムが早々に追いつく。49分、左サイドの高い位置でローズがDFトルヤンからボールを奪うと、ボックス手前でデレ・アリから短い横パスを受けたケインが相手DF2枚の間を抜く見事な右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽エースの同点弾で完全に勢い付いたトッテナムは、動きが重いホームチームを攻守に圧倒。決定機まであと一歩という、鋭い攻撃を続けて主導権を掌握する。対して、後半に入ってから何もできない状況が続くドルトムントは66分、やや消えていた香川を下げてカストロをピッチに送り出す。 ▽だが、一度掴んだ流れを離さないトッテナムは、76分に勝ち越しゴールを奪う。左サイドでゲッツェとバルトラの2枚を振り切ったデレ・アリがそのままボックス内に持ち込み、DF3枚を引き付けて中央でフリーのソン・フンミンにマイナスで折り返す。これを巧みなファーストタッチでスムーズにシュート体勢を作った韓国代表FWがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。 ▽ドルトムントキラー、ソン・フンミンのゴールで試合を引っくり返したトッテナムは、その後デレ・アリ、エリクセン、ケインと主力3人をベンチに下げつつも持ち味のソリッドな守備で相手の反撃を冷静に凌いでいく。 ▽一方、何とか追いつきたいドルトムントだったが、失点場面で痛めたザガドゥに続き、試合終了間際には相手FWジョレンテとの交錯でGKビュルキが負傷するアクシデントに見舞われ、今季初出場のヴァイデンフェラーの投入を余儀なくされる、苦しい展開に。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、またしても今季CL初勝利を逃したドルトムントのグループステージ敗退が決定。最終節はヨーロッパリーグ出場を懸けてレアル・マドリー相手の勝利を目指す。なお、アーセナルとのダービー敗戦をきっちり払拭したトッテナムは、最終節を残して首位通過も確定させた。 2017.11.22 07:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト指揮官「良い選手」…U-17日本代表FW中村敬斗がシュツットガルトの練習に参加

▽U-17ワールドカップでも活躍を見せたU-17日本代表FW中村敬斗がシュツットガルトのトレーニングに参加しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽現在は三菱養和SCに所属する中村。10月に行われたU-17ワールドカップでは4得点を記録する活躍を見せ、チームを決勝トーナメントに導いた。そんな中村が、日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトでトレーニングに参加している。 ▽シュツットガルトは、世界中の有望な才能を探しており、かつて浦和レッズでプレーし、指揮も執っていたギド・ブッフバルト氏が持つコネクションにより、今回のトレーニング参加が実現したとのことだ。 ▽シュツットガルトを率いるハネス・ヴォルフ監督は、中村について「彼を見てみたかった」とコメント。「それでトレーニングに参加してもらった。良い選手だ」と評価した。 ▽一方で、獲得については「冬になっても、彼はまだプロではないだろう。まだ若すぎる。18歳になる夏まではいないだろう」とコメントし、中村は7月28日に18歳になるため、それまでは獲得に動かない見込みだ。 2017.11.21 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

フル出場の乾が2G演出のエイバルが今季最多5ゴールで8戦ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第12節、エイバルvsベティスが20日に行われ、ホームのエイバルが5-0で快勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場し、2ゴールを演出した。 ▽前節、レアル・ソシエダとのバスク自治州ダービーに敗れ、リーグ7戦勝利がない17位のエイバル(勝ち点8)がホームに8位のベティス(勝ち点17)を迎えた一戦。好調な相手に対して8試合ぶりの勝利を目指すエイバルは、[4-4-2]の左サイドで乾を4試合連続で先発で起用した。 ▽試合は開始早々にホームのエイバルが動かす。7分、相手陣内の左サイドでパスを受けた乾が右足でインスウィングのクロスをゴール前に入れると、これがセルジ・エンリクと競ったDFアマトの足に当たりゴール左隅に吸い込まれた。 ▽乾の見事なクロスから相手のオウンゴールを誘発し、幸先良く先制に成功したエイバル。その後はボールポゼッションで勝る相手に持たれる展開が続くが、持ち味のハードワークを生かした守備でフィニッシュに持ち込ませない。 ▽すると30分、左CKの場面でショートコーナーから乾からのパスを受け直したフンカが左足の鋭いクロスを供給。これをエスカランテが頭で合わせ、貴重な追加点を奪った。その後は前がかりになったベティスに対して、乾ら中盤の選手も献身的なプレスバックで守備に参加するなど、チーム一丸となった守備で相手の反撃を凌いだ。 ▽エイバルの2点リードで迎えた後半も先にスコアを動かしたのはホームチームだった。56分、バイタルエリアでボールを受けた乾が絶妙なワンタッチのロビングパスをゴール前に入れると、これに抜け出したシャルレスがDFマンディと交錯。すると、主審はDFマンディの決定機阻止とみなし、PKと共にレッドカードを掲示した。これをシャルレス自ら冷静に決めた。 ▽今季初めて3点を奪ったエイバルは、60分に左サイドからカットインした乾がミドルシュートで今季初ゴールに迫ると、66分にもアレホが積極的なシュートで追加点を狙う。 ▽一方、3点ビハインドに加え、数的不利まで背負うベティスは58分にグアルダード、62分にはホアキンを下げて若きエースFWサナブリアを投入し、ゴールを目指す。だが、後半序盤の決定機をセルヒオ・レオンが続けて枠外に外してしまうなど、なかなかチャンスをモノにできない。 ▽ここまで思い通りの試合運びを見せるエイバルは71分にも追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカパが1列前で背後を狙うアレホに縦パスを入れると、これを受けたアレホがボックス右からグラウンダーで折り返す。ニアに飛び込んだセルジ・エンリクのまたぎスルーで相手を引き付け、最後は中央のシャルレスが冷静にワンタッチで流し込んだ。 ▽その後も攻撃の手を全く緩めないエイバルは80分、ボックス右に抜け出したカパの折り返しを今度はセルジ・エンリクが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に蹴り込み、ダメ押しの5点目を奪取。その後、10人の相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったエイバルが5-0で完勝。今季ここまでの11戦で6ゴールしか奪えなかった不調の攻撃陣が大爆発し、8戦ぶりの今季3勝目を手にした。 2017.11.21 06:56 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース