長友佑都がパチューカ移籍の本田圭佑に「圭佑らしい決断」2017.07.14 21:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルの日本代表DF長友佑都が、メキシコ1部リーグのパチューカに移籍した日本代表FW本田圭佑について自身のツイッターでメッセージを綴った。

▽長友は、本田の移籍発表を受けて自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。本田の新天地選びを“らしい”と表現し、エールを送っている。

「圭佑らしい決断したね。見知らぬ土地と環境で勝負するのは、想像以上に大変だろうけど、頑張ってほしい。メキシコで得る経験を日本サッカーに還元してもらいたい。#本田圭佑」

▽同じミラノを本拠地とするライバルクラブに所属していた長友と本田。日本代表でも長らく一緒にプレーしている長友からのエールを本田はどう受け止めるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

小林祐希、2試合連続で出番なし…ヘーレンフェーン4試合未勝利《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは24日、エールディビジ第25節でエクセルシオールをホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽前節のPSV戦でリーグ戦連続出場数が53試合で止まった小林。前節に引き続き2試合連続ベンチスタートとなり、今節も指揮官から声がかかることはなかった。 ▽3試合で白星から遠ざかるヘーレンフェーン。35分に先制を許すと、最後までこの1点が重くのしかかり、4試合で白星なしに終わっている。 ヘーレンフェーン 0-1 エクセルシオール 【エクセルシオール】 メサウド(前35) 2018.02.25 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

久保裕也、久々スタメン落ち ヘント逆転勝ちで優勝PO進出確定《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは24日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でベベレンのホームに乗り込み、2-1で勝利した。久保は第6節のゲント戦以来となるスタメン落ち。58分からプレーした。 ▽2試合ぶりの勝利を狙うヘントだが、18分に先制点を献上。それでも、1点を追う後半、82分にCKからブロンのゴールで追いつくと、後半アディショナルタイム2分にヤレムチュクの一発で試合を土壇場でひっくり返した。 ▽結局、ヘントは敵地で劇的な逆転勝利。7戦負けなしで勝ち点を47とし、レギュラーシーズン6位以内を確定させ、2節を残して優勝プレーオフ進出を決めた。 ベベレン 1-2 ヘント 【ベベレン】 テリン(前18) 【ヘント】 ブロン(後37分) ヤレムチュク(後45分+2) 2018.02.25 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、奮闘虚しく…逃げ切り失敗のメス4戦未勝利《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは24日、リーグ・アン第27節でギャンガンのホームに乗り込み、2-2で引き分けた。川島はフル出場を果たしている。 ▽ここ3試合で白星から遠ざかるメスは、6分にモレのゴールで先制するが、22分に被弾。1-1で迎えた後半の66分に勝ち越したが、86分に追いつかれた。 ▽結局、逃げ切れなかったメスは敵地でドロー。川島は要所で奮闘したものの、4試合ぶりの白星とはならなかった。 ギャンガン 2-2 メス 【ギャンガン】 ドー(前22) ドー(後41) 【メス】 モレ(前6) ルー(後11) 2018.02.25 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタ戦の乾貴士、スペインメディアは決定力不足を指摘「理解しかねる枠外シュート」

24日のリーガエスパニョーラ第25節、エイバルは敵地バライドスでのセルタ戦を0&minus;2で落とした。MF乾貴士は、スペインメディアから決定力不足を指摘されている。<br><br>この日も先発出場を果たした乾は、43分にペナルティーエリア内フリーで放ったシュートを外すなど、迎える決定機を決め切れなかった。スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、乾はチームメートほか7選手と並び1点の評価。電子版の戦評では「乾の嘆き」との小見出しとともに、次のように言及している。<br><br>「エイバルが手にした最も明確な決定機は乾のもの。左サイドのクロスからセルタGKだけを目前にしてシュートを打ったが、不可解に枠外へ飛んだ」<br><br>一方『アス』による乾の採点(3点満点)は、チームメートほか3選手と同じ2点となり、それ以上の点数となる3点を付けられたのはDFアナイツ・アルビージャのみだった。電子版の戦評では、日本代表MFについてこう記されている。<br><br>「ハーフタイム直前、乾はルベン・ブランコ(セルタGK)を前にミスを犯している。日本人はゴールエリアでフリーとなっていたが、ボールを予期しておらず、シュートはミートしなかった」<br><br>バルセロナ戦に続いて敗戦を喫したエイバルは、次節で本拠地イプルーアにビジャレアルを迎える。2得点を決めた第17節ジローナ以来ゴールから遠ざかっている乾の活躍にも期待したところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

残留争うブレーメンとのノルト・ダービーを終盤被弾で敗戦のHSV、クラブ史上初の降格が現実味《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは24日、ブンデスリーガ第24節でブレーメンとのノルト・ダービーに臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を1-2と力負けし、10戦勝利のない17位HSV (勝ち点17)は、酒井高が右ウイングバックではなく[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。 ▽積極的な入りを見せた15位ブレーメン(勝ち点23)に対し、HSVは自陣に守備ブロックを作って応戦。慎重に試合を進めると、17分にチャンス。フントのヘディングでの落としをボックス内のジャッタがダイレクトでシュートに持ち込むも、GKの守備範囲に飛んだ。 ▽前半半ば以降もブレーメンにボールを持たせたHSVは、ピンチを作られることなく時間を消化。酒井高も守備に徹し、思惑通りゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらカウンターを狙うHSVは51分にフントがボックス内から際どいシュートを浴びせて牽制。 ▽その後も重心を下げてブレーメンの攻撃を受けるHSVは72分にピンチ。エッゲシュタインにミドルシュートでゴールを脅かされた。さらに82分、再びエッゲシュタインにヘディングシュートでゴールに迫られるもGKマゼニアが守備範囲で防いだ。 ▽しかし87分、バルグフレーデのインターセプトからボックス左のヨハンソンにシュートを打たれると、ボールはGKの股間を抜けてゴール方向へ。ファン・ドロンゲレンがゴールライン際でクリアにかかったが、詰めたベルフォディルにブロックされてボールはそのままゴールラインを割った。リプレーで見ると、ベルフォディルのポジションがオフサイドで微妙な判定だったが、ゴールは認められた。 ▽これが決勝点となってHSVは惜敗。ダービーを落として11戦未勝利となり、ブレーメンとは9ポイント差を付けられ、クラブ史上初の降格が現実味を帯びてきている。 2018.02.25 04:33 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース