日本代表FW本田圭佑の新天地はパチューカに決定2017.07.14 17:28 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メキシコ1部リーグのパチューカは14日、日本代表FW本田圭佑(31)の獲得を発表した。

▽本田は、2016-17シーズン限りでミランとの契約が満了。CSKAモスクワから加入後の3年半で、公式戦92試合出場11得点の記録を残した。いくつかのクラブが興味を示していると伝えられる中、新天地にメキシコの名門を選んでいる。

▽パチューカは今年12月、UAEで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップに北中米カリブ海王者として参戦。同大会には、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグを制したレアル・マドリーの参加も決まっている。

▽また同日、本田は自身のインスタグラムを更新。契約書にサインする様子の動画をアップし、「新天地を決めた。メキシコのパチューカと契約した」と報告した。

コメント

関連ニュース

thumb

アシストもゴールと同じ評価を! 本田圭佑、Jリーグにランキング化の一石投じる

▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、Jリーグに対してアシストランキングの導入を勧めた。 ▽Jリーグは現在、選手の個人成績において、アシスト数の数字化、ランキング化を行っていない。21日に所属先の試合で2アシストをマークした本田は同日、自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。ゴール数と同じようにアシスト数も評価されるべきとの見解を次のように示した。 「サッカーのアシストを通算化してランキングにするのはどうか。もっと多くの選手が評価される機会が増えるようになるし、ファンだって知りたい数字なんじゃないかな。先ずはJリーグで!!」 2018.01.21 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

パチューカ本田が2アシスト&ポスト直撃弾! 後期初勝利に貢献《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは20日、リーガMX後期(クラウスーラ)第3節でロボスBUAPをホームに迎え、3-1で勝利した。 ▽先発した本田は立ち上がりからチームの中心としてタクトを振ると、10分に左CKからFWサガルのゴールをお膳立て。さらにパチューカはPKでリードを広げると、前半40分にはペナルティアーク手前の本田がダイレクトでパスをさばいてラストパス。これをアギーレがきっちり決めて、本田の2アシスト目でパチューカが前半のうちに3点を奪った。 ▽後半、パチューカは早々に1点を返されるも、そのまま時間を消費。82分にはボックス右手前の本田がカットインから左足でミドルシュートを放ったが、右ポストに弾かれたボールが左ポストにも嫌われ、ゴールとはならない。それでも、本田がキレのある動きを見せたパチューカはそのまま逃げ切り。リーグ戦の後期初勝利を飾った。 2018.01.21 13:07 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑アシストのパチューカ、連敗回避 クラブ・アメリカとドロー《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間14日、リーガMX後期(クラウスーラ)第2節でクラブ・アメリカとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽後期初戦を黒星発進のパチューカ。その初戦で新年一発目をマークした本田は、2試合連続のスターティングメンバー入りを果たした。 ▽試合は、早々の3分にパチューカがPKのチャンスを献上するが、GKブランコがストップに成功。だが、14分に右サイドからのクロスをペラルタに決められ、パチューカはクラブ・アメリカに先制を許してしまう。 ▽追いつきたいパチューカは22分、右サイドから本田がクロスを試みると、ハラがヘディングシュート。前半終了間際には、本田に直接FKの機会が巡ってくるが、壁に直撃したボールは相手GKにキャッチされた。 ▽ビハインドで試合を折り返したパチューカだが、開始2分に同点。本田が左CKからクロスを供給する。これに反応したムリージョが相手に競り勝ってヘディングシュートを沈め、試合を振り出しに戻した。 ▽ところが、76分には自陣左サイドから縦に突破を許すと、ゴール前のスペースに抜け出たマーティンにワンタッチでゴールネットを揺らされ、パチューカが再び追う展開を強いられた。 ▽それでも、パチューカは89分、右サイドからのクロスの折り返しをグスマンが左ヒザで押し込み、再び同点に。引き分けに持ち込み、連敗を回避した。21日に行われる次節は、ロボスBUAPと対戦する。 クラブ・アメリカ 2-2 パチューカ 【クラブ・アメリカ】 ペラルタ(前14) マーティン(後31) 【パチューカ】 ムリージョ(後2) グスマン(後44) 2018.01.14 09:57 Sun
twitterfacebook
thumb

多くの物を投げつけられるも…本田圭佑の対応に地元メディアも称賛「模範的な行動」

パチューカFW本田圭佑の行動に、現地メキシコから称賛の声が上がっている。『ESPN』が伝えた。<br><br>リーガMX後期リーグ第1節のプーマスUNAM戦で、先発出場した本田。36分にはCKから先制点を演出すると、39分にはこぼれ球を押し込んでゴールを奪った。チームは、その後逆転を許して敗れたが、本田自身は良い2018年のスタートを切っている。<br><br>そんなプーマス戦での本田の行動に、地元メディアから称賛の声が上がっている。<br><br>この試合中、プーマスサポーターはパチューカの選手に向かってメガネを投げ込んだという。日本代表FWは、素早くこれをピッチの外に出したが、プーマスのファンはさらに激昂。さらに数十個のメガネを投げつけ、前半を通して本田にブーイングを浴びせ続けた。また、ゴールを挙げた際には紙コップを投げつけている。<br><br>相手ファンから執拗に妨害行為を受けていた本田だが、怒りを表すことなく終始冷静に対応。『ESPN』は、「ホンダはゴミを拾うという教育をされていることを示した」とし、地元ファンも「ホンダは模範的な行動をとった」と紳士的な対応に賛辞を送っている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.07 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が後期開幕戦で2018年初ゴール! しかし、パチューカは2点差を逆転されプーマスに敗戦《リーガMX》

▽日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカは現地時間6日、リーガMX後期(クラウスーラ)第1節でプーマスUNAMと対戦し、2-3で敗戦した。本田は、2018年初ゴールを記録するも、チームは2-3で敗れた。 ▽前期(アペルトゥーラ)を18チーム中12位で終えたパチューカが、前期最下位のプーマスをホームに迎えた一戦。試合はパチューカペースで進む。 ▽35分、パチューカが左CKを得ると、キッカーの本田が低いクロス。これをニアサイドで味方がフリックすると、ファーサイドに飛び込んだフランコ・ハラが合わせて、パチューカが先制する。 ▽さらに迎えた39分、ボックス内右から味方がシュート。これをGKが弾くも、最後はフリーの本田が押し込んで、パチューカが2-0とリードを広げる。 ▽2点ビハインドとなったプーマスだが、前半終了直前にパチューカのミスをつくと、ニコラス・カスティージョがボックス手前からシュート。これがゴール左隅に決まり、2-1で前半を終える。 ▽後半に入ってもペースが上がらないパチューカは53分、セットプレーの流れからこぼれ球をヘスス・ガジャルドに押し込まれ2-2の同点に追いつかれる。さらに76分には、カウンターを仕掛けられると、独走したカスティージョにこの試合2点目を奪われ勝負あり。2-3で後期開幕戦を落とした。 パチューカ 2-3 プーマスUNAM 【パチューカ】 フランコ・ハラ(前35) 本田圭佑(前39) 【プーマス】 ニコラス・カスティージョ(前45+1、後31) ヘスス・ガジャルド(後8) 2018.01.07 12:40 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース