【会見&質疑応答】国際大会でトーナメントを戦うアメリカ、ブラジル、オーストラリアとの対戦に向けて高倉監督「恥ずかしくない試合をしてきたい」《アメリカ遠征》2017.07.14 14:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、アメリカ遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。

▽会見に出席したなでしこジャパンの高倉麻子監督は、会見で現状についてコメント。勝負がかかった試合から遠ざかっていることを受けて「真剣勝負ができていない」と不安を吐露。しかし今回の遠征が「W杯や五輪で勝負がかかった場面で対戦する相手」だとして「恥ずかしくない試合をしたい」と意気込みを口にしている。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「今回のアメリカ遠征は、お手元のメンバー構成となりました。アメリカとは長くライバル関係であり、ブラジル、オーストラリアの4国で対戦します。強化の一環としてアメリカに行きます」

「新しく選手を4人いれました。この選手は、就任した当初から言っているように様々な選手にチャンスがある中で、その当時から頭の中にいた選手です。リーグを見て追いかけて、コンディションが上がってきたと思い呼びました。前回読んだ選手で試した選手もいましたが、さらに活性化を図りたかったからです。この選手を入れて、チームに力を加えてもらえればと思っています」

「ブラジル、オーストラリア、アメリカはFIFAランクでも上位の国です。選手を試しながら積み上げる中で、いつも勝ちにこだわってと言っていますが、来年4月のW杯予選があります。選手を試すこともありますが、チームとして勝ちに行くことにこだわってやらなければいけません」

「この前のオランダ・ベルギー遠征では新たなフォーメーションを試しました。チームの幅広げて、チームの力を重ねていきたいと思います」

「また、キャプテンの熊谷がインターナショナルマッチデーではないため、チームから出せないとのことでした。残念ながら来ませんが、彼女がキャプテンであることに変わりないです。引き続き、チームで頑張ってもらいたいと思っています」

「今年はチーム力を付ける中で、間をおかずにゲームを組んでもらっています。とにかく全員で成長できるように全力でぶつかってきます」

――現在の課題は
「サッカーは攻撃と守備で分けるものではないと思っていますが、試合に負けないという意味では、守備のところで試している部分をあと一歩。ポジショニングや球際の強さもそうです。やれているつもりではなく、完璧にこなす部分でこだわりたいと思っています」

「攻撃では、ゲームに入ると守備の確認に多くの時間を割いています。いかに点を取るかはトレーニングで長い時間懸けられていません。色々なフォワードがいるので、どうやってチームとして点取るかを積み上げていきたいと思います」

――新しく招集した選手について
「齊藤に関しては、山根がスペインに移籍したこともあり、コンディションを考え新たな選手の発掘が必要だと感じていました。GKを探していて、彼女は仙台で第2GKとして下積みをしていましたが、ここのところ力をつけていると監督とも話しました。サイズを含め、カップ戦で見ても十分やれるなと。GKの活性化図りたいと思っています」

「坂本に関しては、長野が新しいチームながらもリーグで良い成績を残していて、守備の真ん中でリーダーシップを発揮しています。読みも良く、年代別にも選ばれていた選手です。監督からの推薦もあり、センターバックが手薄なのでどれくらいやれるかと、思い切って呼びました」

「櫨は、前から気になっていた選手です。テクニックがあり、伊賀では前目でプレーしていますが、落ち着いてゲームを読んでテクニックを発揮しています。体の強さを活かしつつ変化をつけられると思いますし、技術レベルではやっていけると思います。少し違うタイプの中盤の選手が欲しく呼びました」

「泊は、横山の相棒で長野でプレーしています。運動量が多く、攻守においてチームに活力を与えられる選手です。動き回るだけでなく、ボールの受け方、持ってからの判断は高いと感じています。新しい風を吹かせてくれるかなと思って呼びました」

――前回の五輪予選で敗れてから勝敗がかかった試合から遠ざかっている。東アジア選手権に向けてどの辺りでツイッチを入れていく考えか
「色々な選手を試して、毎試合勝ちにはこだわっていますが、真剣勝負という意味では体感できない状況にあります。選手は必死に自分のプレーを表現しようとしていますが、その状況がない中で、今回の遠征では、W杯や五輪に行った時に勝負がかかった試合で対戦するような相手です。ランク的にそういう部分があると思っています」

「そういう相手と恥ずかしい試合はできないと強く感じています。色々試す中で、予選が近づいてきているとチーム全体で把握して、選手がアピールだけでなく、チームを勝たせる強い思い、表現する力を発揮してもらいたいです。いつ頃エンジンかけるかといえば、この遠征からぼちぼちやっていきたいと思います」

――就任して1年が経ち、今の立ち位置や課題は
「約1年経ちましたが、最初にアメリカ遠征した時にメンバーを選んで、一年後に、この選んだ選手が半分いるかわからないと言いました。実際に今回のメンバーの名前を見てみると、半分以上変わっているなと。これは意図的ではなく、選ばれた選手が信頼を勝ち取るパフォーマンス、代表として恥ずかしくないパフォーマンスをし続けることが、代表に生き残る道だということです」

「それを強く感じています。真剣勝負という話が出ましたが、この状態でW杯や五輪に行ったら勝てるチームではないと思っています。たくさんの課題があり、頭の中で埋まっていないピースがいくつもあります。選手をどこにはめるかと、チームでどう戦うか。そのピースを埋める作業を、試合を重ねながらやらなければいけません」


「ネガティブに言いたくはないですが、世界のトップに向かってはいけない実感があります。選手の可能性は無限に広がっていて、それを引き出すのが私の仕事です。全力で大会に臨んでいきたいとおもいます」

――W杯予選を逆算して
「普通にいえば予選があってそれから計算して、この時点でどこまで上げるという計算をするかもしれません。ただ、そういう風にチームを作っているわけではなく、選手を試す中で、この日本女子サッカー選手の中でどの選手がピッチに立てるか。そこをチームづくりで見つけていることで、これからもその作業はやっていきます」

「また、メンバーは固定しないです。差があれば固定して評価することもあるでしょうが、色々な選手に可能性があると思っています。W杯や五輪では短期間で試合を重ねます。どの選手が抜けたからチーム力が下がる、そういうチームを作りたくないです。欲を言えば、2チームが変わらないようなチーム作りが理想だと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

キャプテンとして厳しい評価を下すDF宇津木瑠美「個人の力がどれだけ足りていないか」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。キャプテンとしてチームにあえて苦言を呈している。 <span style="font-weight:700;">◆DF宇津木瑠美</span>(シアトル・レイン/アメリカ) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「結果が大事で厳しい試合になるとは全員がわかっていました。その中で、0-0の引き分けでも勝てない状況でしたし、強い気持ちで臨みました。しかし結果が全てで、自分たちの現状がこれです。課題として各々が見つけなければいけないものもありますが、それ以前に代表として足りないものについてもっと考えないといけません。遅いかもしれませんが、それを考える良いタイミングだと思っています。一人一人が成長するために、大事な試合だったと思います」 <span style="font-weight:700;">──自身のプレーについては</span> 「ディフェンスとして入ったので2失点したことを考えると、フォワードが点を取ろうとしている中で失点してしまい課題は浮き彫りです。個人的な課題は多いですが、失点してしまったことをディフェンスラインで考えなければいけないと思います」 <span style="font-weight:700;">──個人と組織でどちらが多く課題が見つかったか</span> 「高倉監督の方針の中で、組織で戦うことを大事にしています。それ以前に個人としても成長し、どれだけやれるかが大事です。そこを重点的にやっています。不慣れなポジションで起用される選手や、初めてペアを組む選手もいますが、その中で自分たちができているのかどうか。結果になっていないので、個人がどれだけ足りないかということだと思います」 「サッカーなのでチームスポーツで、チームとしてやっていかなければいけない課題も多いです。ただ、同じくらい個人としての課題も多いです。そういう意味で、チームとして形を作らなければいけませんが、個人でもやっていかなければいけないです。どっちも必要なことです」 「アジアの試合は、私が予選に出ていなかったこともあり久しぶりの試合でした。アジアでやることを、自分の中で舐めていた部分があるかもしれません。なでしこの苦手な部分として欧米対策があり、それを何年もやってきました。メンタル的な部分が大事です。最後、どちらが勝つかというところでメンタリティが大事で、アジアのチームはそこが強いです。刺激を頂いたと個人的に感じています」 2017.12.15 23:29 Fri
twitterfacebook
thumb

無得点に終わった攻撃陣の課題を口にするFW田中美南「チャンスを決められるかどうか」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、FW田中美南(日テレ・ベレーザ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。リズムは良いながらも得点が奪えなかったことに対して課題が残った試合だったと語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「ボールは持てていてリズムは良かったと思います。しかしディフェンスラインを崩すまでにはいけず、後半は特にチャンスがありませんでした。前半は自分にもチャンスがあったので、そこで決められるかどうかだと思います」 <span style="font-weight:700;">──崩す部分で足りないものとは</span> 「ルーズボールへの早さは相手の方が上で、そのあとの精度も上でした。ゴール前にきっちりいけていましたし、自分たちは一度引かれてしまうと、崩せずにボールを奪われてカウンターを受けてしまいます。そういう場面が多かったですが、前向きに捉えてこれからやっていくしかありません」 <span style="font-weight:700;">──東アジアのチームと3試合を対戦してみて</span> 「個人としてはやれたところが多かったですが、それでもフォワードなので点を取らなければいけません。そういうところでチームを助けられなかったのはまだまだだなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日の試合では攻撃が停滞していたが、これからの課題は</span> 「今日はボールが前に入りませんでした。もっと出してくれても良かったです。ただ、後ろもハイプレッシャーを受けて苦しかったと思います。難しかったでしょうが、もう少し前に出して。こっちも良い動き出しをしてボールをもらう。受ける回数が少なかったので、そこが大事ですね」 <span style="font-weight:700;">──チームを作っている段階だが、攻撃に関しては改善できると思っているか</span> 「内容では今日が一番日本のリズムが作れた試合でした。前向きに捉えてやるしかないです」 2017.12.15 23:28 Fri
twitterfacebook
thumb

攻撃面での迫力不足を反省するMF櫨まどか「攻撃に関わる場面が少なかった」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、MF櫨まどか(伊賀フットボールクラブくノ一)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。自身の役割について語り、攻撃面で貢献できなかったと反省の言葉を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆MF櫨まどか</span>(伊賀フットボールクラブくノ一) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「今日の北朝鮮戦は結果として負けてしまったので、個人としてもチームとしても現状はここなのだなと思いました。そういう意味では切り替えていかないといけないなと感じています」 <span style="font-weight:700;">──北朝鮮戦における自身の役割は</span> 「良い守備から良い攻撃ができると思うので、守備から入ってチャンスがあれば得点に絡もうと思っていました」 <span style="font-weight:700;">──その役割に対する出来は</span> 「50%くらいです」 <span style="font-weight:700;">──できた部分とできなかった部分は</span> 「できた部分は相手の嫌なポジションを取るというところでできたと思います。ただ、攻撃に関わる場面が少なく、左からの攻撃が多かったです。それは相手にとって楽なことなので、そこは反省すべき点です」 2017.12.15 23:27 Fri
twitterfacebook
thumb

北朝鮮女子に完敗のなでしこ高倉麻子監督「北朝鮮の選手たちスタッフに優勝おめでとうと伝えたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に臨み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、メディアのインタビューに応じたなでしこジャパンの高倉麻子監督は北朝鮮女子代表を称えると共に悔しい気持ちを次に繋げる前向きな言葉を残した。 「今日戦った北朝鮮の選手たちスタッフに優勝おめでとうと伝えたいと思います。今日のゲームは日本は引き分けではいけない中で入りましたが、チーム全員が失点をしないゲーム運びをしながら、得点を狙いにいく難しいゲームでした」 「前半は持たされている部分がありましたが、今までのゲームに比べると少しボールが動きながら良いリズムが作れていたと思います。しかし持たされているため、危険なところに入るまでには至らなかったです。その原因は、北朝鮮の守備が堅かったこともありますが、それ以上に日本のチームの向かっていくコンビネーションや個の力、技術的な精度がまだまだ低いと感じました」 「後半はなんとかバランスを取りながら得点と思っていましたが、失点してからはバランスが崩れて追いかける中で点を失ってしまい、追いかけるパワーを出し切れずに試合が終わりました。優勝を目指して強い気持ちで臨んだので、選手は悔しい顔をしていました。4月に行われる予選に向かってこの悔しい思いを糧にして、全員で、本気でアジア一番になれるように向かっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──岩渕選手が交代したタイミングと理由は</span> 「個ではドリブルからシュートといった特徴がありますが、今日はボールが収まらず本人もイラついている部分がありました。試合に入れていないと見えたので、それでも一発持っている選手なので少し我慢してどこまで使うかを考えていました。後半に入りそのリズムも変わらなかった中、中島がここまでの試合で良い味を攻撃にもたらしていたので、思い切って変えてリズムをこちらに持って来たかったので変えました」 <span style="font-weight:700;">──ワールドカップ予選への課題は</span> 「ボールが動くところはできて来ていますが、その中でゴールに向かわないとシュートはないです。ボックス内に入る個の力、シュートの力、アイデア、精度。全てにおいて攻撃の部分ではもう一段階上がらなければいけないところです。守備のところでも、選手たちは頑張っていましたがクロスに対しての弱さを感じました。それが公式の試合で身にしみて確認できたと思います。謙虚に取り組んでいきたいです」 <span style="font-weight:700;">──就任当初は一対一をもう一度見直そうと始まった中、今日の試合は一対一の局面は弱く改善されていないように感じるが</span> 「世界と戦う場合に日本がずっと言われていることです。強さ、フィジカル的な要素やスピードで弱さがあります。そこを避けるためにグループでのプレーを選ぶ傾向にあります。ただ、私自身はその部分を組織に逃げるチーム作りはしたくないと思っています」 「そこは選手に要求しており、対峙したときに選手は取り組んでいるところですが、まだ追いつけていないです。チームプレーにフォーカスすると、そこを忘れている部分もありました。ただ、個が伸びないといけないというのは、選手たちが自分たちで言っていることでしたし、個の強さは追求していきたいと思っています」 <span style="font-weight:700;">──悔しい敗戦だが、3試合は選手入れ替えながら戦った。トータルでの手応えは</span> 「前の2試合に関して言えば、流れの中でもう少し楽に試合できなければいけないところでした。ミスから1点差の試合になりましたが、その中でも勝ち切れたことでひとつチームの階段を上がったと思います。ただ、北朝鮮のようなさらに力強いチームと対戦したときに、なんとなく日本のペースにように見えても、結局はねじ伏せられました」 「その印象が強く残っています。プラスのところを明るく言える雰囲気ではないです。最後にサポーターの方達に厳しい言葉を頂きました。日本を背負う重みを強く感じました。そこはとてもチームにとって悔しい思いをバネにするという意味で財産になったと思います」 2017.12.15 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大会3連覇を達成した北朝鮮女子代表キム・クワクミン監督「大会3連覇を達成できて嬉しく思う」《EAFF E-1サッカー選手権》

北朝鮮《EAFF E-1サッカー選手権》 ▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。 ▽試合後、メディアのインタビューに応じた北朝鮮女子代表のキム・クワクミン監督は大会3連覇を達成した教え子たちを称えた。 <span style="font-weight:700;">◆キム・クワクミン監督</span>(北朝鮮女子代表) 「本日、日本を相手に1位と2位を決める最終試合に臨み、勝利できて嬉しく思う。日本は個人技に優れ個々の能力が高い素晴らしいチーム。日本に対抗するために強いメンタル、強いチームワークで対抗した。日本の攻撃に対して突破口を開き、スピードのある攻撃と戦術で相手を崩す試合運びをした。前半の特に序盤は話し合っていたことができず。それは選手が若く、経験少ないためであり、こちらが意図したような動きがうまくできなかった。後半に入る際に前半の注意点を伝え、選手が自覚して一丸となって戦えた。後半も強いメンタル、強いチームワークを守り抜き、良く選手が戦った。その結果、2-0という圧倒的な強さを見せて大会3連覇を達成できて嬉しく思っている」 <span style="font-weight:700;">北朝鮮の女子チームが良く育っているように感じたが、その背景とは</span> 「我が国の女子サッカーは大衆化している。全ての選手が幼い頃から練習し、代表チームを目指している。それ以外に、サッカー選手を志す青少年のために青少年体育学校があり、青少年のチームもある。それら育成の体制が整っている。整った体系の中で高いモチベーションを持って、より上を目指す選手が増えた。彼女たちのモチベーションは高く、ハードなトレーニングもこなす。よって良い選手が途切れることなく次から次に生まれている」 <span style="font-weight:700;">前半は日本がプレッシングを掛けている中、恐れがあったように思うが、後半は選手が変わった。ハーフタイムで何があったのか</span> 「前半が終わった後に選手に尋ねた。『日本はどうか、強いだろう。しかし我々が強い』と話した。すると最初は臆していた選手たちも『やってみたら大したことない。自分たちが強い』と自信を取り戻した。後半は思う存分攻撃してこいと伝えた。一度攻撃を仕掛けたら次は守るものだが、守備のことは考えずに攻撃しろと。若さもあり、選手は自信を持って積極的に戦って勝利した」 <span style="font-weight:700;">以前、普段は代表で練習して週末はクラブで試合をこなすと話していたが。これは常に行われていることか</span> 「一年中代表チームで練習しているわけではない。国内の連盟戦があるため、大きな大会があるときに選手を招集している。今回は、10月に中国で4カ国対抗の国際試合があり、そこで選手たちを招集した。その後、解散して連盟戦に出場した。新たに招集したのが11月15日で、この大会を踏まえてたメンバーを練って代表選手を招集した。この大会に向けてのとトレーニングは11月20日から始めている」 2017.12.15 23:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース