【会見&質疑応答】国際大会でトーナメントを戦うアメリカ、ブラジル、オーストラリアとの対戦に向けて高倉監督「恥ずかしくない試合をしてきたい」《アメリカ遠征》2017.07.14 14:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、アメリカ遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。

▽会見に出席したなでしこジャパンの高倉麻子監督は、会見で現状についてコメント。勝負がかかった試合から遠ざかっていることを受けて「真剣勝負ができていない」と不安を吐露。しかし今回の遠征が「W杯や五輪で勝負がかかった場面で対戦する相手」だとして「恥ずかしくない試合をしたい」と意気込みを口にしている。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「今回のアメリカ遠征は、お手元のメンバー構成となりました。アメリカとは長くライバル関係であり、ブラジル、オーストラリアの4国で対戦します。強化の一環としてアメリカに行きます」

「新しく選手を4人いれました。この選手は、就任した当初から言っているように様々な選手にチャンスがある中で、その当時から頭の中にいた選手です。リーグを見て追いかけて、コンディションが上がってきたと思い呼びました。前回読んだ選手で試した選手もいましたが、さらに活性化を図りたかったからです。この選手を入れて、チームに力を加えてもらえればと思っています」

「ブラジル、オーストラリア、アメリカはFIFAランクでも上位の国です。選手を試しながら積み上げる中で、いつも勝ちにこだわってと言っていますが、来年4月のW杯予選があります。選手を試すこともありますが、チームとして勝ちに行くことにこだわってやらなければいけません」

「この前のオランダ・ベルギー遠征では新たなフォーメーションを試しました。チームの幅広げて、チームの力を重ねていきたいと思います」

「また、キャプテンの熊谷がインターナショナルマッチデーではないため、チームから出せないとのことでした。残念ながら来ませんが、彼女がキャプテンであることに変わりないです。引き続き、チームで頑張ってもらいたいと思っています」

「今年はチーム力を付ける中で、間をおかずにゲームを組んでもらっています。とにかく全員で成長できるように全力でぶつかってきます」

――現在の課題は
「サッカーは攻撃と守備で分けるものではないと思っていますが、試合に負けないという意味では、守備のところで試している部分をあと一歩。ポジショニングや球際の強さもそうです。やれているつもりではなく、完璧にこなす部分でこだわりたいと思っています」

「攻撃では、ゲームに入ると守備の確認に多くの時間を割いています。いかに点を取るかはトレーニングで長い時間懸けられていません。色々なフォワードがいるので、どうやってチームとして点取るかを積み上げていきたいと思います」

――新しく招集した選手について
「齊藤に関しては、山根がスペインに移籍したこともあり、コンディションを考え新たな選手の発掘が必要だと感じていました。GKを探していて、彼女は仙台で第2GKとして下積みをしていましたが、ここのところ力をつけていると監督とも話しました。サイズを含め、カップ戦で見ても十分やれるなと。GKの活性化図りたいと思っています」

「坂本に関しては、長野が新しいチームながらもリーグで良い成績を残していて、守備の真ん中でリーダーシップを発揮しています。読みも良く、年代別にも選ばれていた選手です。監督からの推薦もあり、センターバックが手薄なのでどれくらいやれるかと、思い切って呼びました」

「櫨は、前から気になっていた選手です。テクニックがあり、伊賀では前目でプレーしていますが、落ち着いてゲームを読んでテクニックを発揮しています。体の強さを活かしつつ変化をつけられると思いますし、技術レベルではやっていけると思います。少し違うタイプの中盤の選手が欲しく呼びました」

「泊は、横山の相棒で長野でプレーしています。運動量が多く、攻守においてチームに活力を与えられる選手です。動き回るだけでなく、ボールの受け方、持ってからの判断は高いと感じています。新しい風を吹かせてくれるかなと思って呼びました」

――前回の五輪予選で敗れてから勝敗がかかった試合から遠ざかっている。東アジア選手権に向けてどの辺りでツイッチを入れていく考えか
「色々な選手を試して、毎試合勝ちにはこだわっていますが、真剣勝負という意味では体感できない状況にあります。選手は必死に自分のプレーを表現しようとしていますが、その状況がない中で、今回の遠征では、W杯や五輪に行った時に勝負がかかった試合で対戦するような相手です。ランク的にそういう部分があると思っています」

「そういう相手と恥ずかしい試合はできないと強く感じています。色々試す中で、予選が近づいてきているとチーム全体で把握して、選手がアピールだけでなく、チームを勝たせる強い思い、表現する力を発揮してもらいたいです。いつ頃エンジンかけるかといえば、この遠征からぼちぼちやっていきたいと思います」

――就任して1年が経ち、今の立ち位置や課題は
「約1年経ちましたが、最初にアメリカ遠征した時にメンバーを選んで、一年後に、この選んだ選手が半分いるかわからないと言いました。実際に今回のメンバーの名前を見てみると、半分以上変わっているなと。これは意図的ではなく、選ばれた選手が信頼を勝ち取るパフォーマンス、代表として恥ずかしくないパフォーマンスをし続けることが、代表に生き残る道だということです」

「それを強く感じています。真剣勝負という話が出ましたが、この状態でW杯や五輪に行ったら勝てるチームではないと思っています。たくさんの課題があり、頭の中で埋まっていないピースがいくつもあります。選手をどこにはめるかと、チームでどう戦うか。そのピースを埋める作業を、試合を重ねながらやらなければいけません」


「ネガティブに言いたくはないですが、世界のトップに向かってはいけない実感があります。選手の可能性は無限に広がっていて、それを引き出すのが私の仕事です。全力で大会に臨んでいきたいとおもいます」

――W杯予選を逆算して
「普通にいえば予選があってそれから計算して、この時点でどこまで上げるという計算をするかもしれません。ただ、そういう風にチームを作っているわけではなく、選手を試す中で、この日本女子サッカー選手の中でどの選手がピッチに立てるか。そこをチームづくりで見つけていることで、これからもその作業はやっていきます」

「また、メンバーは固定しないです。差があれば固定して評価することもあるでしょうが、色々な選手に可能性があると思っています。W杯や五輪では短期間で試合を重ねます。どの選手が抜けたからチーム力が下がる、そういうチームを作りたくないです。欲を言えば、2チームが変わらないようなチーム作りが理想だと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

MF長野風花らワールドカップに臨むU-20日本女子代表が発表!《U-20女子W杯》

▽日本サッカー協会は17日、フランスで行われるFIFA U-20女子ワールドカップ2018に臨むU-20日本女子代表メンバーを発表した。 ▽前回大会を3位で終えている日本は、21名を招集。韓国でプレーするMF長野風花らが招集されている。 ▽大会は8月5日から24日にかけてフランスで開催。日本は、グループCに入り、U-20アメリカ女子代表(8/6)、U-20スペイン女子代表(8/9)、U-20パラグアイ女子代表(8/13)と対戦する。今回発表されたU-20日本女子代表は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-20日本女子代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">鈴木あぐり</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 18.<span style="font-weight:700;">スタンボー華</span>(INAC神戸レオネッサ) 21.<span style="font-weight:700;">福田まい</span>(日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">小野奈菜</span>(神奈川大) 3.<span style="font-weight:700;">高平美憂</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 4.<span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) 5.<span style="font-weight:700;">牛島理子</span>(INAC神戸レオネッサ) 6.<span style="font-weight:700;">高橋はな</span>(浦和レッズレディース) 13.<span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) 17.<span style="font-weight:700;">北村菜々美</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.<span style="font-weight:700;">林穂之香</span>(セレッソ大阪堺レディース) 8.<span style="font-weight:700;">福田ゆい</span>(INAC神戸レオネッサ) 9.<span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(日テレ・ベレーザ) 10.<span style="font-weight:700;">長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) 12.<span style="font-weight:700;">今井裕里奈</span>(日体大FIELDS横浜) 15.<span style="font-weight:700;">佐藤瑞夏</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 11.<span style="font-weight:700;">宝田沙織</span>(セレッソ大阪堺レディース) 14.<span style="font-weight:700;">村岡真実</span>(オルカ鴨川FC) 16.<span style="font-weight:700;">鈴木陽</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 19.<span style="font-weight:700;">植木理子</span>(日テレ・ベレーザ) 2018.07.17 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、メンバー発表 21歳の国武愛美を初招集《アメリカ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、今月下旬から行われるなでしこジャパンのアメリカ遠征メンバー23名を発表した。 ▽21歳のDF国武愛美(ノジマステラ神奈川相模原)が初招集。SCフライブルクに移籍したMF猶本光もメンバー入りを果たしている。 ▽なでしこジャパンは23日に出発し、8月4日まで遠征。アメリカで『2018 Tournament Nations』に参戦する。 ▽初戦は、27日に行われるアメリカ女子代表戦。29日にブラジル女子代表、8月2日にオーストラリア女子代表と対戦する。 ▽なお、DF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、FW川澄奈穂美(同)、MF猶本光(SCフライブルク)は23日に現地で合流する。 ◆なでしこジャパンメンバー GK 1.池田咲紀子(浦和レッズレディース) 18.山下杏也加(日テレ・ベレーザ) 21.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) DF 3.鮫島彩(INAC神戸レオネッサ) 6.有吉佐織(日テレ・ベレーザ) 2.宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ) 4.三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 22.清水梨紗(日テレ・ベレーザ) 23.國武愛美(ノジマステラ神奈川相模原) 5.市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース) MF 7.中島依美(INAC神戸レオネッサ) 15.阪口萌乃(アルビレックス新潟レディース) 12.猶本光(SCフライブルク/ドイツ) 19.増矢理花(INAC神戸レオネッサ) 16.隅田凜(日テレ・ベレーザ) 17.籾木結花(日テレ・ベレーザ) 14.長谷川唯(日テレ・ベレーザ) 24.三浦成美(日テレ・ベレーザ) FW 9.川澄奈穂美(シアトル・レインFC/アメリカ) 13.菅澤優衣香(浦和レッズレディース) 8.岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ) 20.横山久美(AC長野パルセイロ・レディース) 11.田中美南(日テレ・ベレーザ) 2018.07.13 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス・フェミニーナ所属のなでしこGK山根恵里奈、乾貴士にアドバイス 「暑いけど住みやすい街」

▽ベティスは12日、在日スペイン大使館で日本代表MF乾貴士のベティス入団会見を行った。 ▽この会見冒頭、ベティス・フェミニーナでプレーするなでしこジャパンGK山根恵里奈がトークセッションに登場。セビージャの街並みや乾に対するアドバイスを送った。 ◆GK山根恵里奈(ベティス・フェミニーナ/スペイン) ──日本とスペイン女子サッカーの違い 「サッカーに関して、差はそこまでない。戦術や選手の特徴こそ違いがあるけど、サッカーに対する思いや、姿勢の部分に変わりはない」 「日本のロッカールームは静か。でも、スペインだと、試合前なのに音楽がかかっていて、踊っている選手がいる。最初は慣れなくて戸惑いもあったけど、今は行ってよかったと思っている」 ──セビージャという街について 「ベティスのサッカーが好きな人が多い。公園をジョギングしていても、散歩しているおじさんや、街ですれ違った人からフランクに暖かい言葉をかけられる。ちょっと暑いけど、住みやすい街」 ──乾貴士へのアドバイス 「本当にセビージャは暑いので、水分補給だけはこまめに(笑) それ以外は素敵な街なので、是非とも早く来ていただきたい」 2018.07.12 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア競技大会の組み合わせ決定 8月にインドネシアで開幕

▽アジアサッカー連盟(AFC)は5日、8月にインドネシアで開幕する第18回アジア競技大会男女サッカーの組み合わせ抽選を行った。 ▽U-23歳以下の選手で挑む男子は、ベトナム代表、パキスタン代表、ネパール代表と同じグループDに。フル代表で参戦する女子は、3カ国同居のグループCに入り、ベトナム代表、タイ代表と対戦する。 ▽スケジュールは男子が8月14日〜9月1日まで。女子は8月16日〜31日までとなる。 【グループステージ組み合わせ】 ◆男子 ▽グループA インドネシア、香港、ラオス、チャイニーズタイペイ ▽グループB タイ、ウズベキスタン、バングラデシュ、カタール ▽グループC イラク、中国、東ティモール、シリア ▽グループD 日本、ベトナム、パキスタン、ネパール ▽グループE 韓国、キルギス、マレーシア、バーレーン ▽グループF 北朝鮮、サウジアラビア、イラン、ミャンマー ◆女子 ▽グループA インドネシア、韓国、チャイニーズタイペイ、モルディブ ▽グループB 北朝鮮、中国、香港、タジキスタン ▽グループC 日本、ベトナム、タイ 2018.07.06 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和レディースの日本女子代表MF猶本光がドイツ1部フライブルクへ完全移籍「やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できた」

▽浦和レッズレディースは10日、日本女子代表MF猶本光(24)がドイツ1部のフライブルクに完全移籍することを発表した。 ▽福岡県出身の猶本は、2012年に福岡J・アンクラスから浦和レッズレディースに加入。浦和レッズレディースでは在籍6年半でリーグ戦137試合に出場し、9得点を記録。また、各年代の日本女子代表に選出されてきた猶本は、2014年5月になでしこジャパンに初招集されると、これまで18試合に出場していた。猶本はクラブを通じてコメントしている。 「7月から女子ブンデスリーガ1部のSCフライブルクに移籍することになりました。レッズレディースでは2012シーズンから6年半の長い期間、お世話になりました」 「レッズの環境、クラブの大きさ、ファン・サポーターの数、熱い応援、すべてに圧倒され、こんなクラブでプレーできるのか、とすごくワクワクしたのを覚えています。地元福岡から出て、初めての1人暮らし、初めての移籍、初めての大学生活など、新しい環境に慣れることは大変でした。そんな1年目から今まで、たくさんの方に支えられてきました。日本一熱いファン・サポーターの方々はどんな時も温かく見守ってくれました」 「クラブスタッフ、監督、コーチ、そしてチームメートたちと過ごした時間は本当に大切な宝物です。色々な経験をさせてもらい、多くのことを学びました。もちろんうまくいくことばかりではなかったですが、みんなで乗り越えてきた経験は私の大きな財産です。練習したことを試合で発揮し、結果が出た時の、みんなで成し遂げることができたといううれしさは格別でした。本当にみんなに感謝しています。そして、1つみんなでご褒美を掴みとりました。2014シーズンなでしこリーグ優勝。レッズレディースのユニフォームに星を1つ刻めたこと、すごくうれしく思います」 「2012年U-20女子ワールドカップでドイツと対戦した時、世界とのレベルの差に衝撃を受けました。その時のことを忘れることなく、今までトレーニングや試合に臨んできました。そして6年半経った今、やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できたので、このタイミングで移籍を決断しました。しかし、世界と戦える選手になるためには、まだまだ成長しなくてはならないことに変わりありません。新天地から良いニュースを日本に届けることができるよう、がんばってきます。そして、更に成長した姿を、みなさんにお見せできる日が来ることを楽しみにしています」 「レッズレディースの選手としてプレーできる試合がまだ残っています。残りの試合もチームの勝利のために精一杯プレーしますので、今までと変わらず応援よろしくお願いします」 ▽なお、猶本の浦和でのラストマッチは7月8日に行われる2018プレナスなでしこリーグカップ1部Aグループ第9節の日テレ・ベレーザ戦になることを併せて発表している。 2018.06.12 00:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース