【会見&質疑応答】国際大会でトーナメントを戦うアメリカ、ブラジル、オーストラリアとの対戦に向けて高倉監督「恥ずかしくない試合をしてきたい」《アメリカ遠征》2017.07.14 14:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、アメリカ遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。

▽会見に出席したなでしこジャパンの高倉麻子監督は、会見で現状についてコメント。勝負がかかった試合から遠ざかっていることを受けて「真剣勝負ができていない」と不安を吐露。しかし今回の遠征が「W杯や五輪で勝負がかかった場面で対戦する相手」だとして「恥ずかしくない試合をしたい」と意気込みを口にしている。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「今回のアメリカ遠征は、お手元のメンバー構成となりました。アメリカとは長くライバル関係であり、ブラジル、オーストラリアの4国で対戦します。強化の一環としてアメリカに行きます」

「新しく選手を4人いれました。この選手は、就任した当初から言っているように様々な選手にチャンスがある中で、その当時から頭の中にいた選手です。リーグを見て追いかけて、コンディションが上がってきたと思い呼びました。前回読んだ選手で試した選手もいましたが、さらに活性化を図りたかったからです。この選手を入れて、チームに力を加えてもらえればと思っています」

「ブラジル、オーストラリア、アメリカはFIFAランクでも上位の国です。選手を試しながら積み上げる中で、いつも勝ちにこだわってと言っていますが、来年4月のW杯予選があります。選手を試すこともありますが、チームとして勝ちに行くことにこだわってやらなければいけません」

「この前のオランダ・ベルギー遠征では新たなフォーメーションを試しました。チームの幅広げて、チームの力を重ねていきたいと思います」

「また、キャプテンの熊谷がインターナショナルマッチデーではないため、チームから出せないとのことでした。残念ながら来ませんが、彼女がキャプテンであることに変わりないです。引き続き、チームで頑張ってもらいたいと思っています」

「今年はチーム力を付ける中で、間をおかずにゲームを組んでもらっています。とにかく全員で成長できるように全力でぶつかってきます」

――現在の課題は
「サッカーは攻撃と守備で分けるものではないと思っていますが、試合に負けないという意味では、守備のところで試している部分をあと一歩。ポジショニングや球際の強さもそうです。やれているつもりではなく、完璧にこなす部分でこだわりたいと思っています」

「攻撃では、ゲームに入ると守備の確認に多くの時間を割いています。いかに点を取るかはトレーニングで長い時間懸けられていません。色々なフォワードがいるので、どうやってチームとして点取るかを積み上げていきたいと思います」

――新しく招集した選手について
「齊藤に関しては、山根がスペインに移籍したこともあり、コンディションを考え新たな選手の発掘が必要だと感じていました。GKを探していて、彼女は仙台で第2GKとして下積みをしていましたが、ここのところ力をつけていると監督とも話しました。サイズを含め、カップ戦で見ても十分やれるなと。GKの活性化図りたいと思っています」

「坂本に関しては、長野が新しいチームながらもリーグで良い成績を残していて、守備の真ん中でリーダーシップを発揮しています。読みも良く、年代別にも選ばれていた選手です。監督からの推薦もあり、センターバックが手薄なのでどれくらいやれるかと、思い切って呼びました」

「櫨は、前から気になっていた選手です。テクニックがあり、伊賀では前目でプレーしていますが、落ち着いてゲームを読んでテクニックを発揮しています。体の強さを活かしつつ変化をつけられると思いますし、技術レベルではやっていけると思います。少し違うタイプの中盤の選手が欲しく呼びました」

「泊は、横山の相棒で長野でプレーしています。運動量が多く、攻守においてチームに活力を与えられる選手です。動き回るだけでなく、ボールの受け方、持ってからの判断は高いと感じています。新しい風を吹かせてくれるかなと思って呼びました」

――前回の五輪予選で敗れてから勝敗がかかった試合から遠ざかっている。東アジア選手権に向けてどの辺りでツイッチを入れていく考えか
「色々な選手を試して、毎試合勝ちにはこだわっていますが、真剣勝負という意味では体感できない状況にあります。選手は必死に自分のプレーを表現しようとしていますが、その状況がない中で、今回の遠征では、W杯や五輪に行った時に勝負がかかった試合で対戦するような相手です。ランク的にそういう部分があると思っています」

「そういう相手と恥ずかしい試合はできないと強く感じています。色々試す中で、予選が近づいてきているとチーム全体で把握して、選手がアピールだけでなく、チームを勝たせる強い思い、表現する力を発揮してもらいたいです。いつ頃エンジンかけるかといえば、この遠征からぼちぼちやっていきたいと思います」

――就任して1年が経ち、今の立ち位置や課題は
「約1年経ちましたが、最初にアメリカ遠征した時にメンバーを選んで、一年後に、この選んだ選手が半分いるかわからないと言いました。実際に今回のメンバーの名前を見てみると、半分以上変わっているなと。これは意図的ではなく、選ばれた選手が信頼を勝ち取るパフォーマンス、代表として恥ずかしくないパフォーマンスをし続けることが、代表に生き残る道だということです」

「それを強く感じています。真剣勝負という話が出ましたが、この状態でW杯や五輪に行ったら勝てるチームではないと思っています。たくさんの課題があり、頭の中で埋まっていないピースがいくつもあります。選手をどこにはめるかと、チームでどう戦うか。そのピースを埋める作業を、試合を重ねながらやらなければいけません」


「ネガティブに言いたくはないですが、世界のトップに向かってはいけない実感があります。選手の可能性は無限に広がっていて、それを引き出すのが私の仕事です。全力で大会に臨んでいきたいとおもいます」

――W杯予選を逆算して
「普通にいえば予選があってそれから計算して、この時点でどこまで上げるという計算をするかもしれません。ただ、そういう風にチームを作っているわけではなく、選手を試す中で、この日本女子サッカー選手の中でどの選手がピッチに立てるか。そこをチームづくりで見つけていることで、これからもその作業はやっていきます」

「また、メンバーは固定しないです。差があれば固定して評価することもあるでしょうが、色々な選手に可能性があると思っています。W杯や五輪では短期間で試合を重ねます。どの選手が抜けたからチーム力が下がる、そういうチームを作りたくないです。欲を言えば、2チームが変わらないようなチーム作りが理想だと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

INAC神戸GK武仲麗依が離脱…追加招集で浦和レディースGK松本真未子がなでしこジャパン初選出!《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンからINAC神戸レオネッサのGK武仲麗依がケガにより離脱することを発表した。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムで「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦を行う。キックオフは16時30分。 ▽また、武仲に代わり、浦和レディースに所属するGK松本真未子を追加招集することも併せて発表。松本は、2014年のU-17女子ワールドカップの優勝メンバー。これがなでしこジャパン初招集となる。 2017.10.19 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンから浦和レディースDF北川ひかるが離脱…新潟レディースDF中村楓を追加招集《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンから浦和レッズレディースDF北川ひかるがケガにより離脱することを発表した。 ▽また、アルビレックス新潟レディースに所属するDF中村楓を追加招集することも併せて発表している。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムでスイス女子代表と対戦。キックオフは16時30分に迎える。 2017.10.13 16:41 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和レッズレディースGK池田咲紀子、強いフィジカルを持つスイス代表相手に「相手が引くくらいの強さを見せたい」《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。代表定着に向けて取り組んでいることやアピールしたいことについて言及した。また、スイス代表戦に向けて、ファーストコンタクトの部分で強さを見せていきたいと意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆GK池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">――今回の代表での立ち位置は</span> 「あまり自分が立ち位置かというのはわかってないですし、召集された最初の頃と変わらないです。確立されているポジションでもないですし、一つの枠しかないポジションなので、ボジション争いが激しい中で自分のできることを毎日やってアピールしながら、チームが勝てるようにという部分を意識していきたいです」 <span style="font-weight:700;">――コンディション面で意識していることは</span> 「ケガをしない体づくりはもちろんですけど、世界の選手とぶつかっても負けないパワーの部分で体づくりを意識しています。現に体重も目に見えて少しずつ増えて生きているので、そこは意識して取り組んでいます」 <span style="font-weight:700;">――今一番代表に貢献できると思う部分は</span> 「試合の中ではやはりコーチングの部分で貢献できると思っています。それは自分の強みとしている部分でもありますし、自信があります」 <span style="font-weight:700;">――スイス女子代表の印象は</span> 「私自身、まだ試合を観ていないのでなんとも言えないですけど、フィジカルが強いというのは情報として聞いています。力強いシュートも飛んでくると思います。ただ、ファーストコンタクトの部分で、自分が相手の選手とぶつかる場面があれば、相手が引くくらい一回目に強さを見せられたらと思います」 <span style="font-weight:700;">――国内で試合をする時の楽しさは</span> 「チームで戦っている時に応援してくださっている方々がスタジアムに来てくださったり、友人や家族も観に来れるので、たくさんの方が応援に来てくれるところが楽しみです」 <span style="font-weight:700;">――高倉監督の求めるGK像の一つにビルドアップを挙げているが、そのことについてどう思うか</span> 「前回、出場した試合の前にも私が攻撃の起点になるつもりで後ろから組み立てて欲しいとは高倉監督に言われましたし、そこは自分の特徴で一番求められている部分だと思っています。そこは積極的にやりながら、他のGKとは違う部分をアピールしていきたいです」 2017.10.11 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザMF長谷川唯、代表への生き残りへ「目に見える結果でアピールする」《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。スイス女子代表戦や今後のレギュラー争いについての意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">――スイス女子代表の印象は</span> 「あまりイメージがないです。試合もあまり観たことないですけど、一回ドイツに練習に参加した時にいた選手もいるので、そういう意味ではすごく楽しみです」 <span style="font-weight:700;">――この一戦で大事にしたい部分は</span> 「まずはチームとして勝たなくてはいけないです。前回のアメリカ遠征では内容もあまり良くなかったですし、結果も出ませんでした。そういう意味でも、日本でいろいろな人に見てもらうためには結果が必要なので、まずしっかりと勝つことが大事だと思っています」 <span style="font-weight:700;">――スイス戦が終われば、東アジア選手権、フランスワールドカップの予選が始まり、そこに向けてサバイバルも厳しくなるが</span> 「今はリーグ戦があって、所属クラブでアピールすることで呼ばれていると思います。これからはリーグ戦が終わって皇后杯だけになるので、そういう意味でも代表に行った時に結果を出さないと呼ばれないと思っています。得点やアシストという目に見える結果でアピールできればと思います」 <span style="font-weight:700;">――チームで求められていると思う部分は</span> 「高倉監督からは得点の部分を求められていると思います。ただ、自分の特徴は運動量なので、攻守にわたって運動量で負けないことが大事だと思います。今は一対一の守備も意識していて、サイドハーフをやっていますけど、自分のところでしっかりと奪い切るということを意識しています」 <span style="font-weight:700;">――今日はモデルを務めたが、普段はお洒落にこだわっているか</span> 「1つのブランドに絞るタイプですね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――今回はFW岩渕真奈( INAC神戸レオネッサ)が選出されているが、プレーした機会は</span> 「代表で練習だけやったことはありますけど、試合とかではやったことないです」 <span style="font-weight:700;">――一緒にプレーするのに意識したいことは</span> 「結構、(岩渕選手は)ドリブルで仕掛けるイメージがありますし、自分はパスやアシストの部分を大切にしています。岩渕選手は、動き出しの部分やスピードが早いので、そこに自分が良いパスを出すことができれば、得点につながると思うので意識してみたいです」 2017.10.11 22:09 Wed
twitterfacebook
thumb

JFAが株式会社ビームスとアパレルプロバイダー契約を締結! なでしこジャパンにスーツの提供で支援

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、株式会社ビームスと日本代表アパレルプロバイダー契約を締結したことを発表した。株式会社ビームスは、なでしこジャパン(日本女子代表)をオフィシャルスーツの提供を通じて支援していくとのことだ。 ▽今回の製作したスーツは、しなやかでありながら芯の強さを感じさせる女性像をイメージして作られており、日本が世界に誇る藍染をモチーフにした印象的な色をベースになでしこジャパンのイメージカラーであるピンクをアクセントとして取り入れてある。 ▽この発表会見にはJFAの事務総長を務める岩上和道氏と、株式会社ビームス 第一事業本部 ビームス二部統括ディレクターの吉田周平氏が登壇。本契約の締結について説明を行った。 <span style="font-weight:700;">◆岩上和道氏</span>(日本サッカー協会 事務総長) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171011_22_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「この度、日本サッカー協会は株式会社ビームス様とオフィシャルプロバイダーの契約を締結致しました。これにより、ビームス様のスーツを選手たち及び役員等に提供して頂くことになりました。まずはこのようなオフィシャルスーツを提供して頂くことになりましたビームス様に感謝を申し上げたいと思います」 「このオフィシャルスーツに関しては、来週に長野で行われる「MS&ADカップ2017」で着用することになります。なでしこジャパンに関してはご存知の通り、昨年から高倉麻子監督を迎えまして、新しいチームを再建しているところでございます。公式戦としてはこれから12月に行われるEAFF E-1 東アジアサッカー選手権2017(E-1サッカー選手権)で初お披露目することになります」 「もちろん、ユニフォームはなでしこジャパンにとって大切なモノではありますけど、オフィシャルスーツを着ることによって、また新しい文化を作り出せると考えております。このスーツは非常に軽快でスポーティ、なおかつ女性らしさが出ています。新生なでしこジャパンに相応しいものだと思います。このような機会を与えて頂き、ビームス様に本当に感謝しております。最後にはなりますが、株式会社ビームスの設樂洋社長にも御礼を申し上げたいと思います」 <span style="font-weight:700;">◆吉田周平氏</span>(株式会社ビームス 第一事業本部 ビームス二部統括ディレクター) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171011_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「この度、なでしこジャパンのオフィシャルプロバイダーというお話を頂きまして、私どもも皆様にハッピーを伝えられるようにファッションや文化だったりというところでお仕事をさせて頂いておりました。今回はこのような形でお声掛け頂き、非常に光栄に思っております」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171011_22_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽説明終了後、なでしこジャパンの高倉麻子監督、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がビームスのオフィシャルスーツを着用して登壇。吉田周平氏とともにメディア陣による質疑に応対し、着用してみての感想やこれまでとのスーツの違いについてコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆高倉麻子監督</span>(なでしこジャパン) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171011_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「新しいスーツを先ほど初めて着ました。これ、選手たちは可愛らしいですけど、私は似合っているかちょっと心配なんですけど大丈夫ですかね…(笑) 大丈夫ですと言ってくださったんですけど、本当かなって(笑) ただ、非常に軽くて動きやすいなと思っています。グラウンド上ではユニフォームが勝負服ですけど、移動の時はこれからこのスーツを着ますし、ある意味これも勝負服だと思います。これを身につけてたくさんの勝負に挑むことになりますけど、非常に明るい色ですし、素敵なスーツを作っていただけたなと思っています。心機一転、また頑張っていかなくてはいけないなと思いました」 <span style="font-weight:700;">◆池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171011_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「初めてこのスーツを着た時は、とてもお洒落だなという印象で、デニム生地のような感じでとても着心地も良いです。移動の際にはいつもこの服を着るので、とてもリラックスして移動できるかなと思いました」 <span style="font-weight:700;">◆長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171011_22_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「見た目もとてもかっこよくて良いですけど、一番は動きやすさかなと思います。このスーツで移動することが多いので、今回来てみてリラックスできるなと感じたので良いなと思います」 <span style="font-weight:700;">――どういった経緯で今回の契約が実現したのか</span> <span style="font-weight:700;">吉田氏</span>「経緯に関しましては、いろいろな方面からお話を頂いたという流れにはなりますけど、ビームスとしては世の中にハッピーを表現していく会社であり、なでしこジャパンに関しましても、試合を通して皆様にハッピーや勇気を与えています。そこに共感を受けて引き受けさせて頂いたという形になります。契約年数に関しては、これからいろいろな部分を詰めていかなくてはいけないですけど、年間契約というところを基本にして進めていく形になります」 <span style="font-weight:700;">――どういった点にこだわったか</span> <span style="font-weight:700;">吉田氏</span>「一番は動きやすさです。動きやすさにも様々な要素があり、素材や形、どのような動きをするのかという3つのポイントになります。その3つのポイントを優先して選びました。生地に関しては、伸縮性の強いもの。スタイルに関しても大きすぎず、小さすぎずという部分です。ファッションの部分では、今細いものが流行っており、その流れとは違う部分はありますけど、少しゆとりをもたせております。そのスーツでスポーツをする訳ではないので、移動時にストレスを感じないようなスタイルでお作りさせて頂きました」 <span style="font-weight:700;">実際に着用してみて、これまでのスーツとの違いは</span> <span style="font-weight:700;">池田</span>「スーツの生地の部分で伸縮性があって、移動の時はゆったりしている方が苦しくないので、その部分は今までのスーツとは違うかなと思います」 <span style="font-weight:700;">長谷川</span>「今歩いたり、ヒザを高く上げても窮屈さがないですし、楽に歩くことができます。スーツで走ることはないですけど、走れるんじゃないかというくらい動きやすいです」 <span style="font-weight:700;">高倉麻子監督</span>「軽いです(笑)」 <span style="font-weight:700;">――サッカーでアパレル展開するメリットについてと、ビームスはイメージカラーがオレンジでなでしこジャパンは青とピンクだがどのようにビームスらしさを入れ込んだか</span> <span style="font-weight:700;">◆吉田氏</span>「なでしこジャパンの仕事に関わる点については、他のスポーツと同様ではありますけど、今回で言えば女子ということがポイントになります。日本はもちろん、世界で活躍する女性を応援したいという気持ちもありまして、お受けさせていただきました」 「色に関しては、確かにオレンジがビームスのカンパニーカラーになりますけど、今回に関しては日本の代表するチームということで、ファッションの観点で言うと素材の中に日本を代表する藍染があります。その藍染という部分を一つのヒントにしてスーツに落とし込んだということです。あとはいろいろな色を使ったファッションというよりは、できるだけ色数を絞ってしなやかな動きと信頼感を得られるような形でこの色味に決定しました」 2017.10.11 20:15 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース