試合中に突如倒れたアヤックスMFヌーリ、心臓は異常なしも脳に永久的な損傷が見つかる2017.07.14 00:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスは13日、練習中に突如倒れたU-21オランダ代表MFアブデラク・ヌーリ(20)について、永久的な脳損傷があることを発表した。

▽ヌーリは8日に行われたブレーメンとの親善試合に先発。しかし、20分に突如ピッチに倒れ込み、ドクターによって心肺蘇生法(CPR)を受け、ヘリコプターで病院へ搬送されていた。10日には、心臟には問題がなかったことを発表。しかし、睡眠状態にあり、完全回復は明言できない旨の声明を出していた。

▽そして今回、ヌーリの容態について情報をアップデート。集中治療室での検査の結果、脳の多くの機能が働いていないことを明かした。

「インスブルック病院の集中治療室において、ヌーりの脳の検査を行った。診断では、脳の多くの機能が働いておらず、完全な回復の可能性はゼロであることがわかった」

「おそらく、試合中に倒れた際に脳への酸素供給が不足したことが原因とみらえている。ヌーリはさらなるケアのため、アムステルダムの病院に運ばれることとなる」

▽心臓には問題がなかったヌーリだが、脳に影響が出てしまい、永久的な障害を負う事となってしまった。アヤックのCEOを務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏は「最悪のメッセージ」とし、今回の件についてコメントしている。

「これは最悪のメッセージだ。ひどいものだ。我々は、彼の両親、兄弟や親戚の心中を察する。この苦しみは説明できるものではない」

「我々はこのような事態を考えなくてはいけないことを分かっていたが、このショックはとても難しいものだ」

▽ヌーリは、アヤックスのアカデミー出身で、2016年9月にトップチームデビュー。2016-17シーズンは公式戦で15試合に出場し1ゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

もはやネイマール級のテク?! クライファート息子のハットトリックがエグい

▽アヤックスやバルセロナなどで活躍した元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏の息子であるFWジャスティン・クライファート(18)の素晴らしいハットトリックが話題だ。 ▽アヤックスのアカデミー出身のジャスティン・クライファートは、今年1月にU-19からトップチームに昇格。3月のエクセルシオール戦ではプロキャリア初ゴールを記録した。 ▽今シーズンはここまで、ウイングを主戦場にリーグ戦9試合に出場。第12節まではゴールがなかったものの、26日に行われた第13節のローダ戦で躍動した。まずは45分、左サイドでボールを持つと味方とのワンツーでボックス左に侵入し、冷静にGKの動きを見て右隅にゴールを挙げる。 ▽続く後半には、ハーフウェーライン過ぎの左サイドでボールを受けてドリブルで疾走すると、最後はカットインしてボックス左手前からミドルシュート。ゴール右隅に強烈なシュートを突き刺した。 ▽これにとどまらないジャスティン・クライファートは85分、左サイドでロングボールに反応すると、足に吸い付くような素晴らしいトラップ。そのままボックス左に侵入すると、またぎフェイントで相手DFを翻弄し、ファーサイドにコントロールシュートを流し込んだ。左サイドでの一連の動きは、世界有数の選手として認知されるブラジル代表FWネイマールを彷彿とさせるものであった。 ▽類まれなスキルでのハットトリックを見せたジャスティン・クライファート。各メディアで称賛されており、近い将来の移籍市場を賑わすことになるかもしれない。 2017.11.28 21:26 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、来夏新センターバック獲得に動く! カタルーニャ2大メディアは異なる候補を挙げる

▽バルセロナが来夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得に動くようだ。 ▽リーガエスパニョーラ第11節終了時点でわずか4失点の堅守を誇るバルセロナでは、守護神テア・シュテーゲンと共にDFジェラール・ピケと、DFサミュエル・ユムティティのレギュラーセンターバックコンビが好パフォーマンスを披露している。 ▽しかし、バックアッパーには加齢による衰えが目立つMFハビエル・マスチェラーノ、ほぼ構想外のDFトーマス・ヴェルメーレンのベテラン2選手しかおらず、今後に向けては重要な補強ポイントの1つとなっている。 ▽そして、カタルーニャの2大メディアである『スポルト』、『ムンド・デポルティボ』は、7日付けの紙面で新センターバックの獲得候補について報じている。 ▽まず『スポルト』は、セビージャの最終ラインを支えているフランス人DFクレマン・ラングレ(22)の名前を挙げている。今年1月にナンシーから加入して以来、攻守両面で安定したパフォーマンスを披露する左利きのDFは、今季からローマのスポーツ・ディレクターに就任したサッカー界屈指の目利きモンチ氏が、古巣のため最後に獲得した超有望株だ。なお、ラングレの獲得に向けては、最低3000万ユーロ(約40億円)からの入札となるようだ。 ▽一方、『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナが昨季アヤックスで強烈なインパクトを残したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)の獲得を来夏の最優先事項としていると報じている。わずか17歳で名門アヤックスのレギュラーを掴み、オランダのフル代表にも招集された逸材は、積極的な持ち上がりや高精度のフィードなど、足下に絶対の自信を持っており、バルセロナ向きのプレースタイルだ。 2017.11.07 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル&シティがアヤックス若手MFに関心か

▽アーセナルとマンチェスター・シティが、今冬の移籍市場でアヤックスに所属するU-21オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(20)の獲得に動いているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。加入2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、今シーズンはヨング・アヤックスを率いていたマルセル・カイザー監督のトップチーム指揮官就任に伴い、トップチームの主力に定着した。 ▽ここまではアヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールを任されているデ・ヨングだが、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。 ▽その逸材に対してアーセナルとシティのプレミアリーグ2強は、契約期間が残り18カ月となっている今冬の時期に獲得を目指すようだ。 2017.11.07 15:52 Tue
twitterfacebook
thumb

元ガーナ代表MFヤクブが35歳で突然の死去

▽ガーナサッカー協会は1日、元同国代表のMFアブバカリ・ヤクブが死去したことを伝えた。35歳だった。 ▽アヤックス・ユース出身のヤクブは、2000年に同クラブでトップチームデビュー。2005-06シーズンにフィテッセに完全移籍し、引退する2009年までプレーしていた。代表では16キャップを記録しており、母国の2006年ドイツ・ワールドカップの出場にも貢献していた。 ▽ガーナサッカー協会はヤクブが亡くなった理由については言及していない。イギリス『デイリー・メール』によれば、複数メディアが10月31日に南ガーナのテマ市内の病院でヤクブが死去したと伝えているとのことだ。 2017.11.03 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

オーフェルマルスがアーセナル行きで合意か

▽元オランダ代表MFマルク・オーフェルマルス氏(44)が今シーズン終了後にアーセナルのフロント入りするもようだ。イタリア『Tuttomercatoweb.com』が報じた。 ▽現役時代、1992年からアヤックスで活躍したオーフェルマルス氏は、1998年にアーセナルに移籍。1997-98シーズンのプレミアリーグとFAカップのダブルに貢献するなど、左ウイングを主戦場に3シーズンにわたって主力を務めた。 ▽その後、バルセロナで4シーズンプレーし、2004年に現役引退。2008年にはキャリアをスタートしたゴー・アヘッド・イーグルスで1シーズンのみ現役復帰し、2012年からはアヤックスのスポーツディレクターを務めてきた。 ▽そのオーフェルマルス氏がアーセナルに帰還するようだ。『Tuttomercatoweb.com』によれば、今シーズン限りでアヤックスを退団し、来シーズンからはアーセナルのフロント入りするとのことだ。 2017.10.10 10:30 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース