神戸加入のポドルスキが中国移籍の舞台裏に言及「交渉の方法が時には犯罪に近いものも…」2017.07.13 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ガラタサライからヴィッセル神戸へと加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、中国スーパーリーグについてコメント。トップのリーグになることはないとドイツ『シュポルト・ビルト』に語った。

▽ポドルスキは、神戸と2年半契約を締結。中断期間明けからJリーグでのプレーが可能となる。ガラタサライからは中国スーパーリーグへの移籍の話も浮上していたが、中国のビジネスのやり方に疑問を投げかけている。

「中国では1500万ユーロ〜2000万ユーロ(約19億3600万〜25億8200万円)を得ることができると聞いていたし、もちろんそれは魅力的だよ。でも、交渉の方法が時には犯罪に近いものがある。エージェントが8〜9人ぐらい関わってくるんだ」

▽また、中国スーパーリーグについても言及。現状のスタンスを貫くのであれば、リーグとしての成長もないと語っている。

「中国は好きだし、そこには多くのファンが居る。でも、中国のフットボールはブンデスリーガの様には決してならない」

「彼らは正しい道を今進んでいる。彼らはベストなリーグになるという目的を達成することは決していないだろう。舞台裏で何が起きているのか見てみると、それはフットボールではない何かが起きているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトガル代表DFフォンテが大連一方を退団…チームは降格圏に低迷

▽中国スーパーリーグの大連一方は15日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)の退団を発表した。中国版ツイッターWeiboのクラブ公式アカウントで発表した。 ▽フォンテは、スポルティング・リスボンの下部組織出身で、 ヴィトーリア・セトゥバルやベンフィカなどポルトガルのクラブでプレー。2007年7月にクリスタル・パレスへと完全移籍しプレミアリーグに挑戦した。 ▽2010年1月にサウサンプトンへと移籍すると、日本代表DF吉田麻也とポジションを争うことに。2017年1月にウェストハムへと移籍すると、2018年2月に大連一方へと加入。中国スーパーリーグでは7試合に出場していた。 ▽また、ロシア・ワールドカップにもポルトガル代表として出場。4試合に出場していた。 ▽フォンテは、自身のインスタグラム(f6nte)でも退団を報告。感謝の気持ちを述べている。 「大連、そして中国スーパーリーグでの私の時間は終わった。私はあった全ての人に大きな感謝をし、友好を築けたと思う」 「僕は永遠に全ての大連のファンと中国という偉大な国に感謝している。少なくとも何か用意ものを残したと願っている」 「もう一度ありがとう。そして成功を祈っている」 ▽大連一方は、フォンテの他、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)やFWニコラ・ガイタン(30)を獲得。かつてレアル・マドリーを指揮したベルント・シュスター監督を招へいしていたが、15位と降格圏に低迷している。 2018.07.16 14:33 Mon
twitterfacebook
thumb

山東魯能がゲデスを完全移籍で獲得!

▽中国スーパーリーグに所属する山東魯能は13日、パルメイラスからブラジル人MFロジェル・ゲデス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 ▽なお、ブラジル『グローボ』が伝えるところによれば、移籍金は1000万ユーロ(約13億1000万円)ほどになったようだ。 ▽クリシューマでプロデビューを飾ったゲデスは右ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす21歳のアタッカーだ。2016年にパルメイラスに完全移籍を果たすも、今季はアトレチコ・ミネイロにレンタル移籍。すると、今季のリーグ戦12試合で得点ランキングトップとなる9ゴール3アシストとゴールスコアラーとしての才能を完全に開花した。 ▽この活躍を受けて、ヨーロッパのスカウトの注目を集め始めた矢先に中国行きを決断した。 2018.07.14 00:01 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルFWエデル、中国移籍間近か

▽インテルのイタリア代表FWエデル(31)が、中国移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽エデルの獲得に迫っているのは、蘇寧グループの江蘇蘇寧。中国の移籍市場は閉鎖が目前で、取引の成立を急いでいるところだという。 ▽江蘇蘇寧はエデルに2年間で総額1300万ユーロ(約17億円)という条件を用意。インテルには500万ユーロ(約6億5000万円)が支払われる。 ▽報道によると、エデルは11日の練習を欠席した。移籍決定はまもなくかもしれない。 2018.07.13 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖加入の噂もあるF・トーレスは2週間以内に去就決定へ!

▽アトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)は今後2週間以内に自身の去就を決定するようだ。同選手の父親であるホセ・トーレス氏が4日に行われたイベントの席で明かした。スペイン『アス』が伝えている。 ▽アトレティコに2度目の別れを告げたトーレスの新天地に関しては、先日にJリーグ公式サイトが加入を伝えるリリースを掲載した後、事実無根の誤報と訂正謝罪を行ったサガン鳥栖や北京人和、アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)らが候補に挙がっている。 ▽そして、今後の去就に注目が集まる息子に関してホセ・トーレス氏は今後2週間以内に答えが出ると主張している。 「息子がヨーロッパでプレーしないことは確実だ。恐らく、ここから遠く離れた場所になるだろう。息子がどこでプレーするかはまだわからないが、彼は2週間以内に自分の口から話すはずだ」 ▽先日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)のヴィッセル神戸加入に沸いたJリーグ。もう1人のスペイン人スーパースター、フェルナンド・トーレスもJリーグ挑戦となれば、より注目度が高まること間違いなしだが、果たして…。 2018.06.05 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

フェルナンド・トーレス新天地…鳥栖or北京人和の二択か

▽アトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)の新天地問題に続報だ。 ▽スペイン『マルカ』によれば、フェルナンド・トーレスを巡っては、かねてよりシカゴ・ファイアー、北京人和、そしてサガン鳥栖が関心。だが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の厳しい経済的ルールが足かせとなり、シカゴ・ファイアーは撤退した模様だ。 ▽その中で、かつてレバンテやヘタフェなどを率いたスペイン人のルイス・ガルシア・プラサ監督の存在が争奪戦のアドバンテージになり得るとみられる北京人和は、高待遇の条件を提示。フェルナンド・トーレスは新シーズン前の決着を見込んでいるという。 ▽先日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)のヴィッセル神戸加入に沸いたJリーグ。もう1人のスペイン人スーパースター、フェルナンド・トーレスもJリーグ挑戦となれば、より注目度が高まること間違いなしだが、果たして…。 2018.05.28 15:05 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース