ユベントスがドグラス・コスタを買い取りOP付きの2年レンタルで獲得、移籍金総額は約60億円2017.07.13 01:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは12日、バイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタ(26)を買い取りオプション付きの2年レンタルで獲得したことを発表した。レンタル料は600万ユーロ(約7億7000万円)で、買い取る際に発生する移籍金は4000万ユーロ(約51億7000万円)となっている。

▽2015年夏にシャフタールからバイエルンに加入したウインガーのドグラス・コスタは、移籍初年度に鮮烈な活躍を見せてリーグ優勝とDFBポカール優勝に大きく貢献。しかし、2016-17シーズンはケガの影響もありポジションを奪えず、リーグ戦23試合4ゴールに終わっていた。

▽なお、ユベントスでの背番号はバイエルン時代同様に11を付けることも併せて発表されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピャニッチ1G1AにマテュイディがセリエA初弾! 快勝ユーベが2位浮上!《セリエA》

▽セリエA第17節、ボローニャvsユベントスが17日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、アウェイのユベントスが3-0で快勝した。 ▽前節、首位のインテルとの“イタリア・ダービー”をゴールレスドローで終えた3位のユベントス(勝ち点38)は、2試合ぶりの勝利を目指して11位ボローニャ(勝ち点21)とのアウェイゲームに臨んだ。前節からの変更は3点。キエッリーニとアサモア、クアドラードに代えて、バルザーリとアレックス・サンドロ、ドグラス・コスタを起用した。 ▽立ち上がりからエンジン全開のドグラス・コスタの鋭い仕掛けを武器に相手ゴールへ迫っていくユベントス。しかし、数的優位を保って守る相手の守備を前に、ややアタッキングサードでのミスも目立ち、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に、25分には相手のカウンターからドンサーに中央突破を許して枠内シュートを打たれるが、ここはGKシュチェスニーのセーブで凌ぐ。 ▽すると、直後の27分にはボックス手前左角の好位置でFKを獲得。ここで名手ピャニッチがクロスやファーを狙うそぶりを見せつつ、鋭い右足のシュートでニアを射抜く。GKミランテは何とかボールに触ったものの、反応が遅れたことで勢いを止め切れず、ボールがネットを揺らした。 ▽ピャニッチの直接FKで幸先良く先制に成功したユベントスは、畳みかける攻めで2点目を狙う。36分には相手陣内中央右でボールを受けたピャニッチが浮き球のミドルパスをボックス左に走り込むマンジュキッチに通すと、クロアチア代表FWは胸トラップから左足のボレーシュートを右隅に流し込んだ。これでセーフティーリードを手にしたアウェイチームは、ややペースを落としながらも前半を2点リードで終えた。 ▽後半に入っても主導権を渡さないユベントスは無理にバランスを崩すことはないものの、ピャニッチらを起点に後半も決定機を創出していく。64分には左サイドを攻め上がったアレックス・サンドロの低いクロスに対して、DFヘランデルのクリアが甘くなると、ボックス手前でクリアボールに反応したマテュイディが抑えの利いたダイレクトボレーで合わせ、嬉しいセリエA初ゴールを記録した。 ▽この3点目で試合を決めたユベントスは、ここまでゴールがないイグアインが躍起になってゴールを狙う一方、ドグラス・コスタと足を痛めたマンジュキッチ、ピャニッチを下げてベルナルデスキ、ディバラ、マルキジオの投入で試合を締めにかかる。試合終盤にはディバラとイグアインのアルゼンチン人コンビに4点目のチャンスが訪れるも、いずれも決め切れない。それでも、このまま試合を3-0で締めくくり、2試合ぶりの勝利。今節敗れたインテルを抜き2位に浮上した。 2017.12.18 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第17節プレビュー】上位陣は格下と対戦

▽前節行われたユベントスvsインテルのイタリア・ダービーは0-0で引き分け、インテルが首位を死守した。そして、ナポリがフィオレンティーナに0-0で引き分け、首位奪還はならなかった。さらに、ローマもキエーボに0-0と引き分けたことで上位陣の順位に変動はなかった。迎える第17節、上位陣は格下との対戦が組まれている。 ▽まずは首位のインテル(勝ち点40)から。土曜日の23:00キックオフで13位ウディネーゼ(勝ち点18)とのホーム戦に臨むインテルは、前節敵地でのユベントス戦を劣勢ながら守備陣の奮闘により引き分けに持ち込んだ。貴重な勝ち点1を持ち帰った中、火曜日に行われたコッパ・イタリアでは3部のポルデノーネをPK戦の末に辛くも下した。ここで先発した長友だったが、PK成功以外に目立ったプレーはなく、アピールに失敗している。引き続きベンチスタート予想だが、出場のチャンスは訪れるか。 ▽インシーニェ不在が響いてフィオレンティーナからゴールを奪えず、公式戦3試合勝利のない2位ナポリ(勝ち点39)は、8位トリノ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦ではインシーニェが先発復帰予想となっており、得点力の向上が見込める。前節ラツィオを下したトリノに勝利し、首位奪還となるか。 ▽3位ユベントス(勝ち点38)は、11位ボローニャとのアウェイ戦に臨む。前節インテルとのイタリア・ダービーでは優勢に試合を進めながらも、決め手を欠いて勝ち点1獲得に留まった。久々に1週間の休養期間が得られた中、インテンシティを高く保って勝利を掴み取り、インテルとナポリを追走したい。 ▽キエーボGKソレンティーノの牙城を崩せなかった4位ローマ(勝ち点35/未消化1試合)は、14カリアリ(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。主力を温存し過ぎた影響もあって勝ち点2を失ったローマは、次節ユベントス戦を前にすっきりと勝利して大一番に臨みたい。 ▽ボナヴェントゥーラのドッピエッタでガットゥーゾ体制3戦目にして初勝利を飾った7位ミラン(勝ち点24)は、水曜日にコッパ・イタリアで3-0と快勝した19位ヴェローナ(勝ち点10)とのアウェイ戦で連勝を目指す。最後にインモービレ退場が響いてトリノに敗戦した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)は、8位アタランタ(勝ち点23)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第17節 ▽12/16(土) 《23:00》 インテル vs ウディネーゼ 《26:00》 トリノ vs ナポリ 《28:45》 ローマ vs カリアリ ▽12/17(日) 《20:30》 ヴェローナ vs ミラン 《23:00》 ボローニャ vs ユベントス フィオレンティーナ vs ジェノア クロトーネ vs キエーボ サンプドリア vs サッスオーロ 《26:00》 ベネヴェント vs SPAL 《28:45》 アタランタ vs ラツィオ 2017.12.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

J・ボアテング「外国でプレーしたいという気持ちはある」 ユーベとインテルが飛びつく?

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)に移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョ・メルカート』や『90min』が伝えた。 ▽2011年にマンチェスター・シティからバイエルンに加入したJ・ボアテング。2010-11シーズンのシティ移籍を除いてここまでのキャリア11年でドイツ以外のクラブでのプレー経験がないJ・ボアテングはドイツ『スポーツ・ビルト』に「バイエルンとの未来? 外国のクラブでプレーしたいという気持ちはいつだって心の中にあった。状況によるだろうね。どうなるかわからない」とコメントしていた。 ▽伝えられるところによれば、ユベントスとインテルというイタリアのビッグクラブがJ・ボアテングの獲得に興味を持っているようだ。今夏にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチをミランに放出したユベントスは代わりにシャルケからドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスをレンタルで獲得したが、ユベントスはその穴を埋められていないと考えている模様だ。 ▽さらに、ブラジル代表DFミランダや、今夏獲得したスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが高いパフォーマンスを披露しているインテルも、世界レベルのDFを獲得することは同クラブにとって非常に魅力的な選択だとも伝えられている。 ▽バイエルンとの現行契約を2021年6月30日までとしているJ・ボアテング。キャリアの絶頂期を迎えている今、見知らぬ土地で新たな挑戦に臨むにはベストなタイミングにも思えるが、果たしてJ・ボアテングはどのような選択をするのだろうか。 2017.12.15 22:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団の理由を聞く子供のストレートな質問にボヌッチがたじたじ

▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、子供からのストレートな質問にたじたじとなったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽セリエAで6連覇を達成したユベントスの守備陣を支えてきたボヌッチは、今夏の移籍市場でライバルであるミランへ加入した。再建段階にあるミランのキャプテンを務め、負傷の影響がありながらもここまでリーグ戦14試合に出場している。 ▽そんなのボヌッチが、ミランのユースアカデミーのクリスマスパーティーに参加。大勢の子供たちの前で「みんなの夢が実現することを願っているよ。いつも楽しく過ごすように心がけよう。僕たちは君らの笑顔を願ってる」とあいさつをした。 ▽子供たちにとっては、トップチームのキャプテンとして活躍するボヌッチとのひと時は夢のような時間だっただろう。そんな中、子供たちからの質問コーナーが開催された。報道によるとイベントに参加していた女の子が「なぜユーベから出ていったの?」と子供らしい直球な質問をぶつけた。 ▽しかしボヌッチも大人な対応に出る。子供たちにもわかりやすいように人生の教訓として語っている。 「そうだね。真実を話すには君は少し幼いかもしれないね。でもこれは新しい試合に臨んでいるだけなんだ。僕とユベントスはお互いに決断してこの移籍が決まった」 「監督もミラベッリも僕にチャンスを与えてくれたんだ。僕はそれを掴んだ。人生や人間関係の中には常に議論があり、別の道を歩むこともあるんだ。僕とユーベはそうなったんだよ」 ▽なおボヌッチの退団についてはマッシミリアーノ・アッレグリ監督との衝突が原因だと言われていた。実際にボヌッチはミラン加入後、「真実を話す」として次のようなコメントを残している。 「(アッレグリとの関係悪化は)あくまでも最後の要因に過ぎない。それ以外にもあらゆる状況があった。100%をチームに捧げるために、(クラブから)重要な選手だ(と思われている)と感じる必要がある。でもユーベではそういったものを感じるのは時々しかなく、(首脳陣が)思い出した時だけだったね」 2017.12.15 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルを追うユーベ、マドリ―から2選手の獲得を狙う

▽ユベントスが、レアル・マドリーで出場機会を与えられていない2選手の獲得に興味を持っているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽現在、セリエAで6連覇中のユベントスだが、今シーズンはここまで16試合を終えて勝ち点38の3位。首位に立つインテルとは2ポイント差となっている。スクデットを獲得するために、ユベントスは1月の移籍市場で中盤を強化したいと考えているようだ。 ▽そこで白羽の矢が立ったのがマドリ―に所属する2選手。1人は今夏にベティスからマドリーに加入したスペイン人MFダニ・セバージョス(21)今夏に行われたU-21欧州選手権では準優勝に貢献し、大会の最優秀選手賞を受賞した。しかし選手賞が厚いチームの中では出場機会が与えられず、リーガエスパニョーラでは6試合で2ゴールとなっている。 ▽もう一人はクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)。2015-16シーズンにインテルからマドリーに加入した同選手だが、やはり出場機会は多くなく。今シーズンもリーガエスパニョーラでは3試合の途中出場にとどまっている。 ▽両者ともにジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取れていないが、ユベントスはそれぞれの攻撃的な部分を評価しているようで、1月の移籍市場で獲得できるように調査を続けているようだ。 2017.12.15 10:41 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース